« 2015 . 01 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015/01/31(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第5回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:65人

お天気続きだったのに雪もっさり。また道路が見えなくなってしまいました。

客入れ時間、売店の方から歌声が。変な客がいるぞと思ったら三ちゃんでした。三ちゃんねるの撮影かしら。ていうか三ちゃん久々に見た。

お時間になりまして沼ちゃん登場。出囃子は「海の魂」でそのまま歌へ。
ここのところ誕生日シリーズでしたが、久々に今日は何の日?を紹介。「愛妻の日」沼ちゃんには関係ないね…と思ったら「なんなんでしようね。関係ないですけど」ってボヤいてて笑いました。「毎月最終日はそばの日です」そして毎月15日はお菓子の日です。誕生日の有名人も紹介。1543年徳川家康など。
目新しい告知は、新商品のラッセのニット帽とヤッペーマンズのネックウォーマーを紹介。ラッセのニット帽は面白いけど、ヤッペーマンズのニット帽はもうちょっとどうにかならんのかと。
2.8夢メッセみやぎでのイベントプロレスを「来てほしいなあ」とやたらプッシュする沼ちゃん。どうもイベントに関わってる三菱自動車の人が沼ちゃんの同級生だそうで。安定の無反応に「誰も来ませんね」めげないで!
「試合後に塁のイタリアンちゃんこのお振る舞いがあります。さっき食べちゃいましたよー。おいしかったー」と沼ちゃんも太鼓判。楽しみです!
「そういえば用があって久々にFACEBOOKにログインしようとしたら本名じゃないからとアカウント停止になってました」これまた反応がなく微妙な空気のままじゃんけん大会へ。本日の賞品はポスター3本とガム4箱を7名様に。沼ちゃんはじゃんけん大会の間流れてる曲がずいぶん気になる様子でした。ところで「勝った人はリングサイドに集まってください」の案内があったらさっさと行動してほしいなあといつも思ってます…。三ちゃんとテルヤ君が声掛けしてたので。

1.10分1本勝負
○大柳錦也(9:43グランド卍固め)郡司歩×

第1試合がこのカードでかめっしーがレフェリーということは第2試合はあのカード?!
と、期待を膨らませつつ、試合開始。グラウンドから手四つの力比べ、郡司が押して大柳先輩ブリッジの体勢に。そしてそこから起き上がると。プロレスラーってすごい!
水平合戦は両者思いっきり振り抜いて迫力満点。それなのに大柳先輩はまだまだ足りないとばかりに後ろ手に組んで何度も打たせていました。
郡司は大柳先輩から強烈なエルボーを食らい徐々に劣勢に立たされるも、大柳先輩を鉄柱に激突させてショートレンジで背後から串刺し気味にドロップキック!ボティスラムも二連発!郡司は体が細いからリフトだけでもじゅうぶん映えます。
郡司が大柳先輩相手に卍固め仕掛けたのにはビックリ!やり返されてグルグル…。
郡司がミサイルキックを狙ってコーナーに上るも大柳先輩が阻止、デッドリードライブ気味に引きずりおろして脇固めを極めてきました。
フィニッシュは顎も脚でがっちり押さえつけられ身動きの取りようがないという感じ。寝技だったのでよく見えない部分もあったけど、あれグランド卍固めだったのか…ゾッ。
郡司は大柳先輩の左肩狙いに苦しめられつつも、ブルドッキング成功させたりと、終始よく動いていました。大柳先輩、試合が終わった後はホッとしたような笑顔を見せていました。これが郡司にとってなによりの評価では?大柳先輩が客席三方に一礼した後にまだ起き上がれない郡司を見て一礼してリングを降りたのも印象的でした。
リングを降りた郡司は久々に吠えました。負けて悔しいと思える試合をできたのは良いことです!

2.10分1本勝負
○日向寺塁(9:03片エビ固め)佐々木大地×※ゴリークラッシュ

期待通りのカードが来ました!嬉しい!
こちらは立ち上がりのバックの取り合いからスピーディー。いつぞやの試合ではずっと塁がバックを取っていたような気がするけど、今日は大地もしっかり付いていっていました。
塁のショートレンジラリアット→垂直落下式ブレーンバスター→フォー!→スピアーの流れは何度見てもいいなあ。今日はフォー!のタメがめっちゃ長かったです。
大地は塁を相手に裏投げしたりブレーンバスターの鬩ぎ合いに勝ったりと大技もしっかり決めていましたが、ファルコンアローのぎこちなさが気になります。それからトラースキックの連発もかなり気になりました。4発くらい出して、そのうち二発スカってのもちょっとなあ。せっかくの強力な技もこう連発されるとインパクトも薄くなるというか。
塁のゴリークラッシュは体勢に入るだけで悲鳴が上がるくらい定着してきましたね。今日もゴリークラッシュかと思いきや逆さ押さえ込み×2。返されちゃったので結局フィニッシュはゴリークラッシュでしたが。

いやはや郡司も大地もよかったです。大柳先輩はわりと名勝負職人なところがあるけど、それにしても郡司があそこまでできるとは思わなかったし、大地も最初から最後まで互角だと思えた。今日のカードの比較対象が先々週の大地対大柳先輩と郡司対塁で、そのときは大地と郡司の実力差を感じてしまって、だから今日のカードをどうしても見たかったのですが、本当に今日は郡司も大地もそれぞれよかったです。とくに郡司がよかったと思えたことにホッとしました。
ところで第2試合で郡司がセコンドに着いてたんだけど、「大地さん!」って声かけてるのを聞いて、同期でも先輩だからさん付けで呼んでるのかーへーって思ってたらそのうち興奮し始めたのか「大地!」って呼び捨てになってて可笑しかったです。

さて、試合後マイクを握ったのは塁。「(大地は)詰めが甘いんだよなー」とバッサリ。大地の個人評はそこそこに、ニューフェイズのタッグ挑戦に向けてメッセージを送ったんだけど、これがどうにもテキトー喋ってる感じで最高でした。「二人仲良さそうには見えないけど」には客席からも笑い声が。話の内容は強力してがんばれといった趣旨だと思うんだけど「タイトルマッチ終わったら仲良くなってるかもしれないし口も利かなくなってるかもしれない」あと、勝利にはなにが必要か?といったくだりで「勝利に必要なのは二人の力かもしれないし、どちらかの力かもしれないし、どっちもいらないかも知れない、他の何かかもしれない」こんなことを終始ニヤニヤしなが話すもんだからおかしくてしょーがなかったです。
「この後、情熱のちゃんこを振る舞いますので、みなさん食べていってください」で一旦シメ。

試合後は郡司にエプロンサイドまで転がされてリングから降ろされたという感じで塁のマイクの間もフラフラの大地でしたが、退場する頃にはちゃんと自力で歩いてました。

ちゃんこはお子様優先で振る舞われるのですが、どうも配分間違えたようで「なくなりそう」と、沼ちゃんが後ろの方に並んでいたチビッコを連行。実際後の方ほんのチョッピッとになってて盛り付けていた塁もバツ悪そうに笑ってました。今日の配給は大柳先輩が粉チーズ係、三ちゃんがタバスコ係と完璧な流れ作業でした。
沼ちゃん「ところで今日のマウンテンキングのカレーは?」瀧澤専務「トマトカレーです」沼ちゃん「かぶってる!」

会場で入り口ではちゃんこのお振る舞いを終えた塁がお見送り。明日は節分でイベントが企画されてるそうで、こちらも楽しみです。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.01.31(Sat) 23:59

拳王ノア参戦戦績2015年1月のまとめ

■試合結果
2015/01/10@後楽園ホール
4.○平柳玄藩、齋藤彰俊、髙山善廣(11:19片エビ固め)マイバッハ谷口、拳王、大原はじめ×※昇龍玄藩

2015/01/12@横浜ラジアントホール
2.○拳王(4:56足首固め)平柳玄藩×※もう一人は小川良成

2015/01/18@博多スターレーン
5.○拳王、大原はじめ(17:54エビ固め)原田大輔、平柳玄藩×※蹴暴

2015/01/20@薩摩川内市サンアリーナせんだい
1.○拳王、大原はじめ(9:36片エビ固め)小川良成、田中純二×※蹴暴

2015/01/21@北九州パレス
5.○杉浦貴、齋藤彰俊(9:55片エビ固め)拳王、大原はじめ×※オリンピック予選スラム

2015/01/23@広島産業会館西展示館
2.○拳王(6:32片エビ固め)魁×※蹴暴

2015/01/24@ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) 第2競技場
2.○拳王、大原はじめ(10:38エビ固め)小川良成、熊野準×※蹴暴

※試合結果の冒頭は試合順。Mはメイン、Sはセミ

■全戦績
7戦5勝2敗

◇個人戦績
7戦5勝0敗
※タッグ試合は拳王が勝敗に関わった試合のみ勝敗をカウント

■タッグ戦績
5戦3勝2敗

◇個人戦績
5戦3勝0敗
※拳王が勝敗に関わった試合のみ勝敗をカウント

■シングル戦績
1戦1勝0敗

■3WAY戦績
1戦1勝0敗

■タイトル戦
・GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権

2015/01/18@博多スターレーン
3.○拳王、大原はじめ(17:54エビ固め)原田大輔、平柳玄藩×※蹴暴

※試合結果の冒頭は、拳王が王者の場合は防衛回数

■主なトピックス
・1.10北宮光洋が超危暴軍に加入
・1.18GHCJrタッグ第23代選手権者・拳王&大原組が原田大輔&平柳玄藩組の挑戦を退け3度目の防衛に成功

■小ネタ
字って人のイメージ左右する重要な要素だと思うのです。その点拳王はよくぞ上手い具合に逃げた。


拳王ノア参戦戦績 | CM(0) | TB(-) 2015.01.29(Thu) 21:48

運転手にみだりに話しかけられた

氣志團。

1年半振りのホールツアー。
今回は二部構成ですね。シナリオ型通り越してほぼ演劇の一部と、通常ライブの二部。
後から気付いたけど、こういう構成になってしまったのは翔やんが演劇の舞台を経験したからなんだろうなと。
ほぼ演劇の一部は本当に見ていて辛かった!座って見られればなんぼかマシだったろうけど…。そもそも私はライブを見に来たはずなのになんで演劇を見ているんだろうという…。まちゃまちゃの「ねえ、歌わない?」には思わず「そうだ!」と声が出ちゃったよ。ただ、「ほぼ演劇」というだけあって、悪名高き氣志團学園と違って映像が最低限だったのは評価したいところ。でもここまで割り切られるのも考え物だなあ。「いつになったら曲始まるの?」と何度思ったことか…。これはライブ?演劇?と混乱しているところに「ほぼ演劇」の部分で客席からコールが飛ぶのには戸惑ってしまいました。演劇ならば白い目で見られそうなものもライブだからいいのかなあ?みたいな…。

選曲もコンセプトに合わせてヤンキー色というか青春色の強い曲が多くて自分の趣味に合わないという意味でイマイチでした。シングルのカップリングなのかな?アルバムだと企画盤にしか入ってない曲もあって、オリジナルアルバムしかチェックしてない私にはピンと来ない曲だらけで、私の知らないうちにオリジナルアルバムかリリースされたのかと思ってしまいましたよ。ということは、ライブであまりやらない曲をたくさんやったわけで、熱心なファンにはさぞ嬉しい選曲だったことでしょう。知らない曲だけどアンセムの「週末大パニック」はよかったな。メタルアレンジの龍華楼バージョンはアガった。

GIG中からモヤモヤしっぱなしだったんですが、今回のGIGについて「すごく一生懸命考えてこうなった結果、賛否両論です」という翔やんのぶっちゃけに大笑い。賛だけじゃなく否の声も翔やんの元に届いてるのはいいことだけど、全部ひっくるめて受け止めなければならないのも大変だあ。

翔やん曰く2014年は氣志團にとって意義のある1年になったそうで、私は「…そうなんだ?」くらいにしか思わなかったんだけど、姉(氣志團ファンでない)が大晦日に紅白見ながら「今年の紅白にはゴールデンボンバーではなく氣志團が出るべきだった」と言ってたのを思い出して、そうだったんだなと。

しかしセルフィー企画は…なんつーか氣志團もそういうやり方をしていかなきゃいけなくなったんだなと切なくなってしまいました…。憧れの人にはこっちに下りてきてほしくないわ。夢見言言ってんなってのはわかってるけど。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2015.01.26(Mon) 21:55

2015/01/24(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第3回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:54人

先日のNHKの夕方のニュース番組に大地が登場したというお話でしたのでVTR上映を期待したのですがありませんでした。

お時間になりまして、「まんが日本昔話」のテーマ曲で沼ちゃん登場。市原悦子のモノマネが全然似てない。「今日は市原悦子さんのお誕生です」ということで、本日お誕生日の有名人を紹介。川村結花好きなのでピックアップしてくれてちょっと嬉しかったです。「ガールポップの人だけ紹介していい?」本部席「だめ!」即答で却下。前田日明も本日お誕生日だそうで、そのつながりか、マウンテンキングブースにはUWFグッズがずらりと並んでいました。「二次?」瀧澤専務「これとこれは一次」「すげー!」と大興奮の沼ちゃん。「それ売ってるの?」瀧澤専務「売ってません」沼ちゃん「見せびらかしたいだけ(笑)」話は発展して、超神ネイガーの生みの親が田村潔司と同期だそうで?プロレスリングAKに超神ネイガーが参戦していることに妙に納得してしまいました。
「ルチャ福袋は中身見たけどいいですよ」「パーカーは私が頼まれて2枚買ったので残りは6枚です」
日程告知では「2.14の道場プロレスはバレンタインデーなのでレディースデーにします」バレンタインデーならメンズでーにすればいいのに。企画を考えているとのことですが、大地形式だと「女性のお客さんは必ずチョコを持ってきてください!」とか?
今日の歌は「海の魂」でした。…あれ?「俺の海」だったっけか?しゃぼん玉でないことは確かです。
続いてじゃんけん大会。前田日明のテーマ曲が流れると「おおおお!まーえーだ!まーえーだ!」沼ちゃんまたもや大興奮。「この曲で入場したかったー!」と。本日の賞品は、ポスター5本とお菓子2袋を各7名様に。キリが悪くて3回も挑戦させられました。

1.15分1本勝負
○かめっしー、日向寺塁(14:49ラクダ固め)郡司歩、佐々木大地×

先週の大柳塁組に負けず劣らずニューフェイズにとって試練のカード。
ニューフェイズ、リングインして腕クロスさせた後にどっちのコーナーでアピールするか確認しあってるのがちょっと笑える。事前に決めとかないんだ。
塁とかめっしーは別々に入場。かめっしー、リングインするとリング中央でみちのくニンジャタートルズ(以下MNT)の決めポーズ。入場曲が終わってもそのまま。だまって見ていた面々もそのうち「コイツどうにかしろよ」という雰囲気になり、なぜか曲がったたすきを直してあげるレフェリーの沼ちゃん。かめっしーは気が済んだようでコーナーへ。
塁と大地でスタート。例によっておチビちゃんによる「塁がんばれー」の熱烈応援に対するお客さんのクスクス笑いにつられてか大地と対峙しながら笑ってしまう塁。かめっしーまで「塁応援されてるぞ」と乗っかってきちゃうし。そのうちおチビちゃんはかめっしーのことも気になり出したようで「カメは?カメは最後に出るの?」んもう試合に集中できないけどかわいいから許す!
大地から郡司に交代してもグラウンドの攻防は塁の優勢に変わりなし。二人の相手を終えて塁もかめっしーと交代。感心したのが例のおチビちゃん、ちゃんと塁がかめっしへに交代するとかめっしーに声援を送りはじめたんだよね。ちゃんと見方がわかっておる!将来楽しみだ!でも声援は「カメがんばれー」(笑)
郡司はかめっしーを自コーナーまで連行することに成功、スムーズに大地とタッチ。ところが今度は大地が相手コーナーに連れて行かれて捕まってしまいました。暫し苦戦を強いられたものの、塁を裏投げ!しかしロープワークのカウンターでラリアットを食らってしまい、立て続けに垂直落下式ブレーンバスター、「フォー!」のアピールから串刺しスピアーのフルコース。
郡司もリング入り、塁をコーナーに激突されて串刺しエルボーのトレイン攻撃!郡司はランニングレッグドロップを大地のトラースキックに繋げました。
かめっしーはドロップキックというなにげに珍しい技も出してきました。郡司のミサイルキックはかわされてしまい自爆。
大地はかめっしーにファルコンアローを決めるも返され、続くジャーマンも返されてしまいました。今度はかめっしーが大地をバックドロップ!そしてラクダ固め!野橋にはこれがあった!リング下の郡司は塁のガードを突破できず、大地のギブアップ負けとなりました。
ドロップキックにバックドロップにフィニッシュのラクダ固め。基本的な技だけでも野橋の強さが十分に伝わってきました。ニューフェイズ、なかなか難しいですね。

塁は一足お先に退場、かめっしーがマイクを持ちました。かめっしーはニューフェイズの東北タッグ挑戦に向けて「ふたりを叱咤激励してやってください」「成長を見守ってやってください」とお客さんにお願いする形で激励したうえで「それはそうとして3WAYのタイトルマッチはMNTが勝ちます」と宣戦布告。「東北Jrも私が獲ってMNTがみちのくプロレスを制圧します!」なんか「制圧」って言い方が悪の組織っぽい。
「最後はいつものアレで締めたいと思います。みなさんご起立ください」誰も立たない。「あの、どうぞ、お立ちください」反応悪くてスミマセンねえ。お客さんも立ちあがり、カワバンガー!でシメるかと思ったらちゃんと「不滅だー!」で締めました。かめっしーはニューフェイズに声をかけると、両側に立たせて客席に頭を下げさせました。すっげー先生と生徒っぽい。最後は握手してノーサイド。ニューフェイズは二人揃って退場していきました。そういえば郡司はいつの間にか負けても咆えなくなりましたね。それだけ落ち着いたってことかしら?

会場の出入り口ではかめっしーが3月の三連戦の優待券を持って、会場の外では塁がお見送りに立ちました。

明日はシングル2試合かな?行けないから私の見たいカードじゃなければいいなあ。ってこんなこと考えるなんて我ながら性格悪いな。まあどんなカードでも見たいんですけどね。でもでも大地対塁と郡司対大柳先輩だけはどうしても見たいのでそれ以外のカードであることを祈る。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.01.24(Sat) 23:59

不条理劇

小林信彦「うらなり」を読みました。

タイトル見て「坊っちゃん」のうらなり先生?と思って読んでみたらそうでした。うらなり先生視点の回想録といったところ。前後にはその後のうらなり先生の話が入り、山嵐とマドンナが登場します。
登場人物の名前を覚えるのが苦手な私はうらなり先生と一緒になって「五分刈りの名前ってなんだっけ?」と思いながら読んでました。もはや名前が無いということすら忘れてました。
「坊っちゃん」は話が全然頭に入ってこなくて再度流し読みしてなんとなくわかって、今回これを読んでようやっと理解できました。
読んでる側からも坊っちゃんはなにをそんなにうらなり先生のことを慕っていたのだ?と思っていたのですが、それを一番疑問に感じていたのがうらなり先生本人だったという。
「坊っちゃん」の中では何を考えているのかよくわからないようなうらなり先生でしたが、この作品ではかなり人間らしさを感じることができました。しかも坊っちゃんが感じていたような君子でもなんでもないんですね。三十路過ぎても独り身で結婚を急かされてお見合いも何度かしてみたものの断られてしまううらなり先生が珍しく積極性を見せて足の悪い女性とちょっといい感じになるんだけど、結婚という話になると尻込みして付き合いを断つエピソードなんかは象徴的だと思います。
作中のうらなり先生はどうも人生も終盤のようで、妻に先立たれたり、自分も肝硬変を患っていたりと、生きてりゃどうにかなると思う一方で、人の一生を垣間見たようで切なくもなりました。
思いがけず昔付き合いのあった人の近況を知ることができたような気になれた不思議な作品でした。
読書 | CM(0) | TB(-) 2015.01.23(Fri) 23:07

お母さんガンバリスギDEナイト?

宇宙大戦争の翌日、友達にフラれたので当日券アテにしてスチャダラパーのワンマンでも見ようかなとリキッドルームに行ったらソールドアウトで見れませんでした。直前までどこのプレイガイドにも残ってたから大丈夫だと思ったんだけどなあ。

スチャットモンチーの「M4EVER」がすごい。どんな発想だ。
兄弟ならアニとシンコじゃないの?って思ってたらスチャダラパーの編成を鑑みたオチがちゃんとついてた。

オチのネタバレになるけど、えっちゃんがお母さんで長男がアニで次男がボーズで今度産まれてくるのがシンコってそのまんまのビジュアルで想像するとめっちゃ笑える。

DJみそしるとMCごはんもそうだけど、やっぱヒップホップとロリータボイスは親和性があるね。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2015.01.20(Tue) 21:30

2015/01/18(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第2回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:40人

昨日の雪もアスファルトが見えるくらいに溶けました。でも寒い!!!駐車場ガラガラだったので客入り心配したのですが、いつもぐらいに入ってました。みんなどこに停めてるんだ?それともご近所さんなの?

今日も客入れVTR上映無し、お時間になりまして「海の魂」で沼ちゃん登場。リングインしてそのまま歌へ。
「今日誕生日の有名人は…」と、名前を羅列。「小椋佳。来年は小椋桂の曲で入場しましょうか。…来年あるのかわかりませんけど」一瞬、えっ?と思ったのですが、同じ日付に道場プロレスがあるかって意味だね。「来年も道場プロレスがあるかどうかわからない」と、もっと深刻な意味に取ってしまいました。びっくりしたー。他、「おすぎ。といえば?」お客さん「ピーコ」昭和の全日常連外人・テッド・デビアスを知ってるのは数名で昭和は遠くになりにけり。
「似顔絵は増えました?」瀧澤専務「増えました。200点!」マウンテンキングブースにいた娘さんがお父さん何言ってるのーという感じで肩を叩いてて沼ちゃんにもいいツッコミだねと言われてました。でもホントに応募作品は数点増えたようです。
インフォメーションは昨日とだいたい同じ。オフィシャルパーカーの紹介で、沼ちゃんが売店にいた練習生のテルヤ(多分)くんは地黒だから黄色が余計に目立つみたいな話をして「沖縄だからかわからないけど彼は地黒の自覚は無い」とか。テルヤくんは注目されて緊張したのかメガネ取って汗拭ってました。テルヤくん矢巾のときにも思ったけどしっかりしてそうだなー。はやくセコンドに出られるようになるいいね!
そういえばリングサイドでめちゃイケのスタッフカメラ回してたけど三ちゃんいなかったような?

続いてジャンケン大会、本日もお台場のポスターを目玉として、他にポスター2本とお菓子ふたつとテルヤくんの出身地の塩を使ったちんすこうを6名様に。

1.10分1本勝負
○日向寺塁(9:33片エビ固め)郡司歩×※ゴリークラッシュ

今日はシングル2試合ですね。まずは郡司対塁。レフェリーはかめっしーが務めます。
ゴングが鳴るとすぐにチビッコから「塁がんばれー」と、ひっきりなしに飛ぶ熱烈な声援につい笑ってしまう会場。塁も郡司とにらみ合いながらも口元にうっすら笑みが。このおチビちゃんはなんでそんなに塁が好きなのかと思ったら、塁のおもちゃのメガネかけてて、あっ、夏休みの似顔絵大会で塁の似顔絵描いて塁から直接おもちゃのメガネもらった子か!あれで塁がおチビちゃんのハートをガッチリキャッチしていたこととおチビちゃんもちゃんとそれを応援グッズとして活用していることにカンドーしてしまいました。塁やるじゃん!
試合は序盤といわずかなり長い間グラウンドのみ。郡司はずっと背後を取られたまま。スリーパーかけられてロープを求めあと少しで届きそうというところで塁に腕を脚で押さえつけたりとだ容赦ない塁に大苦戦。なんとかエスケープに成功したものの、今日の…というか昨日今日と郡司調子悪いのかなあ?昨日ほどではないけどドロップキックは当たりが弱く、郡司の大きな武器のはずのミサイルキックもしっかり当たる前に落ちてしまったような…。
フィニッシュはゴリークラッシュの大技だったけど、塁も大技はそれだけで、打撃もラリアットくらい?まあーこれが強烈だったわけですが。
ほぼ時間いっぱい戦ったのに、郡司は防戦一方でせっかくのチャンスもモノにできなくて、残念な結果に終わってしまいました。完敗も完敗です。

2.10分1本勝負
○大柳錦也(7:21最強卍固め)佐々木大地×

大地は大柳先輩と。
ゴングと同時に大地が大柳先輩に突進、奇襲気味でスタート。そのまま張り手合戦に。
1試合目とは対照的に序盤から激しくスピーディーな展開。
大柳先輩がロープワークで走ってきた大地にカウンターでエルボースマッシュを打ち込めば、大地は延髄蹴りを放つべくジャンプした大柳先輩を体ごとキャッチして後ろにブン投げた!すげえ!更に大地はいつものノーザンライトにジャーマンに加えてファルコンアローを初(多分)披露!
これだけ大技食らっても大柳先輩先輩の動きが鈍ることはなく、大地をゴッチ式で落とし、大地がそれを返すと最強卍固めで捕え、大地がタップしないと見るともう一段階といった感じで脚に力を入れて絞め上げ、大地ついにギブアップ。最強卍固めの最強たる所以を目の当たりにしました。
いやもう大地は大柳先輩とも対等に試合できるようになりましたね!あとは結果が伴えば…!

マイクは大柳先輩が持ちました。「大地、今日はなかなかよかったぞ」とお褒めの言葉が!ってそんなこと言われても負けた大地は悔しいでしょうが。大柳先輩、結構長くしゃべったんですけど、大柳先輩のマイクは聴き取りにくいので、半分くらいしか聴き取れませんでしたが、「道場プロレスを自分たちのものにしろ」「次回矢巾までに劇的な成長を見せろ」といったような言葉でニューフェイズを叱咤激励していました。「道場プロレスは今年も続けていきますのでよろしくお願いします」ということで、「不滅だー!」で大会をシメました。もう不滅だー!でシメてくれるの大柳先輩と沼ちゃんだけになっちゃったよ。

さてお待ちかね、似顔絵大会の発表へ。発表の前にまずは選手が集まって特別賞を協議。決定したところで発表開始。
まずは時別賞から。選ばれたのはパズルの台紙に塁の似顔絵を描いた作品。アイデア勝ちですね。ところがのっけから本人が来ていない!親御さんがいらしていたようで、選び直しとはなりませんでしたが、賞品の商品券一万円分に加えて、沼ちゃんからキッチリ「本人連れて来てください!これは子どもたちに来てもらうための企画なんです!」のお言葉もプレゼントされました。
続いて大地。「僕をかわいく描いてくれたこれを…」すごくちっちゃな子が前に出てきたので大地もニコニコ顔に。沼ちゃん「プレゼントは?」大地「ミッキーマウスの筆箱…いらない?」大地はなんでそんなにネガティブなんだよ!でも前回みたいな自己啓発ノートだったらいらなかったかも^^;大地が膝着いておチビちやんと目線合わせてそんなやりとりしてる画はめちゃくちゃほのぼのしてました。
次、郡司。前回は郡司の似顔絵が無かったけど今回はありました。お客さんからも「ソックリー」の声が。「プレゼントは(前回と同じく)図書カードですが、今回は進撃の巨人の図書カードです」
次、かめっしー。かめっしーの似顔絵は2点。「甲乙付けがたいけどアイデアが面白いので貼り絵のこっちで」おお、野橋を滝沢市観光大使(非公認)に任命した彼ではないか!そんなに野橋が好きか!プレゼントを渡して開けてみてというかめっしー、袋から出てきたのは潰して楽しむストレス解消人形。ウケてました。
次、大柳先輩。大柳先輩の似顔絵もあったのですが、「関係者の子どもの作品なので…」ということでうちわにオオガマックスの似顔絵を描いた作品を選びました。しかしこれまたご本人来てないようで、特別賞の親御さんがまたもう申し訳なさそ~に…もうその都度沼ちゃんに言われる親御さんが気の毒だから本人は必ず来るように!プレゼントの青森のお菓子の詰め合わせセットは女性客からの反応が良かったです。
次、沼ちゃん。「プレゼントはクロネコのティッシュケースです。思いっきり自分の趣味です」沼ちゃんが選んだのは塁の似顔絵。出てきたのは塁を熱烈応援していたおチビちゃん。沼ちゃんは「こういう年頃からプロレスを見せることが重要なんですよ!」と熱弁。このくたりだったかで「僕のいつもの話には反応してくれなくていいから!」と言ってたのがすごいおかしかった。
次、塁。同じ写真を見て描いたのかと思うくらいよく似た絵が二枚並んでいました。「ん~~~~こっち。背景もちゃんと塗ってくれたから。似顔絵は背景も塗ることが大事です」そ、そうなの?「こっちもいいんだけどねー。フゥーじゃなくてフォーなんだよね。惜しかったな、フォーだったらこっちを選んだのに」塁のプレゼントは入場用のストール!塁のプレゼントが一番いいな。ぶっちゃけ貰っても困るけど一番嬉しい。
最後はオオガマックス。「オオガマックスうちわは大柳さんに取られてしまったので…」選ばれたのはハヤトの似顔絵。これまた本人不在のようで?ご家族で代理人を押し付け合ってました。家族連れなのに本人が来てないって不思議…。プレゼントは駄菓子の詰め合わせ。と、モビルスーツ。
最後は受賞者と選手がリングサイドに集まって記念撮影。こじんまりとしてみんな楽しそうでした。
応募作品は次回矢巾で展示されるそうです。次回はもっと応募数増えるといいですね!せめて選外作品が4点以上になるくらいには!さすがに2点じゃ切ない!

似顔絵大会のおかげで温かい雰囲気で終了した今大会でしたが、試合は色々と考えさせられるものがありました。ニューフェイズがそれぞれシングルで先輩に挑む今回のカードでは、大地と郡司の実力差を感じてしまいました。ただ、相手があってのことかもしれないので、郡司と大柳先輩、大地と塁のシングルも見ないことにはなんとも。近々組まれるといいなあ。
3月の矢巾までは「ニューフェイズ、東北タッグ挑戦への道」が道場プロレスの主軸になりそうです。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.01.18(Sun) 23:59

2015/01/17(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第1回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:40人

昨日までにアスファルトが見えるくらいまで雪が溶けていたのに今日になって吹雪!こんな日に新年一発目の道場プロレス開催となりました。吹雪の影響か淋しい客入り…。入ってすぐのテーブルに似顔絵大会の応募作品が並べてありました。

今日は客入れ時間のVTR上映もなく、時間ちょうどに沼ちゃん登場。出囃子は宮史郎とぴんからトリオの「女のみち」この曲たまたま昨日も聴いてたのでタイムリー。「今日は宮史郎さんのお誕生日です!」本日が誕生日の他の有名人を羅列して(いちいち「知らない」と反応する瀧澤専務)「この中であえて宮史郎を紹介!」
新年一発目なので告知かなり多目。
「ハッスルマッスルのチラシを帰りに配りますので、前にも貰ってるという人は断ってください。(客席を見渡して)…みなさん必要なさそうですね」そ、そうですね。両面コピーだから裏紙にもならないし。
「選手が着てるスウェットはまだ売ってます。パーカーだけです」あ、上下セットじゃないんだ?何を勘違いしてたんだろう…。沖縄からの練習生君が黄色(カツオカラー?)の上下着用で売店に立ってました。他、ルチャグッズの福袋なども販売とのこと。マウンテンキングからはホワイトカレーを注文すると先着10名様にホタテまるごと1個入れますとのお知らせが。おトクな感じがする!
「2.28は郡司の地元・羽後町での開催です。会場は秋田自動車道の十文字IC?湯沢IC?から降りるとすぐです」
「似顔絵大会は何点応募ありましたか?9点?」もうちょっと欲しいなということで、明日の試合開始まで募集することになりました。「近所に中学生以下の子どもがいる人は似顔絵書かせて明日連れてきてください」今回の特別賞は商品券1万円分だそうです。…やっぱり中学生以下じゃなくて中年以下も応募できるようにしてくれませんかねえ?「いつもはもっと中学生以下いたと思うんだけどなあ。今日何かあったの?面白いテレビでもやってるの?テレビ見ないからわかんないんだよね」客席からは「寒いから」「雪」「吹雪」などのごもっともな声が。そもそも基本土曜日人少ないという話も…。
「今日は阪神淡路大震災から20年なので、復興応援ソングを歌います。あの日の翌日IBCで試合したんですよ。まだIBCの敷地が丸ごとIBCだった頃、今は建物立ってるところが空いてて、そこにリング組んで、当時は別のキャラクターだったから雪の中は得意で、確か薬師寺正人と戦ったはず…」ですよね?とお客さんにも伺うも流石に反応が無く…。なし崩し的に歌へ。
ヨネ源氏といえば、最近の沼ちゃんの髪型はかなりアナーキーな感じなので、今ならヨネ原人の格好しても全く違和感なさそうです。
続いてジャンケン大会。今日の景品は、先日のお台場大会のポスターを目玉商品として、ポスター数本にお菓子数個を数名様に。(テキトー)

沼ちゃん退場して試合へ。本日のレフェリーはかめっしー。野橋じゃなくてかめっしーです。レフェリー姿のかめっしーはなんとも不気味でした。

1.15分1本勝負
○大柳錦也、日向寺塁(13:58最強卍固め)郡司歩、佐々木大地×

3月に東北タッグベルトのリマッチを控えているニューフェイズがみちのくふたり旅2014出場タッグでもある大柳塁組と激突!負けられないけどぶっちゃけ勝てるのか?!
この会場は客席が三面なのではコーナーに上ってアピールする場合、普通は正面扱いの面を挟むコーナーでするのですが、郡司がなぜかいつもと違うコーナーに上ってアピールしてたのが気になりました。
先発は塁と大地。塁はチビッコからの声援に顔は大地を見据えたままピースサインで応答。グラウンドの攻防ではどちらも退かず。
両者交代、大柳先輩は郡司とのチョップ合戦で胸元がみるみる真っ赤に!ここから郡司がしばらく捕まってしまいます。こないだの矢巾もだったけど、今日の大柳先輩も荒ぶってるなー。
大柳先輩が塁に交代、郡司は塁に苦しめられながらもろふーエスケープ、窮地を脱するべくドロップキックを放ったのですが、距離が近すぎて不完全な感じ。それなのに自陣に戻れてしまったのは…。きっちりリカバリしてから戻って欲しかった。
郡司が大地に交代、裏投げなどの大技も出して塁相手に奮闘。しかし塁は一枚も二枚も上手、大地のトラースキックを防御すると、ショートレンジラリアットをブチ当て、垂直落下式ブレーンバスター!更にコーナーに激突させると串刺しスピアーで「フォー!」スバラシイ!
後半になるとニューフェイズも好連係を見せ、ひと時も目を離せなくなります。大地が塁を捕まえてニューフェイズを出すべく郡司がコーナーに立とうとしたところを大柳先輩が延髄蹴りで阻止、大柳塁組が流れを引き戻しました。
今日は郡司が失敗してしまったので、きっちり決めた大地のドロップキックにさすがと思ったけど、塁のドロップキックはもっと打点が高くきれいでした。
大柳先輩が大地にトップロープからスワンダイブでニードロップ、倒れたところに塁がダイビングエルボー!
大柳先輩に卍固めで捕らえられた大地、苦しみながらもレフェリーの問いかけには断固「ノー!」塁は郡司をコーナーに押さえつけるような形でガッチリガード。それを郡司が執念で突破してカット成功!
しかし大地は再び大柳先輩に、郡司は塁にそれぞれ卍固めで捕らえられ、大地がついにタップ。ニューフェイズは東北タッグ挑戦へ向けて好スタートとはなりませんでした。
この日の塁はロープブレイクしても手を離さずに反則カウントを取られたりとチラホラ悪い顔をのぞかせていました。試合後もゴングが鳴っても郡司を離さず、レフェリーに無理やり剥がされる姿を見てかつての塁を思い出したりしたのですが、ふと、フィニッシュの卍固めで塁の脚が郡司の頭にうまくかからなくて、それがどうも郡司が嫌がってなのか首をわざとヘンに曲げて逃げていたようにも見えて、もしかしてそれに怒って離さなかったのかなと…ホラ、プロレスは協力がないと成立しないものですから…勘繰り過ぎですかね?
個々の実力では大柳塁組には敵わないものの連係はニューフェイズの方が…と思いきや、後半では大柳塁組も好連係見せてきて+個々の実力で圧勝でした。こういう見方はナンですが、東北タッグ挑戦も控えてるし、残り2分のアナウンスが流れたときはこのまま引き分けるかな?と思ったけどとんでもなかったです。

ニューフェイズがリングを降りると、塁がマイクを持ちました。「大柳さん、俺たちいい感じじゃないですか?」客席からは賛同の拍手が。大柳先輩も笑顔。「俺たちもタッグベルトに挑戦しちゃおうか?」塁の爆弾発言に期待の声が上がりましたが、「冗談だけどね」なーんだ。「新崎社長がいないのに勝手に決めたら俺たちの身が危ない」塁がリングサイドのニューフェイズに向けて言います。「急造タッグの俺たちに負けてるようじゃまだまだだぞ。タイトルマッチで当たる相手は俺たちなんかより何倍も強いしタッグの経験も長い」塁の他の選手の評価なんて初めて聞いた気がする。「お前たちの代わりに俺たちが挑戦してもいいんだけど」という挑発的な言葉も向けられましたが、ニューフェイズは「絶対に勝ってベルト獲ります!」と意気込みを見せました。塁もその言葉に満足したようで「あと二ヶ月半あるからがんばれ!」とエールを送りました。ひとまず丸く収まったところで、お開きとなりました。塁と大柳先輩はお見送りのため出入り口に。野橋は自ブースで自作っぽいプッシュアップバーがはみ出ている袋(福袋?)を手に「これでムキムキのモテモテモのウハウハになれますよ!」とアピールをしていました。沼ちゃん、チラシは一枚でも配れたのでしょうか?

一発目からクオリティの高い試合が見れて大満足!ニューフェイズは負けてしまいましたが、かえって次回矢巾までにいかに成長するかも見どころのひとつになりました!今年も道場プロレスから目が離せそうにないです。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.01.17(Sat) 23:59

目出鯛

昨年の7月は西加奈子月間でした。だから西加奈子さんの直木賞受賞がとっても嬉しい~!
読書家に憧れる私は、受賞作家はもれなく初めて知る名前なのですが、そんな私が「初めて知ってる名前」でした。
読書 | CM(0) | TB(-) 2015.01.16(Fri) 22:26

東映まんがまつり

最近(といいつつ一体いつ)見た(かわからない)映画

・パシフィック・リム
ひたすらロボットとカイジュウがかっこいい映画。戦闘シーンが戦隊モノの敵が巨大化したから合体ロボで戦うみたいないかにもなソレなので日本人にオオウケなのもよくわかる。
メインよりもサイドの職人気質の親父とバカ息子のストーリーに心を打たれました。
キャラクターも脇役の方が魅力的だなあ。両腕刺青ビッチリの三枚目なカイジュウオタクがツボ。

・シュガーラッシュ
ゲームの悪役とバグデータののけもの同士の友情物語。
チビッコよりも付き添いのお父さんの方がウホウホ言いながら見てそう。きっと見終わってから「あのキャラはあーでこーで↑↑↓↓←→←→BAはうんぬん」とかコーフン気味にまくしたてて子どもにひかれる光景が世界各地で繰り広げられていたことでしょう。
ひとつの画面にレトロゲームから最新ゲームまでいろんなゲームのキャラクター混在しているのがすごく不思議な感覚。レゲーのキャラもモデリングはきれいなんだけど動きがカクカクしててむずがゆい。レゲーの修理屋と最新ゲームの女軍曹の度を越した蚤の夫婦っぷりにあれやこれやどうするんだろう?とモヤモヤしてしまいました…。
ひとりで生きてる子どもとか、筐体が廃棄されて仕事を失くしたキャラとか、孤児や失業者を連想させるし、そうだったのかー!と思わされる仕掛けもあるし、大人でも手に汗握りホロリと泣ける映画でしたが、散々ひどいことされてもあやまってくれたらすべて許す道徳的な流れに子ども向け映画だということを思い出しました。

・ワールド・ウォーZ
予告を見てもゾンビ映画だとわかりにくかったり走るゾンビが画期的だったりと話題になった映画。
物語のキーとなりそうな人物がごく序盤にあっさり死んじゃってポカーン。対照的に主人公は飛行機が落ちてもへっちゃら!
ゾンビに気付かれない条件(をハゲてることだと思った人は私だけじゃないはず!)がアレだったらあんなおおざっぱな攻撃しちゃゾンビ化していない人間も相当数犠牲になっているような気がするんだけどそういうことを考えるのは野暮ですね。
ゾンビにみつからないようにドアの前を通過するとかゲームみたいな映画でした。

・メリダとおそろしの森
お母さんが熊になっちゃうお話。個人的にホラーと同じくらいこわい母娘の葛藤モノ。
もっと硬派な映画をイメージしてたけど、思ったよりは全然ほのぼのしてました。
でも話は地味だし雰囲気はどんよりしてるしキャラクターデザインも個性的な分かわいくないし、ヒットしなかったのもわかる…。
わしゃわしゃのロングヘアーの自然さにCG技術の進歩を実感。

・コープスブライド
政略結婚を翌日に控えたネクラで内気な青年が間違って死者に結婚の誓いを立ててしまってさあたいへんなお話。
青年はネクラで内気なわりにしっかりとあの世とこの世の女の間で心が揺れ動くっていうね。このラムのラブソングが!
この世がモノクロレベルに色数が少なくて人間も陰気で、あの世がカラフルで死者も陽気なのが面白い。
あんまりヌルヌル動くのでCGかと思ったらちゃんとストップモーションなんですね。
やっぱりティム・バートンのキャラクターデザインはいいなあー。キモイヨー。

わしゃ小学生かってなラインナップ…
映画 | CM(0) | TB(-) 2015.01.15(Thu) 22:21

million

新春三連戦終了で色々リリースされました。

カツオ…11月に復帰してわずか二ヶ月でまた長期欠場とは…。道場プロレス四連戦で無理しちゃったのかなあ?
なんかもうカツオはセカンドキャリア考え始めてるっぽいんだよなー。このご時世プロレスラー一本で食っていけるとは思ってないし、引退試合ができない人もいるくらいいつどうなるかわからないことを考えれば、先のことを見通しておくのはいいことだけど、そういうことは匂わせないで欲しいという夢を見ていたいファン心理もあるので難しいトコロ…。
短期間で二度目の長期欠場となると正直おいおいと思ったりもしますが、望んでそうなったわけじゃないし、戻る場所があることは本人にとっても心強いでしょうし、今度こそ万全で復帰してほしいものです。復帰したときに「思ったより早かった」と思えることを祈って。いやホントにこのままフェードアウトしないでね。

OGAMANIA復活という嬉しいニュースも。って年に一回はやってるじゃんと思いましたが、わざわざ復活を宣言したということは、そう遠くないうちに「OOGAMANIA23」を冠した無料大会が開催されるということでしょう!手放しで喜ぶのはそれからですね。
2012年にひと区切りを迎えたときにOOGAMANIAは野橋の手を離れて若手に受け継がれていくのかとも思ったのですが、結局野橋の手は離れないようで。それが正解ですよーOOGAMANIAは野橋のモノ!野橋が正規軍に出戻ったことで色々とやりやすくなるとは思いますが、一方で道場プロレスが定着した今、どう差別化を図っていくかが課題になるかと思います。野橋の手腕に期待!

2月のカードも出ました!

新木場のメインで珍しくバッドボーイから卍丸が外されてると思ったら、セミが塁対卍丸!!!!位置的にもこのカードは大注目ですよ。2013年5月に仙台で同カードが組まれたときに週プロでクローズアップされて卍丸が塁を評価するコメントを出したんだよね。私はそれを読んでこの二人になにかしらストーリーが生まれることを期待したりもしたのですが。結局何も生まれなかったんですけどね。今度こそともう一度期待してみよう!

郡司の凱旋興行のメインはそれでいいのか郡司。せっかくの凱旋なんだからわがまま言ってメインでシングル組んだってよかったんじゃないの~?個人的にはこのシチュエーションで郡司対大地が見たかった…!なにげに第3試合で沼ちゃん対南野なんてすごいカード組まれてますね。

3月矢巾はダブルタイトルマッチで盛り上がりそう!矢巾でダブルタイトルマッチなんて記憶にない。

最近イベントプロレス見れてない…あのビミョーにアウェーな空気好きなんだけど、足を延ばすほどでもないという…。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2015.01.14(Wed) 21:27

2015/01/12(月)みちのくプロレス「2015年新春闘い始め」@矢巾町民総合体育館 観衆:840人満員

三連休はイマイチという天気予報でしたが、時間によっては雪がチラホラ舞う程度のお天気でした。
新春大会三連戦最終日。八戸・仙台ととくに何事もなかったようで?

客入れ時間でサイン会に立ったのは1号と2号。パンチさん「本日より発売のパンフレットにはかめっしー1号2号の写真は載っていませんが、迷わずヤッペーマン1号2号のページを差し出してください」と案内。パンチさんナイスフォロー。後からかめっしーとかめごろーも加わりました。

しばらくしてパンチさんがリングに登場。「八戸と仙台ではあっという間に売り切れた福袋がまだ残っています。矢巾のお客さんは売れ残りの詰め合わせだと思っているのでしょうか?売れ残りではありま…すせん。ありますとありませんの中間くらいです」パンチさん正直者。新作パンフレットの紹介で「パンフレットに載っているシーサー王は参戦しているようなしていないような…」これで多くのお客さんがかめごろーの正体に気付いたことと思います。私もその一人です!てっきりムーの太陽の「タトゥーの男」の中の人と同じ人だと思っていました。かめごろーのマスクの額には「五」と書かれていたと記憶していたのですが、後楽園大会の写真見返したらおもいっきり「王」と書いてありました。全っ然気付かなかった…。シーサー王の15周年記念大会のTシャツも販売されたのですが、大会当日に会場ではなくシーサー王の自宅に届いてしまったんですと。パンチさん「そんなTシャツをなぜかシーサー王ではなくかめごろー選手が売っています」ちなみにかめごろーの体脂肪率はナントビックリ39%だそうです。わりとまじめに心配です。オフィシャルのスウェットも新発売とのこと。カラーも豊富だし、上下セットで5000円はお手頃ですね。

ほどなくして沼ちゃん登場。寝そべって「キャンバスが新しい」とウットリ。スポンサー紹介&スポンサー募集をして、似顔絵大会の告知もしたかな?それから何だったか話してる途中で被せるように曲が流れて「俺の海」へ。三連戦とも違う曲を歌ったそうで、一番好きな「俺の海」が聴けてラッキー。本当にこの曲は何度聴いても飽きない。

沼ちゃんそのまま居残って選手入場。正規軍+特別参戦選手→バッドボーイ→みちのくニンジャタートルズ(以下、MNT)の順で登場。南野が「アジアタッグ王者」とコールされてビックリ!いつの間に!この日の校長、黒いジャージ姿でバッドボーイの後ろに立つ絵がサマになりすぎていて、一瞬、校長バッドボーイ加入が頭を過ってしまいました。んなわけない。
新年の挨拶は人生が担当。拳王が離脱して風景が変わったみちプロの一年間について語りました。バッドボーイの活躍やニューフェイズの躍進とともにMNTのことにも触れられるとMNTは大はしゃぎしていました。
矢巾では久々にサインボールの投げ入れがありました。新年ということで当たり付き。どんないいモノが貰えたんでしょうね~?

1.15分1本勝負
○大柳錦也(8:50最強卍固め)剣舞×

一時期メキシコにかぶれたりもした剣舞ですが、今は伝統芸能の鬼剣舞に忠実なお面をかぶってきたりと、落ち着いてきましたね。世界で活躍する剣舞こそ北上市観光大使になるべき!そしたらもれなくチーム観光大使の一員ですね。
試合の序盤は大柳先輩のテクニカルなレスリングに剣舞苦戦、しかし弓矢固めをクルリとかわし、コルバタを成功させて形勢逆転。するとまた大柳先輩がエルボースマッシュを連打、剣舞もドロップキックで…と、まさに一進一退。
ハイライトは大柳先輩が剣舞の619をジャンプでかわしたこと!こんなかわしかた見たことないです。会場がどよめきました。屈辱の剣舞でしたが、2回目はキッチリ成功させて名誉挽回!
エルボーを打ち込んでくる剣舞を「どうした!」と叱咤したり、フィニッシュ前の延髄蹴りでは「剣舞!」と大声を上げたりと、大柳先輩が珍しく荒ぶってました。
剣舞もゴッチ式をこらえ切り、厳鬼を狙ったりと、最後まで奮闘しましたが、最強卍固めに沈みました。
いやー。新年一発目から手に汗握る素晴らしい試合でした!剣舞は参戦当初の定位置だった第1試合で大柳先輩とは何度も当たったはずですが、どっちが勝つかわからないと思えるようになったことに剣舞の成長を実感しました。剣舞は応援したい選手のひとりではありますが、大柳先輩にはまだまだ後輩にとってなかなか勝てない、勝ったら嬉しい先輩でいてほしいものです。

2.20分1本勝負
○ヤッペーマン3号(8:16原爆固め)下野佐和子×

昨年10月の滝沢大会にも参戦した下野佐和子選手が再び参戦。3号対下野選手のシングル三連戦で昨日まででイーブン。最終決着の行方は?!
先日の後楽園大会では大型選手相手に大苦戦を強いられた3号でしたが、下野選手も体格が良くパワーファイターなので、ボディスラムでしこたま叩き付けられたり、ラクダ固めや片エビ固めをかけられてロープを求める場面があったりと、たしかに苦戦はしたものの、連戦のおかげか手は合っていましたね。お互いさほど派手な技はなかったけれど、だからこそ下野選手のロメロスペシャルが光ったし、フィニッシュとなった3号のジャーマンにも説得力がありました。3号のジャーマンは本当にきれいでした。下野選手のパワーファイトに押されっ放しの印象でしたが、あれくらいきれいだと納得もいきます。
3号が下野選手をロープに押し付けて「大阪女子プロレス下野佐和子が一発芸やります!たこやきー」なんてやってたのは女子相手ならではでしょうか。イキイキとしてました。
みちプロで女子プロやんなくていいよという意見もあるでしょうが、私は3号がいるならばこそ、私自身が女子プロ見に行かないからこそ、女子選手招聘してもっと女子プロ見せてほしいです。ミックストマッチでセクハラされてる姿見るより全然いいもの。

3.30分1本勝負
○新崎人生、ウルティモ・ドラゴン(9:52極楽固め)イーグルス・マスク、気仙沼二郎×

なんかすごい組み合わせの試合。人生と校長のタッグってみちプロだとよく見るけど、冷静に考えるとすごいタッグだよね。今日の校長は黒くてギンギラギンでめっちゃかっこよかった…!
入場時にボールを見送るイーグルスに「打てよ!」とツッコむ沼ちゃんの姿もだいぶ見慣れました。
先発の校長対沼ちゃんのじっくりとした攻防をお客さんが静かに見守る会場にイーグルスが「沼二郎さん」「沼二郎さん」と呼びかける声がやたらと響きます。そのうち客席からクスクス笑いが漏れ始め、校長も手を止めて「うるせえよ」とイーグルスにビシッ。試合続行するもイーグルスの「沼二郎さん」は止まず、校長の「真剣に戦ってるんだよ!」の声も無視してついにイーグルスがリングに入って無理矢理試合を中断させてしまいました。「第3試合ですよ?わかってるんですか?第3試合なんだから楽しい試合をしないと!第2試合が女子のシングルでこの後セミとメインだともうここしかないんですよ!」と熱烈に訴えるイーグルス。「人生さん出てきてください。楽しいプロレスしましょう!みちのくプロレスの社長だからできますよね?!僕がリードしますから。沼二郎さんは帰って!」とイーグルスが勝手に仕切り始めました。コーナーで肩を揺らして笑ってる人生がたまらん。校長は腑に落ちないような顔を人生に向けましたが、人生はイーグルスの訴えを理解したようで、人生対イーグルスで仕切り直し。気が合いすぎて攻防にならないロープワークでお手本をしっかりと見せてくれました。イーグルスの「後ほど」にも人生は拝みポーズでしっかり応えました。
しかしまた校長対沼ちゃんに戻るとわりと真面目な攻防に。いや、これはこれで面白いんですけどね。二人ともコンディションめっちゃいいし。足払いとか強烈なヒップアタックとかガンガン出すし。校長が沼ちゃんの顔面を踏みつけると「顔面攻撃は反則や!サミングや!」とイーグルス。いちいち「人生さんそうですよね?!」と控えの人生に絡むのが面白い。絡まれる人生の困り顔がたまらん。
ディスイズホームスチールで校長が「ちょっと待った!…よし!」と一旦止めたのはなんだったんだ?
最後は人生の極楽固めと校長のドラゴンスリーパー(?)の競演でおそらく同時にタップ。(私はイーグルスの方が先にレフェリーに止められたように見えたんだけど、結果は沼ちゃんの方に×が付いてますね)
イーグルスが騒いだおかげで結果的にお笑いと真面目のバランスがちょうどよくなったかと思います。人生の素敵な笑顔が見れたのでイーグルスでかした!ってことで。校長もかっこよかったし!

休憩前に一関で開催される「ハッスルマッスル」なる公演の宣伝がありました。代表の方と人生は20年来の友人だそうです。
宣伝に続いて人生から。まずは三ちゃんについて、練習が辛くて逃げた三ちゃんをと選手やスタッフが説得して連れ戻したと報告。一体どんな説得が行われたのか…あまり考えないようにしよう。更に沖縄から練習生が入ったというとっても嬉しい報告が!沖縄だなんて沖縄プロレスを思い出すし、KAIENTAI DOJOでも昨年沖縄出身のティーラン獅沙選手がデビューしたし、今度こそ!と期待しちゃいますよ~!同期の練習生がいるのは心強いと思います!ていうかホントに一番下が2012年の郡司で練習生すらいないってのは深刻な問題なのでなんとしてもデビューに漕ぎ着けてほしいです!早くても1年後なんだろうなあ。今まで見てきた練習生のうち一人でも残っていれば今頃なあ。たられば言ってても仕方がない。

4.30分1本勝負
○日向寺塁、佐々木大地、郡司歩(14:19エビ固め)ザ・グレート・サスケ、バラモンシュウ&バラモンケイ※ゴリークラッシュ

大地髪切りましたね。なんか…大人っぽくてイマイチ似合わない…。
正規軍の入場が終わって、バラモンの曲が流れて語りの部分過ぎてもムーの太陽が出てこない。ていうか非常口の扉の下のスキマからなんとなく足が見えてるんですけど…。ようやっと扉が開いてムーの太陽登場。いつもなら飴やチョコなどをばら撒くのですが、今日は新春らしく餅が撒かれました。お客さんいつも以上にハリキッテル気が…。餅まきに興奮するのは国民性ですね。私は好きな食べ物を訊かれて餅と即答するくらい餅が好きなのですが餅まきは苦手です。もちろんこの日も一個も拾えませんでした。ペットボトルにマスターが気を注入する儀式でシュウだけ先に水撒き始めたのが謎。
バラモンがマスターコール煽ろうとしたらちょうど曲が終わっちゃって「もう一回始まったらマスターコールだ!」って煽り始めたのがおかしかったです。シュウは逃げないおじいちゃんにピンポイントでマスターコールを煽り、おじいちゃんがそれに応えると座り込んで水をピューッ。セコンド陣を慌てさせていました。
マスターはイニシエーションを授けるべくあっちをウロウロこっちをウロウロ。赤ちゃんにイニシエーションすると「この子は神の子だー!」お客さん「うおおおおお!」なんの集会だ…。
長い長い入場の儀式が終わりってようやくリングに出揃いました。郡司にすごい量の紙テープが飛んだけどなんでっ?!
バラモン曰く「先日の宇宙大戦争で首に重傷を負った」というサスケは首にコルセットを巻いてます。負傷箇所は隠すものなのにこれ見よがしにコルセットを巻いて試合に出てくるサスケと「重傷」を繰り返すバラモンに上島竜ちゃんの「押すなよ?!絶対押すなよ?!」を思い出してしまいました。サスケのコスチュームがハーフパンツになってたんだけど、前からそうだっけ?
先発はサスケと大地。大地がヘッドロックをかけるとバラモンは「チョークだ!反則だ!」と大騒ぎ。そのうちサスケのコルセットが外れてしまい、試合中断。コーナーに戻ってコルセットを付け直そうとするもスムーズにいかなく悪戦苦闘。大人しく待つ大地。やっと付け直して再開。しかもまた外れてしまい、これまたようやっと付け直して、サスケが戻るとバラモン「まだ出るんですか?」さすがに三度目となると「マスター休んでてください」で、ケイに交代。マスターはコルセット外れたままどっかに行ってしまいました。
大地も交代してケイ対郡司に。アームホイップ合戦を展開するとケイは「腕を上げたじゃねえか」と郡司の成長を認めました。
両者交代してシュウ対塁。珍しい組み合わせ。ロープワークとかショルダー合戦とかシュウが基本的なことやってるのが妙に新鮮。なかなか燃える攻防でした。ケイの介入が邪魔でした。
サスケが戻ってきたところで場外乱闘へ。ケイは郡司を捕まえるとステージに上って「ここから投げるぞー!」とブレーンバスターを仕掛けようとするも食らってたまるかと郡司が堪えて結局二人とも転落。
場外乱闘の最中もどさくさで撒かれた水を掃除するセコンドの面々。モップで拭き掃除をしていた沼ちゃん、ケイとしばし見つめ合い、モップが沼ちゃんの手からケイに渡ると「沼ちゃんが渡したんだもんねー!」などと渡した沼ちゃんが悪いとアピールしてリングイン。モップを郡司の顔面に押し付けたりやりたい放題。
バラモンはイマイチ盛り上がりに欠ける客席を煽ることも忘れません。「郡司を応援してやれよ!郡司ぃ~!郡司くぅ~ん」いや郡司にはそんな黄色い声飛ばないから。煽りも虚しく、思うように盛り上がらなかったようで「おまえらさっき餅貰ったろ!ちゃんと応援しろ!」そんなこと言われると罪悪感が…。ていうかこの日は全体的に大人しかったですね。あ、矢巾はいつもそうですか。そうですね。
場外で散々連れまわされモップ攻撃に水攻撃にボーリング攻撃と郡司がフルコースを喰らって場外乱闘からの流れはひと段落。
正規軍が郡司のミサイルキックやら大地のバックフリップやらダイビングエルボーやらで巻き返しにかかると、バラモンは危機を感じたか、正規軍の三人にパウダー攻撃!「新しいキャンバス汚してやったぞー!」
マスターが郡司を捕まえると、竹刀と標識を持ったバラモンが「しっかり押さえといてください!」おおっとこの流れはもしや?!誤爆は予想通りでしたが、誤爆にあわてるバラモンの様子に、仲間割れの予想は外れたことがわかりました。チッ。
竹刀と標識で脳天にダメージ食らったサスケを郡司が捕まえると、コルセットを外して大遠投。郡司悪いやっちゃなー。サスケをブルドッギングで叩き付けてリングから排除、塁がケイを相手にゴリークラッシュ!シュウのカット間に合わず、3カウントで会場爆発!若い三人がムーの太陽に勝ちました!未来を感じる勝利です!塁も嬉しそう。バラモンは「マスターどこいっちゃったんですか?」とマスターを探しつつ、捨て台詞も吐かずに面白くなさそーにペットボトルを床に叩き付けて退場していきました。
いやはやまさかの結果でしたね。前日の仙台では同カードで負けていたし、ベルトを独占しているムーの太陽に勝つのは難しいと思っていました。取ったのは塁ですが、郡司がなかなかいい仕事してました。幸先いいですな!

5.60分1本勝負
○かめっしー、かめっしー1号、かめっしー2号、かめごろー(12:01逆打ち)フジタ"Jr"ハヤト、南野タケシ、卍丸、ken45°×

三連戦最後を飾るのは両軍フルメンバーで臨むバッドボーイ対みちのくニンジャタートルズ!MNTがかめっしーダンスの行進で登場すると客席から「カワイー!」の声が。ゴザシートに雪崩れ込むほどに過剰にアピールし、リングインしてMNTポーズをビシッと決めるとチアリーダーよろしく「イエーイ!」と大盛り上がり。バッドボーイとのテンションの落差がヒドイ。
試合前のテンションからもわかるようにどんな試合になるかちょっとばかし不安にも思ったのですが、三連戦の成果か、MNTがかなり息の合ったチームプレーを見せてくれました。バッドボーイのチームワークの良さは言わずもがなですから、面白くならないわけがないってね。
この試合で一番の存在感を示していたのがかめごろー。トレイン攻撃ではかめごろーの番になると客席からも悲鳴があがり、三人背負ってkenをプレス、いつもはやる側の卍丸もかめごろーのラリアットに一回転。さすがのバッドボーイも巨体の扱いに大苦戦でしたが、南野とkenでかめごろーをブレーンバスターで投げきったのはお見事でした。
なんだこう書くとMNTはかめごろーにおんぶにだっこのように思われそうですが、かめっしー&1号&2号はトリプルトペコンをズハリと決めて会場を沸かせました。その直後、かめごろーも飛ぶかと思いきや、エプロンサイドに立ってフライングボディプレス!敵味方もろともぺっちゃんこ。味方もなかなか立ち上がれませんでした。
ハヤトはMNTに飲み込まれそうな空気を得意の蹴りでピリッと引き締めました。甲羅に打ち込むとめっちゃいい音するのね。かめごろーが三人背負ったところを一人ずつ叩いていく際に一番上の亀に向かってピョッンってジャンプした姿はうっかりかわいいと思ってしまいました。
タイミング的につなぎで出したであろう卍丸の垂直落下式ブレーンバスターはものっすごくきれいでした。
両者入れ代わり立ち代わりで攻撃する見せ場を経て、リング内はかめっしー対kenに。かめっしーが逆打ちを決めて、三連戦の最後を何とか勝利で終わらせました。
いやーよかったよかった。MNTが勝ってよかった。これでバッドボーイが勝ったらまた昨年と何も変わらない一年になりそうだったから。

MNTはお互い抱き合って大喜び。バッドボーイが引き上げると、かめっしーがマイクを持ちました。「今年はMNTが席巻する!なぜなら、俺たち!みちのく!ニンジャ!タートルズ」とビシッとポーズを決めて「イエーイ!」これ、ことあるごとにやるので最初は「わー!(パチパチパチパチ) 」という好意的な客席の反応も「わー…(パチパチパチ…)」というふうに歓声も弱々しく拍手もどんどんまばらになっていくというね…。
席巻への第一歩ということでかめっしーはムーの太陽の持つベルトに挑戦すると表明、「ムーの太陽出てこい!」「ビビってんのか?!」という挑発的な呼びかけにムーの太陽がめんどくさそーに出てきました。
「まずは俺、かめっしーが東北Jrに挑戦する」えっ、まじで?まじでまじで?続いて1号と2号がケイとサスケの持つ東北タッグへの挑戦を表明。「どうします?」というバラモンにサスケはひょうきん族の懺悔の神様よろしく×のポーズ。しかしMNTはサスケのことなんかまるで見ていないようで挑戦するぞと大騒ぎ。そこに待ったをかけたのがニューフェイズ!リングインすると「俺たちも挑戦します!」いや君らこないだ負けたばっかりじゃん。しかもケイひとりに負けたようなモンじゃん。ニューフェイズが出てこようと「なぜなら(ry」を繰り返し挑戦を訴え続けるMNTにはバラモンから「客席があきらかにトーンダウンしてるぞ」と厳しいツッコミが。
これではらちが明かないので、人生コミッショナーが呼び込まれました。「シュウはしばらく防衛戦やってないしな。3月の矢巾でやろうか」ということで、かめっしーの挑戦はあっさり決定。やったあああああああああああああ!!!!!!!野橋とシュウのシングルが東北Jr選手権で見れるなんて嬉しすぎる!!!!野橋とシュウってシングルやったことあるんですかね?少なくとも私は見たことないです。とにもかくにも3月まで死ねない!
問題は東北タッグ。人生が改めて挑戦の意思を確認すると、1号&2号とニューフェイズが挙手。更に混乱に拍車をかけるかのようにナナナントリング下で見守っていた3号&下野選手までエプロンサイドによじ登って「私たちも!」と挙手!お客さんも思わず歓声をあげてしまったので、バラモン「(3号&下野選手が)一番支持されてるじゃねーか」たしかにー。やる気満々の二人でしたが、「君たちのことは別途考えておくから」と人生にたしなめられて身を引きました。ところでこの二人って体格はずいぶん違うけど身長ほとんど同じなんですね。低めだから並んでるとカワイイ。で、結局、人生の独断で3WAYになってしまいました。ええー?!3WAYとかどっちらけになりそうで気がノらないけど、3WAYでのタイトルマッチって結構あるみたいだし、ニューフェイズのリターンマッチは難しいし、かといってバラモン対ヤッペーマンズもマンネリだし、それよりなによりあの状態のサスケをどうにかしてリングに上げなければならないしで落としどころとしては仕方ないって感じですかね。あれ?これも3月矢巾だっけか?忘れてしまった。まあ矢巾で決定したんだから矢巾でやるのがよろしいかと。せめて仙台。
サスケは最後まで×の意思表示をしていましたが、コミッショナーは絶対です。ニューフェイズだけならともかく1号&2号も参戦となるとベルトの移動は必至でしょうね。そりゃあサスケも嫌がるよね。でもいいかげんベルト返して。タイトルマッチも決まったところでMNTは「カワバンガー!」で退場していきました。

MNTは玄関でもハイタッチで「イエーイ!」「サンキュー」とにぎやかにお見送り。その前でハッスルマッスルのチラシを配っている沼ちゃんは肩身が狭そうでした。

2013年のムーの太陽に2012年の阿修羅といったようなインパクトはありませんでしたが、MNTや若手の活躍と女子選手のアピールになんとなーくですが新しい風景の見えた大会でした。次大会にもつながったし。ラッセとカツオの穴の影響もとくに感じませんでした。いいのか悪いのか…?
観戦前は期待よりも不安の方が大きかった大会ですが、終わってみれば見えた風景はそんなに悪くなさそうです。やる気のある選手が報われればと思います。

ところで、私、1号と2号はみちのくニンジャタートルズ1号&2号だと思ってました。かめっしー1号&2号なんですね。かめっしー1号の他に無印かめっしーがいるってのがよくわからん。それからかめごろーの正確な表記がハッキリしないのもモヤモヤ。ふなごろーに倣うと「かめごろー」のはず。

もうひとつ、みちのくプロレスといえば会場側のご厚意でもなければ暖房も冷房も入らないのが普通ですが、今日は暖房を入れたそうで。たしかに後の方暑かったけど、暖房のせいなのかエキサイトしてるせいなのかよくわかりませんでした。上着脱いだら脱いだで邪魔だしね。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2015.01.12(Mon) 23:59

花を入れる花瓶もないし

そういえば新春大会のカード出てましたね。去年に引き続き今年も八戸からスタートですか。仙台も挟むから矢巾は最終戦か。
3大会ともメインはみちのくニンジャタートルズ(以下、MNT)対バッドボーイでセミはムーの太陽対ニューフェイズ+誰か、第3試合は人生校長沼ちゃん+誰かでシャッフル、第2試合は3号対下野選手で第1試合は正規軍同士のシングルと、どれかひとつ行けばいいかなみたいな変わり映えのないカードですね…。
新春大会は一年を占う大会のはずなのに、MNTは「この三連戦できっと見納めです!」と宣言されてるから次につながるような試合じゃなさそうだし、一体どうなっているのかと…。見納め宣言をいい方向に考えると、「おふざけはここまでだ!」でMNTがマスクを脱ぎ去り正規軍対バッドボーイの抗争が本格化とか。ああ、それならいいな。かめごろーはどうなるのかわからないけど。
ムーの太陽もなあ。今年も3人で続けるくらいならメンバー増やしてほしいけど、そうすればバラモンも少しは自由に動けるだろうし、かといってサスケじゃなくてマスターを担げるのなんてバラモンくらいしかいないし、他の誰がムーの太陽に入っても嫌だし…やっぱり「ムーの太陽早く終われ」と呪い続けることしか私にはできません。
ラッセは海外だしカツオは欠場だし、なんだか期待より不安の方が大きいっす…。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2015.01.09(Fri) 21:13

鏡月

さときゅん前髪ウザくないのかなーとか思いながらさときゅんのtwitter見てたら、さときゅんヒールターンしててどビックリ。このために前髪伸ばしてたのか!(多分違う)
ヒールターンした人がよく「こっちが本当の俺」とか言って、野橋なんかだといやいやいやいやと思うけど、さときゅんはken曰く「あんな顔してロクな男じゃない」だそうで(kenとさときゅんのズンドコパズル旅はケッサク)、まあいいんじゃないでしょうか。よく知らんけど。
悪いさときゅん見たいなー見たいなー見たいなー。でも外の人がヒールターンするのは絶対嫌。

kenのブログといえば年末の記事
>2014年は要所要所でハードな試合もあり私個人としては充実してたがBAD BOYとしては充実してないような なんとも複雑な1年でしたな
と書いてあって、やっぱ本人もそう思ってたんだなーって。舎人一家興行~11月の矢巾もそうだけどkenの言ってる「要所要所でハードな試合」ってのも対卍丸だったり対ハヤトだったりで結局バッドボーイ内で完結しちゃってるんだよね。そんなんじゃ充実のしようもないでしょうよ。身内だけで盛り上がられてもね。面白くないんだよね。なんかハヤトの外敵相手の防衛ロードを思い出してしまった…。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2015.01.08(Thu) 22:29

2014年の拳王を振り返る

といっても生で見れたのは1回だけで文字情報を見ての感想でしかないのですが…

拳王が戦いの場をみちのくプロレスからノアに移してまるっと一年経ったわけですが!タッグリーグ優勝→タッグベルト獲得と順調にステップアップしてますね。2年目はシングル戦線にも絡んでくるでしょうから更なる活躍が期待できそう。
参戦当初はみちプロで無敵だった拳王がコロッと負けるということに戸惑ったりもしたのですが、ちゃんと負けられる環境にいるのは幸せなこと。体格的にもジュニアとヘビーが曖昧なノアってのは拳王に合ってるんだろうな。
大原はじめ(以下、はじめちゃん)というタッグパートナーを得たことも大きいですね。重要な試合ではじめちゃんが取ってるせいか、拳王の方が一歩引いた印象なのがまたいい感じ。
驚いたのがユニットのスポークスマンを務めているということ!!!!はじめちゃんの方がよっぽと喋れそうなのに。どなたかが「拳王の喋り方がバラモン兄弟っぽい」と書いてたけどスゲーワカル(笑)バラモンを意識してるかどうかは知らないけど、口調には相当気を付けてると思う。だって普通に喋ると早口で小声でなに喋ってるかわかんないもん。(バックステージだと今もそんな感じじゃない?)マイクですらそう思うことがあったことを考えるとものすごい進歩だ!
イベントにもフツーに出てるし、公式動画にも駆り出されてヘンなことやらされてるし、リング外でもいろんな経験ができてるみたいでヨカッタカヨッタ。

ハタから見ての感想はこんな感じだけど、ノアファンから入団を望む声が上がっているのがなによりの評価だと思う。喜ばしいことです。拳王はみちプロに帰ってこなくてもいいという考えは当初から変わらないけど、今の拳王がみちプロの面々と絡むトコロ見たいなあ~。ていうかみちプロ所属のままここまで関わらなくなるとは思ってなかったなあ。11月のビッグマッチくらいは出るかと思ってたんだけどなあ。GAINAの15周年記念大会にすら出なかったしね。ノアファンが期待しちゃうのも当然だし、帰ってくると信じてるみちプロファンは気が気じゃないでしょうね。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2015.01.07(Wed) 21:51

くらっ

2355で年越しした直後にいきなりこれ聴いてしまってお正月休みが明けても頭の中から離れなくて困ってます。

ブラッケンゴールドボーブラッケンゴールドボー(左右に揺れながら)
未分類 | CM(0) | TB(-) 2015.01.06(Tue) 21:31

ネットプロレス大賞2014投票

ネットプロレス大賞2014

2012年から投票フォームが設置されたので、この形式で書く必要はないのですが、自分の総括もかねているので、いつもの形式で記事にします。

今年観戦した大会数は65大会。内訳は、みちのく58、K-DOJO3、FREEDOMS1、大日本1、全日本1、ノア1。
最優秀興行のみ観戦した全大会から選出、他はみちのくプロレスに限定して選出しました。

MVP:
1位=かめっしー
2位=卍丸
3位=佐々木大地

最優秀試合:
1位=5.5 みちのくプロレス・矢巾町民総合体育館 バラモンシュウ対vs卍丸
2位=3.22 みちのくプロレス・矢巾町民総合体育館 ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号vs気仙沼二郎&第8代ダイナマイト東北
3位=1.25 みちのくプロレス・滝沢市大釜幼稚園体育館 野橋太郎&郡司歩vs気仙沼二郎&佐々木大地

最優秀タッグチーム:
1位=ムーの太陽
2位=バッドボーイ
3位=ニューフェイズ

最優秀興行:
1位=3.21 みちのくプロレス・八戸市八食センター厨ホール
2位=9.28 KAIENTAI DOJO・十和田市勤労青少年ホーム体育館
3位=10.22 みちのくプロレス・滝沢市大釜幼稚園体育館

新人賞:
1位=イーグルスマスク
2位=郡司歩
3位=ヤッペーマン3号

最優秀団体:
棄権

最優秀プロレスを伝えたで賞:
棄権

投票は以上です。

それでは総括もかねまして選出理由などを…(ここまでテンプレ)

MVP:
1位はインパクトの面で誰も付いていけてなかったムーの太陽の独走をひとりで食い止めた男・かめっしー(元・野橋太郎)に。ひとり阿修羅状態で悪あがきしてたのも面白かったし、正規軍への出戻りは単純に嬉しかったです。「愛されるキャラ」として亀男化したのにはあまりの不気味さに唖然としたけれど、徐々にマイナーチェンジしていき、「かめっしー」となったときの最終形態はかなり見れるようになり、新リングネームも意外と馴染んでて名実ともに愛されキャラになったんじゃないでしょうか?ムーの太陽と対峙した際はマスターをも食ってしまうこともしばしば。これまで第三の男的なポジションだった宇宙大戦争にも中心人物として参戦。滝沢市観光大使(非公認)としての活躍(?)も忘れてはいけません。こう振り返ってみると、野橋じゃなかったかめっしーにとっても相当に波乱万丈な年だったと思います。
2位は昨年に引き続き東北Jrへのチャンスを自ら掴み、舎人一家興行から繋がっていた遺恨をビッグマッチのメインという大舞台で晴らし、重要な試合で存在感をしっかりとアピールした卍丸に。今年のバッドボーイを象徴する存在はハヤトではなく卍丸だったと思います。
3位の大地はバッドボーイ追放というドン底(3月の仙台)から結果は出せなかったものの選手にもお客さんにも評価されるところ(12月の後楽園)までよくぞ這い上がったなと。かめっしーみたいな大きなインパクトや卍丸みたいな実績は無かったし、2年目の郡司みたいな急成長ではないけれども、新人枠の3年目を過ぎても着実な成長を感じることができました。道場プロレスでは違う一面をアピールする舞台もあったしね。

最優秀試合:
前回は順位もこれしか考えられないという感じだったのですが、今回の順位はあってないようなものです。
1位と2位はわりとすぐに頭に浮かんだけど、3位は選出にあたって観戦記を見返して思い出した試合。ぶっちゃけ内容も書いてある以上のことは思い出せないのですが、書いてある当時の心境を信じて選出します。観戦記もたまには役に立つ!
2位は復帰へ向けて1月からの三ヶ月間にわたって道場プロレスで行われたエキシビジョンマッチもひっくるめての選出。この試合だけ見たらどうかわからないけれど、道場プロレスにも行っている私にとっては壮大なドッキリでした。試合を見ているときはそんなことになるとは1mmも思ってませんでしたが、私自身が初めて見る引退試合でもありました。メインで勝利した卍丸がマイトさんへ贈ったはなむけの言葉にも感動しました。
1位も試合に至る過程込ですね。実力者でありながら東北Jrとは遠いところに居た者同士でベルトを争うなんて東北Jr王座決定トーナメントの決勝という舞台でなければありえなかったでしょうね。試合内容もハードコアマッチにふさわしく、後楽園大会でも見れないようなハードなものでした。トーナメント優勝予想企画では決勝に残ったふたりを予想した10人のうち9人が卍丸でシュウはたったのひとりという面白い裏話もありました。
3位を思い出さなかったら入れるつもりだったのはサスケとケイが持つ東北タッグにニューフェイズが挑戦した試合。ストレートな内容でケイがひとりでニューフェイズに勝ったようなもので、ケイの強さばかりが印象に残りました。さほど間を置かずにみちのくふたり旅2014の決勝でサスケをシュウに入れ替えただけのカードが組まれて、試合としてはそっちの方が面白かったんですけどね。とにかく印象的な試合でした。

最優秀タッグチーム:
実はMVPにはシュウとケイ両方の名前も浮かんだんだけど、それよりもMVPにしたい人がいたし、バラモン兄弟をこの部門に入れるにも毎度のことすぎて嫌だし他の二つをどうしても入れたかったのでムーの太陽でひとまとめにしました。バラモン云々抜きにしてもムーの太陽が1位なのは変わりないです。今年のみちのくプロレスはムーの太陽に席巻されました。阿修羅の当初の勢いが年中続いていたようなもので、その点についてはさすがサスケとしか言いようがありません。ベルトも独占されました。惜しむらくは私自身がムーの太陽にノれなかったこと。今でもムーの太陽早く終われサスケよ早いところバラモンを解放してやってくれと思ってます…。それでも1位なんです!信者でない私が選んでも!
バラモン兄弟については、シュウが東北Jrを戴冠して防衛も二度成功してるのですが、それが5~7月のたったの三か月間の話で、以降防衛戦が組まれることなく一年が終わってしまってなにがなんだか。ケイも似たり寄ったりですね。ベルト戦線動かす気無いんなら返上しろ!シュウはもっとしっかり王者としての活躍が見れたらMVPもありえたのですが。
2位と3位は迷ったんですけど、ニューフェイズは勢いのわりに結果が芳しくなかったので2位にはできないなと。とはいえ若いふたりが正式にタッグを結成したことは嬉しいことだし、今後が楽しみなので3位に。
バッドボーイは11月の矢巾のメインだけっつったらそうなんですけど、それが舎人一家興行から続いていたことをを考えると、それだけでもじゅうぶんにストーリーはあったかなと。個々の活躍はあったけれど、結束力の面では疑問が残る一年でした。とくに大地追放後のkenのあぶれっぷりが…。異常に高い勝率のわりに主軸にはなれてなかったので、今後はバッドボーイとしてなにか見せてくれることに期待。ハヤト個人についてはエース単独体制の初年度ということで楽しみにしてたのですが本人も口にしたとおり「なんもない年だった」のは本当に残念。相当鬱憤溜まってるでしょうから、爆発させてくれることに期待。

最優秀興行:
全っ然決まんなくて参りました。2位と3位はすぐに浮かんだんですけど、2位はみちプロじゃないし3位は変化球すぎるしで…せめて1位はみちプロにしよう!ということでこうなりました。
ほんっとに3位は入れたくなかったんですよ。なんか悔しくて。だって動員も盛り上がりもみちプロの力じゃないもん。でもすごく面白かったし、企画のゴールがみちのくプロレス合宿所というのもみちプロファンとしても喜ばしいことだし、レアな大会を観戦できたという優越感もあるし、入れないのも嘘だなと。これで終わりではなく関わった選手が集結する大船渡大会までの過程だったという嬉しい後日談も付きました。
2位はK-DOJOの大会ながらみちプロファンにとっても見逃せない大会でした。失礼ながらなんで十和田で?と思ってしまうようなカードが並び、初めて見る選手もいて、とくに新日勢への声援や歓声にはカルチャーショックを受けました。みちプロ勢と新日勢の絡みも興味深かったです。田舎の古びた体育館というロケーションも居心地よかったし(暑かったけど)、TAKAだからこそ実現できた大会ですね!
1位は無理矢理ひねり出しました。野橋が滝沢市観光大使(非公認)に就任したOOGAMANIA番外編とか、楽天イーグルス6位入賞記念のお菓子撒きの権利を巡るイーグルスマスク対かめっしーの代理戦争が勃発した道場プロレスとか、こないだの真冬の大運動会とか、思い浮かんだんですけど、個人的な思い入れだけで冷静に考えるとあんまりにもあんまりな大会ばかりだし、かといって仙台アクセル大会はさほど思い入れがないし…というわけで、東北Jrタッグトーナメントの1回戦全8試合+特別試合を1日でやってしまった八戸大会を1位にしました。これも変化球ではあるのですが、実際、名勝負揃いだったので1位にふさわしいかと!

新人賞:
久々に3位まで埋まりました。郡司は今回が最後ですが1位はイーグルスマスクです。郡司はニューフェイズとして躍進したものの、昨年のような目覚ましい成長を感じることができませんでした。郡司も新人枠ではなくなるけれど、まだまだ成長するだろうし、成長してくれなければ困ります!
今年はイーグルスマスクですよ!タイガースマスクをあまり知らない私はイーグルスマスクの野球殺法のどれもこれもに新鮮に笑わされました。イーグルスマスクの登場でお笑い試合のレベルが格段に上がったと思います。かめっしーとの抗争も目が離せませんでした。今後、どのようなスタンスで参戦を続けるかわかりませんが、いずれはベルト戦線への絡みも期待したいです。
3号は正直ランキングを埋め合わせるための要員なのですが、みちプロでも女子選手との絡みが増えて、男子に紛れてやってるときとは違ったさわやかで生き生きとした表情を見る機会が増えました。10月の滝沢大会の他団体の女子選手とのタッグマッチは本当に面白かった!
今回は3位まで埋まったけれど、うち2人は本当の意味での新人ではなく、みちプロの後進が育ってないことをまざまざと思い知らされました。

最優秀団体:
例によってみちプロ一択なので棄権します。

最優秀プロレスを伝えたで賞:
選出できるほど目にしてないので棄権します。
私の唯一の情報源であるブラックアイ2がtwitterで復活しましたが、興味のないニュースも管理人のコメントはチェックするので少なくとも見出しだけは読むブログに対して、twitterだとアイコンだけ見て読み飛ばしたりするから結局興味のある情報しか入ってこないという…。
拳王の試合結果をチェックしてればノアの動向もわかるようになるかなとか思ったんですけど、Jr戦線がなんとなーくわかる程度ですかね…。週プロも興味のある記事しか(立ち)読まないし他団体の動向をうっすらチェックするきっかけだったバラモン兄弟の動向もサッパリ追わなくなったしでなんかもうみちプロだけこの目で追えてりゃいいや状態。たまに他団体を観戦しては「今回の観戦をきっかけに~」と思っても三日後には忘れてる!忘れたことも忘れてる!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2015.01.04(Sun) 23:20

アルパカ

あけましておめでとうございます。

相変わらず未聴CDがゼロになる見込みは無いので、せめて今年は未視聴DVDをゼロにできればなと思っています。こないだうち買ったコーパスのDVDもみちプロのDVDもまだ見てないし。

観戦記はマイペースにとは思ってるんですけどマイペースに書いてるとそれだけで1日つぶれたりするのでもっと時間かけないような書き方にしたい…。

昨年のうちに生涯なんちゃら的なもを二、三、つまんでみたりしたので、ひとつでも年単位で続けられればいいなあというワナビー状態。

ま、なんでもかんでもあんまりそればっかりにならないように、世界が狭くなるので。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2015.01.04(Sun) 21:26

2015年観戦記一覧

2015/01/12(月)みちのくプロレス「2015年新春闘い始め」@矢巾町民総合体育館 観衆:840人満員

2015/01/17(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第1回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:40人

2015/01/18(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第2回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:40人

2015/01/24(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第3回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:54人

2015/01/31(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・1月シリーズ・第5回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:65人

2015/02/01(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・2月シリーズ・第1回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:45人

2015/02/14(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・2月シリーズ・第3回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:65人

2015/02/15(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・2月シリーズ・第4回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:51人

2015/02/28(土)みちのくプロレス「郡司歩地元凱旋大会」@羽後町文化交流施設美里音 観衆:350人超満員札止め

2015/03/01(日)みちのくプロレス「OOGAMANIA番外編」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:223人

2015/03/14(土)みちのくプロレス「2015年春の三連戦~油断大敵~」@矢巾町民総合体育館 観衆:850人

2015/03/21(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・3月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:72人

2015/03/22(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・3月シリーズ・第2回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:82人

2015/04/04(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・4月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:94人

2015/04/05(日)KAIENTAI DOJO「CLUB-K TOUR in KITAKAMI~復興支援チャリティー大会~」@サンレック北上 観衆:312人

2015/04/18(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・4月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:65人

2015/04/19(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・4月シリーズ・第4回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:65人

2015/04/28(火)みちのくプロレス「道場プロレス・フリマ2015」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:110人

2015/05/03(日)みちのくプロレス「ゴールデンウィークツアー2015」@秋田市セリオンプラザ 観衆:253人

2015/05/04(月)みちのくプロレス「ゴールデンウイークツアー2015」@八戸市八食センター厨ホール 観衆:295人

2015/05/05(火)みちのくプロレス「ゴールデンウイークツアー2015」@矢巾町民総合体育館 観衆:1055人

2015/05/06(水)みちのくプロレス「ゴールデンウイークツアー2015」@仙台市泉区ベストウエスタンホテルみちのくホール 観衆:500人

2015/05/16(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:70人

2015/05/17(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第2回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:55人

2015/05/23(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:56人

2015/05/24(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第4回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:59人

2015/05/30(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第5回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:47人

2015/05/31(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・5月シリーズ・第6回」@滝沢村大釜幼稚園体育館 観衆:42人

2015/06/06(土)みちのくプロレス「6月ツアー~堅忍不抜~」@十和田市勤労青少年ホーム 観衆:466人

2015/06/14(日)みちのくプロレス「ムーの太陽祭~魑魅魍魎~」@後楽園ホール 観衆:1582人超満員

2015/06/27(土)みちのくプロレス「滝沢市社会福祉スポーツ振興産業振興チャリティ興行」@滝沢市総合公園体育館 観衆:1111人超満員

2015/08/13(木)みちのくプロレス「夏休みシリーズ2015」@サンレック北上 観衆:295人

2015/08/22(土)みちのくプロレス「道場プロレス2015・8月シリーズ・第1回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:57人

2015/08/23(日)みちのくプロレス「道場プロレス2015・8月シリーズ・第2回」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:77人

2015/08/30(日)みちのくプロレス「OOGAMANIA~8周年記念大会スペシャル~」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:-人

2015/09/05(土)みちのくプロレス「道場プロレス特別編~大釜の馬鹿兄弟誕生祭~」@滝沢市大釜幼稚園体育館 観衆:97人
プロレス観戦記一覧 | CM(0) | TB(-) 2015.01.01(Thu) 00:00
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード