« 2013 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2013/09/07(土)みちのくプロレス「道場プロレス2013・9月シリーズ・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

はじめに。文中で土日の道場プロレス二連戦でアリが今回の留学期間を満了して帰ってしまうような書き方をしていますが、書いていた時点では本当にそう勘違いしていました。だとしたら今度の東北タッグ選手権の野橋のパートナーを誰だと思っていたんだ自分は。書き直すのめんどくさいのでこの追記をもって訂正に代えさせていただきます。「ハハハ、こいつバカだ」と思いながら読んでいただければと。

というわけで観戦記スタート↓

アリの今回来日分も残り2試合。今日と明日の両日観戦者には阿修羅と記念撮影ができるということもあってか?お客さんもいつもより多目なかんじ。売店はルチャ祭りということでたいへんにぎわっておりました。

お時間になりまして長渕剛の「とんぼ」にのって沼ちゃん登場。「今日は長渕剛さんの誕生日なのでこの曲ですが私は長渕さんにはあまり興味がありません。長渕さんについて知っていることといえば新極真会の歌くらい」
「今日、設営もしていないような時間に体育館通り越して事務所まで入ってきた人がいました。開場前の大釜幼稚園敷地内への立ち入りは禁止です!絶対にやめてください」私この注意事項見る度に洗濯機で猫を洗わないでくださいレベルの注意事項だと思っていたのですが、本当にいるとは…。
今日は告知がたくさんありました。売店のルチャ祭りでは本物マスクを販売。良い品だそうです。「帽子も売ってるけどあれを被る勇気は無いなあ」たしかにあのデザインはちょっと…。販売促進の一環かな?明日の道場プロレスにマスクを被ってくると売店で使える200円分のサービス券をプレゼントとのこと。「風邪用の普通のマスクではだめですよ!」
マウンテンキングでは、冷凍ホワイトカレー1個購入につきお楽しみくじが引けるとのこと。グッズはプロレスTシャツやらサイン色紙やらノベルティやらポスターやら。当時イベントで配ったというポケットティッシュなんかもあって「物持ちいいね」と沼ちゃん。
日程告知では9月の三連戦と10月のみちのくふたり旅のことを。決勝戦の毎年恒例滝沢村チャリティ大会では下田美馬選手と男盛先生が特別参戦!もちろん入場無料です。
「明日はじゃんけん大会はありません。ということは他になにかあるということです」「今日は郡司特製ちゃんこのお振る舞いがあります。トマトちゃんこだそうです。試合する前の40過ぎの体には重いので私は食べてませんがおいしそうです」
「いっぱい告知したので歌ナシでじゃんけん大会に行ってもいいのですが」と言いつつも「長渕剛ばりのハーモニカで。興味ないくせに」とやる気満々でしゃぼん玉を披露。今日の沼ちゃんはとてもよく声が出ていました。
続いてジャンケン大会。本日の目玉商品はサスケとディック東郷の寄せ書きサイン色紙とお菓子4袋の計5名様に。実際は諸事情により3名の手に渡りました。サインだのグッズだのにてんで興味の無いプロレスファンってのもいるもんなんですなあ。

1.10分1本勝負
○野橋太郎(7:10リングアウト)気仙。沼ジローラモ×

東北タッグ選手権の前哨戦がこんなところ(失礼)で実現!入場時から視線バチバチ。
リングコールではベルトを野橋に見せ付ける沼ちゃん。野橋が「なんなら今ここでやってやろうか?!」とベルトで綱引きが始まってしまいました。レフェリーのマイトさんがゴングを要請して試合開始。綱引きの末、野橋が本当にベルトを奪ってしまいました!しかもマイトさんを道連れにベルトでクローズライン!マイトさんなにやってんの…。
ホイップ合戦から場外へ、リングサイドで壮絶なチョップ合戦を展開。しこたま打ち合った後、我に返って「リングでやろう」と、リングに戻るも打ち合いは続き「どこでやっても同じじゃねえか!」じゃあ、と再びリング下へ。しかし今度はマイトさんが場外カウントを始めてしまい「えっ?えっ?」と妙に早い20カウントギリギリでリングイン。当然選手からはカウントの早さについて抗議がありました。
ようやく試合はリング上に戻り、沼ちゃんの攻撃。ダイビングヒップアタックを当てると、早くも気仙沼落としの体勢に!抜けられるもすぐに頭を切り替えてダイビングギロチンを投下!プロレスラブポーズでのアピールからシャイニングウィザードを放つも野橋が迎撃。
沼ちゃんの気仙沼落としが早ければ野橋が一斗缶に手をかけるのも早い。おもいっきりマイトさんに見られてますが。「持ってるだけ」と言い訳するもそんなわけない、沼ちゃんめがけて振り下ろすと沼ちゃんは見事キャッチして一斗缶を奪取するも、野橋が隙を見て押さえ込み、あわや3カウントというところを沼ちゃんが一斗缶を野橋のハゲ頭にガツン。ことなきを得ました。
三度場外へ、今度はもみ合いながらOOGAMANIAではエントランスとなる扉を開けてふたりして出ていってしまいました…。リングの上ではマイトさんが場外カウントを進めています。場外カウントに気付いたか、ひと足先に姿を現した野橋は近くにあった折りたたみテーブルで出入り口を塞ぎ、沼ちゃんが入ってこられないようにしてしまいました。野橋はテーブルごと沼ちゃんを抑えたままカウントが進むのを待ち、ギリギリでリングイン!沼ちゃんは場外でカウント20を聞きリングアウト負けを喫してしまいました。
コーナーに上り「やったぞー!」と喜びを爆発させる野橋。よ、よかったね。意気揚々と退場する野橋の後ろではマイトさんが沼ちゃんに試合序盤で野橋に加勢したことについて問い詰められていました。沼ちゃん、場外乱闘の際に指を切ったそうで…。お大事に。
いやーもー最高でした。ゴング直前までの緊張感は一体なんだったのかと!東北タッグ選手権への期待が高まったかって?…別に。
飾り気の無い試合もいいけどさ、そればっかりじゃ疲れるもの!清涼剤のようなこういう試合をたいへん好ましく思います。

2.15分1本勝負
○ベナーム・アリ、拳王(14:05ラクダ固め)郡司歩、佐々木大地×

大地髪切ってスッキリ。郡司も多分髪切った。
大地がアリと戦えるのもひとまずはこれが最後。先発はこの二人でバックの取り合いからスタート。大地がアリにヘッドシザーズをかけるも、アリは西村式倒立から前方に倒れてフェイスロックに移行。お見事。
大地郡司組が拳王を自コーナーに追い詰めるシーンがあり、おおっ?!と思ったのですが、郡司が拳王からの腹パン一発で動けなくなる…。おい…。そんな脱出の仕方アリかよ。郡司もしっかりしろ。
腹パン一発で動けなくなった郡司ですが、エルボー連打で拳王を倒したのには会場がどよめきました。別に大地が目立って捕まってたわけじゃないんですけとね、ふたりしてまんべんなく捕まってたんですけどね、拳王相手にトップロープからのミサイルキックに三角飛びアームホイップ(?)、更にボディスラムのどれもが決まり郡司大活躍。しっかし拳王はまた一段と体がデカくなったような。や、郡司が拳王を持ち上げたのを見て、おおっ!と思ったものですから。あ、書いてて気付いたんですけど、この試合はアリ対大地が主題だから、自然、拳王対郡司になるわけですね。納得~。
さて主題のアリ対大地に話を戻して、どうにも大地が受ける場面が目立ってしまいます。というより、アリが受けない。こんなに受けなかったっけ?っていうくらい受けない。コーナー串刺しの攻撃を2回も3回も連続でよけられると「…」ともなりますわな。んでもって、セカンドコーナーからのムーンサルトで自爆するもすぐに立ち上がって攻撃、トラースキック食らうもカウンターでラリアットって立ち直りが早すぎるよ!
タッグ力としては拳王とアリのチームワークなんてあってないようなもんですから(肩組んでのビッグブーツくらい)、チームプレーが目立ち始めた試合の終盤ではまさかと思える場面がチラホラありました。
これで終わりかと思ったアリの垂直落下式ブレーンバスターを大地が返したのには大歓声があがりました。キャメルクラッチに捉えられても声援を受けてねばりを見せた大地でしたが、あえなくタップ。残念ながら悲願の一勝は果たせず。次回に持ち越しですな!
ゴング鳴ってからも離さないのはいつものことだけど、ストンピングはしなかったので、良い傾向だ!と思ったのに結局ストンピングしはじめて、拳王がまあまあって感じで止めてたっけな。

試合後はめっっっずらしく拳王がマイクを持ちました。私ハヤトのマイクは比較的覚えられるんですけどねー。拳王のマイクってほんっとに覚えられないんですよ。何言ってるかよくわからない…。えーと、「アリは留学期間ものすごく努力してお前らの何歩先も行ってるしイギリスに戻ってからも努力は続くだろうからお前らはいつまで経ってもアリに追いつけないかもな」みたいなことを喋ってたと思います。これに「うるせえバカ!」と返した郡司。いいぞ!拳王も「おまえが怒ったことは覚えとくよ」と好反応でした。「明日はアリと全力で最高の試合をするから見に来い」と明日の予告をして揃って退場していきました。

そんな会場の片隅ではちゃんこをよそう沼ちゃんの姿が。おもむろにマイクを取ると「えーなぜか私がよそっていますが、郡司特製ちゃんこのお振る舞いがあります。おなかのすいたチビッコからどうぞ」と、どうも量が充分ではなかったようで?何とかギリギリで間に合わせたようです。おいしゅうございました。

第1試合は文句なし。ゴツゴツの試合を期待していただけに、裏切られたけどこういう裏切られ方なら悪くないです。
メインは熱戦だったのは間違いないのですが、納得しきれない部分もあり。

明日のメインはアリ対拳王!私、今回の留学期間でアリが負けたの一度も見てませんからね!ぶっちゃけ「負けないアリ」には不満があるんですよ!もうね、拳王にはゼヒゼヒアリをボコボコにしていただきたいと!アリの健闘を祈る以上にそっちを願ってしまいます!
プロレス観戦記 | CM(2) | TB(-) 2013.09.07(Sat) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード