« 2017 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

マナーが人を作る

最近見た映画

・キングスマン
殉職したスパイの息子が組織にスカウトされて育成プログラムに参加する話。
オシャレスパイ映画なんだけどしっかりエンタメしてて面白かった!育成パートと実践パートの二段構えで密度高いのにまったく長く感じなかった。
円卓の騎士モチーフのスパイ組織といい悪の組織の企みといい、ほとんど漫画と思ったら原作が漫画なのね。どうりで。
雄大な音楽に合わせてボンバヘッしていくシーン最高。ゴアにもなりそうなのものをキレイな花火についうっとり。破滅装置が起動されたらたいへん!と思いつつも、起動したらどうなるか知りたいという欲望にもちゃんと応えてくれた。
主人公とヒロインにロマンスがないのは珍しいと思ったら真のヒロインはそっち?!悪に屈しない過激なプリンセス…嫌いじゃないです。
主人公は若造過ぎてオーダーメイドスーツ着ても「キマってるね~!(ニコニコ)」くらいにしか思えないけど、そのうち推薦人のように素敵な紳士になっていくのかしら…その過程が見たいので長期シリーズ化希望!

・モンスター・ホテル
吸血鬼が愛しい我が娘を守るために人間が絶対近づかないように森の奥深くに建てたホテルに人間の男(チャラい)が訪ねてきてさあたいへんな話。
子だくさんオオカミ男とか、フランケンの右手の親戚とか、モンスターの特徴を生かした設定や小ネタが楽しい!
娘がお父さんにちゃんと似ててほんのり受け口気味なのがカワイイ。フォーリンラブなのに相手役がイケメンじゃないのもいい。
一応シェフが悪役ポジションなんだとは思うけど、基本的にみんないい人もといモンスター。シェフだって「人間は悪!」と洗脳されたうえでみんなに喜んでもらおうと思っての行動だったろうし。むしろ一番の悪役はお父さん?でも文字通り身を焦がして飛行機を追う姿ですべて許された感じ。娘の成長物語かと思いきやのお父さんの成長物語でした。
ところでプライムに字幕版なくて吹替版で見たんだけど、芸能人の起用はいいとして(オリラジ藤森うまいし)、中の人のギャグの多用はシラけるからほどほどにしてほしい。

・ガフールの伝説
飛行訓練中に落下したところを攫われた兄弟が連れていかれたのは、優秀なものは戦士として教育し、劣等なものは奴隷として働かせる恐怖の独裁王国だった。自分より上手く飛べる弟を面白くないと感じていた兄は戦士を目指し、弟は王国を逃げ出し伝説の勇者を探す旅に出る…という話。
サボテンフクロウもメンフクロウの雛もかわいいけど、ミセスPが一等賞!あんなかわいいヘビ見たことない。
家族との別れ、尊敬すべき師匠、ゆかいな仲間、気になるあのコ、兄弟との決別、そして強大な敵…超王道アドベンチャーもフクロウに置き換えるとこんなにも面白くなるのか!「より大きくより美しいものが優れている」という価値観による差別はフクロウに置き換えたからこそできた表現かな。
無事に両親と再会するエピローグで兄を案じる様子が一切なかったのが謎。両親は兄が悪に染まっていたことを知らなかっただろうし、主人公から知らされたとしてもあんなハッピーしか感じない画はないよー。

・許されざる者
元極悪人が若造に誘われて、娼婦にひどい傷を負わせた1,000ドルの賞金首を取りに行く話。
おとぎ話的に語られるプロローグとエピローグがいいなあ。主人公が死ななかったのが最高。
本来の目的遂行ではサポート的立場だった主人公が仲間の復讐で現したかつての姿にゾクゾクした。仲間のために行動し「あいつらなら実際に1,000ドル用意できるだろう」と言われる娼婦たちもかっこよかった。
キッドのこと、イキりまくっててなんだコイツと思ってたけど、初めて人を殺して高揚した後に消沈した心情の変化には心が痛んだ。
保安官こそ極悪人で死に様もザマーミロだけど、日曜大工の才能がないとかそんな人間臭い部分描かれると憎みきれなくなっちゃうからやめて…。

・ジュラシック・シャーク
石油を掘り当てるのに深く掘りすぎちゃって出てきた水だか氷だかを湖に流したらどうもサメが混じってたようで、例によって湖を訪れたビキニギャルがサメに遭遇したり強盗と鉢合わせたりしてさあたいへんな話。
無言で森の中を歩く様子を延々と見せられたり、ビキニギャルの水かけっこ→水中の様子なんてとても言えない濁った水の映像を3ループもされた日にゃあ、早よ食われろ!とも言いたくなる。
最高の景色にはしゃいでいるのにその景色が全く映らない、会話のシーンなのに相手が映らず返事もなく一人で喋ってる(例「次は誰だ?!逃げたのか!追いかけな!」)、エピローグの意味なんて考えるだけ無駄?本筋無関係でここにしか出てないのに主要キャラと同等にクレジットされてるのも謎。
これを見た後となっては少なくとも映画として違和感のなかった「ゾンビシャーク」が良作に思えてくる。CGや特撮がショボイなんてのは大した問題じゃなかったよ!
本当にひどい映画なんだけど、だからこそ、サメがビキニギャルの頭上を飛んでいく映像におおーっとなってしまって悔しいです!
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.11.14(Tue) 23:53
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード