« 2018 . 03 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ただそれだけ

矢巾。

塁が勝つのはつまらないけど拳剛が勝つのは面白くないと思ってたから、塁の防衛はよかったというかホッとした。
会場は拳剛寄りだったしチャントも起こったけど、拳剛が塁相手に説得力を持って勝つ画面が全く想像できなかった。その点、塁のフロッグスプラッシュ剣山で形勢逆転してのゴリークラッシュ→ダイビングエルボーでフィニッシュのたたみかけはさすが。
ただ…試合内容はとても褒められたものではなく、ジュース(あえてこの言葉を使う)には興ざめした。簡単に「壮絶な試合」というキーワードを引き出せる要素に頼ってしまったことに心底ガッカリ。流血が日常でないからこそのたまのガチ流血に出くわしたときのハンパない高揚感を知っているから余計に。試合後の拳剛のマイク「正々堂々と戦ってくれてありがとう」には頭中ハテナだらけになったわ。あ?もしかして嫌味?
しっかしSSとBBが合体するなんて、なんでこのありえそうな展開を私は全っ然予想できなかったんだろう!矢巾前にGWシリーズのポスターを見ててもなお予想できなかった。拳剛が大映りになってるってことは拳剛が獲っちゃうのかなー?くらいしか思ってなかった。
予想できなかった理由としては
・両軍ともに欠場者がいたから
・BBはハヤトの居場所としてあり続けると思ってたから
・南野と卍丸がアッサリまた同門になるとは思ってなかったから
・いずれ郡司はSSを追放されると思ってたから
・塁のターゲットはBBではなくてハヤトだと思ってたから
欠場者のことには一切触れられていないから復帰したらどうするつもりなのかもわからないけど、ハヤトも南野も復帰の目処が付いていない状態で現状維持は難しすぎるからこの選択は間違いではない。むしろよく1年も続けてたなと。年6回+αじゃストーリー進行がゆっくりになるのは仕方ないけどね。
予想できなかったのはちょっと悔しいけれど、これだからプロレスは面白いんだよ!
そしてこのやりとりを見てわかったこと。拳剛はマイクアピールはうまいがマイクのやりとりはうまくない。それとも塁相手ではさすがの拳剛っもてこと?
とにかく話は動いたぞということで。まあーなあー。化学反応なぞ起きもせず、実質BBがSSを吸収する形になると思うんだけどね。新しい形のヒールが見たいけど、どーせまた反正規軍に落ち着くんだろうなあ。
まっ、ここ1年のあれやこれやでそうそうガッカリはしない自信はあるから!どうとでもなれ!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.03.21(Wed) 21:40
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード