« 2012 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012/08/19(日)みちのくプロレス「大釜活性化イベントOOGAMANIA21」@滝沢村大釜幼稚園体育館

祝!5周年!いつもよりスポンサー様の垂れ幕が多いような気がするぞ!さすが5周年!
しかしまあー暑いったらない。1、2時間早いだけでこんなに暑いのかというくらいに暑い。道場プロレスよりも人が多いせいもあるだろうけどとにかく暑い。夏のみちプロらしくていいかあ。
相変わらず出足の遅いお客さんも開始時刻の頃にはいい感じに客席が埋まりました。客入れの間、本日より発売の野橋10周年記念興行のDVDの告知VTRが何度も流れました。

お時間になりまして、ワンピースの曲で沼ジローラモが登場。道場プロレスみたい。「このワンピースの曲には触れた方がいいの?夏だからワンピースだそうです」フーン…という感じの客席の反応に「そんんなもんですよね。私もワンピースとかジョジョとか読んだことないのでどう反応していいのか困るんです」ワンピースと並んでジョジョの名前が出てくる謎。
売店の告知では「ぱん屋ひろよしさん、なにかいろいろありまして、マウンテンキング」とスルーされる野橋ブース。昨日よりも漫画がどっちゃり増えていましたよ。ふく面ワールドリーグ戦はだいぶチケットが売れているとのこと。と、いつもどおりの告知だったので、こないだのOOGAMANIAの歴史ここで話せばよかったのにと思いました。
しゃぼんだまでは「今日は皆さんも一緒に歌いましょう!」だったけど、歌い終わってからボソッと「みんな歌ってくれなかった…」そこに「歌ったよ!」という優しいお客さんの声が。よかったね!
沼ジローラモに続いて登場はすっかりおなじみの太田代将孝さん。しかも入場曲が盆回り!(ドリフの「8時だヨ!全員集合」の場面転換で流れる曲)あっ!お盆にかけてるのか!沼ジローラモにもリングイン早々「この曲でいいの?」とツッコまれる太田代さん。そういえばリングインするときにロープを持ち上げてくれた及川君に何か言ってたけど、どうしたんだろう?
太田代さんがOOGAMANIAで歌う曲といえばもちろんオオガマックスのテーマ。歌詞の「土日ジャンボ市」を「OOGAMANIA」に変えて歌うスペシャルバージョンで披露されました。また2番からは太田代さんの呼び込みで選手入場。郡司の後に「第八代…」と言ったのに大柳先輩が出てきちゃって「あらっ、先に出てきちゃった」マイトさん、沼ジローラモの全部で4人。少ないと思ったら大地がバッドボーイに入ってから初めてのOOGAMANIAなのね。正規軍からどんどん人がいなくなるよー。選手代表の挨拶は郡司。書き起こす必要も無いほどの定型文な挨拶でございました。元気がいいのでよし!
サインボール投げでは前回無かった当たりボールが復活、例によって当たり申告者が何人も現れるわけですが、なんで何人も現れるのかがやっとわかりました。「当りボール」を「赤いボール」と聞き間違えてるんですね。そういうことだったのかー。

1.15分1本勝負
○大柳錦也、気仙・沼ジローラモ(14:47卍固め)ベナーム・アリ、郡司歩×

郡司とアリがタッグで登場。やっぱり昨日の「アリ阿修羅加入」は聞き間違えだったのかなあ?対するは大柳沼ジローラモ組。若者と中年の対決です!…郡司って24だからすごく若いってわけじゃないんだよね。塁の1コ下で大地の2コ上。
リング中央で対戦相手と握手を交わす郡司につられてかアリもリング中央に歩み寄ったものの握手せず。やはり正規軍には迎合しない?
郡司と沼二郎でスタート。探り合いからリストの取り合いへ、沼ジローラモは大柳にタッチして郡司捻られっぱなし。ようやくヘッドロックに捕えるもすぐにエスケープされてしまう。
タッチしてアリがリングへ。昨日の道場プロレスではヒールファイト全開だったけど、今日はレフェリーの制止を聞かずにカットに入る程度でラフも反則もなし。技名は全然わからないけど、アリのムーブもだんだん覚えてきました。KAGETORAの半月っぽいのとか。
相手が相手だからか、試合の中盤から中年チームの厳しさが目立つようになりました。沼ジローラモはいろんな角度からのヒップアタックで郡司を苦しめ、大柳も強烈なエルボースマッシュを容赦なく当てていきます。沼ジローラモも大柳もこわい!
郡司アリ組は初タッグながらWでのブレーンバスター、アリが羽交い絞めした相手に郡司がミサイルキックを決めるなどの連携も見せてくれました。
めまぐるしく攻守のかわる終盤、「あげるぞー!」の予告で大柳が郡司をゴッチ式に捕えようとしたところをするりと抜けて丸め込み二連発、返されてすぐに逆さ押さえ込みに入ろうとしたところでスキをつかれて逆に卍固めに捕えられてしまいました。結局タップしてしまいましたが、丸め込み二連発には多くの人が「もしや?!」と思ったのでは?終盤の丸め込み三連発は大地にとっては定番ムーブだったけれども、郡司は滅多に出さないというか、そこまで行けないというか…だからこそ余計に「もしや?!」と思いました。
試合後のアリの様子にも注目。沼ジローラモの再戦アピールには応えなかったけれど(単に意味がわからなかったのかも?)、郡司を労う様子が見られました。

2.30分1本勝負
○野橋太郎、拳王、日向寺塁(17:16変形ラクダ固め)フジタ"Jr"ハヤト、卍丸、佐々木大地×

第1試合のカードからバッドボーイで誰か来るなと予想はついていましたが、先に阿修羅三人が登場したことで会場の期待も一気に高まります。そしてハヤトの登場に会場大爆発!ほんっとにハヤトは人気者ねえ。その様子を見るリング上の塁の表情もなんとも複雑そう。
いきなりの場外乱闘で会場内大混乱。目の前で野橋が大地をいたぶり、振り向けば塁が卍丸の首にプラチェーンを巻いて引き摺っている。向こうからは拳王がハヤトを振り放したと思ったら同じタイミングで野橋が大地を振り放してハヤトと大地が激突!
野橋は客席に放置されたひざかけ(?)で卍丸にチョーク。卍丸に逃げられたので、そのひざかけを無造作に放り投げたら抱っこされた赤ちゃんの頭にフワリと。ひざかけだったからほのぼのした光景になったけど、硬いものや重いものだったらと思うとあっぶねーよ!投げるときはよく見極めよう!
塁は大地を客席のブルーシートです巻きにして三角コーンでメッタ打ち!そこに怒りの形相でパイプ椅子を持ったハヤトが登場。パイプ椅子で阿修羅の面々を突く!間近で見て気付いたけど、ハヤトはパイプ椅子の使い方が甘すぎる。いつも座面ブチ抜かれるくらいに手ひどく叩かれてんだからハヤトだって思い切ればいいのに。あんな押し当てる感じじゃなくてさあ。
めちゃくちゃな場外乱闘も場外カウントでようやく収束。待ってましたとばかりに大地が捕まります。郡司と組むと先輩らしさを感じる大地もこの面子に放り込まれると、どうしても声援が集まってしまうような事態に。拳王にはボコボコに蹴られ、塁には散々に嬲られ…。そういえは野橋はいつもよりも大分出番が少なく思えたのはケガのせい?
この夏の連戦ですっかり見慣れた塁の「なに?」って煽り、もちろん相手への声援が大きくなるのですが、中には本気かふざけてか、塁への声援もチラホラ混ざってます。でもこの煽りってオチがないんだよね。「ナシ」はアリ限定だし。
それと塁の煽りに感じていた違和感の正体がわかった。お客さんの声援に「そんなんじゃ聞こえねえんだよもっと声出してみろ!」って何で客に檄飛ばしてんの?実際それで声援は大きくなるんだけど、なーんか違うんじゃないかね?客に檄飛ばすよりもあなたが組み敷いている不甲斐ない新人に檄を飛ばしてくれ。と、こんな光景が塁と大地との対戦時に見られたわけです。
ようやく窮地を脱した大地は卍丸にタッチ。卍丸が塁を相手にスピーディーな攻撃を仕掛けていきます。腰を掴み合う両者、力で勝った塁が卍丸を持ち上げるとこれまでで一番かと思うような長滞空ブレーンバスターでマットに叩き付けました。すぐに拳王と野橋が入ってきて3WAYキック。
ハヤトと卍丸が拳王にクローズライン仕掛けるも蹴り割ってハイキック連打。ハヤトをコーナーに振って串刺しのダブルニー、更に顔面ドロップキック。ハヤトと拳王の胸板めがけてのキック合戦がスタート。カウンターでハヤトが打ち勝ちました。
ううーんやっぱ大地には悪いが塁と卍丸も拳王とハヤトもレベルが違う。幾度と無く見た定番の攻防でも心が躍る。
再度リングに登場した大地、相手は野橋。ハヤトと卍丸が他の二人を押さえるためか、リング上とは別に場外乱闘が発生。
このあたりお客さんが何度も立たなければならない状況になったんだけど、その度にセコンドがちゃんと客席に入って「お座りください」と言って回っていたのがすごく良いことだと思いました。ホントになんで前の人ほど座らないかね?
リング上、大地はノーザンライトスープレックスを決めるも3カウントは奪えず、野橋はダイビングヘッドバッドに顔面への低空ドロップキックをブチ当て、キャメルクラッチで大地を絞り上げる!しばしもがいた大地も耐え切れずついにタップ。
5周年のメインを野橋が見事勝利で飾りました。勝ち名乗りを受ける阿修羅の面々。バッドボーイの面々がリング下に降りたところでOOGAMANIAくらいでしかマイクを持たない野橋がマイクを持ちました。「負けたんだからさっさと帰れ」とバッドボーイに冷たく言い放つと「今、7時9分」ん?「OOGAMANIAをさっさと終らせて、7時20分から土日ジャンボ市で三浦わたるの歌謡ショーがある!」ええええええ????!!!!ドツボにハマりすぎでちゃんと聞いてなかったんだけど「大釜の活性化には大事なことだ」とかなんとか。そして本日も「大釜の英雄・野橋太郎がいるかぎり、OOGAMANIAと大釜、そしてここ滝沢村は永遠に不滅だー!」デーデレレデッデッデー。塁まで野橋と並んで「そうだそうだ三浦わたるの歌謡ショーに行かないとな!」などと言いながら花道から引き上げていきました。ひとり後を追いゆっくり退場する拳王もどういう風の吹き回しか(野橋のマイクに毒を抜かれたか)、お客さんの差し出す手に握手で応えていました。ついこないだチビッコにいじわるしてた人とは思えませんなあー。
5周年だから5周年らしいお言葉が聞けるとばかり思っていたのに三浦わたるかよ!なんなんだ野橋は?!あ、三浦わたるってのは、地元在住(盛岡と滝沢村どっちだっけ?)の売れない演歌歌手です…。

全試合終了後、今回も記念撮影はナシで、売店はハヤト卍丸アリのサイン会に並ぶお客さんで大賑わいでした。野橋も自分のブースに座っていました。出入り口では沼ジローラモがカルビーじゃがりこバター味の小さいパック(試食品とは書いてない)を手渡してお見送り。
OOGAMANIA終了と同時にパラつきはじめた雨は7時20分頃には本降りに。雨の中の三浦わたる歌謡ショーとなったことでしょう。合掌。

さてさてキリのいい5周年の記念すべきOOGAMANIAだったわけですが!5周年らしいサプライズはなにもナシ!ある意味三浦わたるが一番のサプライズでした。まあ4周年もセコンドがほぼブルメンバーってだけでカード自体は普通だったし。あ、南野と超レアキャラの秀が出たっけか。3周年が2Days&サスケ初参戦でスペシャルだったんだよね。ああだから5周年にもビッグサプライズを期待したんだけどなあ!ま、みちプロの主軸である阿修羅対バッドボーイの6人タッグが見れたからいっか。
今回はハヤトの登場でスペシャル感がアップしたけれど、道場プロレスやるようになってからOOGAMANIAとの差別化が難しくなってきたような気がします。もうオオガマックスが登場するかしないかしか…。あっ。今回オオガマックス出てないじゃん!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.08.19(Sun) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード