« 2018 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

四半世紀

新崎人生25周年記念大会。

のはしが!ついに!!東北Jr戴冠!!!
のはしにもらい泣きする人生にもらい泣きしてしまった。いままでプロレス見てウルッときたことは数あれど落涙したのは初めてかも。まあそれも笑いすぎて涙が出たのかなんなのかわかんないんだけど。認定証を読み進められない人生がいきなりのはしのハゲ頭をひっぱたいたのめっちゃ笑った。
セミがすごい試合だったからさあ!これ超えるのゆるくないぞと冷や汗モノで、実際、大会終了後に「女子プロの方がよかった」という声を耳にしてウワーンとなりつつも否定できない自分がいたりしたんですが、近年まれにみるハッピーエンドだったよ。
のはしは人気のなさをキャラにしているところもあるけれど、全然そんなことないじゃんねえ?のはしコールを受けてエントランスに消える直前の「やったぞ!」というふうに両腕を挙げた後姿が忘れられない。
のはしの戴冠と剣舞の復帰でまたみちプロ全体の雰囲気も明るくなることでしょう!SSもBBも悪くはないんだけどいかんせん暗いんだよ。拳剛ひとりで気張っててもどうにもならないんだよ。やっぱり明るい気分で会場を後にしたいもの。頼むよのはし~~~!

仙女のタイトルマッチは素晴らしかった!
試合内容もさることながら、大型新人対雑草という関係性をほんのり知ってるだけでもより試合が魅力的に映る。
橋本千紘選手の立ち位置は拳王を思い出す。学生スポーツでの輝かしい実績を引っ提げて期待の大型新人としてデビューしキャリアに見合わぬ実力でしっかり実績も残しているという。
かたやDASHチサコ選手はキャリア10年を超えていまだシングル無冠。そんなのチサコ選手応援するしかないじゃん!試合が決したときの会場の落胆ぶりといったら…。
でも試合後の橋本選手のあんな顔見たら素直におめでとうだよ!すごい選手がいるもんだ。

そして本日の主役、新崎人生。大物が相手だとかの記念試合的なカードではなかったけれど、これがまた最高に面白かった!
普段の大会ではベテラン枠に組まれてるから人生のすごさを実感するのはやっぱり最前線で戦ってる対若手の試合なんだよね。
金剛陀羅尼に高野落としとここ一番でしか見れない大技に大興奮!でもハイライトはなんといってもサスケスペシャル!!!週プロのインタビューでサスケが「私はもうサスケスペシャルとかできないからみんなどんどん使ってほしい。でもセグウェイはダメ」と言ってたのは伏線だったのかな。
人生がしっかりと試合の主役になっていて大満足。レジェンド相手の接待試合じゃあこんに人生を堪能することもできなかったでしょう。今回ばかりは若手の存在感が薄かったことに何も言わない。むしろ人生濃度高まってよかった。

世界一面白い第1試合は今回も世界一面白かったし、イニシエーションのサスケ「どこから来ましたか?」チビッコ「おうちからきました」には思いっきり和まされたし、因縁浅からぬ東郷さんとはやてにドキドキしたし、仙女の6人タッグは魅力的な選手ばかりで刺激的だったし!(ハイジ選手にクラクラ~)
ただひとつ、雷斗さんはともかく、郡司は居場所はそこなのかと。よりによって格上相手の初勝利…。第1試合ではなく「見ても見なくてもいい」ダークマッチに組まれた意味は見過ごせない。これをよしとしないで郡司が発奮してくれればいいんだけどなあ。
と、のっけからのそんなモヤモヤも吹き飛ばすくらい本当に素晴らしい大会でした!いわゆる仙台時間でダークマッチが始まっても目立つ空席にソワソワしたけど、気づいたときにはミッチリで1800人の大入り!こんな光景を見せてくれた人生に感謝。30周年記念大会ももちろん行くともー!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.06.27(Wed) 00:50
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード