« 2018 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

カンパイ

最近見た映画

・デビルシャーク
殺人鬼の呪いにより悪魔が取り憑いたサメに襲われた女がこれまた悪魔に取り憑かれてまわりの人間を次々と湖に引きずりこむ話。
カメラマン(?)の鼻息がうるさい。
サメのCGは悪くないぞと思ったら人間との共演は一切なし。サメに襲われても出血量のわりには切り傷程度でゴア描写が苦手な人も安心。
一応エクソシストも出てくるけど大した活躍もせず、肝心の悪魔祓いシーンはほぼコント。
キャストクレジットの後に流れた頭の足りなそうな女が水族館ではしゃぐシーンが一番怖かった。
どこのレビューサイトを見てもぶっちぎりの低評価なのも頷けるけど、ボッチャリからマッシヴまで広く嗜好に応える勢いでむやみやたらにビキニギャルが登場するのは評価したい!

・怪盗グルーのミニオン危機一発
みなしご三姉妹を養女に迎えすっかりいいパパとなりゼリーとジャムの開発に精を出していたグルーだったが、いろいろあって南極の秘密基地を丸ごと盗んだ犯人を追う話。
グルーに春が来たー!グルーよりも三女がルーシーにビビッと来ちゃってたね。恋に臆病なグルーにグイグイ行くルーシー好き。ルーシーも言ってたけど、悪いことしてるグルーはイカしてるわ~。いいパパしてるグルーも素敵だけどね。
しかし父親というものは娘の彼氏がそんなに憎いんだろうか?「息子が怪しい!息子こそ犯人だ!」と熱弁するグルーにオイオイと思ったけど、その後のプレイボーイぶりを見るに人間性を見抜いてた?
ミニオンってかわいいんだけど、髪の毛の生え方がリアルでちょっとキモイ。

・日本で一番悪い奴ら
北海道警最大の不祥事「稲葉事件」を基にした話。
拳銃の摘発件数を上げるため警察自ら買い付けた拳銃を「首なし銃」として提出するってだけでもありえないのに、その買い付け資金を覚せい剤を売って捻出していたなんてあきれ返る。挙句、拳銃の密輸を摘発するために麻薬の密輸を見逃すなんてもう開いた口がふさがらない。
実話を基にしたって相当脚色してるだろと思って鑑賞後にwikipedia読んだらまさしく「完全映画化」じゃあないですか。細かいエピソードまでよく拾ってるレベルで。「凶悪」の監督作品と知って納得。「実話を基にした作品に定評のある」の肩書が付きそう。
綾野剛は主人公やるには若すぎないかい?と思ったけど、本人の持ち味なのか、先輩に感化される前の正義感にあふれる姿が本来の姿なんだろうなと思えるような、生真面目さが隠しきれていないところが警察官らしくてよかった。
「グレート小鹿とメシ食った」「すげえな!」の会話が北海道設定生かしてて好き。
ところでこれ見るまで思ったこともなかったけど、中村獅童と白鳥雪乃丞(氣志團のドラム)ってソックリなのね。

・怪盗グルーのミニオン大脱走
仕事に失敗して職を失ったグルー夫妻のもとにグルーの双子の弟からの遣いを名乗る者がやってきた話。
顔は同じなのに性格も頭髪も正反対のドルーがイイ!根っからの善人なのにがんばって悪人になろうとするのがいじらしくて!そんなドルーにウンザリしつつも見捨てないグルーの兄弟愛が素敵~。
栄光の'80年代で時が止まってる元子役スターの敵が強烈。最新CGで80年代の特撮番組を再現する矛盾が面白い。
ステップファミリーの物語としては王道なんだけど、継父じゃなくて継母となると「ママって呼んでくれた!」のおなじみの場面も新鮮。
グルーとドルー、双子なのになんでかベン・スティラー(兄)とオーウェン・ウィルソン(弟)で脳内実写化してしまった。

・セレブ・ウォーズ~ニューヨークの恋に勝つルール~
ロンドンの三流出版社に勤める芸能記者がNYの一流出版社に引き抜かれて本当に書きたい記事を書くために奮闘する話。
キラキラ系の邦題にいい意味でだまされた。変わり者だけど親近感のわく主人公がアウェーな環境でがんばる姿は応援したくなる。
芸能人を扱う雑誌の裏側ってこんな感じなんだあ。「宣伝のために記事を書きたくない」という主人公の信念はかっこいいけど、辛辣なだけの記事を諌める編集長もかっこいい。
なかなか状況が好転しないし、恋の行方なんて本当に最後の方まで絶望的だったけど、彼女の不倫相手から「君じゃないよ」と前置きされて告げられた彼女の好きな人の名前が「君」だったのには感動したね!
映画の引用ネタが楽しい。でも「コン・エアー」は私も大好きな映画なのでバカにされて悲しい…。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.04.22(Sun) 23:57

Have you ever done before?

宝塚雪組全国ツアー・幕末ロマン「誠の群像-新選組流亡記-」/レヴュー・スペクタキュラー「SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」に行ってきました。
雪→星→宙→月→花→星→宙→宙→月→星→花→星→花→星→宙→月→雪→雪→月→雪で前回の全国ツアーも雪組だったので2回連続の雪組@全国ツアーです。雪組の全国ツアーで日本物だなんて初観劇を思い出すわ~。

まずはお芝居「誠の群像」
新撰組の土方歳三を主人公とした物語。「男とはいかに死ぬべきか」といったことがテーマと思えるほどに硬派で無骨。
土方の晩年に焦点を当てているのはわかったという程度ではっきりとしたストーリーは感じなかったけれど、金言の連続で印象に残るシーンばかり。横暴な芹沢につっかかろうとした隊士を「そんなことに意地を張るな!」と止めたシーンはぐっと来た!
虎徹をめぐる話もよかった。人を騙したことを激しく悔やむお小夜を「あなたの行動であの刀はたった今本物のと虎徹となった」「近藤勇は今日も25両の虎徹を手に京都を歩かれておる」と慰める土方が素敵。
ただ、宝塚で上演するにはロマンス色があまりにも薄い。デートに誘った次にはもうお小夜が身請けされているのはいくらなんでも端折りすぎ。お小夜の別れの手紙から逢瀬を重ねたということは推測できるけど、「逢瀬」をダンスでもなんでも表現できなかったものか。でもそれだと「二晩」の場面とかぶるか。
ダンスといえば「鬼の土方」のダンスがめちゃくちゃかっこよかった。バックの巨大な鬼の面も強烈。
幕末ものということで「桜華に舞え!」を思い出す場面もチラホラ。土方の最後、とどめを刺そうとする部下を大将が止めるところなんかとくに。
決して楽しい作品ではなかったけれど、何度も見て男の世界に酔い知れたいと思える作品でした。

続いてショー「SUPER VOYAGER!」
野口先生大劇場デビュー作の「THE ENTERTAINER!」(以下、ジエンタ)がトップスターの使い倒しでトップスターファンとして最高のショーだったので、望海風斗さんの使い倒されっぷりをとても楽しみにしていました!
直近に本公演で上演されたショーなので、前知識ゼロというわけにはいきませんでしたが、「これが噂の!」の連続で、これはこれで楽しめました。
まずなんといってもオープニングのテーマ曲!砂を吐くほど甘い台詞をトップスターが圧倒的な歌唱力で大真面目に歌うもんですからもう、どんな顔をすればいいのかわかりませんでした!ジエンタで「そばにおいでギュッてしてあげる」とか歌われてもこんな気持ちにはならなかったのになぜ?!と考えた結果、併演作品のせいではないかと!そりゃ鬼の土方に「俺がギュッてあたためてあげる」なんて言われたらどどどどうしちゃったの?!ともなるわ。
男役スターがキラキラ全開で「胸キュンキュン」「腰グイグイ」などと歌い継いでいく場面なんて、宝塚だから「行儀よく観劇せねば」という理性で保てているけれど、アイドルのコンサートばりに発声可能なら失神者続出間違いなし!もうオープニングだけで胸焼け~。
二番手の彩風咲奈さんが中心となりカラフルなスーツとドレスで踊る都会的なダンスシーンは本当にかっこよくてそこだけ20分くらい見てたかったです。
トップスターと三番手格の彩凪翔さんがひとりの女を奪い合うストーリー性のある場面、女装の色気というのは学年を重ねないと出てこないんだなと。かわいいんだけどね。取り合いされるほどのいい女に見えなかったのも正直なところ。
タンゴの衣装に身を包みオラオラ全開でご当地ネタを叫ぶのはもはやツアー恒例?「銀河鉄道の夜!風の又三郎!注文の多い料理店!宮沢賢治!」笑うなと言う方が無理。
男性アイドルグループを思わせる場面はジエンタの同様の場面よりはいろんな意味で普通に見れました。野口ショー恒例になりそうだけど、今後STARS11を超えるグループは出てくるのだろうか…?
望海さんが朗々と歌うソロは決して平坦ではなかったトップまでの道のりを思わせる感動の大ナンバーなんですが、どうにもこうにも「天海さんもそんなことがある?」がチラついてしまって。こんなほのぼのエピソードもしっかり盛り込むなんて野口先生の生徒への思いが伝わります!
ショーの一番のお楽しみといっても過言ではない、大階段での男役群舞は黒燕尾じゃないのは百歩譲っても、衣装がカジュアルすぎてチョッピリガッカリ。次のデュエットダンスは早着替えなので仕方ないところはあるとはいえ、上下のミスマッチ具合が気になったのですが、相手役の真彩希帆さんの手袋の生地を望海さんのパンツに合わせてあったのには感心しました。そりゃあドシロウトが気づくことはプロだって当然気付いてますよねー。
常設会場のお客さんの行儀のよさに慣れると全国ツアーのお客さんのフリーダムさに辟易することもあるんですけど、反応の素直さは嫌いじゃないです。とくに幕開きと大羽根背負ったのトップスターに送られるやんややんやの拍手喝采!これも全国ツアーの醍醐味!
野口先生の大劇場作品はこれで2本目ですが、2本目にしてすでに野口カラーとでもいいましょうか、そんなのが見えたような気がしました。もうラインダンス?!とかね。黒燕尾が無いとか黒燕尾が無いとか思うところもありますが、野口ショー楽しい!大好き!これを望海さんがやるってのがまたいいんだろうなあ。大劇場バージョンはこれの豪華版でしょう?うーん見たい!!!

印象に残った生徒について。

・望海風斗/土方歳三
主人公ながらろくに笑わない鬼の土方は黒いイメージのある彼女にピッタリ。着物姿の色気もたまらない。「琥珀色の雨にぬれて」は全然ときめかなかったけど(主人公カップルがクズすぎたのが主な理由だけど)、今回はしっかりときめきました!思い返してみれば幕末太陽傳の高杉晋作にもすごくときめいたし、どうも私はだいもんの着物姿がツボみたい。
お芝居とはうってかわってのショーのハジけっぷりには本当にやられた!ギャップゆえの魅力といいますか、きっと別のトップで再演してもこんなに楽しめないと思う。ショーだけでもこんなに萌えたんだもの、コメディなんかやってくれたら相当萌えるだろうなあ。カーテンコールでは副組長さんに「雨ニモ負ケズ全部言えます!雨にも負けず雪にも負けず」といきなり間違えたことを暴露され、一粒で三度おいしかったです。

・真彩希帆/お小夜
琥珀色で感じた違和感の正体がわかりました。彼女は童顔通り越して赤ちゃん顔なんだね。そして顔だけでなく声も「大人の女性」を演じるには少女すぎる。母親の死の際で余韻を残して嘆く演技の細かさからもわかるように、演技力があるから余計に違和感だったんだなと。
今回のお芝居は武家の娘なのでとくに違和感もなく見れたけど、彼女にピッタリハマるのは純真な少女とか、現実感のないお姫様なんじゃないかなーなんて思っていた直後、ショーのオープニングで登場したお人形さんのような彼女のかわいらしさに(客席がどよめいたもの)、ホラね!やっぱりね!「こうもり」のメイドちゃんズでもひときわかわいかったもんなー。(風ちゃんは別格!)
琥珀色がショーでも払拭できないほどにトラウマレベルだったんだけど、すぐに忘れられそうです。

・彩風咲奈/山南敬助&榎本武揚
やっぱりありちゃん(暁千星)に似てる~。素顔全然似てないのに~。
前半はさわやかな青年、後半は髭の軍人と二役を演じたわけですが、ギャップがすごくて同一人物に見えなかった。髭が似合うことも意外な感じで。アゴのホクロがなかったら最後までわからなかったかも?

・彩凪翔/勝海舟
お芝居の方はあまり印象に残ってないけれど、ショーだと上級生にしか出せない色気を兼ね備えたうえに見目麗しさがズバ抜けておる…。彩風咲奈さんと比べてもグンと大人っぽい。

・煌羽レオ/斎藤一&黒田了介
前回の全国ツアーで印象に残っていた彼女、今回もオープニングでパンチのある歌声だ!とオペラグラスを上げたら彼女でした。娘役を引き連れて歌う場面に嬉しくなったので、気になる人がいるとショーがより楽しめることを認識。

・綾凰華/沖田総司
役どころからするに若手のホープだよね、雪組知らないからなあ…と思ったら元星組生の彼女ではありませんか!新人公演で二番手やってたのはすぐに思い出せるけど、認識してなかったってことか…。いやでも元星組生の活躍は嬉しい!…きーちゃんと同期&元星組なのね。なるほどなるほど。

・夏美よう/芹沢鴨&高松凌雲
ハッチさんが出演されてるなんて余計に初観劇を思い出すわ。ハッチさんスケベ親父でも素敵よ。観客の怒りをも一身に浴びて見事に散って行かれました。

・朝月希和/明里
今回、星南のぞみさんが別箱出演だったので、娘役二番手格はどなたかな?と。お芝居でサブヒロインを演じた彼女ですかね?彼女は花組からの組替なんですね。日本物のメイクのせいか、先代雪組娘役トップの咲妃みゆさんに似てる?!と思うことが何度か。

そして今回も彩みちるさんを認識できず…。

全国ツアーで同じ組が続くと別の組の方が…なんて思ってしまいますが、今回ばかりは連続雪組でよかったです!いやホント、前回の琥珀色引きずってたから、お芝居・ショーともに早いうちに今回の公演が見れてよかったなと!だいもんかっこいい!おもしろい!きーちゃんかわいい!でだいぶ上書きされました。
他の生徒さんはなかなか覚えられませんが、「沼とは落ちるもの」という名言もありますし、そのうち煌羽レオさん以外にも気になる生徒が出てくるでしょう!

ところで、琥珀色のプログラムのスチールがトップ以外幕末のと同じだったのが不満だったんですけど、しくみがわかりました。ショーが直近の本公演と同じだとスチールは使い回しなんですね。トップですら!
思い返せば本公演で見たショーを全国ツアーでも見たのは"D"rastic"S"!!(苦肉の策の表記)が初めてでした。今回は本公演を見てない=プログラムを持ってないので、使い回しでも楽しんでおります。もう不満に思わないぞ!
いやしかしそうなると「ショーが直近の本公演と同じ」にガッカリ要素が増えたような…。
宝塚・歌劇・演劇 | CM(0) | TB(-) 2018.04.21(Sat) 23:50

23(イサム)

最近見た映画

・暴力教室
手の付けられない生徒が集まったクラスになにやらわけありな教師が赴任する話。
真樹日佐夫先生あたりが原作手がけた'70年代劇画の実写化かと思った。すっげーハードボイルド。女は脅迫の道具としか扱われない突き抜けっぷり。
舘ひろし(新人)が松田優作の妹相手に押し込み強姦するのが鬼畜すぎて、その後二度にわたって彼女の前に現れて物言いたげにしているのが恐怖すぎて、ラストシーンが気持ちよく見れない。
舘ひろし(新人)は(新人)だけあって台詞はまるで棒だけど顔の演技はなかなかだった。なによりひと目でコイツがリーダーだとわかる華があるのがすごい。

・ラ・ラ・ランド
オーディションを受けまくってる(=落ちまくってる)女優の卵と自分の店を持つことを夢見るジャズピアニストが出会う話。
二人とも夢を叶えるんだけど、最初から最後まで切ない。嫌いで別れたわけじゃなければ相手と歩む人生を想像したりするんだろうな。
人気女優となった彼女の活躍を彼氏は当然知っていただろうけど、彼女の方が彼氏のことを風の噂にも聞かなかったというのはこのご時世ちょっと無理があるような。私なら定期的にチキンスティックでググるぞ。スマホが重要アイテムとも思えなかったし、時代設定1990年くらいにできなかったんだろうか?
ところで「セッション」の鬼軍曹もとい鬼教師の役者が出てきたときにヒヤッとしたのは私だけじゃないはず。

・哭声
変死が相次ぐ村の山奥には日本人が住んでいた…という話。
サスペンスかと思いきやのエクソシストだったりゾンビだったり。
娘の演技がものすごい。普段の姿との対比で憑かれてるシーンは見てるこっちが苦しくなった。
祈祷師がめちゃくちゃ怪しいんだけど、こないだ「ベテラン」見たせいで兄貴ならなんとかしてくれると思える謎の信頼感。
祈祷師が黒幕みたいな終わり方だったけど、日本人が祈祷師にやらせていたという見方もできるし、なんなら女性がとも思えるし、裏を読んでたらキリないね。

・トロピック・サンダー/史上最低の作戦
戦争体験記を基にした映画の撮影が難航、原作者の助言を受けて出演者をどこかのジャングルに置き去りにしてゲリラ撮影を試みる話。
冒頭、予告かと思って飛ばしちゃったよ。巻き戻したけど。
コメディだと思って見てたら監督が木端微塵になってサバイバルホラーか!とビビッたけどやっぱりコメディだった。
キャリアに悩んでいた主人公が生の舞台で観客の心を揺さぶる姿に感動したから居場所を見つけたと残ろうとしたのもそういう道もアリかなと思ってたら歓迎してもらえなくて逃げ戻ってきたのめちゃくちゃ笑った。
戦争映画のパロディ満載らしいけど、プライベート・ライアン、フルメタル・ジャケット、プラトーンくらいしかわからなかった。戦争映画ファンならもっと楽しめたんだろうな。

・特捜部Q 檻の中の女
捜査中に怪我で休職し早期復帰したものの未解決事件の資料整理係に回された警察官が5年前に自殺で処理された女性失踪事件を追う話。
面白かった!事件はそれほど入り組んでもなく淡々と進んでいくし犯行動機は途中から読めたけど、監禁の様子が補って有り余るほど刺激的。解離性障害の弟の存在感にも引き込まれた。
シリーズものの序章としてわかりやすいのもよかった。今後は相棒にもスポットが当たっていくのかなという楽しみがある。剛柔とタイプの違う二人の関係がどう発展していくのかも。長く続けてほしいなあ。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.04.09(Mon) 21:08

また身長の話してる…

好きな漫画の実写版キャストが発表されると真っ先に身長を調べる私です。

テレビドラマ「今日から俺は!!」の主要キャストが発表されました!
あ、実写化自体はいいんです。初めてじゃないし。何よりあの「アオイホノオ」を見事に実写化した福田雄一監督ですから、むしろ期待しているくらい。

早速ですが配役とキャストの身長を見てみましょう。

wikipedia調べ
三橋貴志/賀来賢人…181/178
伊藤真司/健太郎…180/179
今井勝俊/太賀…192/168
谷川安夫/矢本悠馬…158/161

今井が小柄なのはダメでしょーーーーーが!!!
谷川とのデコボココンビ感が出ないし、高身長だからこその残念感も出ないではないか!
今井がどんなにトンマでもあの主人公コンビとタメを張れるのはそのデカさにアドバンテージがあるからだと思うんだけどなあああああ。
他のキャストの身長は完璧なのになんで今井だけ!そこが肝心じゃん!ホントにどうにかならんかったのだろうか…192の168じゃあ撮り方でもどうにもなんないぞ。
そもそも今井がデカくないと三橋との因縁なんて生まれなかったんだし、もうね、何度でも書くが設定ありきのエピソードがつぶれるような改変だけはしてくれるなと!
あーなんか…期待値急降下…。

決まったものはしょうがない!せめてヒロイン二人はイメージに合ったキャスティングでありますように!理子ちゃんは小動物系、京子ちゃんはクールビューティー、これ以上は望まないから!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2018.04.08(Sun) 21:33

喜びも悲しみも16年間ともに

先日の大日観戦以来、手持ちのパンフレット全部引っ張り出したくらいには再燃してます。
そういえば伊東と関本ってシングルでデスマッチやったよなーいつだったっけ?と調べると、2015年?あれ?そんな最近だっけ?もうちょっと前にやらなかったっけ?と調べてもやっぱり2015年にしかやってないみたい。
15周年あたりのパンフレットを見直して結局やりたいという話をしていただけだったのかと納得。
早速ホニャララで試合動画を見て大興奮!実況解説の「二人がデスマッチをやってしまうことで処女性が失われ一線を越えてしまう」という表現がより一層興奮を掻き立てる!結果を知らないから結果にもハラハラできました。
会見がまたいいんだ!お互いを強く想う気持ちが伝わってきて、それをふまえて試合を見直すとさらに味わい深い。
試合後のマイクパフォーマンスも含めて本当に素晴らしくて、これ実況なしのきれいな映像でも見たいなーDVD売ってないのかなーと通販サイトなどを調べ、この試合が収録されている後楽園大会のDVDが発売されていることを知り、いつか買うぞと心に決めました。
その日の夜、DVDも見直すかと引っ張り出してみたら、持ってるじゃーん!しかも伊東と関本のサイン入り。いやもうすっかり忘れてたけど会場で買ってたわ。
当時のことも思い出した。機会があって初回の両極譚観戦して大日熱上がってた頃に翌月の後楽園大会で伊東vs関本のデスマッチが決まっていーなー行きたいなーとか思ってたわ。ほんでその年の10月に大日観戦したときにDVD買ったんだ。
なーにが「結果を知らないから結果にもハラハラできました」だ知ってたんじゃん!なにもかも忘れてたけどな!!!ま、自分のニワトリ並みの記憶力のおかげで新鮮に楽しめたってことで。
これでいつでもきれいな映像で見れるぞ!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.04.06(Fri) 22:45

時代はまわる

2年半振りに観戦した大日本プロレスはガラリと風景が変わっておりました。
新人がどっと増え、あの頃新人だった選手はすっかり雰囲気のある若手選手に。それはとても健全で喜ばしい光景なわけですが、別団体で活躍していた選手の姿に一騎当千開催中だから特別参戦かと思ったらまさかの所属でオドロキ。李日韓レフェリーが離脱したことも知らなかったし、岡林選手が欠場中なのも知らなかったし、メディカルロケーションというシステムが始まったことも知らなかった。前座試合で客席を温める中堅~ベテラン選手の欠場は若手が充実している証拠?
そうかあー2年半見てないとこんなに変わるものなのかあー。
今回一番楽しみにしていたのは肉体改造した橋本和樹選手。週プロでその姿を見たときはそれはそれは驚いたものです。あの頃のたっぷりとした腹回りは見る影もなく…よく絞られたかっこいいカラダに大変身していました。ただ…リングサイドに落ちた相手を狙うエプロン上のランニングキック、相手にしがみついて絞め落とす寝技、バズソーキック…それだけでこう言うのもアレかもしれないけど、フジタJrハヤトを髣髴させるファイトスタイルに複雑な気持ちになってしまいました…。いやホント考え出すと抜け出せなくなるから考えないようにする。
橋本大地選手もこれまた楽しみにしてたんですけどね、桁外れに規格外の浜亮太選手とのシングルではイマイチ楽しみ切れず。
期待していた部分でハズされた感はありましたが、若手中心の前半戦はイキイキとしたファイトに心が洗われたし!第2試合では思いがけずGAINAが見れたし!(みちプロ選手とは比にならないほどデカい選手を背負ってのスプラッシュの強烈さ!)
メインのエニウェアルールのデスマッチはどこを見ればいいのやらでせっかくならと近くの場外乱闘を主に見ているうちにいつの間にか試合が終わっていたけれど、囃し立てるセコンド陣の様子もひっくるめて最高に楽しかったです!曲がったパイプ椅子を持つ伊東選手の後ろでニコニコしながら「戻せ」コールをする関本選手に萌えた。それと橋本和樹選手が「今日はあの技出すの早いな!」とか「リング上ヤベエことになってんぞ!」とか、ひとりごとのうるさい常連みたいでおかしかった。
私は蛍光灯よりも有刺鉄線の方が嫌なんですけど、今回竹田選手が持ち出したハサミと包丁が本当に嫌すぎて見てらんなかったです。結局、痛みをよりリアル想像できる方がより嫌なのよね。日常生活で蛍光灯の破片を踏むなんてことはまずないけど、ハサミや包丁で指を切ることをはあるもの。デスマッチは何度見ても括目できない!
久方振りの大日観戦はとっても刺激的でした!新人が続々とデビューしてしっかり育って若手として活躍していること、ほぼほぼ所属選手だけで興行がまわっていること、メディカルロケーションを実現できていること…みちプロファンとして思うところもたくさんあった。
たまにみちプロ以外の団体を観戦して、あまり楽しめなかったなーと思ったときは相関図がわかっていないからなどと自分の知識不足のせいにしていたのですが、知識不足でも楽しめるモンは楽しめる!実際、今回の大日観戦は楽しかったんだから、自分の知識不足のせいにするのはやめよう!素直に団体のせいにしよう!
いやホント楽しかったから、せめて年イチくらいで見れるように、機会を待たずに自分から動こう。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.04.03(Tue) 22:37

FLTで僕と握手

私の初めての特撮活動の総決算「宇宙戦隊キュウレンジャーファイナルライブツアー2018」に行ってまいりました!
このテのイベントに行くのは初めてなモンですから、「おかーさーんおとなのひとがひとりできてるよー」「シッ!見ちゃいけません!」みたいなことになるのかとビクビクしていたのですが、席に着いてみれば前後右隣とレンジャージャケット着用のいわゆる「おおきいおともだち」に囲まれて、なーんだそんな人だらけじゃんとひと安心。
イベントは第1部のヒーローショーと第2部のトークショーの2部構成。ステージ上でのお楽しみ抽選会に終演後はヒーローたちとの握手会もあるよと。握手会って素顔の戦士とできるのかと思ったらそうじゃないのね。でも12人全員とできるのはファイナルライブツアー(以下FLT)だけなんだろうな。

第1部のヒーローショーはそのまんま放送できそうなエピソードで、ヒーローショーでのわかりやすいお話との違いにある意味「本物感」を見ました。
ヒーローショーって素顔の戦士は出てこないのかな?と思い始めたところで不意打ち的に一斉に登場した素顔の戦士に客席が「うおお出てきた!」という感じでざわついたのがちょっと面白かった。こちとら拍手で迎える心づもりだったから。
こう言ってはなんですが、子供向けだし、出演者も経験豊富というわけでもないだろうし、台本通りに進めていくような、なんならヒーローショーよろしく口パクアテブリかと少しナメてたんですよね。そしたらご当地ネタのアドリブあり、中の人ネタあり、台詞のない部分も小ネタ満載に動いていて、想像していたものより全然ライブ感のあるステージでした。いやホント、ナメててどうもすみませんでした!
素顔の戦士は生で動いているだけでも感動なんだけど、舞台で見るとまた一味違いますね。テレビサイズだとケレン味を感じるスパーダの声質やセリフ回しとスティンガーの熱演は舞台でこそ映えるなと。
常に引きの映像で見ていられるから、体格を実感できるのも最高。ラッキーは思っていたよりガッシリしててナーガは思っていたより細かった。そしてハミィちゃんは思っていたとおりちんまかった。ほんでもって全員スタイルがいい。高身長でないスパーダですら頭が小さくて腰の位置が高い。容姿端麗な男性が一堂に会する場に居合わせる機会なんてまずないから(容姿端麗な女性が80人くらい一堂に会する場に居合わせる機会はままありますが)、眼福でこざいました。
素顔の名乗りもかっこよかったし、変身シーンは暗転やセットを効果的に使ってらしく見せてたし、大人の私ですら興奮するんだらチビッコは大興奮だろうなあ。
大興奮といえば、ルパトレンジャーの登場に子供たちが色めき立ったのを見て、やはり子供たちの関心は常に新しいものへと向いていることを見せつけられたようでチョッピリ淋しかったです。
キュータマダンスでエンディングを迎えてまさにお茶の間から飛び出したようなステージでした!

第2部のトークショーは人型素顔の戦士の6人が登場。
司会のお姉さんがいたので記者会見みたいな感じになるのかなと思ったら、一応お姉さんの質問に答える形ではあるものの、のっけの自己紹介からめちゃくちゃ、とにかく脱線しまくりで、あまりのフリーダムさに楽屋トークを見せられているのかと思いました。
ここでは素顔の戦士の素顔が垣間見れるわけですが、役のイメージと一番違ったのはスティンガー役の岸洋佑さん。隙あらばナーガのモノマネしはじめるのホント笑った。
ツルギ役の南圭介さんのいじられっぷりは航海日誌まんま。「37」と言われるたびに「32」と訂正するのも面白いし、ナーガ役の山崎大輝さんに「一緒に大仏見に行こうよ!」と言って若干うざがられてるっぽいのもまた。
撮影当時の裏話的なエピソードもたくさん聞けて嬉しかったです。誰だったか、お客さんが「あのときの話」にちゃんと反応してくれて嬉しいと言ってたけど、私も漠然と見ていたようで「あのときの話」がちゃんとわかったもんなあ。
おたのしみ抽選会でもお互いにちょっかい出しまくり、「本番の直前までこんな感じで喋ってる」とラッキーの言うとおり、みんなの仲良さげな様子が見れてとってもおいしかったです!
どうしても人型素顔の戦士の話が中心になってしまいましたが、人外素顔の戦士に会えるのもFLTだけ!牛タンがおいしかったという話にチャンプが口元を隠してアワアワしてたのがかわいかったあ。
小太郎役の田口翔大くんが不参加だったのは大分淋しかったけど、子役の宿命よね。

2部構成といっても、ライブステージもあるので実質3部構成では?
テーマ曲だけでなくツルギのキャラクターソングのステージまであったのはトクした気分~。しかもサプライズだっのかな?男子チームをバックダンサーに迎えたアンコールまで披露!途中からキュータマダンスになっちゃってまともに踊ったのは一瞬だったけどめちゃくちゃかっこよかったです!
大好きなオープニング曲を本人歌唱で聴けて感動したし、キュータマダンスはみんなで踊れて楽しかったし!なんたって客席降りでラッキー役の岐洲匠さんとハイタッチできてウッハウハ。誰が推しとかもとくになくまんべんなくステージを見ていたのに、それからというもの無意識にラッキーを目で追うように。私ってば超チョロイ!自分の素質に気付いているからこそ男性アイドルだけには絶対にハマるまいと常々思っているのですが、この一件でその思いを新たにしました!
ハイタッチ云々きにしてもキュータマダンスは最高だった。もちろん注目はナーガなんですけど、変身後のナーガが素顔の戦士以上にモーションでかくて大笑い。その後、素顔の戦士に入れ替わったけどさすがにあそこまでモーションでかくなかったぞ。

ああもう本当に終わってしまうのが惜しかった!
正直、私は特撮はハマるまではいかなかったんだ。ルパトレンジャーも引き続き見てるけど、この先もハマることはないんじゃないかなと。でも1年間見続けると愛着ってのは湧くもんなんですね。まだツアーも半ばだし、Vシネでもうちょっとだけ続くみたいだけど、とりあえず現在進行形のキュウレンジャー体験はこれで最後かと思うと私程度の温度感でも感じ入るものがありました。
いやーホントに楽しかった!もっとコンパクトなイベントかと思ってたから約2時間たっぷり楽しめて大満足でした!トークの内容とキャラソン担当が毎度違うとなるとファンなら通うでしょうね。私もFLTのDVD欲しくなった。
もし次に参加することがあるとしたら、せっかく持ってるんだから色の変わるペンライトは持っていこう。(覚書)
特撮 | CM(0) | TB(-) 2018.04.02(Mon) 22:09
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード