« 2014 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

懲役30分

式貴士「カンタン刑」を読みました。
表題は「世にも奇妙な物語」の傑作「懲役30日」の原案。前にブックなんたらで立ち読みしたのでボンヤリは覚えてたんですけど、腰を据えて読んでみたらまあーなんと気持ちの悪いお話ですこと。喉の奥がモヤモヤしっぱなし。オエー。gkbrが嫌いな方は触らぬが吉。
表題以外も悪趣味な話ばっかり。悪趣味なくせに「おてて、つないで」とかなんでこんなに切ないんだ…。
最後の「Uターン病」は、発症した年齢から若返っていき0歳になったら死ぬという奇病の話。死ぬ日が決まっていることも恐ろしいけど、若返るにつれてできることができなくなっていくことも恐ろしいし悲しい。
笑える話もあるし(あとがきも笑える)奇想天外なのはいいけど宇宙人オチは好かん!
近未来設定のわりに男女像がずいぶん古臭いなあと思ったら1977年当時45歳でデビューした作者の処女作品集という。どうりで。

さて「懲役30日」。首に革紐巻かれて炎天下にさらされるシーンしか思い出せなくて、で、DVD化されてるんですね。借りて見ました。
私の記憶は間違ってませんでした。炎天下でさらされるシーンしかありませんでした。まあたしかにあれ映像化するのは無理があるよね。と納得はしたのですが、エンドロールのクレジットに「原案・式貴士「カンタン刑」」なんてひとっことも書いてないじゃあないですか。あれー?なんで私これが原案だと思ってたんだろー?ネットで「これってカンタン刑が原案じゃないの?」というのを見てそうだと思いこんでたのかなー?うん、きっとそうだ。たしかに設定は同じで細かいところがだいぶ違うけどクレジットしないと文句言われそうな程度には同じだぞ。
読書 | CM(0) | TB(-) 2014.02.12(Wed) 21:56
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード