« 2016 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

福袋は開けるまでが一番楽しい

ちょっと前の話ですが。

6月の超花火に行ったですよ。みちプロ勢も参戦した。
目玉はなんといってもメイン、のはしが憧れの大仁田とタッグを組んで電流爆破デスマッチに参戦!私、電流爆破なんてサスケの背中に文字通り穴が開いた試合映像でしか見たことないからホントにワクワクドキドキソワソワしてました。
…そういえばこの会場で大日がやったときはデスマッチなかったのに電流爆破はいいんだ?

迎えた当日。
いよいよメイン!リングのロープはそのまま、コーナーになにやら装置がセットされているだけ、そしてリング中央には有刺鉄線バットがポツンと。私、てっきりノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチだと思い込んでました。電流爆破バットマッチでした。起動スイッチを押すとバットに電流が流れてそれを叩きつけると爆破するという仕組み。

始まった試合。ほとんど場外乱闘。まともにプロレスしてたのはのはしだけのような。
期待の電流爆破は、のはしにバーン!わー火花スゲー音デケー。続いてがっちゃんにバーン!で、大仁田がフォールして試合終了。
…えっ、これだけ???
なんか思ってたのと全然違うんですけど!!!!

でもね。考えてもみなよ。週に2回も3回も大仁田対サスケ戦レベルの試合できるわけないじゃん!それも地方巡業で!連日連戦蛍光灯デスマッチやってる大日が異常なんだよ!
そう思うと頭に上った血もすっかり下がりました。

ふと、「バリゾーゴン」という映画を思い出しました。
昔々の話です。ある日、不気味なイラストのポスターが電柱に貼られているのを見ました。その上には「失神者続出!」「嘔吐必至!」「妊娠中の人は見ないでください」といったショッキングな手書きのアオリが。それはかなりの広範囲、いたるところに貼られていて、たちまち話題になりました。
どうも映画のポスターらしい。○月×日に△△会館で上映するらしい。
ホラー好きな私は興味を持ち、ポスターの情報をたよりに会場に行きました。会場は人であふれかえっていました。結局、私は当日券を手に入れることができず、ガッカリして帰りました。
翌日、見に行ったというクラスメイトに感想を聞きました。「意味がわからなかった。ホラーじゃなかった」

もし私があのとき当日券を手に入れて映画を見ていたとしたら、「超花火」は「バリゾーゴン」と相当近い体験になっていたのではないかと思うのです。仰々しいアオリにドキドキしながら入って「ははっ、まあ、こんなもんだよね(諦)」と出てくる感じはまさに見世物小屋のソレ。
ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチだと思い込まずに電流爆破バットマッチを正しく理解したうえで観戦に臨んでいたらこんなノスタルジックな気持ちになることもなかったでしょう。ある意味いい体験をした。

これはあくまでメインに限った話。メイン以外はZERO1勢がまっとうなプロレスで楽しませてくれました。むしろセミで大谷だの耕平だのライディーンだのが見れるなんてゼータク。

と、そんなモヤモヤを一気に吹っ飛ばすのが大仁田のマイクパフォーマンスですよ!
水の豪快な撒きっぷりも堂に入ったもの。
大仁田のファンでもなんでもない私ですら謎の感動に包まれました。
本当に大したこと言ってないのにさあ!
「涙のカリスマ」の二つ名はダテじゃない。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.07.23(Sat) 01:49

2001年府中の旅

最近見た映画。

・ノア 約束の舟
みちのくプロレスファンにはおなじみ、「レスラー」「ブラック・スワン」の監督作品。旧約聖書のノアの箱舟を基にした話。
箱舟に乗り込むまでは「ノアがんばれ!」だったのが乗り込んでからは「誰かノアを殺せ!」になる。
兄嫁が思いがけず妊娠してしまってノアが「生まれてくる赤ん坊が女の子だったら殺す」と頑なになってたのは二男の伴侶となったかもしれない娘を見殺したことについて「産める者が残されなかったのは人間は滅びなければならないってことなんだよ」と大演説かましてしまった以上、誕生を喜んでしまっては二男に申し訳が立たないと思ったのが一番の理由では?
ただ、女が生まれたところで祖父・父・叔父しかいないわけで、どのみち繁栄は望めないんだから殺す必要なくない?近親相姦は禁忌じゃないの?それにラストで子どもたちに「それぞれ子孫を残せ」と言ってたけど、ノア一家以外にも生き残りがいると思ってるってことだよね?ますます孫を殺そうとした理由がわからない。

・LEGOムービー
説明書通りにしか行動できないごくごく普通の作業員が世界を救う話。
コメディセンスが合わなくてあまり笑えなかったけどとにかく映像がにぎやかなので楽しめた。展開早いし小ネタも山盛りだしカメオ出演多数でおトク感満載。
タネ明かし以降の展開はよかった。笑えてじーんときて。
トイストーリー好きの私としてはボロボロになるまで遊んでもらうのがおもちゃの幸せだとわかっていても実際ボロボロにされたお下がりを見ると割り切れないものがあるので、おしごと大王の気持ちもわかる。
ハッピーエンドかと思わせてあらたな敵をにおわせるあのラストは続編がありそう?!

・2001年宇宙の旅
映画史上に残る名作ってことだからもっとまっとうな話だと思ってた。全っ然意味わかんなかった。
環境ビデオ+企業ビデオ+ビデオドラッグって感じで30分置きに寝てしまった。
暴走したHALが手のひら返して弁解するシーンは面白かった。コンピューターなのになんでそんなに人間臭いの。
あんまりにも映像がきれいなのでせめて'80年代の作品かと思ったら'68年代の映画だと知ってひっくり返った。

・世界侵略:ロサンゼルス決戦
地球人と宇宙人が戦争する話。
パニック映画かと思ったらコマンドアクションだった。そもそもなんで地球に来れる科学力がありながら銃撃戦やってんのっていうね。
これ…地球人対宇宙人だから「地球人がんばれ!」って感じで見れるけど、地球人=アメリカ人・宇宙人=○○人って置き換えてみると相当胸糞悪い。捕獲した瀕死の宇宙人を「急所はどこだ?!」ってむやみやたらに切り刻んだり突き刺す場面なんか見てらんない。宇宙人を戦車で轢き潰しながら「ボーリングみたい」ってのもなあ。二等軍曹の部下に対する想いにはホロリとくるけど、ツッコミどころが多くて浸れないよ!

・デイアフタートゥモロー
地球が氷河期を迎える話。一難去ってまた一難、ハラハラの連続で最初から最後まで面白かった!
ド迫力の映像ににこういうディザスター映画が見たかったんだよおおお!と大満足でございます。
人間ドラマが興奮に水を差さない程度なのもグッド。主人公の息子の恋のライバルの金持ちはただのいいヤツだった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2016.07.21(Thu) 21:25

7.16矢巾

1.初登場選手をイーグルスにいじらせるのは正解。

2.2号がライアンで3号がアテナなのはわかるけど1号がなんなのか全くわからない。

3.ガチアクシデント発生でオウンゴールっぽいフィニッシュに会場ポカーンでめっちゃ笑った。

4.おそらくこのカードはこれで最後。大地の勝利は大柳先輩からの置き土産のようにも思えたけど納得の試合内容。大地泣いてなかった?

5.あの試合内容で勝てないとかもうどうすれば勝てるんだよ!!!!

6.ノンタイトル戦とはいえ王者に勝利してふく面ワールドリーグ戦へ向けて絶好調ぶりを見せつけるという意図が丸見えだけどこの結果はやっぱり嬉しい。

清水義泰さん登場!トレーナーとしてまたみちのくに関わることになったそうで、きっと現場にも駆り出されるだろうから会場でも元気な姿をお見かけできるかな。

ふく面ワールドリーグ戦全参戦選手発表。注目の選手については個人的な思い入れも無いし、禊がどうとかはわからないけど、「おおっ!」じゃなくて「ええっ?!」ていうお客さんの反応が全てなんだろうな。

大一番は無かったけど、シングル3試合は目玉に掲げるだけあって面白かった!満足!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.07.20(Wed) 23:33

チーズステーキ

ミュージカル「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」に行ってきました。
主演は宝塚元花組トップスター蘭寿とむさん。星組トップスターのみっちゃんこと北翔海莉さんの三番手時代に同じ組で二番手を務めていた彼女の舞台をぜひ見たいなと!
巡業ということで色々な面で期待してなかった部分もありましたが、会場に入った途端にいい意味で期待を裏切られました。生オケじゃあありませんか!!!もうこれだけですっごいトクした気分!一気に期待感上がりました!

原作は超有名な映画作品ですが一応あらすじを説明しますと、殺人現場を目撃した売れないクラブ歌手が匿われた先の修道院の人々と歌で心を通わせていく話。
映画で見たのもだいぶ前なので覚えてないだろうなと思ってたけど、見てるうちに「あーこのシーン見たことあるー」なんて具合に思い出すものなんですね。
笑いあり涙ありスリルあり、一番のヒットはオーケストラピットから「あのお方」がせりあがってきたシーン。ツボにハマってたいへんでした。
カーテンコールではお客さんも一緒に踊らされて、終演後に見ず知らずの隣のご婦人と「楽しかったですね」と言葉を交わしてしまうほど、とにかくハッピーな気分になれる楽しい舞台でした!

さて初の生らんとむ、黒塗りでアフロヘアーにミニスカートという姿に「うわー!ホンモノだー!」という感動はなく、らんとむであってらんとむでないような、不思議な感覚に陥ってしまいました。
台詞にしろ歌にしろ声は耳なじみのあるあの声そのまま。なのに女性の役として違和感がないのは意外でした。
それから歌、個性が邪魔するのではと多少の心配がありましたが、気になるようなこともなく。さすがに高音までパーフェクト!とはいきませんが、全然許容範囲でホッとしました。
どうしても「元男役」という目で見てしまうので、男優とのキスシーンに「あわわわ」となったりもしましたが、どうしてなかなかキュートでした。
いやしかデカイ!あの身長ばかりは「元男役」を感じざるを得ませんね!シスターたちに囲まれると高身長っぷりが目立つ目立つ。宝塚時代は別段高身長なイメージもなかったのでこんなにデカかったのかとオドロキでした。Wキャストのもうひとりの主演の森公美子さんは横幅で目立ち、らんとむは縦幅で目立つと。誰が見ても「主役は私よ!」ってうまくできてますね。
なにより日本人離れした顔立ちも相まって黒塗り似合い過ぎ。こんなにハマるとは意外でした。

らんとむ以外はカーティス役の大澄賢也くらいしか知らない私ですが、らんとむ以外の役者の感想も。

鳳蘭/修道院長
古希を迎えたとは思えないほどの声量と歌声に舞台に立ち続けてる人はすごいなあと圧倒されました。本人はいたって真面目なコメディエンヌぶりも素晴らしかったです。らんとむと並んでも身長差を感じないのはさすが元男役。

石井一孝/エディ・サウザー警部
「警部」ってことは設定年齢もそれなりに行ってるんだろうけど、まっすぐで不器用な人柄があまりにも愛らしくて役者の実年齢にビックリ。行ってても30代半ばにしか見えないよ!

春風ひとみ/メアリー・ラザールス
こんなにご高齢なのにしっかりと舞台をつとめあげられていて巡業にも出るなんてなんたるバイタリティなんて思ってたら役者の実年齢にビックリ(2回目)。設定年齢より全然お若い!ホントにおばあちゃんにしか見えないよ!

宮澤エマ/メアリー・ロバート
役者の歌唱力は申し分ありませんが、原作映画では役者の見た目から想像できないロックな歌声が印象的だったのでそこらへんは違和感。あれはキャラクターの個性のひとつだと思うので寄せてこなかったのはちょっと残念。

カーティスの手下三人組
私みたいなドシロウト耳でも誰が歌の人で誰がそうでないかってわかるものなんですね。

シスターたち
さすがにあれだけいるとそれぞれの個性までは感じ取れませんが、ヒョロヒョロだった歌声にメキメキと力が漲っていく様は爽快でした!
パジャマ姿のシスターたちがデロリスを取り囲むシーンは色とりどりなパジャマ柄についオペラグラスをあげてしまいました。

宝塚的に言えば「外部公演」ですか?初めて見ましたが、とってもとっても楽しめました!らんとむ主演目当てで見たけれど作品そのものが楽しかったので、森公美子主演バージョンも是非見たい!と強く思いました。
ぶっちゃけチケット高いと思いましたが、チケットの価値十分にありました!でもまだ「たまの一回大枚叩いて」だなあ。ミュージカルファンって大変だなあ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.07.15(Fri) 22:13

色の変わるペンライトは用意した

今度でんぱ組.inc×氣志團のコンサートに行くので、でんぱ組.incの予習もしておいたほうがいいよねと思って、ライブDVDのトレーラー見てみたんですけど。
…私、Perfume好きだしBABYMETAL好きだし、なんたって田村ゆかり好きだし、アイドルイケルクチだと思ってたんだけど、どうも思い込みだったみたい。
そういえば私はももクロのシンフォニックメタルな曲を聴いて「これってどこに需要あるの?」と思った人間だった。
いやね。「アイドルとは存在を愛でるもの」ってのはわかってますよ。だから顔がマズかろうとスキルがなかろうと、そんなことたいした問題じゃないってのはわかってますよ。
結局、私は音楽ありきなんだよね。名前を知る→曲を聴いてみる→あらいいじゃない→メンバーに興味が湧く→メンバーのことを知る→愛着が湧く→かわいい!ってアイドルだろうとバンドだろうと一緒。すーさまももあちゃんもゆいちゃんも卓球も瀧もみんなかわいいよ。
Perfumeだって今となってはどこがかわいくないのかわからないけど、知った当時は別段かわいいとは思わなかったもんなあ。
だからでんぱ組.incに限らず多くのアイドルにピンとこないのは音楽にピンと来ないってだけなんでしょうな。
ほんであのー、これまたでんぱ組.incに限った話ではないんだけど、どっから声出してんだ君は普段からそうなのかというような萌え萌えきゅるーん☆なキャラクターって、方向性は違えどやってることはベッド・インと何も変わらないということに気付いた。
でも氣志團対バンのネタぶっ込んで来るだろうから知ってるほうが楽しめるしなー。…毎日見てれば愛着が湧くかもしれない!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.07.12(Tue) 23:34

あたしの王様はあたし

宝塚星組トップ娘役のふうちゃんこと妃海風さんは「おてんばで腐れ縁とは軽口叩き合うけど好きな人の前ではおしとやかになっちゃう」という私の少年漫画における理想のヒロイン像を地で行く娘役であることは先日書きましたが、
具体例挙げると
・「エンジェル伝説」の小磯良子
・「覚悟のススメ」の堀江罪子
なんですけど、もうひとつ共通点を発見しました!
「好きな人は転校生」
北野君も覚悟(人名)も転校生なんですよ。
そして星組トップスターのみっちゃんこと北翔海莉さんも落下傘トップ=転校生なんですよ!!!…みっちゃんだと転校生というより転任してきた国語の先生って感じだけど。
前出の理想像の説明文を書くときに「けど好きな人の」の部分がいまいちしっくりこなくて、「好きな人」ってのは腐れ縁とは別のカテゴリの人で憧れの人ではなくて毎日顔合わせて言葉も交わすような身近な存在なんだけど突然現れた人というか…というところが「転校生」の一言でまとまった。
品行方正な優等生ってところも共通点。ウフフ。
と、主人公の共通点を見つけて興奮している私ですが、この理想像はふうちゃんが生え抜きだからこそ成り立つのです。いくらハツラツとしてても同期がいても組替経験者なら「腐れ縁とは」ってところがアウトだもの。ふうちゃんありきの理想像なのです!
みちふう万歳!
というわけで、私の少年漫画における理想のヒロイン像の具体例に
・「エンジェル伝説」の小磯良子
・「覚悟のススメ」の堀江罪子
・「みちふう」の妃海風 New!
を追加いたします。

ちなみに、私、少年漫画のヒロイン像によくある「主人公とは腐れ縁で軽口叩き合う仲だけど実は主人公のことが好き」ってのにはまっっったく惹かれません。
だからことふうだのせおふうだのにも惹かれないんだろうな。同期男役との関係がみちふうの関係をさらにおいしくしてくれているのはわかっていますが、それはそれ、これはこれ。

宝塚ってつくづくファンタジー。
宝塚 | CM(0) | TB(-) 2016.07.01(Fri) 22:06
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード