« 2018 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

美の女神さえも恥じらう美しさ

最近見た映画

・バーフバリ 王の凱旋 完全版
カッタッパはなぜバーフバリ(父)を裏切るに至ったか?!バラーラデーヴァはいかにして王座を手に入れたか?!
前作以上に面白い!!!バーフバリ(父)の転落人生のはずなのに、どんな環境でもみんなと仲良く幸せに暮らす様子に悲壮感が全くない。こういう人生も悪くないと思えてくる。
クンタラ王国滞在パートで楽しい気分にさせておいて、カッタッパもクマラも親しみやすいキャラで大好きにさせておいて、罠に嵌めて裏切らせるは殺すわ…なんてひどい映画なんだ!でも好き!
デーヴァセーナもまたシヴァガミに負けず劣らずの強い女性で、こんなんぶつけたらそりゃ国もめちゃくちゃになるわ。
悪くなる一方の状況にシヴァガミの決断力のすごさがだんだんと考えなしの思いつきに感じてきたけど、ついに弱音を吐いた姿に決して思いつきではなかったんだなと思えたし、バーフバリの死と新たな王の誕生の宣言は最高だったね!
万物に愛される弟を持ってしまったがゆえのバラーラデーヴァの苦悩と嫉妬には同情するところもあるけれどそれ以上にクズなので無惨な最期にスッキリしたし、めでたしめでたしなんだけど、ビッジャラデーヴァはどうなった?
長い映画で見るの大変だと思ったけど、もっと長くてもいいや。もっと見たい。

・モンパルナスの灯
売れない画家が売れないまま死ぬ話。
好きなものしか描きたくないのに、どうしてそれを仕事にしようと、それが仕事になると思えるのか?
実際あんな生活続けてて、甲斐性もないくせに守ってあげなきゃならないようなお嬢さんと一緒になろうだなんて図々しい。お金持ってるお姉さまにかわいがってもらってるくらいがちょうどいいんだ。
ラスト、お金だけ渡されて絵を受け取ってもらえなかったことが原因でショック死したようにしか見えないんだけど。宣言通り画商が絵を買いに来たくだりで一気にホラー映画だよ!

・LUCK-KEY
売れない俳優が裏稼業っぽい大金持ちに成り代わって事件に巻き込まれる一方で成り代わられた側は記憶喪失になったけど縁に恵まれて楽しく暮らす話。
韓国映画でよく見かける脇役顔が主演。どう見ても40代半ばなのに「どうやら32歳らしい」の設定が面白すぎる。
コワモテな彼が新しい生活の中でどんどん明るく柔らくなっていくのが素敵。「記憶はなくしても体が覚えている」を生かして俳優の道でメキメキ頭角を現していくのも気持ちがいい。
ヒロインがまたいいコなんだ!スレンダー美人だし主人公はあのとおりなのになんでこんなにほのぼのカップル。キスシーンもかわいかった~。(主人公ひっくるめて)
主人公の正体は予想通りであり予想外であり。ともあれその手が血に染まっているというわけではなくてヨカッタヨカッタ。女所帯で大変そうだけどお幸せに!
もう一人の主人公のやらかしは相応のこわい目に遭ったからチャラでいっかな。ストーカーから始まる恋もあるってことで。こちらもお幸せに~。

・マルサの女
脱税男にマルサの女が戦いを挑む話。
面白かったけどサラリーマンの私には難しかった…。
そばかすだらけの宮本信子がとってもかわいい。仕事に一生懸命で応援したくなる。作中でキャリアアップするのもよかった。
山崎努があれだけ脱税しまくってても金の亡者に思えないのは息子の存在なんだろうな。本当に一円でも多く息子に残したいと考えての行動に思える。
宮本信子と山崎努は敵同士ながら友情が見て取れるのがなんだか切なかった。だから終わり方もしんみり。

・リアル鬼ごっこ2015劇場版
修学旅行バスがまっぷたつになって唯一生き残った少女がかまいたちから逃げ回って気付いたら全然知らない学校に通っていた話。
ストーリーについては一体どういうことなの?!と考えるだけ無駄なので考えないことにする。
通行人に至るまで女しか出てこないのは制作側の趣味かと思ったら仮想世界だったのね。
見てる間中「自殺サークル」がチラついてたんだけどやっぱりお前か園子温。
バスまっぷたつはファイナルデスティネーションみたいで楽しいし、なんだか百合百合してるし、斎藤工が白パン一丁で床に誘うシーンがあるから見る価値ナシとは言わない!

待ちに待ったプライムデーでfire tv stick買いなおしてから一発目がリアル鬼ごっこって自分でもどうかと思う。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.07.26(Thu) 00:43

民事介入暴力

最近見た映画

・ブルークラッシュ
3年前の事故のトラウマが消えないハワイ在住の女性サーファーが仕事先のホテルにバカンスで訪れていたNFL選手といい仲になって練習に身が入らなくなる話。
期待されていても女とギャンブルでダメになるという話は聞くけれど、それって男だけじゃないんだなあ。痴話喧嘩での「何が望みだ?」に対する答えが「最低限の生活ができる幸せ」だったのは切なかった。
仲良し三人組の信頼関係は良かったけど、ひとりがコーチ的な立場なのはピンと来なかった。「あなたの夢を私に押し付けないで」と言われるには若すぎるというか。彼女が主人公に期待するようになったバックグラウンドも見えなかったし。
チビッコサーファーがたくさん登場するエンドロールが楽しい。私でもサーフィンできるんじゃないかと勘違いできる。
これ見た翌日にテレビでこの映画に関する話題が取り上げられてて、あやうくネタバレ食らうところだった。

・ミンボーの女
ロビーで騒いだりイチャモンをつけたりするヤクザへの対応に困り果てたホテルが弁護士雇って撃退しようと奮闘する話。
対応係に任命された経理部のおじさんと新人ベルボーイが弁護士の背中を見てどんどん成長していくのが気持ちいい!
序盤のヤクザの思惑通り泥沼にはまっていく様子に宮本信子はやく助けに来て!とハラハラしてたんだけど、弁護士におんぶにだっこじゃなくて最後には自分たちだけで解決したのには本当に感動した!支配人が痛い目に遭って意識を変えたのもよかった。
全然スカッとできない某番組に見習ってほしい。本人の努力なしにスカッとできるか!

・サベージ・キラー
ひとりきままなドライブに出かけた先で事件を目撃して拉致され犯され刺され埋められた女が勝手に復活の儀式されてアパッチの酋長に乗り移られて復讐する話。
サスペンスかと思ったらゾンビ映画だった。
主人公がかわいそうすぎて復讐果たせてよかったねなんて微塵も思えなかった。復讐だって彼女の意志なんて少しもなかったかもしれないし、だとしたらただただ利用されただけで救いがない。
主人公が聾唖である必要性が感じられなかったんだけど(結構しゃべれてるし結構聞こえてるし)、彼氏が彼女を火葬するシーンの手話での「愛してる」にはウルッときてしまった。

・生きてこそ
南米の大学ラグビーチーム乗った飛行機が遠征先のチリに向かう途中でアンデス山脈に不時着した話。
冒頭で語られた事故の後に人から向けられたという言葉がキツイ。
彼らが生き残ったのはラグビーチームだったからという理由も絶対にある。屈強であることもそうだし、なによりチームとしての信頼関係があったから。多少の衝突はあってもアントニオをリーダーとして認めていたし、本人も過酷な状況でしっかりとリーダーらしく振る舞っていた。雪崩がなければもっと生き残っていたはず。
赤の他人同士だったらいったいどうなっていたことか。「人肉を食べたから」ではなく彼らだからこそ生還できたんだと思う。そういう意味では「私なら生き残れなかった」だわ。

・ドリーム
NASAの計算室で働く3人の黒人女性が実力を発揮して能力に見合った仕事と待遇を勝ち取っていく話。
トイレが白人とそれ以外とで分かれているのとかもうギャグとしか思えないんだけど、本当にあった歴史なんだよね。アメリカ様がバカに思えてくる。
黙々と仕事に打ち込んでいたキャサリンが自分ではどうにもできないことを咎められて爆発した姿はスカッとするよりも心が痛んだ。「偏見はないのよ」に対する「わかってる。あなたがそう思い込んでいることは」も同じく。
キャサリンがメインでメアリーの物語はこれからという感じだったので、メアリーをメインにした続編も見たいなあ。ドロシーと仲間たちの話もスピンオフでお願いしたい。
「ライトスタッフ」のアナザーストーリーでもあるので、併せて見ておくといいかも。

fire tv stickが故障してしまったのですよ…プライムデーまで我慢我慢。今度はケチらないで2年保証付けるぞ!
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.07.08(Sun) 00:24

なーななーなななななななー

ななっくホールサヨナラ大会。

ななっくマンが面白すぎた。
ななっくホールサヨナラ大会ということはななっくマン引退試合でもあるわけで、初代なら感慨深くもなろうが2代目どころか3代目。つまり実質デビュー戦兼引退試合。
3代目はデビュー戦とは思えないイキのいいファイトを展開。
試合後はサスケの提案を受けて引退セレモニーが執り行われることに。
パンチさんの代打のリングアナも「今日初めて会った選手の10カウントを叩くことになるなんて」と。
ななっくマンは号泣しながら最後のあいさつ。
「とっても短い間でしたが、応援ありがとうございました…なっく」
「これからもみちのくプロレスをよろしくお願いします…なっく」
引退セレモニーは予想してたけど、まさか3代目で見ることになるとは思わなかったよ!せめて2代目だろ!
ななっくホールはフロア改装に伴う閉鎖だそうで、この会場にはプロレス以外にも思い出があるのでプロレス抜きにしてもさみしかったりするのですが、改装後にもプロレスができるスペースがあるといいな!
ななっくマンの復帰戦、楽しみにしてま~す。

…下世話ですが、メインの勝利者賞プレゼンターのななっく社員の女性が高身長(175cmくらい?)のあっさり顔美人で宝塚好きの私はときめいてしまいました。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.07.04(Wed) 23:31
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード