« 2014 . 05 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

真昼間っから地下室で

町あかり。

神楽坂のMASH RECORDSというレコード屋?楽器屋?にて月イチで開催されている町あかりちゃんの招待制ライブ「神楽坂劇場星組公演」に当選したので行ってまいりました!
この日に向けて仙台のインストアイベントのときにファンの方からいただいたピコピコハンマーをちょこっと改造。
CIMG0240.jpg

会場は雑貨屋の一室といった感じ。ステージもあるし照明もあるしミラーボールもあるし、想像してたより全然ちゃんと「会場」してました。感心したのが客席のつくりかた。ステージ前のゴザ席は着席だとかなり見上げるかたちになるもののステージとの距離感はゼロ。椅子席はちゃんと段差があって前の人の頭が邪魔になることもないし、一番後ろでも表情がはっきり見えるくらいの距離感。40名収容するためにあらゆるスペースに席を作るので関係者気分で真横から見るような席もありました。

お時間やや過ぎたところであかりちゃん登場。この日の衣装は白基調に赤のラインが入ったちょっとコミカルな衣装。
ここの会場でしか聴けないという「神楽坂劇場のテーマ」からスタート。初めて聴きましたが歌詞にさらっと「まちのあかり」と盛り込んである、ステキな曲でした。他にも初めて聴く曲がいっぱい。全曲集その1に入ってる曲でやったのは「コテンパン」と「もぐらたたき」だけでした。「うっそみたい」はサビに勢いがあってかっこよくて印象的。「ハイヒールが折れたわ」は甘い誘惑についつい負けてしまう女心をゆったりと歌った曲。相も変わらず一度聴いたらどころか一番だけ聴けば二番が一緒に口づさめるキャッチーさ!はやくCDでも聴きたい!
これまた初めて聴く曲の「あちゃ~」には振り付けがあるんですけど、猫の手でにゃんにゃんみたいな。これ、一緒になってやらされるんですけど、お客さんも素直にやるんですけど、あかりちゃん「みなさんとってもかわいいです~」ってまたまたご冗談を!「コテンパン」といい、あかりちゃんの振り付けはあかりちゃんがやればかわいいけどあかりちゃんの支持層の大半を占めるであろうかわいくない年齢の人にとってはハードルが高すぎる…!

ゲストギタリストの畳さん(?ピエール瀧の昔の芸名じゃあないですか)を迎えてのカバーコーナーでは大瀧詠一の「カナリア諸島にて」を披露。トリハダ立つ(誤用)くらい素敵でした。あかりちゃんは「コテンパン」とか「あちゃ~」みたいなアップテンポな明るい曲もいいけど、この曲や「ハイヒールが折れたわ」や「ひょん!」みたいなスローテンポなゆったりした曲もすごくいい!

ここの会場でしかできないDJコーナーは会場後方にあるDJブースで町あかりちゃんがお気に入りの曲をかけてみんなで盛り上がろう!という企画。もちろんただだまーって聴くだけではなく、あかりちゃんがレコードに合わせてうろ覚えで歌います。清水健太郎の曲の後の「次は健全な曲です」にお客さん大笑い。「今日流した曲全部わかった人?」に挙手したお客さんを見て「やっぱり長く生きてるといいですね」って、これにも失礼ながら笑ってしまいました。

トークは告知が中心でした。7月と8月はワンマンショーをお休みして地方に行ったり、曲や衣装の製作に充てるとのこと。現場主義の人はガッカリでしょうが、地方の人やリリースを待ち望んでいる人にとってはちょっぴり嬉しいニュースでした。
それからあかりちゃんからの伝言。「最近、当選メールを出したのに来ない人が居ます。当選しても外れてもメールは行きますので、必ずチェックしてください。」この日も40名招待のはずが20人ちょっとしか来てなくて、定員割れしたのかな?と思っていたのですが、そういうことだったのですね…。本当にメーラートラブルだったら仕方のないことですが、中には「行けるか行けないかわかんないけどどうせペナルティもないし応募だけしておこう」という人もいそうな気がします。抽選してる以上は無断欠席にはペナルティを課すことも考えなければならないのでは?空席がもったいない!

45分のステージとのことでしたが、アンコールもあり、結局1時間くらいやったかな?時間だけ見ると短く感じますが、1時間できっちり満足させてくれるなんて素晴らしいことです!さすがあかりちゃん!
終了後はあかりちゃんが出入り口でお見送り。お見送りがあるなんて知らなかったから喋ること何も考えてこなかったよ!「こんにちは」って挨拶しかできなかったよ!近所で行き会った人か!

これまで見た横浜のラジオ番組の公録と仙台のインストアイベントのステージはどちらもアウェーでしたが、今回はホームということで、やっぱり雰囲気が違うなと思いました。あかりちゃんもリラックスしているように見えました。意外だったのがホームでもお客さんは案外大人しいんだなということ。求められれば応えるけれども、過剰なアピールはしないといった感じの。やっぱり大人なファンが多いのかしら?年齢的な意味で。

大学を卒業したあかりちゃん、音楽活動に専念できるようになったことと思います。「あんな狭い会場で見たなんて信じられない」と思える日が早く来ますように!あと全曲集その2も早く出ますように!
ライブ・コンサート | CM(2) | TB(-) 2014.05.24(Sat) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード