« 2013 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

2013/02/17(日)みちのくプロレス「道場プロレス2013・2月シリーズ・第4回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

ひとまず最終日ですかね?
本日の入場曲はPERSONZの「AMETHYST THERAPIST」2月の誕生石にちなんだ選曲とのこと、例によってアメジストに関するウンチクを披露する沼ちゃん。「出囃子はいつも頭を悩ませていまして…この時期だと大体バレンタインデイキッスとかになるじゃないですか」でも曲に関する説明とかはイマイチだったかなとかなんとかごにょごにょ「反省します!」
告知は「昨日と同じなのでいいですね」と放棄。カレンダーは受付が3月3日までなのでお早目にとのこと。告知にはありませんでしたが、20周年写真集は会場販売分は売り切れたようです。マウンテンキングの宣伝もしていたけれど、客入れ中に瀧澤専務が「今日は試合開始と同時に店仕舞いします。G1があるので帰ります」と言っていて、本当に宣伝している横で片付けていました。
「いつもの曲を歌います」で、しゃぼん玉。「今日こそ一緒に歌いましょう!」という沼ちゃんの呼びかけも虚しく…。もうどっかのバンドみたいに「全員歌うまで帰しません!」とか言わないと歌わないと思います。
今日は沼ちゃん下にコスチューム着てなかったので試合ナシですね。

1.15分1本勝負
○拳王、日向寺塁(12:44片エビ固め)大柳錦也、郡司歩×※羅喉

いきなりですが、この試合はダメでした…。
郡司がもどかしいほどに捕まってしまうのはいつもの展開として、やっぱり拳王が受けないし、散々圧倒的な攻撃をしておいて郡司のミサイルキック一発であっさりと大柳へのタッチを許してしまうのも、ええ~?って感じでした。なにより今回また羅喉を出したんですけどね、形が崩れちゃって…。あれってきれいに決まらないと説得力に欠けますね。こんな試合で出すほどの技じゃないんじゃない?とも思ったし。まだ未完成ってことなんですかねえ?
塁は良かったんですけどね。対戦相手でありながら「行けー!」などと郡司を叱咤激励したり、連続フォールして「もっと腰入れて返せ!」とアドバイスしたり、いつもの調子で「郡司負けちまうぞ応援してやれよ!」とお客さんを煽ったり。試合開始直後にドロップキック三連発をしかけてきたのにあっという間に失速してしまった郡司への「最初だけかよ!最初の勢いはどうした!」はお客さんの代弁ですね。それと塁本人のことでは、ブレーンバスターは滞空よりも高速がいい。
沼ちゃんとの連携はスムーズにいってた郡司でしたが、大柳先輩との連携はいまひとつ。Wの場外プランチャはなかなか華やかでしたが、
大柳先輩のアシストを受けての低空ドロップはうまく当らなくて残念。
郡司の場外プランチャはこれで何度目かですが、フェイスバスターも郡司の得意技になりつつありますね。
このカードって第2回のカードの沼ちゃんと大柳先輩が入れ替わっただけなのにここまで違うのか。もちろん展開だって全然違うんだけれど、それにしたって!

2.10分1本勝負
○カツオ(7:42エビ固め)佐々木大地×※ライガーボム

カツオは昨日に続いてのシングルマッチ。大地の相手を務めます。これまた初のカードですかね?大地にとってもヘビー級とのシングルは初では?
いやあもう佐々木大地は見事に玉砕しましたね!
張り手合戦は全然お話にならないし(よくあるパターンだけど打ち負けてる側が蹴りでラリーを終わらせるのはどうかと思う)、エルボー合戦なんか大地の大きいモーションに対してカツオはノーモーションでとんでもない威力。まるで至近距離で丸太をドゴンとぶつけているよう。しかも大地のエルボーなんて痛くも痒くもないって感じで無表情のカツオ。ショルダー合戦だって全然倒せないし、ようやく倒したところでカツオ受けてやったんだなとしか思えない。
大地は必死に食らい付きノーザンブライトスープレックスでお客さんをどよめかせて一矢報いたのものの、結局大地の見せ場はこれくらい。
フィニッシュのライガーボムも迫力満点でカツオは快勝!全力でぶつかった大地は文字通り叩き潰されました。もう笑っちゃうくらい清々しかったです。カツオの勝ちっぷりも大地の負けっぷりも。
教育マッチもいいけれど、こういう試合もいいですね。これって本人の気の持ちようなのかなあ?この後のカツオのマイクの内容からしても、カツオはキャリアは上だけどみちプロでは新人の気持ちで、大地のことを後輩だなんて思ってない、むしろ自分が後輩なんじゃないかと、教育なんてとんでもない、むしろ切磋琢磨する相手だと。そう思えば納得の試合展開です。いやまあとんでもない「後輩」が現れたもんですなあ!

試合後、カツオは自らマイクを持ちました。
「道場プロレスは大地と郡司だけじゃない!俺もいる!」とアピール。更に「大地はちゃんと練習してて基礎もしっかりしているからお互いがんばろう!」と、目線が上からなんだか同じなんだかわからないエールを送りました。
このとき大地仰向けのままだったんですけど、泣いている様に見えたというか、多分泣いてました。ずっと腕で目覆ってたし、呼吸が…。相当悔しかったんでしょうね!しっかし泣くほど悔しいなんて、自分が思った以上に何もできなかったってことなのかなあ?
「大地、お前も言いたいことがあるんじゃないか?!」とマイクを大地の前に投げるカツオ。こりゃ大地受けないわけにはいかないぞ!ワクワクちょっぴりハラハラ。
大地は「道場プロレスは俺のモノだ!」とオリジナリティを感じられないアピール。「何回も言ってるけれど、今年こそ俺は上の選手から一勝します!」とお馴染みのアピールをして退場しました。
以前は急に振られて大弱りだったカツオでしたが、締めも自ら買って出ます。しかし先ほどまでの勢いはどこへやら。試合後に行われるビンゴ大会のスタンバイをしていた沼ちゃんに「あの、ここ(リング内)でやるんですか?下でやるんですか?」と小声で質問、沼ちゃんカツオの元に行って小声でレクチャー。「えー聞こえたかも知れませんが、締めさせていただきます」と、不滅だー!で大会を締めました。デーデレレデッデッデーと鳴ってからもカツオは暫く気持ちよさげに拳を掲げていました。

さて本日のお楽しみはビンゴ大会。カツオもビンゴコーナーに直行しましたが、やることもないし自分は汗だくだと気付いたのか、一旦退場。途中から着替えて加わりました。といってもやることはないのですが。
本日の賞品は昨日のジャンケン大会以上に大量。目玉は第5回ふく面ワールドリーグ戦全参戦選手の寄せ書きサイン色紙!すげえ!Tシャツも、ken、拳王、原人出没注意、ふく面ワールドリーグ戦が二種(あともうひとつあった気がするけど忘れた。kenが2種だったかな?)と大放出!沼ちゃんからはみちプロ旧ロゴのCDケース、大柳先輩からは青森のお土産を2種、そしていつものお菓子が2袋。順当に貰われていきました。

「2月の道場プロレスは今日で終わりです。次は新木場に来て下さい」宇田川さんになにやら言われた沼ちゃん「発表していいの?3月下旬にも道場プロレスやります。4FW勢が来るからやるんでしょ?」「マウンテンキングの売店はもういないのでみちプロの売店を見ていってください」
本日のお見送りwithカルビーポテトチップスコンソメパンチの試食品はカツオが担当。カツオはホントに感じ好いなあ~。きかなそうな顔してんのにね。大地は(ry

第1試合はアレでしたが、終わりよければ全てよしってことで。メインには青春を感じましたよ!大地とカツオの、「年上の後輩」という複雑な関係については、こういう見方もあるのかと、発見でしたね。塁といい、カツオの入団でこんなに楽しみなことが増えるとはね!あ~つくづく本興行でのカツオの扱いがもったいなさすぎる!決定分のカードが全部ヤッペーマンズとの試合ってホントにどうにかならんのかー!

プロレス自体が久々(といってもひと月振り)だったからだとは思うけど、道場プロレスってこんなに面白かったっけか?と思いました。ホントに。短いながらもひじょうに濃い全4回でした!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2013.02.17(Sun) 23:33
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード