« 2015 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015/09/05(土)みちのくプロレス「道場プロレス特別編~大釜の馬鹿兄弟誕生祭~」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:97人

と、銘打たれて開催された今大会。参戦選手はいつもの倍!入場料はいつもの3倍!でも1500円。もちろんお客さんも多いぞ!

前説は野橋。さっそく本部席にいる本日の主役を紹介。「東林寺副住職・竹花国信さん」はいいんだけど、「オオガマックスこと大釜保育園園長・竹花純司さん」って正体おもいっきりバラしちゃってるけどいいのか?!いいのか。よく親子連れのチビッコに「園長先生だ!」って言われまくってるしね。
「今日は11名の選手が参加し、純司軍と国信軍に分かれて戦います。が、11人だとひとり余ります。お二人にたいへんお世話になっている私がどちらか一方の軍団に入るわけにはいかないのでレフェリーをやります」その様子を会場後方で見ていたヤッペーマンズと沼ちゃん。1号「自分だけズルイぞ!」野橋「でも純司さんとは映画一緒に行ったりするし、子どもの面倒もよく見てもらってるし、この会場の持ち主だし…。嫁と出会えて結婚できたのは国信さんのおかげだし、息子の名前も国信さんから一文字もらってるし…」野橋の言い分はごもっとも。そりゃ軋轢を生みかねない。

軍団分けは1回ずつじゃんけんして勝った方から好きな選手を取っていく方式。これこそ軋轢を生みかねない気がするのですが!
ホワイトボードの前でじゃんけんスタート。選手の名前が書かれたカードを張り出していきます。
兄「マヌエル」
弟「ロック好き仲間」でken
兄「まじめに選びます」大柳先輩
弟「ロックの次は演歌で」沼ちゃん
弟「1号」
兄「じゃあばらけさせよう」2号
兄「これもばらけさせよう」卍丸
弟「映画一緒に行くから。ヒーロー好き」大地
兄「じゃあ」塁
残りの郡司は自動的に純司軍に。
なかなか面白い感じで別れました。これを更にシングル2試合6人タッグ1試合に分けるので、あらかじめ順番を決めてから、せーので出していってカード決定。
お客さんに紛れて見守るヤッペーマンズと沼ちゃん。
第1試合は大柳先輩対郡司。1号「ありそう」うん、道場プロレスでもよく見る。
第2試合は1号対塁。兄弟「これはないね」たしかに通常大会じゃまずありえないね。1号「準備しよう」と控室へ。
第3試合は残りの面子で6人タッグ。ニューフェイズもバッドボーイも見事に別れてくれました。こうじゃなきゃ!

選手が準備する間にじゃんけん大会。「賞品がスゴイ」と予告されていましたが、本日の目玉商品はソニーのウォークマン!色めき立つお客さん。他は高級毛布、タオルセット、ガム、お菓子、ポスター3本でした。国信さん「明日の賞品はもっとすごいです」

1.10分1本勝負
○大柳錦也(7:40最強卍固め)郡司歩×

郡司左肩のサポーター外れませんなあ。タイトルマッチまでには外れるといいんだけど。
郡司奇襲でスタート。そっちがそうならとでもいうように大柳先輩もソッコーで郡司の左腕を取りに行く。これでもかとグラウンドで苦しめられる郡司。
延髄蹴りよけてドロップキックはよかったんだけど、大柳先輩の頭を抱え込もうとしてやり返されてエルボースマッシュ。
郡司渾身のフェイスロックは2回とも逃げられる。郡司本人は当然これで試合を終わらせるつもりでかけてるんだろうけど、悲しいかな、現状つなぎ技にすらなってない。
ゴッチ式は返したものの左肩をはずさんばかりの卍固めにギブアップ。
道場プロレスらしい試合でした。

2.10分1本勝負
△ヤッペーマン1号(10:00時間切れ引き分け)日向寺塁△

1号のシングル見るのなんていつ振りだろ?いまだ香港かぶれ中の1号「久々のシングルだー」と張り切る。こないだZERO1の天下一Jr出場したから本人比ではそんなに久々でもないような気がするけど。
試合開始、塁にばかり声援があがるから、口をとがらせて会場に視線を投げるとすかさず1号への声援も送るやさしいお客さん。
1号のシングル見慣れてないから1号の動き全然頭に残らない。さすがにトペコンやったのは覚えてるけど。塁はいつもどおりの試合運び。やっぱりライオンサルトは沸くね。流れるように出すのがいいんだろうな。
残り時間も少なくなり、丸め込み三連発返された1号、ゴリークラッシュかけられそうになったのを嫌がって回避、と、ここまで来たら決着するの難しいなと思ったところで案の定時間切れ引き分けのゴング。一番つまらない結果になってしまったけど10分という時間を考えれば仕方ないかなー。
しかし1号の女子プロコスチュームどうにかならんかね?半ケツが視界にチラチラ映り込んで気が散るったらありゃしない。

3.15分1本勝負
○気仙沼二郎、ken45°、佐々木大地(10:27片エビ固め)卍丸、ヤッペーマン2号、マヌエル・マヨーリ×※気仙沼落とし

マヨーリが久し振りな気がしないのは先週のOOGAMANIAのときも売店に居たからだ!
青コーナーから入場の国信軍、レフェリーに「俺あっち?」と赤コーナーを指す卍丸。違います。
先発を買って出た大地、沼ちゃんには背中を押して送り出してもらったのにkenには「おまえじゃダメだ」とでも言いたげに自コーナーに押し戻される。試合前からモメるなんて先行き不安。
結局大地対マヨーリで試合開始。マヨーリ、試合開始のゴングを制して「カンパネーラ!」そんなネタもあったわね~。試合が進むにつれて、そうそう、マヨーリはテクニカルなものからパワフルなものまで技が多彩なんだよねということもだんだんと思い出していきました。大地はマヨーリに翻弄されているように見えたのでブレイクしてももう一回行くだろと思ったのに、自らタッチ。あらっ。先週のOOGAMANIAでは気概を見せてくれたのに~。
両者交代して2号対ken。2号が元気に2号コールを煽りお客さんも応えるとなぜか赤コーナーのセコンドに着いてる1号が「うるせー!」と客席に悪態、kenコールまであおり始めるし!普通相棒のセコンドに着くだろ!それでもしつこく2号が2号コールを煽ると1号、2号に向かって両手の中指突き立てる。まさか私は終わりの始まりの見ているのか?!
今度は捕まってしまった2号、脇に抱え上げられてもがく2号をフェイントかけたりしてからかうken。2号は大地の股をくぐり抜けて自コーナーに戻ろうとしたりなりふりかまわず。
リングインした大地、救出に入ってこれないように青コーナーで控えている二人を攻撃、マヨーリはリングサイドに落ちたんだけど、卍丸には2発ともよけられて、そのよけ方が鮮やかで妙に感心してしまいました。
2号が捕まってしまったこともあって卍丸は5分以上出番なし、結局出てきたのは2号が帰還してから。リングインした卍丸、大地をいなすとkenを指名!客席一気にヒートアップ!ラリアットの打ち合い、卍丸のカウンターのフロントキック、二人の一挙手一投足に大歓声!絡んだのはこれだけだったけど、最悪絡まないのも覚悟してたから嬉しい。粋なことしてくれる!
バッドボーイ対決以上に期待してなかったのが正規軍とバッドボーイの連係。2号の呼びかけに卍丸が応えてダブルのブレーンバスターを見せたくれました!卍丸出血大サービスだな!
リング内は沼ちゃん対マヨーリに。大地はリングサイドで卍丸を必死でガード。揉めに揉めた末にリング上そっちのけで大地にキャメルクラッチをかける卍丸。そんなことしてる間に沼ちゃんの銀鱗がマヨーリに炸裂、そして気仙沼落としで試合終了。卍丸は勝つ気あんのか!
沼ちゃん対卍丸期待してたから絡みが無かったのはちょっと残念だったけど、それ抜きにしてもこの試合のMVPは間違いなく卍丸!

対抗戦ということで3戦で勝利数を競うルールだったみたい。1対1で同点という結果を受けて野橋大暴走。「完全決着だ!」と、竹花兄弟をリングに呼び込んで勝手にリングコール。プロレスラーが素人にプロレスを強いるという異常事態を他の選手が見過ごすはずもなく、野橋にお仕置きすべく羽交い絞め、選手に促されて純司さんは野橋にやさしくチョップ。「もっと強く!」と選手に発破をかけられて力強くチョップ!続いて国信さんはkenのサポートを受けてラリアット!これが決め手となり国信さんが野橋から見事3カウントを奪いました!
リング上で大の字でノビている野橋はそのままで、あらためて竹花兄弟の誕生日を祝い、沼ちゃんの音頭で不滅だー!で締める流れになるわけですが、音響係の国信さんはどうしてもリングに残ってもらいたいので代わりに大柳先輩が音響係に。お客さんも全員起立で「不滅だー!」…。鳴らない。ヘルプに走る郡司。その間みんな拳上げたまま「だー!」結局国信さんがヘルプに走ったあたりで「デレレレデレレレ」から流れてなんとか締まりました。バッドボーイは先に引き揚げちゃったので、正規軍だけでノーサイド。依然野橋はノビたまま。全試合終了のアナウンスに続いて「リングサイドにてご自由にお撮りください」とアナウンスされたけど、あんまり撮ってる人いなかったな。野橋はあの後どうなったんだろう?

会場の外では、塁、沼ちゃん、大地がお見送りに立ちました。

いやー。面白かったてす。ただ選手の人数が多いだけかと思ったら、タイトルにふさわしく趣向を凝らした大会でした。通常興行じゃ絶対に見れないカードが見れる道場プロレスの本領発揮でしたね。
明日に続きそうだけど行けなくて悲しい。明日も面白いんだろうな。野橋がどう出てくるのか気になってしかたがない。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.09.16(Wed) 23:38
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード