« 2016 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5番ボックス席って見づらくない?

劇団四季「オペラ座の怪人」を見てきました。

開演前に「今日のクリスティーヌの人が一番好き」という会話も聞こえてきて期待度急上昇!
オークションの場面から始まってテーマ曲に合わせてシャンデリアが持ち上がり幕が次々に開いていくオープニングにトリハダ立ちまくり。
さすが常設会場、舞台が豪華!作品に合わせたギミックも凝ってる。でも生オケではないのね。
噂のシャンデリア落下シーン、想像以上でした。気づいたら落ちてた!じゃなくて、スローモーションを見てる感じ。2階席にして本当に良かった!この作品は2階席で見るべきですよ。シャンデリア落下もそうだけど、2階席から見て目の前にファントムが現れたりするし、総動員のマスカレードも俯瞰で見たい。
何度も出てくるカーテンコールも楽しかったです。

「オペラ座の怪人」は映画でも見たのに、なんで最後ファントムはクリスティーヌにキスされて「もういい。行っていいよ」になったのかよくわかりませんでした。例によって歌でお話が進んでいくから、ただでさえ歌詞が追えない私は同時に違うこと歌われると歌声も「楽器」としか認識できなくなるんです。だからどう心境が変化していったのかサッパリ。映画で復習しよう。

劇団四季を前回見たのが2012年の「ウエストサイド物語」で2014年の宝塚初観劇以前だったので、宝塚との違いも感じました。
やはりなんといっても歌がうまい!全員が全員うまい!宝塚でうまいと言われてる人ですら舞台に立てるかどうか?それくらいうまい。
バレエっぽいダンスはよくわからないので置いといて、演技については一長一短かなと。劇団四季は「一音落とすものは去れ」という訓示があるそうで、たしかに正確なんだろうなとは思うけど、妙にはきはきしたしゃべり方が心のこもっていない棒読みのように感じてしまう役者もいました。「味のある演技」なんて許されないんだろうな。
生首とか首吊りとかファントムの素顔とかショッキングな場面をしっかり見せるのも違いですね。本当にキスしてるのにも驚きました。
そして一番の違いを感じたのは、劇団四季は美くしない…。どんなに豪華な衣装を着ていても、素顔がわかる程度の舞台メイクに急に現実に引き戻されてしまうのですよ!つくづく宝塚のメイクは特殊メイクなんだなと思わされました。

かねてから見たかった「オペラ座の怪人」見れてよかったです。また見たい。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.04.30(Sat) 23:46

泡沫(←読めない)

モーニング娘。'16

全盛期の曲しか知らないし、現メンバーで知ってる人は一人もいない。曲も好みじゃないのに、行ってみたいと思ったのは「フォーメーションダンスがすごい」という話を聞いたから。
で、思い立って行ってきました。

開演前に注意事項の映像が流れるのはわかりやすくていいですね。「そんなヤツいるんかい」とツッコミたくなるようなのばかりでしたが、本当にいるということを数分後に身を持って知ることになるのです。
客層は自席周辺に限っていえば、男性客は成人以上で幅広く、数少ない女性客は本来の意味での「女子」しか見当たらず。どうもお父さんに連れられて来たっぽいコもいたなあ。ただ、着席で鑑賞しなければならないファミリー席というのがあって、どうも2階席3階席がそれに割り当てられているようで、そっちの方はまた客層違うのかもしれません。

ステージは「どうだった?」と訊かれたら、ひとこと「かっこよかった」と返したい。
装飾のない機能的なセットでゴリっとしたEDMに乗せて歌い踊る彼女たち、すごくかっこよかったです。
蛍光色のハットと手袋を着用した長いダンスシーン、最高でした。
唯一知ってる曲「恋愛レボリューション21」もセットに組まれて違和感ないようにアレンジされてました。
1階席だったのでフォーメーションはよくわからなかったけど、スクリーンにときどき真上からの映像が映るんですよ。それがハートだったりクエスチョンマークだったり、上階から眺めるのも面白そう。頻発ポーズは「6」を表してるのかな?
MCは抜粋メンバーが担当するので、一見客がメンバー全員のキャラクターを覚えるのは無理ですね。ご当地に絡めた話題は一見客でも楽しめました。
2時間というコンパクトな公演時間もダレずに観れてよかったです。

お客さん年齢層高そうだからといって落ち着いてるということはまったくなく。思ったのが、フリコピが多いなと。しかも推しメンのフリコピなのね。ペンライトも当然推しメンのカラーにするから客席がカラフル。目がチカチカするー。
おかしかったのがって笑いごとじゃないんですけど、興奮して(?)通路にはみ出るお客さんを係の者がいちいち押し戻しにやってくるんですよ。すごい勢いで通路を駆け抜けていったから何か重大なトラブルでもあったのかと思いきやそうではなくて、もう何度も何度も。大げさじゃなく5分に1回くらいの割合で。コンサートスタッフなんてヒマそーに突っ立ってるだけでタダで見れていーなーくらいにしか思ってなかったので、こんなに忙しい現場のあるとは!

私は男女問わず若い芸能人の顔が全部同じ顔に見えるのでモー娘。も例に漏れずですが、それでも何人か印象に残ったメンバーを。

・小田さくら
ひとりだけおでこ出して片側サイド編みこんでて目につきました。目大きいし、もうちょっとスレた感じにしたら女子高生にもウケそう。

・鈴木香音
こんなに太ったアイドルがいることに衝撃。腹出し衣装もちゃんと着ててダブルインパクト。

・羽賀朱音
アカ抜けないコだなーと思ったら最年少なんですね。背高いし数年後にはクールビューティーに化けそう。

みんな何歳くらいなんだろう?と、調べてみたら最年長でも21歳なんですね。どうりで。というのも、恥ずかしながらコンサート中、彼女たちのキラキラにアテられたのかうるっときてしまいまして…。若いって素晴らしい!

モーニング娘。'16は私の知ってるモーニング娘。とは別物だったけど、いい意味で期待を裏切られました。気が済みました。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2016.04.29(Fri) 00:00

(宣伝)イトメンのチャンポンめんを食べよう

道場プロレス二連戦楽しかったです。

1日目。
沼ちゃんお休み。
イトメン公認プロレスラーのはしたろうめっちゃ仕事した。入場者全員にイトメンを配布。じゃんけん大会の賞品はイトメン製品の詰め合わせ(もはや福袋)をどどんと一名様に。岩手日報の取材も呼んだみたい。
新入門の練習生2名のうちひとりはレフェリーにも挑戦。レフェリーに凄む郡司がなんだかおかしかった。
東北タッグ挑戦に向けて目下ダイエット中ののはしは早くもグッドシェイプなボディを披露!ちゃんとシックスパック見えてるし胸筋もデカくなってるし、プロレスラースゲエ!挑戦できるかどうかはGAINAにかかってる!
のはしの控えからの声かけがいつも以上に熱が入ってたのは練習生に手本を示す意味もあったのかな?
なんでかえらい眠かったけど終盤ののはしと塁の攻防はさすがに目が覚めた。
大地GWツアー全勝宣言!

2日目。
沼ちゃん復帰。獣神ライガー(当時)デビュー記念日の説明をひととおりしてから「俺の誕生日!」ノリツッコミ。事前告知は何もなかったけど「誕生日プロレス」であることをアピール。
じゃんけん大会の賞品は挨拶に中国語を織り交ぜしっかり台湾にかぶれてきた大地からのとっっってもささやかな台湾土産。
メインは時間切れだったけど、終了間際の展開はガチだったんじゃないかと。なんとしても勝ちたい沼ちゃんとなんとしても負けたくない大地という感じで本当にすさまじかった。
「時間切れで体重も同じだけど年齢は俺の方が上だから俺の勝ち」沼ちゃん大人げない。
沼ちゃんにはダマだったのかな?似顔絵入り特大ケーキが登場。
ケーキと沼ちゃんを囲んで記念撮影することになったんだけど、団体側誰も撮ろうとしない。沼ちゃん「撮らないの?」宇田川さん「いらない」ヒドイ(笑)結局郡司がタブレットで撮影。
ケーキに顔ダイブなんてことはせず、沼ちゃんは代用品で顔面泡まみれになったおかげで、ケーキはお客さんにふるまわれました。素朴なお味でとってもおいしかったです。
沼ちゃん言った通り「誕生日プロレス」でした。

で、記事タイトル。さっそくいただきました。
あっさり塩味とのことでしたが、かやくを入れて煮ることによりエビとシイタケからダシが出てるのか、思ったよりしっかり味。
麺はインスタントらしいオーソドックなものだけどスープがおいしいので、かやくも入ってるし、残すのもったいなくてご飯投入。これがまたおいしくて、糖質制限ダイエットの敵に認定。
貰った手前、のはしに協力すべくスーパーに設置されている「お客様の声」に「イトメンのチャンポンめん置いてください」と投書する活動に励みたいと思います。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.04.26(Tue) 22:09

1+1=0.5

※セミのことも書こうと思ったまま放置してたのやっと書いたのでアップ。

記念すべき10年目の宇宙大戦争は行けなかったわけですか!
というわけで昨年12月の後楽園大会のDVDを鑑賞。例年次の後楽園大会で発売なのに今回は早くて嬉しいなあ。

ここ何回かの宇宙大戦争については「人数多けりゃいいってモンじゃない」というのが一貫した感想でして、正直満足してなかったんですね。だから行けなくても「うーーーーん。まいっか」なんて思ってたんですけど、こんな時に限って「過去最高」という評判を見聞きしてギギギとなっていたところです。

プロレスっていうのは生観戦と映像で見るのとは別物だと思ってます。
その価値も
生観戦>>>>>>>成層圏>>>>>>>映像
こんくらい違うと思ってます。
だからあくまで映像で見た感想として。

良くも悪くもヒドかった。グダグダの極み。
私はのんきに寝っころがりながら見てたけど、現場にいたお客さんはあの43分33秒をどのような気持ちで過ごしていたのだろうと…。記念試合らしくこれまでの試合をオマージュした場面に何度も「あぁ~」となりつつも、映像ですらだんだんと「…」ってなってしまったもの。試合後の囲み取材でバラモンが取材陣に「なんでおめーらそんな顔してんだよ!」って言ってたけど、きっとあの場にいた誰もが同じ顔してたんじゃないかな!

ひと口感想
・C-3POas1号の動きが秀逸。
・R2-D2as2号と東林寺ヨーダの急に脚が伸びるギミックは面白いだけにかぶってしまったのが惜しい。
・スーパーマン大柳のポーカーフェイスっぷりが面白い。植木巡査のハジキをハジく場面が映える。
・マスターETが自転車で空を飛ぼうとしたくだりがハイライト。飛ぶ以前に滑走路の板が車輪の幅に足りてないし!自転車だけ飛ばしてどうする!
・この試合の中で一番カッコよかったのはマスターがゴーカートで激突して不安定になった鉄柱をガッガッと立て直した塁。

生観戦できなかった負け惜しみじゃないけど、「過去最高」から期待してたほどじゃなかったっす。
ムーの太陽としても2回目だし、とくに昨年は6月の後楽園大会のメインが宇宙大戦争みたいなモンだったし、マンネリ感甚だしい。
ふと、昨年の6月の後楽園大会のメイン、当時は「貴重な6月の後楽園大会で宇宙大戦争みたいなことしやがって!」と怒り心頭だったけど、あれを宇宙大戦争の試合としてみれば、少人数ながらクオリティも満足度も高かった第六次以前の試合のようだったなと。いかんいかん!記憶が美化されてる!

サスケとバラモンは対峙してたほうが絶対に面白いんだけどなー。そろそろさ、ムーの太陽もね。今年はふく面ワールドリーグもあるからいい機会でないかね?!

ところで、すっっっごく気になることがあるんだけど、私だけじゃなくてプロレスDVD買う人ならもれなく「あれ?」ってなったと思うんだけど、問題になったら困るので秘す。サスケのセパラドスも聴けたし!

で、セミの東北タッグ選手権。相方タッグ対ニューフェイズのリターンマッチ。
なんとなく藤田ミノル対大地、日高対郡司のかたちになってたけど、日高相手に郡司じゃあ未熟さ際立ちすぎ。ジャストフェイスロックの手順間違えたりもしてたあたり、大会場のセミで緊張してたのかな?
対照的に大地はパートナーが郡司じゃなかったらわりとあっさり獲れちゃうたんじゃない?と思わせる奮闘ぶり。実際、終了3分前に郡司ほぼ戦線離脱して大地のひとり舞台だったし。試合後にはタッグ解体が宣言されたからもうこだわる必要はなくなったわけで、これは本当に大地タッグベルト取るチャンスだよ。
しっかしニューフェイズは最後まで息の合わないタッグだったなー。

6月の後楽園大会はムーの太陽色の薄い大会にしてほしいという願いは卍丸対ハヤトの東北Jr選手権決定で叶いそう。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.04.10(Sun) 22:02

またくるゆるさん

嫌なことって形に残すと後から見返して思い出して嫌な気分になるからやめたほうがいいんだけど、こればっかりは吐き出さずにいられない。

ガイズ&ドールズですよ!私これ見るためにテレビもブルーレイプレーヤーも買ったんですよ!(マジで)
ところがどっこい発売日の三日前に発売見合わせ。ぎえーとなりつつも、まあ、なるようにしかならないさっつうかきっとどうにかなるさときがくればわらいばなしさと前向きになってたところに
ネットには「楽天から届いたよー☆ミ」というファンからの喜びの声が!
いやいやいやいやいやまてまてまてまて。
わかってたよ。発売日の三日前なんて絶対モノはできてるからいずれは闇ルート(大げさな言い方)に出回るって。
闇ルートで手に入れるとなるとフトコロも痛むから私の知ったこっちゃないんだけどさ。
正規ルートで手に入れたってのがもう…なにこのドス黒い感情!本人全然悪くないのに!悪いのは楽天なのに!
そして「私も楽天で頼めばよかったー」と思う自分がホンッットに嫌!
あーーーーもーーーーたまらない。見合わせのお知らせからそのうち来ると信じている新しい発売日お知らせの間の記憶消したい。もし発売中止になったらリリース決定のお知らせからまるっと消したい。本当に発売中止になったらこの記事消して記憶からも消す努力をする。

ま、来週にはラブトリ出るしさ、先週は電気も出たしさ、再来週はびじゅチューン!が出るしさ、リリースラッシュなのがせめてもの救い。
宝塚 | CM(0) | TB(-) 2016.04.10(Sun) 00:34

主演・道下善之(UFO推し)

映画「DENKI GROOVE THE MOVIE?」見ました。
副音声まで立て続けに見ました。エゴサーチした感想に触れてたからなんか書きにくいし自分の意見か他人の意見かわからなくなりそうだけど感想を。
Fallin' Downの特典DVDに入ってた特報の印象が悪かったから「電気の映画ねえ…」なんて思ってたんですけど、ヒストリー映画らしいオーソドックスなつくりでした。
このテの作品のセルビデオと映画の違いを感じたのは、アルバムタイトル映像。映画じゃなかったらこんなところで金使えない。
副音声聴くに監督の意図ってのはちょこちょこ入ってるみたいたけど、いやそうじゃねえだろってところはとくになかった。卓球が「ORANGEが失敗作みたいに言われてるけどそんなことなかった」って言ってたけど、不入りのリリースツアー&武道館ひっくるめてあの頃が谷間だったってのはファン共通の認識かと。
卓球が望んだ田中フミヤと川辺ヒロシのインタビューを取らなかったことについても「卓球側の人だから」という監督の意見に賛同するけど、KAGAMI(マカロンおじさん)のエピソードを入れたのは卓球の要望で監督は入れるつもりはなかったってのが不思議。制作にも関わってたしライブサポートしてたんだから電気側の人なのにね。
昔のトガりまくったMCを入れたのは監督の嫌がらせかと思ったら卓球が副音声で開始早々「MC見れない」って言っててやっぱりね。私はオールナイト世代じゃなくて後々ゴニョゴニョで聴いたけど、当時のリスナーと同じテンションじゃ笑えないもんなー。でも初ライブのMCで「告訴。小さい糞」って言ってて、言ってることが今と何も変わってなくて感心した。
スチャダラパーが「人生みたいなことをラップでやろう」で始まったとは知らなかった。「本物が寄ってきた」ってのも面白い現象だなあ。
私は電気が解散するって思ったことがただの一度もなかったので、近しい人に「解散するんだろうな」って思われてたことにオドロキ。そもそも活動休止期間なんてあったっけ?ってくらい。ま、現場行かないファンにとっちゃリリース=活動だから、3年リリースしないくらいじゃ活動休止のうちに入らんわな。今の電気があるのはラルクのおかげってことで私もうラルクに足向けて寝れない。
J-POPの評判があまりよろくないことに対する卓球の考察が面白かった。「J-POPは大人っぽすぎた。俺たちは成長してるんだけど、ファンはオールナイトのノリを求めていた」ってこと。J-POP以降の電気の音楽が最高!な私も腑に落ちた。20年前に10代に人気があったバンドがいまだに10代に支持されてたりすると「成長してない」って思うし、そんなバンドに変わらず熱狂している30代のファンに対しては「音楽の趣味が止まってる」って思うんだけど、そういうことかなと。成長してない止まってるってんなら幸せなんだけどね。
まりんの「俺の瀧」発言を受けての卓球の「俺の瀧と言っていいのは俺だけ」発言には全国の腐女子が悶絶したことでしょう。瀧の「おまえの俺」発言で追い打ち。そして公の場での瀧の「文敏」呼びの破壊力。滅多にしないから最強なんだよ!(熱弁)
まりんが三人の関係を「卓球と瀧は友達だけど年下の僕が入るとみんな男兄弟がいないから兄弟みたいだった」って言ってて、ああ、なんかいーなーって。電気のわちゃわちゃした感じってそれだったのかな。この流れだと腐女子目線に思えるけどそうじゃなくてね。
卓球が「電気を知らない人が見て楽しめるのだろうか?」って感想にツッこんでたけど、そもそもファンしか見ないんじゃないの?私なら「今日は何でもいいから映画観よう!」ってなったってAKBやSEKAI NO OWARIの映画なんか絶対に選ばないぞ。って思ったけど映画ってのはそうか、映画ファンってのもいるから電気ファン以外も見るのか。電気ファンじゃない映画ファン目線の感想が知りたい。

半分くらい副音声の感想になってしまった。立て続けに副音声で見たのは失敗だったな。「副音声まで見て完結」って考え方もできるけど、すぐに「あのときはこうだった」という解説を聴いちゃったから、アピールポイントのひとつの「本人が関わらない映画」として楽しむことができなかった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2016.04.07(Thu) 22:55

トメヒカル

氣志團「不良品」

電気グルーヴだと瀧が作ったりメインでボーカルとったりする曲を瀧曲って言うんですけど、メンバー全員分にそのテの曲があるのってなにげに今回初めてじゃないかね?ランマがリードボーカルの曲やトミーのインストは定番だけど。
きっと今度のGIGのソロコーナーに使うんだろうなと想像できて、全体的にGIGを見据えて作ったというかGIGをパッケージした感が強い。これで全10曲とかならそんなGIG用の曲までパッケージするなよーと思うけど、全18曲の大ボリュームなので不満はありません。
全曲シングルカット可能!ってなアルバムは聴いてて疲れちゃうんで、アルバムならではの曲ってのはあってほしいものですがって今回多すぎますが、その中でも「アビイ・ロード」は会心の出来。耳に残る単純なメロディーに心に残る歌詞、つい口づさんじゃいますね。「元祖早乙女光伝説」もかなりツボ。改造人間のくだりが面白すぎる。「ツッパリHigh School Musical(登場編)」の松の「1997年」以降はドツボ。ホントこういうの大好き。ニュアンス違うツボだと「族魂-zokkon-」ですかね。インディーズ時代を思い出す。
最先端EDM風な1曲目とか、マキシマムザホルモンのパロディ(末期Xのパロディにも思えるけど)とか、節操なさすぎるけど、楽しいアルバムでございました。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.04.05(Tue) 21:52
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード