« 2016 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

カメロマ

宝塚花組全国ツアー「ミュージカル『仮面のロマネスク』/グランド・レビュー『Melodia-熱く美しき旋律-』」に行ってきました。
雪→星→宙→月→花→星→宙→宙→月→星→花で2回目の花組、全国ツアーでは初めてです。
先日退団を発表した花乃まりあさんは今回で見納めとなることでしょう。
今回は文字通り会場全体を見渡せる席。つまりそれって最後列ってことなんだけど、この会場は1階しかないので最後列も悪くないんですよね。オペラグラスが要るのはある程度後ろになればどこも同じだし。と、負け惜しみ。

では感想を。

・ミュージカル『仮面のロマネスク』
例によって話の筋が追えませんでした。オペラ覗きながら「この人は誰だろう?」「この人歌うまいな」「あっ、○○さんが出てきた!」ってもうオペラ覗くな!ってのはわかってるんですけど、一回こっきりの観劇だもの、覗きたい!
主人公のヴァルモンとヒロインのメルトゥイユ夫人が恋のゲームで他人の人生を狂わせるドクズだということはわかりました。あげく主人公は母娘両方に手を出すド鬼畜だということもわかりました。
あまりにもひどい話なので私の思い違い?と思ってプログラムのあらすじ読んだら間違ってなかったというね。こないだの月組全国ツアーの「激情」も大概だったけど、全国にお届けするお試し版がこんな話ばっかりでいいのかしら…?
毒牙にかかってしまったとはいえ、セシルとダンスニーが逃げおおせたのがせめてもの救いかなあ。クズ二人も最後はお互いの愛を確かめ合ったみたいだけど、待ち受けるのは別れなのでそれで溜飲を下げよう。
本人何も悪くないのにボロボロにされたトゥールベル夫人がかわいそうすぎて胸糞悪くてどーしようもないんだけど、暗鬱とした雰囲気や音楽はかなり好き。メイン二人の見た目が麗しいのも素晴らしい。
メイン二人が鏡の前で踊ってるのかと思ったらまったく同じ格好をした二人が後方で踊っていて、しかも微妙に振りが違う、心情を表しているのかな?そんな面白い演出もあったし、赤く染まる窓をバックに踊るラストシーンも悲壮感に溢れててとてもよかったです。
ところでこの作品、前回上演されたのがゆうひ時代の宙組なんですよね。舞台はもちろん映像でも見たことなくても、この役は絶対あの人って思うのがいくつかありましたね。ジェルクール伯爵がともちんでセシルがれーれでアゾランがかちゃ。あと法院長がすっしぃ。ほんで実際その通り。でもトゥールベル夫人が誰かはわかんなかったっす。娘役二番手格の役どころだけど、アリスはもう退団してたしなあ…。正解は藤咲えりさんでした。結構な抜擢だったのでは?

・グランド・レビュー『Melodia-熱く美しき旋律-』
MELODAIのロゴから漂うメタル臭になんだっけ?とモヤモヤ。途中で思い出しました。DEF LEPARDだ。Mで始まりAで終わる末広がりなところはMETALICAだし、なんでこんなメタルオマージュなロゴにしたんだ?
前回見た花組のショー「宝塚幻想曲」、1年以上も前に見たのに世界旅行の場面とかバスケの場面とか黒い花の場面とか花魁の場面とかものっすごくでかい羽根の場面とかいまだに思い出すんですよね。今回のショー、ほんの数日前に見たのに思い出せる場面が本当に少なくて、覚えてるのはダウンタウンとエルドラドだけ。で、プログラムで確認したらダウンタウンとエルドラド以外はスペインって、覚えてないんじゃなくて本当にそうでした。でもスパニッシュな印象も特に無くて…スペインとスパニッシュは別物?いやはやこんなに場面の少ないショー初めて見ました。宝塚幻想曲も盛りだくさんだけど、直近で見た星組のショーは輪をかけて盛りだくさんだったしね。
でもシンプルでわかりやすのは決して悪いことではなくて、むしろ私は変わった場面は醒めてしまう方なので、MELODIAは素直に楽しめました。まあ、エルドラド変な場面じゃんと言われたら頷くしかありませんが。でもエルドラドはツボ。
全体的に地味な印象を受けましたが、本公演ではどうだったんだろう?宝塚は数にモノ言わせるところが魅力のひとつでもあるので、全国ツアーで人数が減ったことで地味な印象になってしまったのかな?
トップスターのリサイタルは全国ツアー恒例?ステージ空っぽにするので賛否両論なのは存じておりますが、この会場は1階席しかないので誰も不幸にならないのです。黄色い悲鳴がすごかったー!
ロケットの連続側転には歓声が上がってました。アクロバティックで素晴らしかったです!そして黒燕尾での男役群舞の尊さよ。変わり燕尾反対!

印象に残った生徒について。

・明日海りお/ヴァルモン
前回見たお芝居とは対照的な黒い役。彼女の持ち味は「陰」の方だと思うのでよく似合ってました。
前回見たときも歌のうまい人だなとは思っていましたが、今回あらためて声のデカさを実感しました。デュエットだと相手の声をかき消してしまうほど。
しかし台詞での滑舌の悪さが気になりました。なので芝居よりも台詞の無いショーの方がよかったです。

・花乃まりあ/メルトゥイユ夫人
面長で大人っぽい容姿の彼女にこの役はよく合っていました。
二面性を見せる演技がとてもよかったです。とくに表の顔と裏の顔では声色まで違うから同じ人だったけ?と戸惑うことも何度か。裏の顔の喋り方といい声質といいすみ花っぽいなと思ったんですけど、すみ花っぽいというわけではなくて娘役の様式の一種なのかな?
演技が堂々としてるだけに歌になると急に弱々しくなるのが気になりました。

・芹香斗亜/ダンスニー
明日海さんとは対照的に彼女の持ち味は「陽」の方なので白い役は合ってるんだけど、お笑い要因というか、アホの子っぽすぎて二番手がやるにはもったいない役だなあと思いました。芹香さんの立派な体格からくるかっこよさが何の役にも立ってない。でも純朴な青年役、ハマってました。だから余計にもったいない!

・鳳月杏/ジェルクール伯爵
彼女を知れたことが今回一番の収穫。花組よくわかんないしなあとろくに出演者をチェックせずに臨んだので、なんかひとりものすごいうまい人がいるぞ!!!しかも三番手ポジション。パレードでも三番手羽しっかり背負ってる。若手の大抜擢?それとも別格?プログラムを確認して、それが鳳月杏さんと判明。評判は存じております。新公主演はしてないけど月組準トップ時代の役替わりアンドレやったからファンは望みを捨ててないという彼女。ヅカメイクで信じられないくらい化けるという彼女。いやはやファンが期待するのもわかります。こんなうまい人は捨て置けない。
とくに私は歌に感動しました。ショーでトップ→二番手→三番手と歌い継いだとき「なんだこの人すげええええうまい!」ってなったんですよ。明日海さんは歌に定評があって、実際歌唱力も声量もあるけれど、声質にクセがあるから、その点は好き好きだと思うんですよね。鳳月さんはクセがないからストレートに「すげえ!」ってなる。こんなにうまくてもとくに歌ウマとか言われてないのは芝居も踊りもうまいから?
彼女、PUCKで見てるはずなんだけど、覚えてないなあ。カリスタでは主人公の部下みたいな役だったのは覚えてるけど、そんな役があったということしか覚えてない。

・仙名彩世/トゥールベル夫人
今回唯一見るのを楽しみにしていた生徒さん。「風の次郎吉」のWヒロインのひとりですからね。次郎吉では陰を背負いつつも元気な役でしたが、今回はまるで正反対の役どころ。
彼女も娘役というよりは女役だと思うので、貞淑な人妻の役はよく似合ってました。控えめな彼女が堕ちていく様が本当に痛々しくて…。
自慢の歌声もしっかり堪能しました。本当にきれいな歌声~。掠れ声とは無縁。
ご当地出身の彼女、カーテンコールで紹介されると、客席の一角から「ゆき」と書かれた応援うちわが上がりました。

・優波慧/アゾラン
ひそかに楽しみにしていた生徒さん。フラットな感想としては、すごく優等生。どれも破綻なく素直にうまい。とくに演技が自然でよかった。華はないけど、立ち姿はスマート。
芝居でもショーでも宙組時代のかちゃみたいな使われ方してるなーと思いました。芝居ではまんまかちゃがやってた役だしね。娘役二人従えてひとりで歌う場面もあるし、有望株なんだなー。

・音くり寿/セシル
顔ちっっっちゃ!超ベビーフェイス!あどけなさすぎてキューピーちゃんみたい。ジェルクール伯爵、ロリコンどころのさわぎじゃないよ!これに手を出そうなんてヴァルモンも変態だよ!
でもさ、考えてみたらダンスニーもセシルもやることやってるんだよね。なのに「かわいそう!魔の手から逃れて結ばれてよかったね!」という感想になったのは芹香さん共々中の人のキャラもあったのかな。

・五峰亜季/ローズモンド夫人
学年から考えると信じられないほど若々しくお美しい。スチールの写真もそんなにヅカメイク濃くないのにちゃんと絵になってることに驚き。

ここのところ宙→月→星とぼちぼち知ってる生徒さんがいる組の観劇が続いていたので、知らない生徒さんばかりの花組の観劇はまた違った感触でした。どうしても役どころの大きさがそのまま印象の大きさに繋がってしまいますね。ま、昨年の6月まではずっとそうだったんだから、その見方が普通か。
次の全国ツアーは宙組のばれんんんんんしああああああですか。まぁ様の弾き語りならばちゃんととろけそうになれることでしょう。はーなーばーんなああー。
舞台 | CM(0) | TB(-) 2016.09.28(Wed) 21:56
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード