« 2018 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

時代はまわる

2年半振りに観戦した大日本プロレスはガラリと風景が変わっておりました。
新人がどっと増え、あの頃新人だった選手はすっかり雰囲気のある若手選手に。それはとても健全で喜ばしい光景なわけですが、別団体で活躍していた選手の姿に一騎当千開催中だから特別参戦かと思ったらまさかの所属でオドロキ。李日韓レフェリーが離脱したことも知らなかったし、岡林選手が欠場中なのも知らなかったし、メディカルロケーションというシステムが始まったことも知らなかった。前座試合で客席を温める中堅~ベテラン選手の欠場は若手が充実している証拠?
そうかあー2年半見てないとこんなに変わるものなのかあー。
今回一番楽しみにしていたのは肉体改造した橋本和樹選手。週プロでその姿を見たときはそれはそれは驚いたものです。あの頃のたっぷりとした腹回りは見る影もなく…よく絞られたかっこいいカラダに大変身していました。ただ…リングサイドに落ちた相手を狙うエプロン上のランニングキック、相手にしがみついて絞め落とす寝技、バズソーキック…それだけでこう言うのもアレかもしれないけど、フジタJrハヤトを髣髴させるファイトスタイルに複雑な気持ちになってしまいました…。いやホント考え出すと抜け出せなくなるから考えないようにする。
橋本大地選手もこれまた楽しみにしてたんですけどね、桁外れに規格外の浜亮太選手とのシングルではイマイチ楽しみ切れず。
期待していた部分でハズされた感はありましたが、若手中心の前半戦はイキイキとしたファイトに心が洗われたし!第2試合では思いがけずGAINAが見れたし!(みちプロ選手とは比にならないほどデカい選手を背負ってのスプラッシュの強烈さ!)
メインのエニウェアルールのデスマッチはどこを見ればいいのやらでせっかくならと近くの場外乱闘を主に見ているうちにいつの間にか試合が終わっていたけれど、囃し立てるセコンド陣の様子もひっくるめて最高に楽しかったです!曲がったパイプ椅子を持つ伊東選手の後ろでニコニコしながら「戻せ」コールをする関本選手に萌えた。それと橋本和樹選手が「今日はあの技出すの早いな!」とか「リング上ヤベエことになってんぞ!」とか、ひとりごとのうるさい常連みたいでおかしかった。
私は蛍光灯よりも有刺鉄線の方が嫌なんですけど、今回竹田選手が持ち出したハサミと包丁が本当に嫌すぎて見てらんなかったです。結局、痛みをよりリアル想像できる方がより嫌なのよね。日常生活で蛍光灯の破片を踏むなんてことはまずないけど、ハサミや包丁で指を切ることをはあるもの。デスマッチは何度見ても括目できない!
久方振りの大日観戦はとっても刺激的でした!新人が続々とデビューしてしっかり育って若手として活躍していること、ほぼほぼ所属選手だけで興行がまわっていること、メディカルロケーションを実現できていること…みちプロファンとして思うところもたくさんあった。
たまにみちプロ以外の団体を観戦して、あまり楽しめなかったなーと思ったときは相関図がわかっていないからなどと自分の知識不足のせいにしていたのですが、知識不足でも楽しめるモンは楽しめる!実際、今回の大日観戦は楽しかったんだから、自分の知識不足のせいにするのはやめよう!素直に団体のせいにしよう!
いやホント楽しかったから、せめて年イチくらいで見れるように、機会を待たずに自分から動こう。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.04.03(Tue) 22:37
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード