« 2018 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

不満は胸に納めてうまくやるんだめてうまくやるんだ

最近見た映画

・パパvs新しいパパ2
パパと新しいパパが子どもたちをお互いの家を行き来させつつ良い関係を築いていたある日、娘の「クリスマスめんどくさい」発言をきっかけに合同クリスマスを計画、そこにパパのパパと新しいパパのパパがやってくることになってさあ大変な話。
正しくは「パパ&新しいパパwith新しいパパのパパvsパパのパパ」かな。まさにこの親にしてこの子あり。でもその意味は両極端で、ブラッドは父親に愛されて「父親のようになりたい」と、ダスティは父親に愛されず「父親のようにはなるものか」と育った結果なんだろうな。
ダスティの継子のアドリアナが大人から見ると本当に扱いにくいクソガキ様でさあ!そうだガツンと言ってやれ!と思った直後に「愛してる。拒絶されるのが怖くて言えなかった」と言われて、胸スカ展開を期待していた自分が恥ずかしくなった。もーダスティはパパスキル磨きまくってすっかり理想の父親だよ!ブラッドが勝てるところなんて身長くらい?
前作とあわせてステップファミリーの絆を散々描いておきながら「新しいパパを受け入れられない子=ブラッド」のオチが最高。

・(500)日のサマー
グリーティングカード制作会社に勤める男が新しく職場にやってきた女と出会ってからの500日間の話。
ズーイーと恋人ごっこできるなんて最高じゃん。最後までやらせてくれるし。って中の人ありきだとろくでもない感想になってしまうので中の人のことは忘れる。
「真剣な交際はできない」と宣言されても「のんびりやっていこう」などと答えたあたり、トムはどうにかなると思ったんだろうな。どうにもならなかったけど。
サマーがその後も独身であったならあきらめもつくけど、あっさり他の男と結婚されちゃあ「クソ女」とも言いたくなるよね。「あなたとは違ったの」と言われても納得しきれないよ。ま、「結婚するなんて自分でもビックリ」なんて言ってるし、あのときのサマーの言葉に嘘はなかっただろうから、やっぱりトムじゃどうにもならなかったのでしょう。トムに春を予感させるエピローグが救い。

・ゲット・アウト
黒人青年が白人彼女の実家にあいさつに行って大変な目に遭う話。
ふたつの意味で黒い「ミート・ザ・ペアレンツ」。社会派サスペンスかと思ったらSFホラーだった。
「乗客になる」あたりはSFだけど、パーティーでの黒人青年に対する白人の言動は「あるある」なんだろうなきっと。著名な黒人のファンだと言われるのはべつにいいけど、いきなり体をベタベタ触られるのは勘らないよ。「アッチの方」の話なんて失礼にもほどがある。
おじいちゃんの容れ物となった人が出てきたときに一寸の迷いもなく彼女を撃ったってことは「乗客」となっても自我は常にあるってこと?床に沈められているあの映像そのまんまで?そんなの死ぬより怖いわ。
パトカーが来たときはあーこれ彼女助かっちゃうパターン?バッドエンド?とヒヤヒヤしたけと、ドアに書かれた「空港警察」の文字にホッ。親友は三枚目担当と思いきや勘も行動力もあるヒーローだった。彼女ザマミロだわ。
ところでおばあちゃんの容れ物、黒田勇樹にソックリね。

・女子ーズ
次々と送り込まれてくる怪人から地球を守るために「苗字に色が入っている」という理由で戦隊ヒーローに選ばれた女性5人の話。
たしかに戦隊モノでは都合よく同じコミュニティで生活する人たちでチームを組んでるけれど、そうじゃないとこういうことになるのか。しかもボランティア…。そりゃあ出動したりしなかったりにもなるでしょうよ。全部佐藤二郎が悪い!
せっかく「女子」で縛ったのならもっと女子あるあるを絡めてほしかったな。マツエクのくだりをヘアセットにでも変えればほぼほぼそのまま「男子ーズ」にしても話が成り立つと思ったので。でもカワイイ女子が戦隊コスチュームでへろへろと戦う姿はなかなかオツでした。
ウーマンス的なものも期待してたんだけど、最後まで完全に仕事(?)だけの関係でちょっとガッカリ。
特撮ファンからすると変身バンクがないとかロボット戦をちゃんとやれとかもっと爆発しろとか色々あるだろうけれど、そこは本質じゃないからいっかな。

・エクスペンダブルズ
シルヴェスター・スタローンがブルース・ウィリスから依頼を受けてアメリカ人にそそのかされた軍隊に占領された島に向かう話。
チームものかと思いきやバディものとしても楽しめて一度で二度おいしい。
バトルシーンで横スクロールアクション妄想してしまった。ヘイル使いたい!ショットガンドムドムぶっ放しまくってゴンゴン進みたい!デカブツ相手にステゴロ挑むジェット・リーに燃え&萌え。
肉弾戦銃撃戦爆撃なんでもござれでアクションだけ見てりゃいいような映画かと思いきや、会話がなかなか良い。友情出演のシュワちゃんとのやりとり「今度飯でも食おう」「いつ?」「1000年後」「ずいぶん急だな」オシャレすぎて死にそう。
ヒロイン格がいたにもかかわらずロマンスがなかったのは意外。まあーどんなにスタローンがかっこよくても年齢差が現実的でないしねと思ってたらタイプなら行ってたんかーい。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.08.28(Tue) 00:29
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード