« 2018 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カルバン・クライン

最近見た映画

・パディントン
地震で住処と家族を失った熊がかつて交流のあった冒険家をたずねてロンドンに行く話。
二足歩行の喋る熊が異邦人程度にしか思われていない…。
心温まるファミリー映画なのはその通りなんだけど、コケ芸大好きだからすごいツボった。バスルームの場面は笑いが止まらなかった。「不幸にも親を失った児童のための施設」のカットインも最高。
パディントンもこどもたちもかわいいけど、お母さんがめちゃくちゃかわいい。カタブツのお父さんがパディントンを受け入れてどんどんかっこよくなるのも素敵~。親戚のおばさんの活躍も見逃せない!

・マイアミ・バイス
刑事コンビが運び屋のふりして潜入捜査する話。
昔々のドラマの映画化だということだけは知ってたので、明るいバディものを期待したらロマンス色強くて肩すかし食らった。小雪ソックリのヒロインが好みじゃないからモテモテ設定なのも見ててつらかった。
主人公とヒロインがお互いに好意を寄せているのは利用するための「ふり」なのかという望み(?)もあったけど、結局愛し合う気持ちは本物でしたーってつまんねーの。
取引相手との探り合いは面白かった。答えに窮しそうな質問の切り返しが見事。序盤に出てきた運び屋が4000万ドルのマンションに住んでいて、そんなに金になるの?!とビビったけど、高額な報酬でもなきゃやってられない仕事だということもよくわかった。
作品自体はそんなに好きじゃないけど、チームの仲間たちのキャラクターが気になるのでそこらへんクローズアップした続編を見たい。

・バック・トゥ・ザ・フューチャー
友達の博士が発明したタイムマシンで30年前に飛ばされる男子高校生の話。
はるか昔に見たんだろうけど何も覚えてないので気持ちは初見。
ハチャメチャに面白い!登場人物は魅力的だし細かい伏線も楽しすぎる。
万人に愛される作品なのはよーくわかるんだけど、現在に戻ってきたらダメ家族がすてきな家族になっていたのにはゾッとした。17年も一緒に過ごしてりゃダメなのもひっくるめて愛着が湧いてるだろうに、容れ物はそのままで中身は別物なんてどんなホラーだ。
高校生時代から続いている主従関係が逆転したのも嫌。そんな歪んだ関係無くなってしまえばいいのに。

・バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2
未来の息子を救うため30年後に行って現代に戻ってきたら宿敵ビフが大成しててその原因となったスポーツ年鑑を取り返すために再び30年前に行く話。
はるか昔にこれを見て「チキン=弱虫」という言葉を覚えたんだっけなー。でも内容は全く覚えていない。
BTTFシリーズは続編じゃなくて三部作なのね。三作とも好評な理由はそういうことか。
やってることといえば本を取り返そうとしているだけなのになんでこんなに面白いんだろー!一作目の場面もたくさん出てきて楽しい。
公開当時に見たら30年後の世界はワクワクしかなかったんだろうけど、その30年後が過去になった今となっては現実が追いついてなくて笑える。生ゴミがそのまんまエネルギーになったりそこらへんを車が飛んでる日常なんていつ来るのやら。

・バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3
100年前の西部時代にタイムスリップしたドクの墓を発見してしまったマーティがドクを助けに行く話。
最後まで面白かった!前2作のセルフオマージュも楽しい。今作はドクがメインで奇人変人だとしか思ってなかった彼の意外な一面が見れて親しみが湧いた。ドクがウイスキーにひとくちもつけずにクダを巻くの笑った。しっかしあのドクにこんな素敵なロマンスが訪れるなんてね~ウフフ。
現在が大きく変わることもなく無事に冒険を終えたわけだけど、父親とビフの立場が逆転しただけの歪んだ関係は結局そのまんまなのね。すっかり元通りになった現在でビフを克服するような展開にはならなかったものか。まあドクもクララと生きることを選んだんだから「すっかり元通り」じゃなくてもいいのか。「未来は白紙」って言ってたしね。

(本当は3の前に「トロイ」見たけど三つ並べたいので差し替え)
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.05.14(Mon) 22:12
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード