« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

野外コンサートの雨対策

台風接近で雨確定、荒天中止も覚悟したレキシの野外コンサート。
私はいかに冷えと飢えじゃなくて雨を乗り切るかを考えました。
そして当日の装備がコチラ!

・レインスーツ上下
・ジャージ上下
・ロンT
・肌着
・レギンス
・靴下
・長靴
・帽子(キャップ)
・手袋

これが大成功!1秒たりとも寒いとも暑いとも思わなかったのです!
あの雨の中では一度外に出てしまったら暑いからやっぱり脱ごうなんてこともできないので、ジャージ上も着るかは賭けだったけど、会場行く前にトイレ並んでるとき暑かったからと脱いでしまわなくてよかったー!
合羽と長靴は雨対策の必需品だけど、見落としがちなのが帽子。顔面への雨粒直撃をツバが防いでくれるのです。顔が濡れるってものすごいストレスですからね。さらにこれの上からフード被れば髪がびしょ濡れなんてこともなく、終演後もさわやかに!
この時期まず出番のない手袋もあってよかったと思う。手袋自体はズブ濡れになるから浸みて手も濡れるけど、袖口からの水の侵入を防いだし、保温効果もあったかなと。
終演後、駐車場への道すがら「体が冷えて頭が痛い」という人や濡れた合羽も脱げず駅までのシャトルバスに乗り込む人たちを横目に、濡れたモノをビニール袋に突っ込んで長靴を短靴に履き替えてもとどおり。持ってった着替え一式の出番なし!
もちろんこの日の気候や指定席という状況にたまたまハマっただけでこれでどんな野外イベントでも大丈夫!とはいかないけど、今後も応用できるでしょう。
とにかく目論見大当たりでひじょーに気分がよかったです。

最後に、雨の野外イベントにおける最大のテーマ、レインウエアはなにがいいかって話。
私も今回の野外コンサートにあたって調べました。まあ書いてることはどこも大体同じですよ。
「コンピニカッパは役立たず。ポンチョはおしゃれでカバンごと着れるけど頼りない、ゴアテックス最強」
でもさあー、ゴアテックス最強たって年に一度出番あるかないかなモノに数万円ってなかなか出せないじゃないですか。登山界のユニクロことモンベルだってまともに揃えれば1万円超えるし。
ただ、1万円は出せなくても5,000円なら出せるって人は少なくないと思うんですよね。
そこでワークマンですよ!上見ればキリないけど5,000円でお釣りが来る商品でも確実にお値段以上。
とくにオススメできるポイントは機能性もさることながら「デザインもそこそこ」ってトコロ。いくら安くても全身銀色はヤダーって人も「これならば、まあ」と思えるデザインかと。男女兼用はSサイズからあるし、機能は劣るけれど女性向けにデザインされた女性用もあるしね。
ヘタにホームセンターやスポーツ用品店で探すよりワークマンがいいよ絶対。
というわけで私は入手のしやすさやコスパやらを総合して「ワークマン最強」説を推します。なんなら全身ワークマンで揃うぞ!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2017.09.22(Fri) 22:48
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード