« 2012 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ひとり大爆笑

私、観戦記でしょっちゅう「檄を飛ばす」という言葉を使っていますが、誤用だということが判明し、途方に暮れております。

正しい意味はといいますと…

goo辞書より引用
檄を飛ばす
自分の主張や考えを広く人々に知らせる。また、それによって人々に決起を促したりする。

[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味である「自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求めること」で使う人が19.3パーセント、間違った意味「元気のない者に刺激を与えて活気づけること」で使う人が72.9パーセントという逆転した結果が出ている。


ホラ、誤用例まで書かれてる!恥ずかしい!

じゃあどういう言葉を使えばいいんだ…と探していたところ、発見。

goo辞書より引用
叱咤激励
大声で励まして、奮い立たせること。▽「叱咤」は大声で励ますこと。また、大声でしかること。「激励」は励まし、元気づけること。


意味的にはこれがピッタリだけど…

誤:郡司に「どうした!しっかりしろ!もっと打ってこい!」と檄を飛ばす大柳先輩。
正:郡司に「どうした!しっかりしろ!もっと打ってこい!」と叱咤激励する大柳先輩。

なんか変…。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.12.21(Fri) 22:41
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード