« 2016 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

テセラック

最近見た映画。

・インターステラー
砂嵐に覆われ作物が育たなくなりつつある地球から移住できそうな星を探しに行く話。
じゃがいもが食べたくなるSF映画と間違えて借りたけど面白かった。
私なんかじゃ「全然意味わかんない」となりそうなものを、意味わかった気にさせられたし、なによりスッキリ終わってるのがすごい。
「ある星での1時間が地球の7年に相当する」といった「時差」の概念が怖すぎる。

・2012
地殻変動で地球が崩れる話。
やってしまったこれ前見たわ。サスケがマヤの予言がどうとか言ってた時分に見たんだった。でもほとんど覚えてなかったからまあいいや。
群像劇っぽいところがあるのでそこらへんの紹介に時間を食って崩れ始めるまでちょっとかかるんだけど、崩れ始めたらもう一気、予想のはるか彼方を行く崩れっぷりに笑ってしまった。
そんなシーン散々見た後だから後半の船に乗り込んでからは地味(当作比)でちょっとタイクツ。しかし地球があんなになってしまったら生き残っても地獄じゃん。それ以前に想定以上の人が乗り込んだ船で秩序が守られるとは到底思えないんだけど、ラストはみんな穏やかな顔してたなあ。
ところでこないだ見た「デイ・アフター・トゥモロー」もそうだったけど、米映画は「恋のライバルはいいヤツ」ってのがスタンダードなの?って思ったけど、監督が同じ人だった。

・宇宙戦争(2005年版)
宇宙人に襲撃されてなすすべもなく逃げ惑う話。
前に見た1953年版とは設定が同じというだけでまるで別物らしい。(「奇跡で解決した」ということしか覚えてない)
主人公の娘がクソガキ様でさあ!やかましいわワガママだわでウンザリ!なんでこんなに庇護欲が湧かないキャラにしたんだよもー!
解決する場面はもっとドラマチックな描き方できるだろうになんで「えっ、解決したの?」みたいな描き方にしたんだろう?
宇宙人やUFOは人里離れた場所で発見されるものですが、町のど真ん中から出てくるあたり映画技術の進化を感じた。

・REC
密室ゾンビ映画。これぞまさしくおばけ屋敷実写化。心霊系の映画かと思ってたから肩すかし食らった。
自分のこと「怖がりのホラー好き」だと思ってたのに…自分の「怖くない」のツボがわかった気がした。ビックリ系の洋物ホラーは日本人のツボに合わないって言われるけどわかる。
女性レポーターがともちん(元宝塚の悠未ひろ)に似てた。

・愛のむきだし
新興宗教にハマった妹を救い出す話。
というあらすじは上下巻の上巻だけ見てると「記憶違い?」と思うし、全部見終わってからも「間違ってはいないんだけど」と思う。
あまりの長尺に二の足踏んでたけどやっと見た。4時間弱まったく飽きなかった。けど、人にお勧めしたいような映画でもない。
「実話を基にした」は嘘ではないとしてもおおげさではないかね?登場人物全員キチガイだし演出過剰だしギャグ映画だよなあ。
「エロいブス」ってそういう目的で見るぞという心構え無しで見せられるとイラつくもんですな。
映画 | CM(0) | TB(-) 2016.08.30(Tue) 23:37

ハイジ対メカハイジ

「シン・ゴジラ」あまりにも話題なので見てきました。
人生初ゴジラです。たぶんハリウッド版含めてテレビですら見たことないと思う。

もう、ワクワク感がすごい。
見たことないくせにタイトルの書体に懐かしさを感じるし、いちいち出てくるテロップもなんだかかっこいいし、BGMはどれもこれも聴いたことのある曲ばかりだし、エンドロール後に「終」が迫ってくるところまでワクワクしっぱなし!
マイベストオブワクワクポイントは「無人在来線爆弾」字面を眺めてるだけでワクワクできる。考えた人天才。

ここのところディザスター映画ばかり見ている私ですが、「アメリカが壊される」よりも「地球が壊される」よりも規模は小さかろうと「なじみのある東京が壊される」方が何倍も興奮しますね!高層ビルがなぎ倒されるよりも車が家屋と一緒になぎ払われてガラガラガラーってなる方がこわい。ニュース映像がなじみのある画面構成なのにも興奮した!

初遭遇のゴジラ、見たことのない怪獣が出てきたぞ?と思ったら、変態した!第2形態のゴジラちゃんは首元で揺れるビラビラがローストビーフみたいでおいしそう。
おなじみの姿になってからはしっぽが思ったより長いなと。それから顔はもっと愛嬌のある顔してたと思ってたので目が小さくて怖かった。
ゴジラって火吹かなかったっけ?って思ってたら火どころか口からビーム出した!ビルを真っぷたつにしヘリを撃墜しまくるシーンは比喩じゃなくて開いた口がふさがらなかった。

エネルギー切れで一旦停止してからの作戦決行までは散々どハデなシーン見せられた後となっては我慢の時間だけど、倒す方法が見つかるか、見つかったとしても間に合うか、核爆弾落とされるかどうかの瀬戸際でこれまたハラハラ。無理矢理ポストに就かされた使い捨て総理代理の人間味にグッときた!
そして最終作戦の決行、前出の「無人在来線爆弾」だけでなく高層ビルをも武器に!突っ立ってるだけのゴジラをほぼ一方的に攻撃するので、事の起きている範囲は狭いんだけど、第一段階成功!次!という流れは本当にハラハラ、ワクワク!
最終的に作戦は成功するわけですが、あくまでゴジラは「停止しているだけ」で、ゴジラが牛久大仏のようにそびえたっている遠景はなんとも不気味。次回作に期待してしまうじゃあないですか!

注目したいのがエンドロール、主要三人の名前が出た後は出番の多少と演者の知名度に関係なく50音順にゴチャと並べて流れてくるというね、つまりそれなりに出番のあった國村隼とどこに出たかもわからないスチャダラANIとが同列に扱われてるってことですよ!こんなことあるか!!!

人間ドラマがほとんどないのはストレスにならない半面、印象に残るキャラも少なくなるので一長一短ですね。主人公ですら印象に薄いという…。
男性キャラがほとんどなので女性キャラはみんな印象に残りました。
石原さとみは見た目が「祖母が日本人」という設定に合わないかと。それにもっとバタ臭くないと「40代で大統領」と言われても、アメリカ様があんな見た目完全日本人女性を大統領に選ぶわけないでしょう…なんて思ってしまったり。
逆に市川実日子ちゃんはピッタリ。美人なのにすっぴん(何も塗ってないかは不明だけど少なくとも地肌のムラがわかる状態で大画面に映る覚悟に感服)で1000円カットで済ませてそうな女史、本当にいそうだもの。口をあまり開けずに早口でしゃべるのもいかにも。最後の最後でデレた(って笑っただけだけど)のはよかったなあ。
ピエール瀧が出てるの知らなかったのでトクした気分。安心と信頼の自衛官姿でした。

ところでこの映画の監督は庵野秀明なんですよね。私、島本和彦の「アオイホノオ」を読んでまして、ただいまGYAO!にて絶賛配信中のドラマも楽しく見ておりまして、マイブームが起きている最中での鑑賞となったので「積んだ雑誌をビルに見立ててウルトラマンごっこしていた庵野がこんな映画を撮れるようになったなんて…!」とヘンなところで感慨深くなってしまいました。

アナ雪もゼログラビティもそうだったけど、「あまりにも話題」になるものは見るべきなんだろうな。次はどんな作品が「あまりにも話題」になるのかな?
映画 | CM(0) | TB(-) 2016.08.26(Fri) 21:57

ROCK'in FIGHT!! vol'5

イレギュラーなシチュエーションではあるものの特別なカードがあるわけでもなし、パンクロックのお客さんがこわいので気が重かったりもするのですが、なんやかや行ってしまうのはパンクロックシーンの重鎮が見れるから!

一応、プロレス側の客の私ですが、5回目ともなると自然と拳を振り上げられるくらいにSTINK GASPERSの曲を覚えてきてライブの方もすっかりエンジョイしてしまいました。
大トリのSGS45はプロレスラーもフロアでおおはしゃぎ。その様子を見ているだけでも楽しい。プロレスラーがよってたかるとクラウドサーフのサポートが胴上げみたいになってて笑った。
ゲストのTHE STREET BEATSはパンクロックというよりはもっと硬派で端正な印象。ギタリストの甘いマスクも相まって若かりし頃は女性ファンも多かったんじゃなかろか。パンクロックバンドってパフォーマンスはいかつくてもMCではお茶目な面をのぞかせたりしてそこが魅力だったりもするけれど、OKIさんはMCでもイメージが一切崩れない。MCどころかSGS45を会場後方で見守っている姿もドリンクカウンターでファンに話しかけられている姿もロックスターのまま。こういう人もいるんだあーと感心してしまいました。ライブ後にはお客さんにコーフン気味に感動をまくしたてる沼ちゃん(ビーツファン)の姿を目撃しました。

プロレス側の今回の目玉は新崎人生の参戦。
いやね。試合後にライブステージに立つことを考えればそうなるのはわかってるけどさ。でもこういうカードを組むならば、人生相手に決着するくらいの気概を見せてほしいものです。別に勝てなくたってメイン→ゲスト→SGS45にすれば「仕方ない」は回避できるんだし。
いまやメインには滅多に登場しない人生が特別出演みたいな感じになっちゃったのはもったいなかったなと。

いつの間にやら5回目を迎えたロッキンファイト、イベント自体は客入りも盛り上がりもよく毎回大成功だとは思うのですが、プロレスとパンクロック、それぞれの裾野が広がってるかは謎。というか、パンクロックファンの「わかってない」感じといい、プロレスファンの「興味ない」感じといい、とくに広がってはないんだろうな。かくいう私も「これをきっかけにパンクロックのイベントを見に行こう!」とは思わないもんなあ。
ロッキンファイトは「自分らが楽しければオッケー」という自己満イベントではなくて、企画側がプロレスもパンクロックも好きだからこそ「どちらも盛り上げたい!」という気持ちがキッチリ伝わってくるから余計にフロアで感じるなんともいえない空気がもどかしい。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.08.23(Tue) 23:11

2分半が限界

アイドルグルーブ「でんぱ組.inc」の対バンツアー「はやぶさかがやきツアー2016」、盛岡のゲストは氣志團!ということで行ってきました。

ナタリーの記事はコチラ

先手、氣志團。

オープニング映像からまるっと氣志團學園2の使い回し。プラス要素はでんぱ組風にアレンジしたワンナイのみ。
や、たしかに氣志團學園2は面白かったのでまた見たいなーライブDVD出ないかなーと思いましたよ。だからといって対バンならオーソドックスなステージが見れるよね!房スカ始まりだったら嬉しいなウフフなんて期待していたところで思いがけずこれでは「また見れたー!やったね!」とはなかなか。
あれだけエンタメ性溢れる演出ならば氣志團を全く知らない人だって楽しめるだろうけど、あんな変化球投げられちゃ「どうです?氣志團ってかっこいいでしょう!」と胸を張って言えない。「違うの!見てほしい氣志團はコレじゃないの!本当はもっとかっこいいの!」と言い訳したくなるってモンです。
氣志團學園2では楽しかった3DKの場面も今回ばかりは「ああ無駄な時間」とやきもきしてしまいました。
でもなあ。氣志團×キュウソネコカミの対バンも変化球だったらしいしなあ。だからこそ「対バンのネタぶっ込んで来る」と予想してたわけだし。でもキュウソネコカミは使いまわしの利かない完全新ネタじゃんねえ。ああなんか損した気分…。
たぶん私が期待するオーソドックスなステージってのはイベントで見れるんだろうな。ツーマンは「こういうもの」なんだろうな。よしわかった!もういい!

後手、でんぱ組.inc。

結局、ライブDVDのトレーラーを一度見たきり、興味が持てないまま当日を迎えてしまいました。ナマで見れば印象変わるかな楽しめるかなとも思ったのですか。残念ながら私には合いませんでした。曲が好みじゃないのが何よりツライ。突出したものがあるならまだしも、そうじゃないとなると…。でも、これがでんぱ組のカラーなんだろうなと思うガチャガチャした曲とは違った、横一列に並んで歌うような曲なんかはわりとすんなり聴けたし個々のメンバーのことも落ち着いて見れたので楽しめました。そうすれば金髪ショートのコ以外見分けがつかないと思っていたメンバーの個性もなんとなーく見えてくるものでして、一番印象に残ったのは黄色のコ。「コ」というのがしっくりこないほど「友達のお姉ちゃん」感がスゴイ。張りのあるアニメ声もパンチが効いててインパクトありました。もうひとり、黄緑のコ、小顔長身細身で横一列に並ぶとスタイルの良さがすごく目立ちました。
「アイドルとは存在を愛でるもの」ってのはわかってるけど、一見が注目するのはやっぱり「容姿」なんだなあということを身をもって知りました。
ツアーコンセプトに合わせて電車や新幹線の車両をモチーフにした衣装はかわいかったです。

さて、ツーマンということで気になるのがファン比。氣志團のときにもうわかってたけど、氣志團、完全アウェーでした。でんぱ組:氣志團で9:1くらい?
私なんてでんぱ組はそれこそナタリーの見出しで名前をよく見かける程度にしか知らなかったので、こんなに人気があったのか!と正直、驚いてしまいました。
でんぱ組のファンは比較的年齢層が若いですね。女性ファンも結構多い。客層の若さのせいか盛り上がりもスゴイ!でんぱ組のときだけでなくて、氣志團なんか初めて見ただろうに、歓声はもちろん、見よう見まねで踊ってる人もチラホラ。ありがたいことです。こういう「楽しんだモン勝ち」の姿勢ってフェス世代の若い人ならではなのかなーと思ったり。

新たな出会いとはなりませんでしたが、「知らない人のステージをホールで見る」なんて機会はそうそうありませんからね、いい経験でした。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2016.08.22(Mon) 23:53

ゆるキャラもやってくるよ!

道場プロレス覆面まつり2days。
捨てキャラだと思っていたマスクマン大集合ですごかった。
R2D2やC3POあたりは記憶に新しいけど、マウンテンキングなんて忘却の彼方だよ!あの場にいた人の多くは存在すら知らなかったんじゃないかな!「みなさんお久しぶりでーす!」なんて言われてもポカーンだよ!
まさかまさかあまりの造形のひどさにもう二度と見れないかもと思っていたミライ博マンまで出てくるとは。
kenと卍丸はただマスク被っただけで面白みがないし中の人が変わっちゃったオオガマックスはクオリティに問題があるし…。
最後に登場した見慣れたマスクマンであるシーサー王の登場にようやく安堵。2日目のシーサー王とシーサー小僧(シーサー王子じゃダメなの?)、同じ造形の大小が並ぶ絵面のかわいさったらないですよ!これを見れただけでも良しとしよう!
なんやかんや、このありもんの素材でむりくりまとめてみました感、嫌いじゃないです。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.08.05(Fri) 00:23

ハナ毛リオン

お笑いコンビ「母心」の単独公演全国ツアーに行ってきました。
3年目のツアーですが、2年目は行けなかったので2年振り見ました。
私が見た1年目では初の全国ツアーということもあってか、嶋川さんは落語、関ちゃんはパラパラ漫画にそれぞれ挑戦するという大きな企画があり、気合を感じましたが、今回はそのような大きな企画はなく、ネタと交互に地方局のレギュラー番組映像を素材にしたVTRを流すシンプルな構成で、こなれて無駄な力が抜けた印象を受けました。前説担当の若手の登場にも若手の面倒を見てやれるようになったのか!と成長を感じました。(1年目は本人がやってた)

母心といえば嶋川さんのオカンキャラですが、今回の独演会でオカンキャラで出てきたのは一度きり。(しかも今回準備が間に合わなくて出遅れるというハプニングが)それ以外は普通の恰好(といってもどハデな花柄のスーツ)で進行。母心用語で言うところの「男漫才」が中心でしたが、キャラに頼らなくったってバッチリ面白い!
「若手なのに客席の年齢層が高い」という鉄板トークもネタが尽きないねー。「カリスマ美容師とは」「非関西人のエセ関西弁はウザイ」あたりのキャッチーなネタは気軽に楽しめましたが、嶋川さんの実体験と思われる「奥さんが事務所の社長って羨ましい?」がなかなか衝撃的で、スリラー映画を見ているようで気が重くなりました…。

終盤にやったトライアウト企画は単独公演ならではの試みで面白かったです。
様々な理由で2軍となっているネタを披露して客席の反応を見てレギュラー昇格を検討するという企画。
ホワイトボードにタイトルが10個くらい並んでいて「理由」を簡単に説明してお客さんに選んでもらうのですが、その「理由」が興味深い。
「嶋川さんの実体験で特定の人を傷付けるおそれがあるからやりたくない」
「今回のツアーの若者だって笑わせたいというコンセプトに合ってない」
「広い会場だと伝わらない」
「2日前にできたばかり」
どれもこれも見たくなりましたが、そのうち3本が披露されました。
こういう「お客さんのためじゃない本人のための企画」ってのもいいですね。見てる側もお試しな感じに優越感得られるし。

公演の最後には「嶋川さん、公演中にギックリ腰になる」という盛大なオチがつきました。お大事に!

あっという間の2時間公演、笑いっぱなしでした。アゴ痛いー。2年振りの母心は確実にパワーアップしてました!この2年間の場数がそのまんま余裕に繋がってるのかなと。話の流れは忘れたけど「賞レースがんばるぞ!」という発言があって、テレビとはまた違う世界で頑張っているお笑い芸人がいるということを再認識しました。
大都市にでも住んでなきゃお笑い芸人の単独公演を見る機会なんてなかなか無いですからねー。まして「売れてない芸人さん」となると。ツアーで来てくれるのは本当にありがたい。また来年もよろしくお願いします!

さて今回のツアーはサブタイトルに「若者だって笑わせたい!」と付いているわけですが。
確かに母心は取り上げるテーマからしても若者向けではないんだろうなとは思うけど、本人が言うほど年配向けでもないと思うんですよね。「若手のノリにはついていけないけど大御所のノリでは物足りない」というような、それこそ母心と同世代の人こそハマるんじゃないかなと。全員集合よりもドリフ大爆笑よりもバカ殿になじみがある世代におすすめしたい母心です。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.08.03(Wed) 22:55
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード