« 2017 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ジョージ・A・ロメロスペシャル

最近見た映画

・ゾンビ ディレクターズカット版
ゾンビが蔓延したまちでテレビ局勤務のカップルと特殊部隊員2名が職場放棄してヘリで逃亡してショッピングモールに籠城する話。
超有名なゾンビ映画をついに見ました!「ゾンビがショッピングモールに集まるのは本能。生活に欠かせない場所だから」こりゃ映画史に残る迷言だわ。キャンディープレゼントを見過ごせないのもまた本能。
大量のゾンビが登場するわけですが、演技にムラがあるせいで「他にも生き残りが?!」と何度思ったことか。エキストラゾンビのみなさんに比べるとゾンビ化した主要キャラのゾンビっぷりはさすが。
無法者に乗り込まれたときはのろいせいでやられ放題のゾンビがかわいそうになったけど、数に物言わせての反撃にやっぱりそうこなくちゃ!

・10人の泥棒たち
韓国の窃盗団と中国の窃盗団が手を組んでひと仕事する話。
韓国語中国語だけでなく日本語に英語まで入り乱れてるんだけど、違和感バリバリな日本語に韓国人の中国語や中国人の韓国語はどうなのか気になった。
仕事の手口を事細かく見せてくれるの楽しい。なーるほどねーと関心の連続。ビルアクションも迫力があって最高!悲恋物語が中年カップルに宛てられたのも珍しくてよかったなあ。
メンバー各々の思惑があきらかになってからの後半の騙し合いも面白かった。最終的に宝石を手にした者が勝者だとして、ヒールが勝利者になっちゃあ後味悪すぎるし、仕掛け人にしたって計画通りで面白くないし、結局ヒロインでもなんでもないダークホースな彼女が勝者になったのはわだかまりなくていいんじゃない?と思ったのも束の間…もう二転三転で大混乱だよ!
冒頭でターゲットにされた美術館長の再登場には笑った。「僕は女性に振り回される運命にある」って本人はロマンチックな意味に捉えてるっぽいのがまた。

・ヴァイキング・サーガ
修道院で育った青年が海賊から聖書を守るために森を抜けて預け先の修道院を目指す話。
このタイトルじゃあまるで海賊側が主人公じゃん。
勝手に人海戦術バトル期待してたから3人組を4人組が追う程度のスケールの小ささにガッカリー。序盤で見せた男性老人を強姦の末殺害するという海賊の鬼畜の所業に主人公側の苦戦を想像したのに、如何せん人数が少なすぎてどうにもこうにも。脅威はほぼほぼ追手だけで森の中をひたすら歩く映像ばかりなのも退屈で辛かった。これじゃあヴァイキング・サーガじゃなくてハイキング・サーガだよ!
戦いを終えた青年が年を重ね、北の者の侵攻に住民たちとともに気勢をあげるシーンで終わってたけど、そこから先が見たかったんだよ!私は前日譚を見せられてたのか!

・ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
新郎・親友二人・新婦の弟の4人でバチェラーパーティーをしにラスベガスへ、ホテルの屋上で永遠の友情を誓い合った後、目が覚めると全員記憶ナシ、部屋は荒れ放題でトラはいるわ赤ちゃんはいるわ新郎はいないわでさあたいへんという話。
イケメン教師と冴えない歯医者とみそっかす弟の個性豊かなトリオ、一見まともそうな歯医者が一番頭おかしい。
トラ・赤ちゃん・抜けた歯・パトカー等々「なんでこんなものがこんなところに?!」が解明されていくのが面白い。ちゃんと話がつながってるのもすごい。エンドロールまで使って余すことなく見せてくれたのもよかった。お酒ってコワイわあ。
ホテルの屋上で新婦の弟が読んだ手紙には感動した。友達のいない義弟を一生懸命かまってあげる義兄という図の切なさよ。義弟がどこか遠慮してるのもいじらしいんだ。
歯医者と婚約者の顛末はなんだかなあ。あの場面だけ切り取ると婚約者はものすごい嫌な奴だし、そんな彼女に言い返してスッキリなうえ「次」が見えてりゃ痛くも痒くもない。

・GONIN
ディスコ経営者がリストラサラリーマン・男娼・パンチドランカー・元刑事を誘ってヤクザ事務所に強盗する話。
肩書だけなら唯一カタギなリストラサラリーマンが一番狂ってる。帰宅したくだりは完全にホラー。
これだけ濃い面子揃ってるのに後半から登場したたけしに全部持ってかれた。死体と入浴してる現場目の当たりにしても顔色一つ変えず眉間を打ち抜き、少女の死体を背に舎弟を暴行。たけしにとって舎弟は都合のいいサンドバッグ兼肉便器かと思ってたから舎弟の死に取り乱したのにはビックリした。敵討ちまでするなんて相当だよ。愛の形が歪みすぎ。
まさかの全滅エンドなんだけど、たけしとモックンが死んでるのに気付かずにバスが出発してしまったのは、美女3人組の旅行が台無しにならなくてよかったね。
20年以上前の作品だからみんな若いは若いんだけど三十路過ぎるとそんなに印象変わらないものなのね。鶴見辰吾かっこいいなあ。近年の映画にそのまま出てもわからないようなルックス。そしてやっぱりモックンが美しい。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.12.13(Wed) 22:42
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード