« 2016 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

ななっく二連戦

トリオトーナメントと銘打っているもののロングツアーの地方大会みたいなユルイ感じを勝手に想像していたらとんでもない。単純な試合数の少なさを補って余りある内容の濃さでひじょうに満足度の高い二日間でございました。

初日ではサスケのドキュメント映画のズッコケエンディングのエピソードを受けて(?)ムーの太陽が颯爽と退場するタイミングで俺の海を流すパンチさんの機転に脱帽。
約2年ぶりのムーの太陽対バッドボーイは殺伐としたヒール対決になるかと思いきや、シュウが愛嬌のあるアオリでお客さんを味方に付けて優勝を掴み取りハッピーエンドに。

野橋対塁のシングルはタイトルマッチ級の大熱戦。シチュエーション的に気張らなければならない野橋に塁はしっかり応えていました。

1号の欠場を受けて急きょ参戦となったX=房総ボーイ雷斗とイーグルスマスクのお客さんを巻き込んでの対戦は迷勝負数え歌となりそうな予感。

相方の分もと言わんばかりの2号の張り切り振りは目を見張るものがあった。1号には悪いけど、この機会に攻守ともに大活躍だった剣舞とのタッグが見たい!なんて思ってしまいました。

(オオガマックスはノーカンで)限定レスラーは数あれど、ななっくマンのクオリティの高さには感心する。入場曲は商業施設のテーマ曲、商業施設のアイコンを模した決めポーズ、入場アイテムのロゴ入り紙袋、中の人の得意技をうまくななっくに絡めてアレンジした得意技、どれもがちゃんとななっくにちなんでいる。マスクとコスチュームと必殺技の「○○スプラッシュ」の○○を変えただけの限定レスラーとは大違い。ななっくマンは中の人変わったら成り立たない。ななっく大会にかける本気度が伝わってくる。「ななっくマンが見たい」がななっく大会に行く目的のひとつになり得る。
恒例のコラボメニューといい、確か前回はチケット1枚につき1杯だけだったジョッキビール&角ハイボール200円はチケット1枚につき何杯でもになってたし、ああ、「全面協力」の嬉しさよ。団体側と商業施設側との良好な関係が垣間見えます。

さて、触れないわけにはいかない、三ちゃんのこと。
2日目の試合前に相方とともに登場したわけですが、面白い面白くないも笑える笑えないも暴力的なツッコミスタイルの好き好きも人によるからネタについてはこの際置いといて、前説でのたんぽぽとの絡みが素人感丸出しですごかった。ハイテンションで会場を盛り上げようとするたんぽぽの横で「へえ」「そうなんですか」「なんですか?」って相槌しか打てないの。もはや絡みとは言えない。絡めてない。三ちゃん芸人転向の一連の騒動でやたらと「プロ」という言葉がクローズアップされてるからつい「これがプロの仕事かよ!」と目くじら立てたくなりますが、プロレスラーだってデビュー戦は苦い思い出となってる人が大半だということを考えれば、初仕事ならこんなもんでしょ、誰だって最初からうまくなんてできないんだしさ、これから場数踏んでいけばいいんだよ!と思ってしまうプロレスファン心理。
野橋のエールの一発は容赦なかったなー。相方へのとばっちりの一発は明らかに手加減してたもの。三ちゃんと野橋の関係はこれで手打ちかな?
みちプロファンという立場で少なからず気にかけていた身としては三ちゃんに対して思うことはいろいろあるけど、本人の意思とは無関係に過酷な環境に放り込まれたんだから、「三ちゃんかわいそう」ということにしておきたいと思います。
団体側からも三ちゃんの件は終了と宣言があったので、私も「いつの間にか姿を見かけなくなった練習生の一人」の引き出しにそっとしまっておくことにします。

この日のマスターのありがたいお言葉「誘惑は何度もドアをノックするが、チャンスは一度しかノックしない」唐突に思えたけれど、考えてみたら三ちゃんに向けた言葉だったんじゃないかな。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2016.02.29(Mon) 23:23

必要なもの、水と空気と

2013年の初観劇以降、年に2回程度のお楽しみにしている宝塚観劇、
昨年6月の星組全国ツアーでトップスターの北翔海莉さん(みっちゃん)に心を奪われてからは、過去のもの含めてみっちゃんが出演している公演のDVDにも手を出すようになり、結果的にみっちゃんが蘭寿とむさんとともに大和悠河さん~大空祐飛さんを支えていた頃の宙組を後追いする形になって、当時の組本なんかも買っちゃったりね。
自然とみっちゃん以外のジェンヌさんも覚え始めて、そんな中でとくに好きになったのが、
背が高くて、上品で、おっとりしてて、くいしんぼうで、みっちゃんとなかよしな、十輝いりすさん(まさこさん)でした。
宙組ツインタワーの片割れ、歴代一の高身長ジェンヌである悠未ひろさんとは持ち味が全然違くてその対比も魅力で、同じ画面に収まる二人を見て何度「はーかっこいー」とひとりごちたことか。
舞台上ではあんなにエレガントなのに、舞台を降りると漫画のキャラクターにしたらフキダシの中全部ひらがなで語尾に「~」が付きそうなギャップがたまらなく、
実力派のみっちゃんに心奪われた私ですが、まさこさんに対してはほとんどアイドル視。実力は置いといて「まさこさん」という存在をいとおしく思っていました。
キャリア的にいつ辞めてもおかしくないとはいえ、辞めるとしたらみっちゃんと同時かなーと、多少の願望込みでボンヤリ思ってたのですが。
退団公演となる「こうもり/THE ENTERTAINER」、なんとか都合をつけて観劇したいものです。
宝塚 | CM(0) | TB(-) 2016.02.04(Thu) 23:02

両端見切れ部分は念写で

電気グルーヴ映画&25周年ライブ「塗糞祭」特典満載でBD/DVD化

なんだかよくわからない映画のせいで出ないんじゃないかと思ってたけど発売決まってよかったー!
Falling Downの特典DVDにも映像使われちゃってたからさー絶望視してたのよー。
そしてなんだかよくわからない映画も同時発売と。もちろん買いますとも。ええ、ええ。
どっちもボリューム凄そうだけど高いなー。
そういや電気グルーヴがBlu-ray出すのって初めてじゃないかね?って思ったら全然初めてじゃなかった。2008年の犬プリオからBlu-rayだったのか!とっくにじゃん!さすがソニー!
私もそろそろBlu-rayで買うべきかしら。ウチの古くて小さいテレビじゃわかんないかったけど、DVDとBlu-rayってホンットに画質が違うのね!
新しくて大きいテレビで見て「えっ、こんなに汚かったの?」ってビックリしちゃったもの。
しかしまずはプレイヤーよりもなによりも16:9のテレビを買うところから。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.02.02(Tue) 22:20

105→90→70→60

道場プロレスってポテトチップスみたいだなーと思った。
お値段据え置きなんだけど容量がどんどん減ってって実質値上げしてるっていう。
ほんでもってこれ以上容量減らせなくなってついに値上げ。
にしても一気に倍とは思い切ったな。
レギュラー参戦選手が増えるのかと期待してたんだけどそういうこともなく。
この二日間のビックリするような不入りの原因の一つはどう考えても値上げでしょう。
ゴザシート三面中一面にお客さんが一人もいないとか、シメ後のインテグラルハードで手拍子が起こらないとか、初めてだよ。
「二試合も見れてじゃんけん大会があってお振る舞いもあって500円だなんておトク~」なんて思っててもいざ1000円になると「えェ…?」ってなっちゃうんだからゲンキンなものです。
「試合内容で値段以上のものを見せます!」って言われても結局値段と照らし合わせるのはラインナップなんだよね。
毎度毎度○○スペシャルみたいな企画打ち出していかないと1000円でやっていくのは難しいんじゃないかなあ?
みちのくもコアなファンから取れるだけ取る方向に行ってしまうのかなんてところまで考え至ってしまった自分が嫌。
そんなに値段が不満なら行かなきゃいいじゃんって感じだけどさー、道場プロレスも見るか見ないかでタイトルマッチ観戦の充実度が全然違うと思うんだよね。とくに大釜組が挑戦するとなると。
だから私は500円だろうが1000円だろうが2000円になろうがきっと行ってしまうのです…気が済まないのです。

いやホントに末期感がすごくて、客の立場でありながら危機感を覚えてしまいましたよ。もしかして私は終焉に立ち会ってるんじゃなかろうか…?と。
プロレス | CM(1) | TB(-) 2016.02.01(Mon) 20:54
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード