« 2016 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

○○学校修学旅行団は××を見学中です。ご安心ください。

氣志團。

「ツッパリHigh School Musical 『氣志團學園Ⅱ ~拳の中のロックンロール~』」
というツアータイトルから覚悟してたので、前回みたいに「私は一体何を見てるんだ…」とはならなかったし、氣志團学園っつったって舞台設定が学園ってなだけで、一向にメンバーの出てこない映像を延々と見せられるなんてことはなく、キッチリ楽しませてもらいました。
演劇に寄りすぎているのは決して私の理想のかたちではないんだけど、それでも満たされるのは、以前なら映像で済ませていたようなことを生身でやるようになったからなんだろうな。
前回ツアーのMCで自虐的に言ってた「三代目氣志團」から思いついたというストーリー、その中で氣志團を古臭いとバカにする微熱DANJI扮する敵対チームが氣志團の曲を近年のヒットチャートをにぎわせている音楽グループ風にアレンジして披露するんだけど、これがどれもこれも秀逸。EXILEもゲスの極み乙女もゴールデンボンバーも湘南乃風もソレっぽすぎて、感心通り越して感動してしまった。
最新アルバム「不良品」を聴いたときに「今度のツアーを見越して作ったんだろうな」と思ったことは全くその通りで、「あの曲はこんな場面で使われるのね」という見方ができて面白かった。そしてGIGの余韻に浸るのにもってこい。GIGを見た後だとアルバムはサウンドトラックとしても楽しめますね。
ハゲネタ大好物だからオチも最高でした。
劇に寄せてくることについては割り切っていたつもりだったけど、幕前挨拶まであったのにはさすがに驚いた。そこまで劇に寄せてきたかと。序盤と本編(?)終了後にオーソドックスなステージも見せてくれるからなんとかGIGの体面を保ってはいるけれど、タイトル通りなんだなあ。
前回ツアーよりも、まして氣志團学園なんかお話にならないくらい洗練されてたけど、そうなるとかつての試行錯誤っぷりになんじゃこりゃと思わされたことをいとおしく感じてしまうというね。あれも欲しいこれも欲しいでどうしようもないね。
「ここは長尺のアドリブだな」と思う場面すら無いあまりにもカタにハマったステージだったから翔やんのしっかりとご当地ネタを入れてくるサービス精神旺盛なMCの健在に心底ホッとした。地元ネタのはずなのにコアすぎたのか多くの地元民にポカーンとされたのは涙ぐましかった。
「行ったことのある県でも行ったことのない土地に行きたい」ってのはキャリアのあるツアーバンドしか言えないことだよね。氣志團がそう言えるバンドであることのありがたさ。
前回ツアーに「私は一体(ry」と思ったし、悪名高き氣志團学園を冠した今回のツアー、どんなもんかとこわくもありましたが、行ってよかったです。
「カタにハマったステージ」とはいえ、ツアーさえ違えば違うものを見せてくれるんだから、その点については信頼の氣志團です。

ところでわたくし幸運にもトミーのピックをゲットしましたの。

おまえばっか見ててごめんな。西園寺瞳

こんなこと言われたら…私、DDだったけど今日からトミー推しになります。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2016.05.28(Sat) 22:35
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード