« 2017 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

宝塚雪組公演・ミュージカル・コメディ「幕末太陽傳」/Show Spirit「Dramatic "S"!」に行ってきました。
雪→星→宙→月→花→星→宙→宙→月→星→花→星→花→星→宙→月→雪で2013年9月の宝塚初観劇以来約4年振りの雪組観劇です!前回の雪組観劇は先代トップコンビ時代だったので、当代トップコンビの退団公演、ギリギリ間に合ってよかった!

まずはミュージカル「幕末太陽傳」
客電落ちる直前、隣の二人連れの会話に「映画は見たけど最後ってさあ」とネタバレを食らうという悲劇に見舞われました。
旅籠「相模屋」を舞台に繰り広げられる群像劇。女郎のトップ争い・長州藩士の異人館焼き討ち計画・若頭と幼馴染の恋、それぞれの物語のゆくえは?!
これまで見た日本物は「若き日の唄は忘れじ」「桜華に舞え!」ともに硬派な作品でしたが、「コメディ」と銘打たれた本作品は笑いどころもりだくさん、近代的な劇伴もピッタリで小洒落た時代劇を見ているようなとても楽しい作品でした。
主人公の佐平次は実はどの話の軸にもなってないんですね。うまくいくようにちょこっとだけ手や気を回す、妖精みたいな存在だなーと思いました。
長州藩士の場面だけ切り取れば別作品のようにシリアスなのにそこに佐平次が入ったとたんに急にこの作品の色に染まってしまうのが楽しい。
ヒロインのおそめはヒロインらしからぬヒロインでとっても魅力的!トップ争いのライバル・こはるとキャットファイト繰り広げるわ、注目されたくてどうでもいい男と心中しようとするわ。呼んでおきながらやることやらない佐平次を無理矢理脱がそうとするダンスは笑っちゃいました。
おそめをはじめとして女性キャラがみんな強いというか黒いので、おひさの白さがまぶしい!バカ旦那もとい若旦那にはもったいないけど幸せになってね!
佐平次とおそめの恋模様は読み取れなかったし、佐平次と高杉晋作との間にも友情的なものはとくになかったし、中心に大きな事件があるわけでもないので、「えっ、これで終わり?」というようなラストシーンには面喰らいましたが、手をつないで銀橋を駆けていくふたりが幸せそうだったのでまあいっか!
にぎやかで何度でも楽しめそうな作品でした。

お次はショー「Dramatic "S"!」
場面数は最低限、シンプルながらも要点はしっかり押さえたこのショーはMelodiaを思い出すなあと思ったらまさしく演出家がその人で私も見る目あるじゃない!と自画自賛。
めまぐるしく場面が変わるショーも楽しいけれど、ひとつの場面が長いと、とくに気に入ったシーンを心ゆくまで楽しめるという利点がありますね。私はスーツとドレスの都会的なシーンがとても気に入ったのでたっぷり見れて満足でした。
前述したとおり雪組は前代トップに見たきりの当代トップ退団公演でトリデンテと元宙組の鳳翔大ちゃんしか知らない状態なので、悪い言い方すると思い入れも何もないのですが、絆のシーンにはさすがに感動してしまいました。
それから大ちゃんのおかげでいわゆる退団者の場面がすぐにわかりました。その退団者の場面の多いこと多いこと!もちろんトップコンビと同時退団ということでプラスアルファはあるでしょうが、思い返してもいわゆるピックアップ程度の演出しか見た覚えがないので、こんな作品で退団できるなんて幸せだろうなあと思いました。
誰が誰だかわからないのでプログラムを見ての感想ですが、何人口ってのがあまり固定されてないんだなと。全然違う名前が5人並んでたりして、へえーと思いました。いろんな生徒に見せ場があるのはいいことだと思います。見てるほうも楽しいし。
初舞台ロケット楽しみにしてました。東京公演で人数が減ってもやっぱりすごかったです。難しいフォーメーションをよくもまあ。カツラを落としてしまった生徒がいましたが、そのせいもあってか一生懸命な姿に心をうたれてじーんときてしまいました。
壮大な黒燕尾も夢のようなデュエットダンスも見れて満足満足。
で、このショーの全国ツアー版を見る予定があるのですが、トップコンビ交代&全国ツアー版でどの程度印象が変わるのか、すごく楽しみ。

最後に、印象に残った生徒について。

・早霧せいな/居残り佐平次
みっちゃん(北翔海莉)の宙組時代の舞台映像で見ていたからこそ余計に生で見たかったので叶ってよかったあああ!
彼女の実写化のこなしっぷりは聞き及んでいますが、実写化じゃないこの舞台を見ても、わざとらしくなりそうな漫画的な動きにまったく違和感がなくて、こなしっぷりが容易に想像できました。端正な顔立ちに似合わぬファニーボイスも役柄によくハマってました。ただ…これも聞き及んでいますが、歌声もそのままでさらに歌唱力にも難ありという…。歌ウマに越したこたないけど声がでかけりゃOK!タニウメどんとこい!な私にとって声がでかいわけでもないのもまた辛かったです。
逆にいい意味で裏切られたのが、アダルトな雰囲気を纏っていたこと。「男子中学生」なんてたとえも聞いていたものですから。顔つきからしても頬のこけ具合が大人の男性らしさを際立たせていてなんともいえない色気がありました。元気タイプかななんて勝手に思っていたので、むしろ落ち着いた、「お父さん」な雰囲気まで感じたことはかなり意外でした。舞台からもみんなに慕われているのが伝わってきました。

・咲妃みゆ/女郎おそめ
大好きな「THE MERRY WIDOW」のヒロインを務めた彼女もまた生で見たかったので叶ってよかったあああ!
彼女はまんまるな顔立ちとふわっとした雰囲気から想像できないくらい舞台に立つと押しが強い!娘役を引き連れても男役を侍らせても絵になる。ひとりでもガッツリ真ん中に立てるタイプだと思いました。落ち着いた台詞声と透明感のある歌声のギャップも魅力的~。

・望海風斗/高杉晋作
登場初っ端から三味線の弾き語り姿のすてきなこと!今回悪役でもないのに陰を感じたのは彼女の持ち味でしょうか。渋いなあ~。
彼女の舞台映像は「オーシャンズ11」「エリザベート」で見ているので歌唱力の程は存じでおりましたが、やっぱり生だとよりガツンと来ますね!トップをしっかり支えているのがよくよくわかりました。
全然違うタイプの彼女が真ん中を担う全国ツアー版のショーがより楽しみになりました。

・鳳翔大/貸本屋金造
大ちゃん!みーちー大トリオの誰も生で見れず仕舞いかと思ってたから見れてよかった!!!
あらためて高身長美形最高!芝居の心中に向かう場面なんか笑いどころなのに見目麗しいから普通にウットリしてしまいましたよ。
芝居ではマヌケな役どころながらもいちエピソードの中心人物だし、ショーもかなり目立つポジションにいたし、彼女を楽しみにしていた私はホクホクでした。
でもこの「おいしさ」というのは退団公演だから特別だったんですかね?それとも別格上級生としていつもこんな感じだったんですかね?かつての星組のまさこさん的な。

・星乃あんり/女郎こはる
上級生にしかできない役、いいですね。渋いだいもんとの並びが絵になります。彼女は元々路線だったのですね。ショーは退団者の場面がやたらめったら多かったので退団者である彼女の見せ場も当然多かったわけですが、こちらも普段はどういうポジションだったのか気になりました。大ちゃんほどの超上級生というわけでもないので。

・真彩希帆/女中おひさ
トップ娘役以外で唯一顔のわかる娘役。元星組ですから!親しみやすい顔立ちの彼女に純朴そうな町娘役はハマりますね。となると次に控えている大人の女性を演じる彼女を想像できない…と思ったのですが、「桜華に舞え!」では娼婦を妖艶に演じていたことを思い出しました。
歌唱力に定評のある彼女のエトワールもまた素晴らしいものでしたが、密度の高い彼女の歌声はちょっと苦手かも知れぬ。娘役の歌声ならギリギリで掠れてないくらい透明感ある方が好きなのでね。

・彩風咲奈/息子徳三郎
名前の似てる人が近いポジションにいるからどっちだ?!となってしまいますが、彼女が三番手ですね。名前は似てるけど顔は全然似てない。というか、ありちゃん(暁千星)に似てるなーと。新公主演回数からいってもいずれはトップになるであろう二人、似たような顔で並ぶ日が来たら面白いなーと思いました。
歌唱力のほどはわかりませんが、声はよく出てて好印象でした。

・彩凪翔/久坂玄瑞
芝居はプログラム見てもどれだっけ?状態ですが、ショーは立ち位置から多分この人、とわかりました。彩風さんとは1期しか違わないのにずいぶんと大人っぽく感じました。

・舞咲りん/やり手おくま
芝居での遠慮のないメイクにギョッ。スチール見てもイコールにならない~。ショーでも一曲情熱的に歌い上げていて、芝居ショーともに印象的でした。

・煌羽レオ/志道聞多
長州藩士にみーちゃん(春風弥里)にソックリな人がいてドキドキしてしまいましたよ!彼女のことばかり見てて他の藩士の顔まったく思い出せません!

・永久輝せあ/倉造息子清七
プログラム見てビックリしたんですけど、いわゆる御曹司とはいえ番手付きじゃない新公学年で「舞台に一人だけ」の場面を貰うなんてことがあるんですね?!下級生が娘役二人侍らせて…なんて場面はたまに見かけますが、「一人だけ」なんてのは見たことがないので。

・汝鳥伶/杢兵衛大尽
ゆうちゃんさんがいきなり最後に出てきてビックリしたのですが、プログラム見ると序盤にも出てたみたい?記憶にない…。

雪組にとんと縁のない私でも新公主演者くらいの名前は覚えるので、星南のぞみさんと彩みちるさんにも注目したかったのですが…案の定(?)どこにいるかわかりませんでした。そもそも星南のぞみさんは顔を知らない、でも彩みちるさんは個性的な顔立ちなのでわかると思ったんですけどねえ。
で、幕間にプログラム購入して星南のぞみさんの顔を確認してからショーを見たらちゃんとわかりました。結構大人っぽい顔立ちしてますね。だいもんと絡む役もあって印象に残りました。彩みちるさんはショーでもわかりませんでした。
そういえば男役の新公主演者、永久輝せあさんしか知らないと思って調べたら独占してりゃあそりゃあ彼女しか知るわけないよ!ほんでその前は月城かなとさん、その前は彩風咲奈さんって雪組は独占傾向にあるんですね…。
それと藤咲えりさんの妹の久城あすさんも注目したかったのですが…注目したかったら顔くらい覚えていこうな!って話ですな。

当代雪組見れてよかった!「ちぎみゆ」「トリデンテ」を生で見れたことは後々自慢になるでしょう。次期トップコンビでどんな雪組になるかも楽しみ!
舞台 | CM(0) | TB(-) 2017.06.20(Tue) 23:16
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード