« 2014 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2014/10/12(日)みちのくプロレス「(宗)東林寺主催 みちのくプロレス滝沢市社会福祉、スポーツ振興産業振興チャリティ興行」@滝沢市総合公園体育館 観衆:1429人超満員

今年もやってまいりました年に一度フルメンバーがタダで見れる滝沢大会!神様仏様東林寺様でございますナムナム。

みちのくプロレスの公式サイトにはなぜか開場時間が書いていないのですが、今年はちゃんと書いてあったので間に合うように行きました。かめっしーは滝沢市観光大使(非公認)の新聞記事のコピーを配りながらお出迎え、松葉杖姿の剣舞は赤い羽根共同募金を呼びかけていました。
1時間半も前に開場したということはお楽しみがいっぱいだからだと思っていたのですが、時間が過ぎるばかりでなにも始まらない。その間に剣舞が乗った車椅子をかめっしーが押しながらポップコーンとパンフレットを売り歩いたのですが、その絵面が異様でお客さんから笑いを誘っていました。
結局沼ちゃんが出てきたのは試合開始の40分前。出囃子はなぜか蝶野の曲。
「昨年よりも明らかにたくさん入っていますが…試合開始まであと40分もあるのになにしてるの?」場所取りです。
沼ちゃん、肩にペラペラのベルトを2本担いできたので、なにか新しいタイトルでも新設されるのかと思ったら(沼ちゃんがベルトを戴冠したのかとは思わなかった私)、売店で売ってるCMLLとAAAのオモチャのベルトだそうで。CMLLの方は沼ちゃんも挑戦したことがあるんですって。
「新日しか来てませんが…」と各選手のブースを紹介。新日の北上大会はチケット売りがんばってるよね。こないだのFREEDOMSの一関大会にも来てたし。でも前日の全日北上大会には来てなかったあたり、メジャー団体には確執みたいなものがあるのかしら…?
「私は気仙沼観光大使をやっていますが今年で3年目です」とかめっしーを意識した発言も。
「気仙沼二郎の歌謡ショーは1曲で終わります」で「俺の海」を披露。
それからパンチさんにも手伝ってもらってスポンサー様の紹介をしたのですが、後半がお寺ばっかりで「みちのくプロレスも宗教法人になりそう」もうすでに宗教法人みたいなユニットもいますが。沼ちゃんの退場際にパンチさん「沼二郎選手は無冠です」

続いて日本拳法大釜道場の演武。近くにいたお客さんからは「拳王来るの?」なんて声も聞こえてきましたが、来ませんでした。ノア試合無かったんですけどね。やっぱり組手すごいな。寸止めできるのがすごい。

再びアトランティスじゃなくて沼ちゃん登場。「2回目の歌謡ショーです」時間が余ったのかしら?アトランティスのマスクを被って「先日のマスカラ戦すごかったですね」と話を振ってみたものの無反応で「あ、興味ない」2回目の歌謡ショーでは「海の魂」を披露しました。
パンチさんは「3回目の歌謡ショーでお会いしましょう」と言いましたが、3回目はありませんでした。

1時間前の開場でもよかったんじゃないかと思わなくもないですが、定刻に選手入場、正規軍と4FW勢とゲスト参戦選手が参加。挨拶はかめっしー。そういえば会場内に観光大使(非公認)就任の横断幕が貼ってあったのですが、OOGAMANIAで使ったのと同じもので、「野橋太郎」のところに「かめっしー」と手で書いた紙を貼り付けただけというてきとうっぷり。作り直さなくてもいいからもうちょっとレタリングっぽく書くとかできなかったのか。挨拶の内容は忘れました。
続いて来賓のご挨拶。「滝沢市長がいらしているのでご挨拶を」と呼びこまれた方は市長ではなかったようで「副市長の、○○です」と、少しバツが悪そうでした。そういえば市長(当時は村長でしたが)はOOGAMANIAにいらしてご挨拶されたことがありましたね。それなのにかめっしーを公認してくれない滝沢市!
最後は主催の東林寺副住職のご挨拶。「無事に8回目を迎えることができました。今は10回目をどうしようかなと思っているところです。来年も再来年もやるということです」早くも開催宣言が出ました!楽しみにしています!記念撮影をして選手退場。いよいよ試合開始!

1.15分1本勝負
○オーウェン・フェニックス(8:15片エビ固め)アントニオ・デ・ルカ×※ニーリフト

お初のアントニオ・デ・ルカから入場。イケメン!美ボディ!ちょっと後退気味の黒髪に浅黒い肌で色気ムンムン!
続いてお久しぶりのオーウェン。ヒゲが濃くなったような?ハイタッチしながらリングサイドを回ったら男子中学生軍団がジャニーズファンかってくらい黄色い声を上げて大興奮。「触った!」って韓流ファンのオバチャンか君らは。
デ・ルカはリングコールでコーナートップに寝そべってアピール。やってることはくいしんぽう仮面と同じなのにこうも違うのか。
試合前からひとクセありそうだと思わされるデ・ルカ。でも立ち上がりはロックアップ→リストの取り合いと真っ当。4FWのプロレスは基本に忠実でとても安心して見れます。
オーウェンと比べてデ・ルカは体が厚く、勢いもあるし手数も多い。そして口数も多い。やたら天を指差して「デ・ルカ~~~!」と自分の名前を叫んだり。しかし「ストゥーピッドジャパニーズ」は聞き捨てならん。デ・ルカはヒールタイプだな!
押され気味なオーウェンでしたが、ノータッチトペをズバッと決めて一気に形勢逆転、コーナートップで手拍子を煽ってドラゴンリングインで膝蹴りでピンって、なんだそりゃって感じのフィニッシュでしたが、オーウェンが勝ってヨカッタヨカッタ。
試合後もリングサイドを回り、お客さんのカメラに向かってポーズ。チビッコ達にはピラニアのように群がられて熱烈歓迎を受けたオーウェンでした。
2年振りのオーウェンでしたが、オーウェンも郡司みたいに全然太れないタイプなのかなあ?オーウェンと同じく2年前に来日したアリはどんどんデカくなってるのにオーウェンは薄いままだったので…。ま、かわいいからいいや。ヒゲ濃いけど。
これから3か月間よろしくね!

2.3WAYマッチ20分1本勝負
○ラッセ(5:25高角度回転エビ固め)ヤッペーマン1号×
※もう1人はヤッペーマン2号

欠場者続出の煽りを受けてか?9月の秋田に続いてタッグ屋対決がまたもや実現。短いスパンで2回目となると実現って感じでもないか。今回は1号が女性ボーカルバージョンで2号が通常バージョンで出てきました。
例によってラッセ対ヤッペーマンズなポジションになり「3WAYのルールわかってんのか?1対1対1だぞ」とラッセのツッコミが入るも「会社を恨め」と1号はどこ吹く風。するとラッセは「2対1でやってやるよ!」と強気。いざ2対1で歯が立たないとなると「卑怯だぞ!」1号「さっき2対1でいいって言ったじゃねえか」
結局、2号が1号を裏切る形で3WAYの展開に。3WAYになってもやっぱり張り手合戦ではラッセが割を食ってしまいます。
途中でヤッペーマンズが仲違いを始めたのでラッセが仲裁に入ろうとしたのですが、1号に「黙ってろ」とビンタされ、2号にまで「シャラップ」とビンタ。両側から同時にビビビと張られてかわいそう。
さすがのラッセも怒り爆発、ハンドスプリングで二人まとめてなぎ倒す!しかしもう試合の展開は完全に2対1。ヤッペーマンズの連携プレーにラッセピンチ!
1号がラッセを肩車して2号がコーナートップに立ち「ダブルインパクトだー!」しかしラッセは肩車された体勢から1号をグルリと丸め込んで3カウント!ハンディキャップマツチを見事に制しました!
リングに取り残されたヤッペーマンズは肩をド突き合い責任を擦り付け合っていましたが、最後はハグで仲直り。これからも仲良くね!

3.WAVE提供試合30分1本勝負
○大畠美咲、渋谷シュウ(11:22ブルークラッチ)フェアリー日本橋、下野佐和子×

選手入場のときに大畠選手が大畠選手だと気付くのに暫し時間がかかってしまいました。そういえば大畠選手の入場曲ってマキシマムザホルモンなんですね。マキシマムザホルモン使ってる人多くない?竹田誠志選手にアップルみゆき選手に…まあ人気バンドだから被るのも仕方ないか。
渋谷シュウ選手は名前だけは知っていたのですが(シュウなので)お初。若い選手だと思っていたので年齢を知ってビックリ!細くて引き締まってるし声も若いし信じられなーい。
下野佐和子選手は名前と顔は知っていましたがこちらもお初。渋谷選手とは対照的ながっちりタイプ。見た目とは裏腹に声はかわいらしい感じ。スキンヘッドがインパクトあるけど柔和な顔立ち。
試合を前に厳しい表情の4人もチビッコからの花束贈呈では優しい笑顔を見せていました。
渋谷選手と下野選手でスタート。ロックアップしてグウンドへと、女子プロらしくない(?)ゴリッとした展開に少し驚いてしまいました。
代わって大畠選手と日本橋選手。大畠選手は殺伐とした雰囲気でリングインしたのに、日本橋選手は例によって両手をひらひらさせてフワリフワリとスキップしながら大畠選手のまわりをクルクル。「私は戦う森の妖精フェアリー日本橋。あなたはだあれ?」大畠選手は戸惑いながらもぎこちないスキップでフェアリー選手のまわりをくるくるまわり「私は青い」と自己紹介を始めると日本橋選手が突然「うるせー!」とドロップキック。日本橋選手ヒドイ。怒りの大畠選手、日本橋選手をボコボコにして片足フォール。こえーかっこいー。
日本橋選手はここから本領発揮。魔法のステッキで触れずして大畠選手をバカスカ投げ飛ばします。こりゃ一度マスターと手合せ願いたいものである。リング下で見守っていたお兄ちゃんズは日本橋選手の魔法のステッキを「凶器だろ!」とレフェリーに抗議するも認められず。
日本橋選手は面白いことをやってるから面白いんだけど、渋谷選手の奇声を発しながらのモンゴリアンチョップもなんだか面白くてついつい笑ってしまいました。
下野選手は体格に見合ったパワーファイト。体格のいい女子のパワーファイトは大好物なので最高でした。小柄な大畠選手もボム系の技をやってて驚きました。
渋谷選手に羽交い絞めされた日本橋選手が魔法のステッキで渋谷選手の頭を叩くというただの凶器攻撃じゃねーかな笑える展開もありつつ、終盤は技の応酬で一時も目を離せませんでした。
いやもう最高でした!日本橋選手が参戦するということでぶっちゃけ期待してなかったのですが、日本橋選手もひっくるめて本当に面白かった!大した数見てないけど、今まで見た女子プロの試合で一番面白かったかもしれない。
バラモンじゃないけど3号はいろいろできるから3号なんだなと思いました!日本橋選手もなんだ全然フツーに戦えるじゃんって。誤解していました!どうもすみませんでした!

休憩の前に地元の演歌歌手・三浦わたるの歌謡ショーが開催されました。休憩時間はその後にキッチリ10分間設けられました。

4.BADBOY対チーム大釜30分1本勝負
○フジタ"Jr"ハヤト、南野タケシ、卍丸、ken45°(12:08片エビ固め)日向寺塁、佐々木大地、郡司歩、かめっしー×

なんでこれがメインじゃないんだよ(答.片付けが大変だから)と言いたい滝沢大会にふさわしいカード。
滝沢市観光大使(非公認)かめっしーも滝沢大会に初登場!(滝沢大会と大釜大会は別物)チビッコからもかめっしーに声援が飛んでてホントに人気者っぽく見える!
塁が入場用ガウン脱ぐのに苦労してて笑った。腕が抜けないみたいだったけど、サイズ合わなくなったのかね?そろそろニューコス?でも塁赤似合うよね。見慣れただけ?
バッドボーイの奇襲で試合開始、郡司が捕まる展開に。バッドボーイのコーナーに連れていかれてチーム大釜は助けに行きようがない。
自力で脱出した後は、塁やかめっしーが流れを変え、郡司がブルドッキングで叩きつけて立ち上がったところで大地がトラースキックを放つという好連携も見せてくれたのですが、力及ばず。バッドボーイのチーム力にはかないませんでした。結果、片エビ固めだけになってるけどフィニッシュムーブはヘルム?でいいのかな?もうどれがヘルムでヘルムじゃないんだかわからん。何か「今からヘルムやります!」的なムーブがあると助かるのですが。ともあれ蹴りでのフィニッシュは久々に見たような。
バッドボーイ対ニューフェイズだと悲壮感が漂いそうな試合も塁の存在はやはり心強いし、かめっしーが出てくると空気が明るくなっていいですね。とにかくかめっしーのおかげで完全にバッドボーイの色に染まらないで済んだかなと。バッドボーイももうちょっとユーモラスだといいんだどねえ。
試合の内容あんまり覚えてないけど、塁がハヤトにつっかかって始まった試合後の乱闘は面白かった。大地とやりあってる南野もなんだか楽しそうだし。ハヤトと塁はリングの上下で視線バチバチ。明日のシングル戦に向けて殺気立ってますな!
乱闘も収まり両軍引けた後はハヤトだけ残って四方に二拝一礼。これも久々に見た。
滝沢大会だからってわけじゃないんだけどチーム大釜の勝利を期待したんだけどなー。バッドボーイ全然負けないなーとくにハヤトが全然負けなくて悔しいので今年の試合結果遡って調べちゃったよ。
以下、今年ハヤトが負けた試合。

・みちのくふたり旅の1回戦
・新木場のインクレイブルタッグ
・東北Jr挑戦
・青森で郡司と組んだ対舎人一家戦
・東北タッグ挑戦
・ムーの太陽との初対決

6試合しか負けてない…。去年はバッドボーイには大地がいたし、それまでも対抗勢力には必ず拳王がいたからちょこちょこ負けてたんだけどね。明日の仙台に期待。

5.滝沢市スペシャルマッチ時間無制限1本勝負
○ザ・グレート・サスケ、バラモンシュウ、バラモンケイ(16:34メシア降臨)新崎人生、シーサー王、気仙沼二郎×

ムーの太陽はどこから出てくるかわかんないのでソワソワ。やっぱりお客さんいっぱい入ってると混乱っぷりもすごいですね。
イニシエーションではマスターにウルトラマンとウルトラ怪獣のフィギュアもらったチビッコが大興奮!目をキラッキラさせて周囲のお客さん共々大マスターコール!大量の信者をゲットしました!
マスターコールを煽りながら会場を練り歩くバラモン、ケイは座りこんだまま微動だにしないおじいさんにピンポイントでマスターコールを煽るのですが、おじいさん、ニコリともせずケイを凝視。結局ケイが根負けしてその場を立ち去りました。もーこの場面シュールすぎて最高。大笑いしてしまいました。
私も飽きてきたのでリング内の人生やらシーサー王やら沼ちゃんやらを見つつ、バラモンのうたも二周した頃にようやっとリングに出揃いました。なげーよ。
先発はマスター対人生。そういえばムーの太陽って奇襲しないよね。人生に気を送り続けるマスター。たまにはずれてバラモンに当たりそうになったり。コーナーを背に倒立したりといったマスターの奇行にも人生は冷静。マスターがリング中央に座禅を組み右の頬を差し出すと、人生が鼓膜が破れそうなほど強烈なビンタをお見舞い、吹っ飛ばされながらも、左の頬を差し出すと今度は地獄突き。思わず悲痛な声が漏れるマスター…。こんな攻防ですらかめっしーとの攻防と比べると相当真っ当に見える。容赦ない攻撃でマスターを弱らせると、マスターを相手に拝み渡り!しかしチョップはすかされてしまい、腕力でマスター反撃!
人生に代わってシーサー王登場、シュウがショルダータックルで挑むがビクともしない。ロープワークでは伏せたところを踏みつけられてしまい、シュウ大変。「デブすぎるだろ!」とどうすればいいかわからない様子でした。
沼ちゃんに代わるとケイも飛び込んできて沼ちゃんをボーリング攻撃の餌食に。シュウのボーリングコールレクチャーがいつもより丁寧でした。
バトルは場外乱闘へ。滝沢大会といえばただでさえ広い体育館を飛び出してのパノラマバトルが付き物なのですが、今回はそれは無かったみたいですね。シュウは沼ちゃんを引きずり回し、ケイはシーサー王を壁に叩きつけるとお客さんをよけさせてものっすごい助走をつけてアタック!しかしよけられてしまい壁にドカン。
リングに戻った面々、シーサー王にブレーンバスターで投げられそうになったケイは「いやだー!」弟のピンチにシュウが加勢、「二人でなら投げれる!」結局バラモンの方がふたりまとめて投げ飛ばされてしまいました。シーサー王すごすぎ。
攻撃の手はとまることなく、バラモンのどっちかに沼ちゃんのその場飛びセントーンに続いてシーサー王がその場飛びプレス!強烈!
バラモンをふたりまとめてコーナーに座らせると更に尻を突き出してグッタリなサスケを被せてボーリング攻撃!人生のフォームはいつ見ても美しい!でもストライクはやってくれないのね。
このままフィニッシュへ向けて人生がバラモンのどっちかを念仏パワーボムで持ち上げようとしたところにバラモンのどっちかがパウダー攻撃!
標識攻撃の誤爆があったものの、沼ちゃんを捕えるとシュウがゾンビキング、ダメ押しで久々のメシア降臨を決めてムーの太陽が勝利しました。

バラモンがいつもの調子でマスターのおかげで勝てたとかなんとか始めると、突然「ヘイ!マスター!」声の出どころは2階席のオーウェン。えっ、タッグベルトにでも挑戦するの?と思ったら「宇宙大戦争は?!」あーそういえば。滝沢大会は宇宙大戦争の火種が蒔かれる日!と騒いでたわりにはオーウェンに言われるまですっかり忘れてました。
シュウ「なぜガイジンが宇宙大戦争のことを」ケイ「しかも外人なのにきれいな日本語で」シュウ「宇宙大戦争はそのままスターウォーズでいいんじゃねえか?」
「平和なんだからやらなくていいだろう」と言うシュウに「君たちは平和ボケしている」とマスター。「地球には危機が迫っている」と続けます。「それって宇宙大戦争もありえるということですか?」というシュウの問いかけには答えずマイクをそっと置いてリングを降りるマスター。シュウ「マスター、山口百恵じゃないんですから」ホンット、バラモンはよくこういう言葉がポンポン出てくるよな感心するわ。
またまた投げっぱなしやりっぱなしの状況を締めなければならないバラモン、「マスター、地球に危機が迫っているとおっしゃってましたが俺たちに危機が迫っています」と言いながらも、「地球の危機から助かりたい奴はムーの太陽に入信しろ。さもなくば(ry」で大会を締めました。
リングを降りたバラモンは自コーナーに行くもメインだから片付けなくていいということに気付いたみたいで手ぶらで帰っていきました。言葉を交わすこともなく同じ行動してる二人を見て双子って不思議だなーと思いました。

全試合が終わり、バッドボーイがサイン会に立った売店も大盛況!各選手のブースもにぎわっていました。撤収班もお客さんにサインだの写真だのをせがまれて全く作業が進んでいない様子でした。

この会場は体育館を出るとバックステージで記者会見してるのが丸見えなんですよね。声は何も聴こえないけどこれも楽しみのひとつです。ところで宇田川さんって大体いつも座ってるからあまり思ったことないけど、オールバックで紺とか黒とかの作業着着てるからちょっと右翼っぽいなーと。立ち姿を見て思ってしまいました。

会場の出入り口ではかめっしーが徳島ラーメン人生のライス無料券を配りながらお見送り、沼ちゃんも矢巾の優待券を配布しながらお見送りに立ちました。

今年はみちのくふたり旅の決勝を翌日の仙台に譲り、かといって沼ちゃんの20周年みたいな特別なこともなかったのですが、とっても楽しい大会でした!
さすがにみちのくふたり旅決勝戦のような爆発はなかったけど、最後までほのぼのした空気が続いてそれもそれでいいかなと。
阿修羅と違ってムーの太陽が勝ってもなんとなくハッピーな空気でおさまっちゃうしね。これもサスケのカリスマ性のおかげ?
欠場者続出で不安もありましたが、4FW勢に女子プロ勢、シーサー王にも助けられ、影響を感じませんでした。
とりあえず宇宙大戦争の火種も蒔かれたし、後は年末までなるようになれですね。
来年も再来年もよろしくお願いします東林寺さん!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2014.10.12(Sun) 23:59

ダブスタ

みちのくふたり旅決勝戦のカードが決まり、仙台大会の全カードが発表されました!

第5試合
フジタJrハヤト 対 日向寺塁


きたああああああああやったああああああああ!!!!!
忘れもしない2013.7.15、2年半振りのハヤトと塁の一騎打ちにて塁が場外ムーンサルトで着地に失敗し負傷、10ヶ月もの長期欠場を余儀なくされたあの日から1年と3ヶ月。会場は違うものの、同じ仙台で同じカードが実現!その試合はハヤトのTKO勝ちという結果ではあったものの、完全決着はしていない!このカードは1年3ヶ月前の続きと言っていいでしょう!塁よ今度こそ!今度こそハヤトを越えてくれ!ハヤトも勝率100%なんて張り合いがないでしょう。見てるこっちだってシングルにしろタッグにしろハヤトの勝ちばっかりでつまんないもの。ただ…復帰後の塁はkenにも沼ちゃんにも負けてるんだよねえ。タッグでも普通に負けてるし。このカードだって私が思っているような満を持してではなくて欠場者続出の煽りを受けて決まったかもわからないし。実情はどうあれ、負けが立て込んでたのは見切り発車の復帰で本調子じゃなかったから、ようやく塁が本調子に戻ったものだと思って、私は満を持してだと信じてるよ!

ハヤトと塁のシングルが嬉しすぎて忘却の彼方に行ってしまいそうになりましたが、みちのくふたり旅の決勝のカードはナントビックリバラモン兄弟対ニューフェイズ。ニューフェイズが東北EXPRESSに勝ったの?!と思ったら剣舞が負傷欠場でかめっしー沼ちゃん組とやったそうで。不戦勝ではないのでラッキーというわけではないはずなのになぜかラッキーという言葉が頭に浮かんできてしまいました…。いや急造タッグとはいえかめっしー沼ちゃん組に勝つなんてたいしたものですが。このまま勢いに乗って優勝だ!…なんてとても言えませんわ。だって先月の東北タッグ選手権なんてケイひとりに負けたようなものだもの。そんなニューフェイズがムーの太陽じゃないよバラモン兄弟だよ、バラモン兄弟に勝つなんて考えられない。せっかく掴んだチャンスなんだからとかなんとかニューフェイズに期待するきれいな言葉を並べたいけどどうしても無理。先月の今月じゃさすがに無理。こりゃ今年はバラモン兄弟の優勝かなあ。二大タイトル保持してる上にみちのくふたり旅まで優勝しちゃったら今年は見事にムーの太陽イヤーだな。いやいやなにが起こるかわからないプロレス。ってこれもきれいな言葉か。はてさてどうなりますことやら。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2014.10.12(Sun) 23:45
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード