« 2018 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

タンシチュー

最近見た映画(など)

・埋もれる(WOWOW)
食肉の産地偽装を内部告発して退職に追いやられた主人公が地元に戻り勤務することになった市役所で様々な問題に直面する話。
社会派ドラマだと思って見てたらからまさかのホラーな展開にビビッタ。ていうかホラーな展開必要?老婆がゴミを溜め込んでた理由ってそれなの?!もっとこう…娘を失くした心の傷がーとかやりようがあるじゃん!内部告発絡みのエピソードはよかったのにゴミ屋敷絡みのホラー展開で台無し。
そもそも新生活スタート間も無く初恋相手と再会してお互い身軽で彼女の息子も懐いてくれてって展開が都合よすぎてもはやオカルト。彼女との縁が切れた途端に元妻との復縁フラグが立つのも素直によかったねと思えない。

・犬神家の一族(1976)
犬神製薬の社長が亡くなり腹違いの3人の娘・妾の子・育ての親の孫娘とそれぞれの家族が一堂に会したもとで開封された遺言をめぐって連続殺人事件が起こる話。
古谷一行か稲垣五郎のテレビシリーズで見たようなそうでないような…ともかく話は覚えていない!
これさあー、静馬より先に佐清が松子と再会してたら、珠世が恋仲の佐清をサクッと選んですべて丸く収まってたんだよね。静馬が付け入る隙もなく松子が変な気を起こすこともなく。ホンット無駄な犠牲…。
事件はおどろおどろしいけど、金田一耕介といい署長殿といい、まわりのキャラがコミカルで楽しい。旅館の女中のハルちゃんかわいい~。みんなで見送りに押し寄せるのも人の好さがうかがえる。

・トリハダ
ひとり暮らしの女性がベランダの窓の外側に付いている手形に気付いたことから始まる恐怖の物語。
「おばけがこわい」ではなく「人間がこわい」にこだわった本シリーズはホラーは好きだけどオカルトは得意じゃない私にうってつけ。この話の脇役はあの話の主人公というつくりがサウンドノベルの「街」みたいで面白い。
横田さんの話は悲しいなー。横田さんが美人だったらコインランドリーでの偶然の再会は恋の始まりを予感させる場面じゃん?たとえ偶然じゃなくてもホラーな話にはならないじゃん?でも結局シャンプーボトルで一気に横田さんが異常者になるので、せっかくならこのくだり抜きで怖がらせてほしいけどそれじゃあ横田さんがかわいそすぎるか。
で、横田さんと対になってるのが川村さんなんだね。断られても居留守を使っても三日にわたってシチューのおすそ分けにやってくる異常行動もさわやかイケメン相手だと気を許してしまうという。皮肉だわあ。
トリハダ五箇条はホラーあるあるの縛り事項ともいえるので、個人的に嫌いなキャハハ笑いの異常者も入れてほしい。

・フランケンジョーズ
戦時下、ナチスによる人造人間の開発は妨害に遭い終わりを迎えた。現代、男女3人組が訪れたリゾートではサメによる被害が続発していた。という話。
まさかの第二形態にはビックリしたよね。
なまじCGが手軽に使える時代になったからこそのクオリティの低さ。松明くらい本物使えよ!サメの襲撃シーンはしかけ絵本レベル。そして灯台爆破シーンはまちがいさがしレベル。
せめてものビキニギャルすら出てこねえ。男ふたりはだらしない体は惜しげもなく披露してくれるのにヒロイン(?)のガードの固さはなにごとだ。往年のポルノスターのサービスシーンなんて要らないよ!異種姦なんてマニアックすぎてついていけないよ!

・LOGAN
タクシーの運転手で生計を立てるミュータントの男のもとに女性が訪ねてきて娘ともどもを国境付近のとある場所に連れてってくれと頼まれる話。
しまったX-MENのシリーズだと知らずに見てしまった。X-MEN見てないよ!パケ写の女の子は守られるだけの存在かと思ったらバリバリ戦ってんじゃん。これもひとつのパケ詐欺。
困っているところを助けた一家との交流は嫌な予感しかなくて実際にそうなったけど、「あんたらに関わらなければ家族を失うこともなかったのに」はローガンも少女に対して同じような気持ちを抱えてるんだよね。
終盤で仲間たちと合流したあたりは「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を思い出して楽しかった。仲間たちの能力もこわいけど、ウルヴァリンと少女の突き刺す切り裂くの爪は実用的すぎて戦闘力がズバ抜けてる。相手もミュータントでタフとはいえ見てるだけで痛くてまいった。
シリーズの最終章っぽいけど話はなんとなくわかった。前作(ってどれかわからんけど)もそのうち見る。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.02.16(Fri) 23:33
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード