« 2012 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ARABAKI ROCK FEST.に行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ 2012年度版

あげとこ。

いよいよ明日!今晩中に雨は降り切るか?!

まずは一昨年と昨年の記事をどうぞ。
ARABAKI ROCK FESTIVALに行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ
ARABAKI ROCK FEST.に行く人へ贈るみちのくプロレスのススメ 2011年度版

ここ1年の主なトピックス
・ザ・グレート・サスケが血迷って市議選に出馬。ケツから三番目の大敗を喫す
・大間まぐ狼が怪我による長期欠場から復帰、みちのくふたり旅一回戦で突如リングネームを「卍丸」に改名
・九龍1DAYトーナメントでラッセがまさかの優勝、九龍最強の男に
・正規軍対九龍全面対抗戦は正規軍が勝利、野橋太郎がフジタ"Jr"ハヤトにつっかかり九龍に亀裂が入る
・佐藤兄弟、年末恒例宇宙大戦争で敗者岩手追放マッチをブチあげるも敗戦し岩手追放に。しかし翌年、みちのくプロレス以外のリングで使用しているリングネーム「バラモン兄弟」として矢巾大会に登場し、しれっと参戦継続中
・1月に丸二年練習生としてレフェリーやセコンド業務を務めた郡司歩がデビュー
・佐々木大地、郡司歩を相手に初勝利
・拳王が刺激と狂気を求めヒールターン、九龍を崩壊に追い込み、野橋・日向寺塁・バラモン兄弟とともにヒールユニット「阿修羅」を結成
・九龍残党のフジタ"Jr"ハヤト・南野タケシ・卍丸はハヤト軍(仮)として共闘、後に正規軍よりken45°が合流
・取り残されたラッセは校長とともに正規軍に出戻り
・気仙沼二郎が数年ぶりの新曲「しゃぼん玉」を発表。
・ウルティモ・ドラゴンが気仙沼二郎イメチェン大作戦を画策中。
・ザ・グレート・サスケが肉体改造に挑み、ボディビル雑誌「かっこいいカラダ」の表紙を飾る。合成写真説が浮上。
・佐々木大地は怪我により長期欠場中。6月の後楽園大会で復帰決定。
・東北Jrは、日向寺塁→拳王に移動。次期挑戦者はフジタ"Jr"ハヤト。
・東北タッグは、ヤッペーマン1号&2号組→バラモン兄弟に移動。次期挑戦者はラッセ&剣舞組。

参戦選手ひと口紹介最新版

ザ・グレート・サスケ…ご存知、東北の英雄。UFO研究家・予言者としても有名。映画にすぐ感化されてはリング上で主人公になりきって周囲を混乱の渦に陥れる困り者。すてきな宇宙船後楽園ホール号における宇宙大戦争はすっかり年末の風物詩に。かつてのように飛べなくなっても、自爆ムーブは熟練味を増す一方。必殺技「ラム・ジャム」は広い心とあたたかい目で見守ろう!ARABAKIではボディビル雑誌の表紙を飾ったキレッキレのボディを披露してくれるでしょう。
入場曲:「インテグラルハード」または「キボウノチカラ~Tommorow~」
紙テープの色:赤
呼び方:「サスケー!」

新崎人生…最高コミッショナー。自身がオーナーを務めるラーメン店は3店舗を構え、盛岡出店に向けて準備中。一線を退いている感はあるものの、コンディションは抜群。入場の完成度は業界随一。
入場曲:みちのくWalker「キャ・カ・ラ・バ・ア(空・風・火・水・地)」
紙テープの色:白
呼び方:「じんせー」「しんざき」

気仙沼二郎…戦う演歌歌手。四十路を迎え「ジジイ」と罵られつつも若手に混ざって奮闘中。最近は新人の成長がうれしくてしょうがない様子。ARABAKIで歌うのは演歌か?!フォークか?!
入場曲:気仙沼二郎「俺の海」
紙テープの色:水色(海のイメージ)
呼び方:「ぬまちゃーん」「ぬまじろー」

ヤッペーマン1号…みちのくの平和を守る、某ヒーローにソックリな白い方。ヒーローなのに「お前が死ねー」とか言っちゃうちょっヒールっぽい面も。2号と一緒に1号を応援しよう!
入場曲:山本正之「ヤッターマンの歌」
紙テープの色:白
呼び方:「いちごー」

ヤッペーマン2号…みちのくの平和を守る、某ヒーローにソックリなピンクの方。いつも明るい2号は誰よりも一生懸命1号を応援。1号との目にも止まらぬハイスピードな連携は見もの。
入場曲:山本正之「ヤッターマンの歌」
紙テープの色:ピンク
呼び方:「にごー」

剣舞…普段は北上駅の改札前にいます。小柄ながら負けん気の強いファイトを展開。去年一昨年と連続でNOAHのジュニアタッグリーグに参戦、更に昨年は拳王とのタッグでGHCジュニアタッグにも挑戦し、経験を重ねている。
入場曲:不明(以前は六三四「流星」だったけど変わった)
紙テープの色:赤・白
呼び方:「けんばーい」

郡司歩…1月にデビューしたばかりの新人。細い体に鋭い眼差し。目下、先輩たちに揉まれ中。同期の先輩・佐々木大地に追い付け追い越せ、大地が欠場中の今が差を縮めるチャンスだ!
入場曲:なし
紙テープの色:茶色?
呼び方:「ぐんじー」

拳王…日本拳法世界大会優勝のエリートであり、明大卒で教員免許も持つ高学歴ヒール。ヒールユニット「阿修羅」を率いて大暴れ。
元々圧倒的な強さと孤高のキャラクターから「ヒールの方が向いている」と言われていただけあって悪くなっても違和感ゼロ。試合を「授業」とする拳王先生の授業を受けて中卒は高卒にしてもらえ!
入場曲:GARLIC BOYS「失恋モッシュ」
紙テープの色:赤・白
呼び方:「けんおー」

日向寺塁…震災後、王者としてベルトとともに被災地を廻ったヒール。ヒールもようやく板に付いてきたか。ヒールユニット「阿修羅」の一員として活動。九龍の頃より人数減ったのに濃度上がって余計にアピールが難しくなったような…。がんばれ塁!負けるな塁!
入場曲:PRODIGY「spitfire」
紙テープの色:赤・白
呼び方:「るい」「ひゅうがじ」

野橋太郎…大釜の英雄。顔でプロレスをするモンスター。モンスターだけど妻子持ち。ヒールユニット「阿修羅」に所属。悪人でもなぜかチビッコからの支持は根強い。シリアスコミカルなんでもござれ。
入場曲:吉田兄弟「rising」
紙テープの色:赤・白
呼び方:「のはしー」

フジタ"Jr"ハヤト…新世代エース。細身の体躯からは想像もできない強烈な蹴りが武器。他団体にも積極的に参戦し結果を残す。九龍崩壊に追い込まれた後、南野タケシ・卍丸・ken45°とともに活動。ベルト奪還に燃える。
入場曲:T.O.K「I Believe」
紙テープの色:青・黒
呼び方:「ハヤトー」

卍丸…大間まぐ狼から改名(正確にはリングネームを統一)。タッグチーム舎人一家の片割れ。九龍崩壊の折、タッグパートナーの南野タケシとともにハヤトにつく。なかなか感情が表に出ないタイプだが、新人と手を合わせるときには厳しくも優しい顔がのぞくことも。ヤンキー漫画から飛び出してきたような風貌にワルに憧れるお年頃の少年の視線は釘付け!
入場曲:「舎人一家のテーマ」
紙テープの色:黒・紫・青
呼び方:「まんじー」「まんじまる」

ken45°…正規軍に身を置いていたが、阿修羅に蹂躙されていたハヤトを救出しハヤト軍(仮)に電撃加入。派手な見た目に反してテクニカルなプロレスを展開する職人肌。やや控えめだったラフ殺法も阿修羅相手なら控える必要もなし?!
入場曲:STINK GASPERS「GOODFELLAS」
紙テープの色:黒・赤
呼び方:「けん」

今年はザ・グレート・サスケが参戦!その行動は予測不可能。会場全体を戦場とした一大パノラマバトルが繰り広げられることでしょう。
というわけで、なーんにも見たいのがない時間であれば是非!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.04.27(Fri) 20:48

more metal

最近お気に入りのPV
youtube:BABYMETAL「ド・キ・ド・キ☆モーニング」

(はいはいいまさらいまさら)

もうすっっっっっごいかわいいの!
美少女の両脇にちっちゃい女の子っていう絵面がかわいいったらない。
曲はメタルっつーかマキシマムザホルモンみたいな感じなんだけど、サビの「お・ね・がい♪ちょまってちょまってー」がキャッチーすぎて頭から離れない。
公式サイトの突き放しっぷりもグッド。顔がわかりません!

「いいね!」の方は無節操すぎてイマイチなんだけど、かわいいからそんなことはどうでもいい。

ああかわゆい。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.04.26(Thu) 23:51

stepover toehold with facelock

先日のゼロワン後楽園大会のハヤト対自演乙の一戦、
試合後のキッダーニ男爵のマイク
スポナビより抜粋
>逆にハヤトに向かって「ハヤト君、いい選手だね。某老舗団体に口利いてあげようか」とにじり寄るが、

ハヤト「うるせえ!俺はみちのくプロレスのフジタ"Jr"ハヤトだ!みちのくプロレスは俺の団体だ!」
って返したら、うおおおおおおおおん!って感じだったのに。
ハヤトには次から次へとライバルが現れるね。

うださんブログ、池袋会(仮)の面子が判明してるだけでkenと南野と卍丸とさときゅんとオースギって、みちプロ的にそれはいいのかとか思うけど、さときゅんとオースギだから別にいいのか。
南野はオシャレだなあ。卍丸は寝間着か。

舎人一家デビュー10周年の自主興行のカードは南野タケシ対卍丸のタッグ屋対決になるんだろうか?ポスターのアオリ見るとそうとしか。
タッグ屋だからタッグマッチもアリだと思うんだけど、10周年にふさわしい相手…誰だろ?バラモン兄弟やヤッペーマンズじゃあみちプロで見れるしなあ。かといって縁もゆかりもないレジェンドじゃあこれもちょっと…だし。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.04.25(Wed) 21:41

やましいたましい

電気グルーヴ「SHAMEFUL」

1.SHAMEFUL
初期電気を思い出すようなちょっとダサめのトラック。

ナタリーのインタビューより抜粋
>今の中学生とか高校生とかが「初めて聴いたけど意外に良くね?」みたいな感じになってくれたら一番うれしいですよね

というのもわかるなあ。男子中高生の琴線に引っかかりそう。
あれ?この曲インストだったっけ?と思ったそばから歌が始まるというイントロ長いどころの話じゃない。

2.SHAME
カップリングはめずらしく瀧モノで来ましたね。
インスパイヤー&時事ネタ入りの相変わらずな歌詞。
この歌詞よく通ったなあと思ったら「チケイチッコウ」ですか。
ザラザラした音の質感はジャパコアっぽくてかっこいいぞ。

そしてSHAMEFULのPVですよ!
youtube:電気グルーヴ 『SHAMEFUL』
なんじゃこりゃああああああ!
Fake It!と同系なんだけど、非常に暴力的。
卓球と瀧を模したと思われる小学生DJ、プレイ中はスゲークールな顔してるのに、最後に帽子かぶりなおして見せる顔はあどけなくてかわいい。

アルバムも作るみたいだし、楽しみだナー。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.04.24(Tue) 21:32

頭隠して尻隠さず

ザ・グレート・サスケが表紙を飾った「かっこいいカラダ」を本屋で買ったら、店員にエロ本買うときみたいな気の使われ方をしました。うん、ゲイ雑誌の表紙に見えなくもない。

で、読みました。サスケのあのかっこいいカラダは相当の努力の賜物だということがよーくわかりました。
飯伏選手は「言われたメニュー真面目にやらなかった」なんて書いてあったから(それでもすごい体になってたけど)そんなもんかと思ってたんですよ。ナメてました。、サスケはすごい努力家ですごい研究家。
そしてプロレスラーがボディビルをやるのは試合に支障をきたすと。プロレスラーに重要な脂質やたんぱく質を全て削ぎ落とすんだもんねえそうだよねえ。
知らないことだらけで目からウロコでした。
アドバイスとしてサスケらしく「ミッドブレスの門を叩くことです!」なんてよいしょーで結論付けてたけど、いやそうじゃないだろうと。門を叩いたところであなたのような努力をしないと無理でしょう。トレーニングはもちろんだけど食事制限も壮絶。あんなの耐えられない。もう今度から「腹筋割りたい」なんて思わないことにしました。どうもすみませんでした。

ところで、サプリメント紹介の記事中に誤植かと思うようなイメージ写真があるんだけど、どういう意味?ツッコミは無粋?
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.04.23(Mon) 21:59

2012/04/22(日)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第9回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

二ヶ月に渡って開催された春の道場プロレスもついてに最終日を迎えました。お客さんもいっぱい。
今日はチビッコプロレス教室は無し。練習生の及川君が売店で呼び込みしてるの聞いてて思ったんだけど、及川君って結構いい声してるよね。

昨日と違って誰でも知ってる森山直太朗の「さくら」で登場沼二郎先生。
「誕生日プレゼントにジッポを貰いました」とゴキゲン。「明後日誕生日なんです」オメデトー。「私がデビューしてから誕生日の4月24日に興行が開催されたのは一度きりなんです。みちのくプロレス旗揚げ間もないツアーの宮守村の大会でした。当時21歳だったのに「31歳の誕生日おめでとうございます」って言われて…もうこれ覚えてるの宇田川さんだけだと思うけど」宇田川さん間髪入れず「覚えてません」ヒドイ!
「売店は昨日と同じで…レアTシャツの中に闘龍門旗揚げ記念のTシャツがあって参戦選手の名前が書いてあるんですけど、みちのくでデビューできなくて闘龍門でデビューした小松という選手がいるんですけど、その選手の名前が書いてあって、そのTシャツがいいなと思いました。もう誰もついて来れてないですね」
「ガンライザー見た人います?あれ作ってるのがみちのくプロレスのDVD映像作ってる人と同じ人なんですけど」…とここまで書いて書いちゃいけないような気がしてきたので「二期もありそう」とだけ。
「春の道場プロレスは今日で終わりですが、今後は毎月開催する予定です」あくまで予定という前提で、今後の道場プロレスの日程も
告知されました。毎月どこかの週末金土日に三連戦という感じでした。お客さんからは「平日にやって!」と言う声もあがりましたが…。
で、歌。しゃぼん玉。そろそろ俺の海が恋しくなってきた…。
お待ちかねのジャケン大会。本日の賞品は、マッチョ・バンプTシャツ(大日本っぽいデザイン)、みちのくプロレスのバスタオル、カルビー提供お菓子パックにOOGAMANIAのパンフレットを付けて、の3つでした。

1.15分1本勝負
○拳王、野橋太郎(10:38体固め)卍丸、大野勇樹×※バズソーキック

なぜか大野選手の入場曲をkenの前の入場曲と勘違いしてしまう。大野選手は別バージョンの黄色いコスチュームで登場。バックには「STOP(ハートマーク)DIET」の文字が。パートナーは卍丸!鰹に鮪!おほほ。
対するは阿修羅から拳王と野橋が登場。野橋がものすごく大野選手を意識してる。
レフェリーは沼ちゃん!沼ちゃんのレフェリーシャツ姿初めて見たような?
リングコールが終ると同時に野橋が奇襲を仕掛ける。場外乱闘にはならず、野橋と卍丸でスタート。卍丸、いきなり野橋のヒゲを掴む。考えてみりゃあんな狙われやすいアイテムよく今まで狙われなかったなと。
大野選手に替わって、野橋と張り手合戦からショルダー合戦に。両者同時に走って大野選手がジャンプして体当り。大野選手の勝ち。
卍丸と拳王は、前蹴りを出し合い、カウンターで卍丸のドロップキックが決まった!
大野選手を捕まえた阿修羅は、自コーナーに連れ込むと、拳王が大野選手を引っ張ってそこに野橋が倒れ込みヘッドバッド。
卍丸大野組も、拳王をコーナーに激突避けると、体当たりに弾丸タックルと連携を見せる。
大野選手は拳王をリング中央に寝かせると、コーナーに昇って、えっ、そんな遠いところから届くの?飛んだあーダイビングフットスタンプだあーしかし惜しくもかわされてしまう。今度は拳王が大野選手をコーナーに振ってジャンピングダブルニー。
卍丸が出てくると野橋が低空ドロップキックで迎撃!
再び大野選手と拳王に。大野選手は拳王にスープレックスで投げられるが見事着地。しかしボディスラムで叩きつけられてしまう。
そして野橋が場外で卍丸を押さえている隙に、拳王の蹴りが大野選手の即頭部にヒット。フォールして3カウントとなりました。キックでフィニッシュしたの久々に見た。
拳王と野橋は勝ち名乗りを受けてさっさと退場、卍丸は大野選手の側にしゃがみこんでしばらく様子を見ていたけれど、大野選手が立ち上がるのを見てひと足先に退場。大野選手は頭を押さえつつ、客席に一礼して退場していきました。
珍しく阿修羅が悪いことしませんでしたなあー。何度か場外にも出たけど乱闘にはならず。遠慮した?
ところで、終盤のボディスラムのくだり、拳王はファルコンアローをやろうとしたのかも知れない。でも大野選手が重くてうまくできなかったような…?もしかして拳王ってパワーそんなに無い?意外な弱点が見えてしまった。

2.10分1本勝負
○大柳錦也(9:20片エビ固め)郡司歩×※延髄蹴り

春の道場プロレス最終試合は郡司対大柳!春の道場プロレスを象徴するカードです!郡司対卍丸でも同じこと書くけど!
大柳を見据える郡司の目付きがいつも異常に鋭い!
握手してスタート。まずロックアップ、郡司が押すもロープ際まで来ると大柳先輩がくるっと体勢を入れ替えて郡司の方がロープに押しやられてしまった。大柳先輩さすが!
郡司にエルボー打たせる大柳「効かねえぞ!」と激しい口調で檄を飛ばし、それに応えるように郡司も精一杯打ち込む。しかしやっぱり反撃のエルボー一発に沈んでしまう。
大柳は郡司をコーナーまで引きずると、コーナーに昇って拷問。反則4カウントで解く。更にヘッドロックでギリギリと絞り上げる。郡司は大柳の腹部に肘を打ち付けて脱出。コーナー二段目に昇ると、体勢を崩しながらもミサイルキックを無理矢理ブチ当てる。郡司は大技決めても後が続かない!
大柳、郡司をキャメルクラッチに捕える。郡司、必死のエスケープ。なんとか立ち上がるも、待っていたのは大柳の延髄蹴り!ちょっと当たりが浅かったか?倒れずに雄叫びを上げる郡司、しかし大柳は間髪入れずに二発目を放つとこれがズバリと入って郡司ダウン。3カウント。

立ち上がれない郡司に手を差しのべる大柳。その手を郡司は叩き返した!そんな郡司を見て大柳は微笑むと郡司の頭をナデナデ。
大柳がマイクを持ちます。「みなさん、今日の郡司、どうでした?!」拍手で応えるお客さん。「郡司は技術も体格もまだまだだけど、大地の復帰も決まったし、また二人で切磋琢磨して、いずれは団体の二本柱となれ!」なんと素晴らしいエール。大柳先輩はマイクを持つ機会があまりないけど、ホントにいいこと言うね!
「それでは最後はいつものでシメたいと思います」で、不滅だー!デーデレレレデッデッデーでシメました。最終日なのにあっさり。
シメた後も大地特製おでんが振舞われている横で、リング上では大柳と郡司がしばらくなにやら話していました。話が終るとまた郡司の頭をなでて大柳はリングを降り、郡司は転がるようにリングを降りて自力で退場していきました。こんな郡司なのに、全日程来場特典の記念撮影が始まる頃にはしっかりとした足取りで会場に戻って来るんだもん、プロレスラーってスゴイ!

というわけで、春の道場プロレスの全日程が終了しました。6回目と7回目の間でずいぶん間が開いちゃったから、なんか総括ってほどのこともないんだけど…6日目終了の時点で総括のときにでも書こうと思ってたことなんてキレイサッパリ忘れちゃったし。

大野選手の特別参戦は普段見れない選手が参戦するというだけで嬉しかったし試合も面白かったけど、一方で、デビュー間もない状態で先輩に揉まれて経験を重ねる郡司の成長や、その輪に入っていけない大地の気持ちとか、そういうテーマが霞んでしまったようにも思いました。
ほぼ固定メンバーだった冬の道場プロレスがすごくよかったので、余計にそう思ったのかもしれません。
とはいえ大野選手、この参戦が点にならなければいいなと思います。線になることを期待します。

復帰戦も決まった大地、郡司と当るのもそう遠くないでしょう。大地の復帰戦の前にはゴールデンウィークツアーもあるし、大地との差がどこまで縮まったか、今から楽しみです!

そうそう、書き忘れてたけど、スタンプ6個で進呈された粗品はプロレスカード5枚セットでした。書き味イマイチのボールペンより嬉しい!
私が貰ったのは
・サスケ
・沼ちゃん
・まぐ狼
・景虎
・鉄人2005
でした。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.22(Sun) 21:07

2012/04/21(土)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第8回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

春の道場プロレス四月編の三連戦二日目。
今日はマイト先生と大地先生によるチビッコプロレスが開催されました。参加者にはイラストフォトカードをプレゼント。

お時間になりまして、ラジオでよく聴く男性ボーカルの桜の歌にのって沼ちゃん登場。リングインした沼ちゃん、小難しそうな顔で暫し無言。なんだ?と思ったらおもむろに「これ誰の曲?」お客さんに尋ねるも回答は得られず。謎のまま告知へ。
「新発売のフォトイラストカードは全員あります」「剣舞が無い」の声が飛ぶと「余計なこと言わないでください」
「蔵出しTシャツは他団体のTシャツもあります」
「かっこいいカラダは一冊しかないの?」宇田川さん「いっぱいあります。たった今1冊売れました」「あの本はすごく参考になります。といっても私はプロレスラーだから参考になるけど、皆さんに参考になるかわかりませんが」
ちゃんこのところにいる大地を見て「今日のちゃんこは大地が作ったの?」「違います」「誰が作ったの?」「郡司です」文字に起こすと全然面白くないな。面白かったんだけど。
「チケットは各種取り扱っていますが、ARABAKIのチケットは各自手配してください」
「今日は反応が無いなあ」いつも無いと思いますが。「いいや、歌おう」で、しゃぼんだま。頭からずーっと手拍子しててサビで裏打ちにならなかったんだけど、なんで?気になってしょうがなかった。
今日はビンゴ大会がないのでジャンケン大会がありました。賞品はアレクサンダー大塚選手のTシャツと、昨日に引き続きカルビー提供のお菓子パックにOOGAMANIAのパンフレットを付けて。
ジャンケン大会を終えて沼ちゃん退場、試合開始。

1.10分1本勝負
○日向寺塁(8:34逆エビ固め)大野勇樹×

本日の大野選手はシングルで登場。入場曲はワイルドシング。大似田と同じか。昨日の今日でだいぶ見慣れました。お客さんからも「ゆうきー!」という声援が飛んでいました。ゆうきというと佐藤きゅんなんだけどなあ。大野選手は花道とコーナーでたっぷりアピール。続いて塁の入場曲が流れると客席からおおっ!という声が。試合前から大野選手らいちゃもんをつける塁。レフェリーはマイトさん。
オーソドックスに試合開始。探り合う二人、すると塁が大野選手の角を掴んだ!塁は「凶器だろ!レフェリーちゃんとチェックしろよ!」と抗議。大野選手は「髪の毛だ!」と反論。挙句「お前(塁)の髪型だって変だぞ!」一気にコミカルな空気に。
ショルダー合戦は塁だって得意な方なのに大野選手相手に意外と苦戦。ぶつかられても「なんじゃそりゃー!」と余裕の大野選手。塁は大野選手をロープに走らせて返ってきたところに蹴りを入れて流れを止める。
大野選手、塁をコーナーに激突させると、塁の腰が落ちたところに真正面から突進、塁の顔面に股間が直撃!コーナーに昇ると仰向けに倒れた塁の腹部めがけてフットスタンプ。塁にまたがっての尻餅も強烈だし、大野選手やるなあ。
しかし塁も負けていられない。コーナーに追い詰めてチョップ連打、ブレーンバスター、更に信じられない高さからダイビングエルボードロップをブチ当てる。
試合も終盤、大野選手、塁に丸め込みをかけるもクリアされる。今度は塁がひっくり返して丸め込む。大野選手もこれを返すと、塁は大野選手の脚を持ち上げて逆エビの体勢に!ガッチリ決まってタップを奪いました。外部選手ということで気を使ったのか、決まったとわかるとすぐに解きましたな。
レフェリーに要求して勝ち名乗りを受けた塁は、リングを降りた大野選手をリング上に呼び戻して握手を求める。戸惑いつつも大野選手が応えると、笑顔でガッチリと握手、更に手を高く掲げてノーサイド!と思いきや、やっぱり蹴ったー!「こんな変な頭の奴と握手するわけねーだろバカ!」と言い捨てて退場していきました。

やっぱりシングルマッチは選手をじっくり見れていいですね!初対決の二人でしたが、なかなかに手が合っていたと思います。

2.15分1本勝負
○気仙沼二郎、大柳錦也(12:28片エビ固め)卍丸、郡司歩×※ギロチンドロップ

まずは郡司、今日も元気です!パートナーは卍丸!対するは沼ちゃんと大柳先輩のタッグ屋です。
卍丸を制して先発を志願する郡司。やる気満々!
そんな郡司のやる気を買ってか、今日の沼ちゃんと大柳先輩はこわかった!郡司相手にこんなこわい沼ちゃんも大柳も初めて見たよ。
郡司を自コーナーに寄せ付けず、卍丸も手の出しようが無いのか、そもそも出す気がなかったのか。二度ほど、ピンチの場面でカットに入ったけれども、本当にカットに入っただけですぐにコーナーに戻ってしまう。
あまりのやられっぷりにまさか卍丸出番無しで試合終了?と思ったほど。実際、沼ちゃんも「よし終わりだ」と終らせにかかったし。
それでも長い間の孤軍奮闘の末、沼ちゃんにミサイルキックを発射してようやく卍丸にタッチ。よくやった!
ひとりスタミナがありあまってる卍丸はフラストレーションを爆発させるかのように、二人相手にケンカキックだのとび蹴りだの蹴って蹴って蹴りまくる。
大柳先輩と対峙した卍丸、エルボー合戦に挑み、大柳先輩得意の延髄蹴りを見事にかわして反撃の蹴りが決まると場内からは驚嘆の声が!大柳は卍丸をコーナーでの卍固めに捕え、卍丸は大柳をコーナーに振って弾丸タックルをブチ当て、一進一退の攻防に。大柳はゴッチ式を決められず、卍丸は自コーナーに戻り郡司にタッチ。
そしてやっぱり捕まってしまう郡司。コーナー際で乱れ打ちされ、沼ちゃんからは強烈に頭突きを食らう。ああまた郡司が流血してるー。
リング下に郡司が落ちると、沼ちゃんはプランチャで追撃、同じく大柳もリング下の卍丸めがけてプランチャ。郡司は床に大の字。
なんとかリングインした郡司、しかし大柳に卍固めに捕えられてしまう!沼ちゃんのガードを突破した卍丸がカットに成功。郡司よく堪えた!
しかし試練は次から次へと、今度は大柳の脇固めに捕えられてしまう。これも必死のエスケープに成功!郡司はしぶとい!
郡司が折れないと見ると、沼ちゃんはコーナーからギロチンドロップに続けてランニングレッグドロップでフォール、それでも郡司は返す!そして沼ちゃんの銀鱗がズバリと当たってついに3カウント。

仰向けのまま起き上がれない郡司。卍丸は一人で退場。郡司を両脇から囲む沼ちゃんと大柳。沼ちゃん、郡司の腕を取ってなにやら話しかけると腕を振り払った?!リングを降りる沼ちゃん、あれ?怒ってる?大柳も沼ちゃんに続いてリングを降りる。
その間に郡司はなんとか自力で立ち上がって一礼するとまた崩れ落ちてしまった。
沼ちゃんはあのまま退場かと思いきや、本部席にマイクを取りに行っただけでした。大柳先輩絶対混乱してた!
すれ違いで大地の肩を借りて退場する郡司、すると沼ちゃんが突然「大地、郡司のこと羨ましいだろう?!」沼ちゃんニヤニヤ。大地、鳩が豆鉄砲食らったような顔していきなり止まる。郡司、いきなり止まられてまたもや崩れ落ちる。「いいよいいよ、肩貸してやってよ、退場していいよ。退場しながら聞いて」「郡司スゲエよ。大地もうかうかしてられないぞ」大地、気になってしょうがないのでしょう、郡司を送り届ける間も何度も振り返ってました。
戻ってきた大地に「じゃあ大地が不滅だーで締めて」大地の表情が硬いのを察してか「それかちゃんことどっちがいい?」「こっち(ちゃんこ)がいいです」やっと大地の頬が緩みました。というわけで沼ちゃんが「不滅だー!」でシメました。

お見送りに立とうとする沼ちゃんに宇田川さんがなにやら話しかけると「えっ、今日のちゃんこはカレーちゃんこなの?!ホワイトカレーがあるのに?!郡司はなぜかぶせてきた?!」そこで大柳先輩が「カレーちゃんこをおかずにホワイトカレーを」沼ちゃん「丸く治めたねー」と感心しきり。
カレーちゃんこをいただいていますと沼ちゃんから「大野選手がいますのでみなさんサインもらってください」連れられて来たのか、たまたま来たところを見つかったのか、ともかく大野選手はお客さんに取り囲まれてファンサービスに勤しんでおりました。
お見送りに立った沼ちゃん「さっきの桜の曲わかる人いない?」どうしても気になる様子。ようやくお客さんから「レミオロメン」という回答が出ました。「ああ!聴いたことあると思ったら!」沼ちゃんスッキリ。私もスッキリ。
本日もカルビーポテトチップスのり塩パンチはなくなったのでカルビー四季のいちおし素材桜えびの試食品を頂戴しました。ありがとうございます。

いやー今日は第一試合もメインもよかったですねー。
直前に週間プロレスでアブトーラ小林選手のレスラーズヒューマンストーリーを読んだんですけど、そこに書いてあった新人時代の小林選手の姿に郡司の姿が重なりました。「今はみんない試合やろうと思ってシーソーゲームばかりだけど、俺はいつも完封負けばかりだった」てのが。
あと1日あるのに、こんな試合見せられちゃって、逆に明日が心配です!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.21(Sat) 23:59

2012/04/20(金)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第7回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

前回からだいぶ間が開いた春の道場プロレスの三連戦初日。
金曜日はやっぱりお客さん少な目でのんびりまったり。今日はチビッコプロレス教室もありませんでした。
売店では練習生の及川君が一生懸命声を上げて物販の宣伝をしていました。
OOGAMANIAのスクリーンが出っぱなしで、試合開始前にはOOGAMANIA番外編の映像が流れました。わざわざライガー選手からいただいたコメント映像を1回しか使わないなんてもったいないよね!

お時間になって福山雅治の「桜坂」で春の道場プロレス実行委員会副委員長の大柳先輩が登場。そうなんです、この日沼ちゃんは政宗選手自主興行で666の忍選手との試合があるので道場プロレスは欠席なんですね。
日程告知に売店紹介にとやっていることは沼ちゃんと変わらないのに、キッチリピッチリとした佇まいに人柄がうかがえます。
売店の新商品はイラストフォトカード。大釜限定のものもあるとか。サスケが表紙を飾ったボディビル雑誌「かっこいいカラダ」も売ってましたよ。大柳先輩いわく「すごいです」瀧澤専務は「ヌードもあるよ」とアピール。「ヌードだけどマスクはかぶったまま」だそうで。
「本日より、フリーの大野勇樹選手が参戦します。僕もよく知らないので、どんな選手か楽しみです」私も楽しみです。
大柳先輩の「本日は1試合。ですが!」という思わせぶりな口調になにか特別なことがあるのかな?!と思ってお客さんも「が?!」と聞き返したのに「1試合ですが、精一杯戦います」なんだよ!
「それでは三日間よろしくお願いします」と律儀に挨拶して一旦退場。

1.30分一本勝負
○日向寺塁、拳王、野橋太郎(18:20逆エビ固め)卍丸、大野勇樹、郡司歩×

トップバッターは郡司。今日も気合じゅうぶん!レフェリーは大柳先輩。大柳先輩はレフェリーシャツがホントによく似合うなあ。続いて初登場!大野選手。予備知識はあったけど、実際に見るとすんごいインパクト。あの体型にあのコスチュームは…。本人ニコニコだけどお客さん若干ヒキ気味?!引き続き登場したタッグパートナーの卍丸も訝しげ。しかしなんだこの正規軍にハヤト軍(仮)に特別参戦選手の抱き合わせタッグは。
対するは阿修羅の三人、塁なんかもう、リング下から大野選手を指して「なんなんだよコイツは?!」
ふと思ったんだけど、野橋がリングインしてからコーナーに昇って拳挙げて雄叫びを上げるようになったのは阿修羅になってからだっけ?
珍しく奇襲無しでスタート。
先発は卍丸と日向寺。バックを取り合ってぐるぐる回る二人。塁が卍丸のリストを取ることに成功。
郡司と拳王に変わると、身を乗り出して強い口調で郡司に檄を飛ばし始める野橋。野橋は郡司のセコンドにしか思えん。郡司は力比べで拳王に挑むも、二回ともロープに追いやられてしまう。
注目の大野選手が登場。野橋とショルダー合戦。脂肪が壁になってるのか、全然効いたふうのない大野選手。逆に跳ね返されてしまう野橋。野橋は大野選手を走らせるとカニばさみで倒して罵倒。
ひととおり顔見せが終わり、再度郡司がリングインすると案の定捕まってしまう。大野選手はコーナーで郡司をいたぶる阿修羅に向かって「なんであいつら反則ばっかりしてるんだよ!」それはヒールだからです。
仁王立ちの拳王に何度もエルボーを打ち込み、ビンタ連打で倒され、屈辱的な片足踏み付けフォールもなんとか返して、コーナー二段目から低めのミサイルキックを当てて自陣に戻った郡司、かわりに卍丸がリングへ。拳王とエルボー合戦を展開。拳王はエルボーの音も重いなあ。
押され気味の抱き合わせタッグの流れを変えたのは大野選手。
野橋をコーナーに振って前から後ろからのジャンピングボディアタック(顔にどの部分が当るかわかりますね?!)、コーナーのロープを掴むと倒れた野橋にボディプレス。
更に拳王を仰向けに倒してまたぐとまさかの男色殺法?!拳王に?!さすがにそれはなくて、それでも拳王の腹部にどすーんと尻もち。キツイ!コミカルながらも強烈な攻撃にお客さん大盛り上がり、阿修羅は苦戦。
その間に回復した郡司も積極的に試合に参加、うまい具合に野橋をコーナーに追い詰めたのに、みすみすコーナーから離れたところに移動してしまった!郡司ー!卍丸と大野選手のアシスト受けてミサイルキックを放つも、結局は野橋に捕まってしまう。顔を真っ赤にして郡司の頭をギリギリと締める野橋。そして終らせにかかったか、郡司の脇を固めた!ロープを探してもが郡司、拳王はエスケープさせまいとレフェリーの目を盗んでサードロープの前に両足を入れる。死に物狂いで振り回した脚がロープにひっかかってエスケープ成功。
いつの間にか郡司流血!
フラフラの郡司、そんな郡司が立ち上がるのを待って塁は強烈なスピアを発射!前にこれで3カウントを取られた郡司、終わりかと思ったら返した!しかし続く高角度の逆エビにあえなくタップ。塁はいつもゴングが鳴っても手を離さないけど今日はいつも以上にしつこかった。
卍丸はさっさと退場、阿修羅はレフェリーからの勝ち名乗りを拒否して退場、お客さんからの拍手もまばら、大野選手も郡司の様子を見て先に退場、リングに残ったのは郡司と大柳先輩。励まされてなんとか立ち上がった郡司。大柳先輩は「少しずつだけど成長してる」とエールを送りました。
「郡司がこんな状態なので…」と、大柳先輩仕切りでビンゴ大会が始まりました。進行上仕方ないけどこの切り替えの早さといったら!
さて本日の賞品は…
・みちのくプロレス缶バッチ第三弾コンプリートセット
・大和魂Tシャツ(これ説明が無かったんだけど何?エンセン井上?)
・サイン入り決起軍(?)Tシャツ
・OOGAMANIA7のDVD(なんで7?)
・カルビー提供お菓子パックにOOGAMANIAパンフレットを付けて×3セット
更に一気に5人がビンゴになったしまったため、急所お菓子パックを2セット追加、計8名の手に貰われていきました。
ビンゴ大会が終ると、大柳先輩はカルビーポテトチップスのり塩Wパンチ味の試食品を手渡してお見送りに立ちました。

前後するけど試合について。ときどきこういう試合あるけど、卍丸と拳王が全然アピールできてなかった。
卍丸郡司大野組は…抱き合わせの急造タッグだからしかたないけど、やっぱりタッグとして全然機能してなかった。
前回の6人タッグワンマッチがとても良かったから期待してたんだけど…それでも大野選手が活躍を見せ始めたあたりから後半一気にスパートかけて盛り上がったから良かったかな。
大野選手の初戦は6人タッグよりもシングルマッチが良かったなあ。やっぱ出番が少なくなる6人タッグではイマイチどんな選手かわかりにくいし、消化不良気味。
引き続き大野選手も参戦する明日明後日に期待。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.20(Fri) 23:59

宮城県総合運動公園総合体育館、またの名を

グランディ21とかホットハウススーパーアリーナとかセキスイハイムスーパーアリーナへの行き方とかトイレのこととか新幹線に間に合うかとか。

■シャトルバスで会場まで行く
・仙台駅東口(ヨドバシカメラやZepp仙台のある方)からシャトルバスが出る。
・東口に行けば道順に沿って「シャトルバス乗り場はあちら」の案内板が出ているので迷わずに行ける。
・シャトルバスの乗車券はコンビニのプレイガイドで前日まで買える。発券手数料は取られない。運賃は公演によって多少上下するが、片道1200円、往復2400円。
・事前に手配しなくてもシャトルバス乗り場まで行けば300円増しで当日券を販売している。
・シャトルバスは満席になり次第出発するので待ち時間はほぼ無い。
・補助席になるかもしれないけれど確実に座れる。補助席が嫌ならパスすればよい。
・行きは45分くらい。
・降車場所は会場から少し離れてる。徒歩3分くらい?

・電車とバスを乗り継いでも行けるけれど、電車が1時間に1本も出てないので、乗り遅れたら大変。
・駅から歩いても行けるようだが、大人の男性で40分って普通に考えると1時間コース。

■会場のトイレ
・開場前でもサブアリーナのトイレが利用できる。女子トイレは絶望的に混んでいる。男子トイレはすいてる。女子は会場に着く前に大なり小なり一刻を争うような事態は解消しておくこと。
・開場後であれば入場してしまってメインアリーナのトイレを使った方がいいかも。こっちの方がまだ並んでない。

■シャトルバスで駅に戻る
・乗車場所は行きと同じところ。
・帰りのシャトルバスも乗り場で当日券を販売している。
・すごい行列だけど何台も待機していて満席になり次第出発するのでそれほど待たなくても乗れるはず。
・帰りは30分くらい。

■新幹線には間に合うのか?
・21時前にコンサートが終わってスムーズに会場を出れて物販には目もくれずシャトルバス乗り場に直行して21時ちょっと過ぎに発車するのに乗れれば、上りは21:47発のやまびこに、下りは21:44発のはやて・こまちにギリギリ間に合う。ただし切符を買う余裕はないので事前に用意しておくこと。
上りの22:25発のやまびこ(郡山止まり)と下りの22:12発のやまびこ(盛岡止まり)ならそんなに急がなくても間に合うはず。

以上
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.04.18(Wed) 22:21

結婚式行くからね?

Perfume。

7年目にしてついに!念願の!Perfumeのコンサートに行ってきたわけですが!
「こういうものか、よしわかった」という感じでした。
や、広すぎる会場の実質最後列という席のせいだったと思います。
コンサートにはいくつかパターンがあって、
1.生演奏を聴いて楽しむパターン
2.自分が踊って楽しむパターン
3.コールや振り付けなどで一体感をを楽しむパターン
4.パフォーマンスを見て楽しむパターン
私の場合、Perfumeは4に当てはまるんですけど、その肝心のパフォーマンスがよく見えないんだもの。せめて顔の判別ができるくらいの距離であればもっと楽しめたと思いますよ。
まあ席のせいだけじゃないんだけど…。
トークも面白かったけど、それでも1時間経過した時点で4曲しかやっていないような構成は自分には合わなかったし、客いじりにいたっては全然興味がなかった。
Perfumeの曲はほぼ全曲そらで歌えるのに思ったよりノレなかったのも勝手に期待してただけに肩すかし食らった感じ。
時間と労力に見合った満足感が得られず、ホント、家でおとなしくDVD見てます、指先の動きまでわかるDVDの方が満足できます。と思ってしまいました。結局、こういう会場での楽しみ方がわからなかったと。

不満ばかり書いたけど、よく見えないなりにやっっっっぱりPerfumeはかわいかったしかっこよかった!
アルバムでは捨て曲だと思ってた「時の針」は壊れたマリオネットみたいなダンスがおそろしくて何度でも見たいと思ったし、レーザーに合わせたダンスや、格闘ゲーム風の映像とのコラボレーションも素晴らしかった。
この曲だけ浮いてた気もするけど、コールパートのあるジェニーは最高に気分が盛り上がった!
トークではあーちゃんがチラチラ毒吐いてくるのがおかしくてしょうがなかった。「きゃりーぱみゅぱみゅの新曲はすごい」という話から、「ぷるぷるつんつんとかキャーンディーキャーンディーとか中田さんが書いるんだよ~こ~わ~い~」って他のメンバーも一緒になってユーレイポーズしてはしゃいだり。どこかで「Perfumeの曲をおっさんが書いてるのかと思うと気持ち悪い」というのを読んで大笑いしたけど、それを本人らも思ってたのかと。

コンサートには満足できなかったけれど、それは単に自分に合わなかっただけで、これでPerfumeに興味が無くなったということは全然なくて、Perfumeを好きなことはなーんにも変わりません。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2012.04.17(Tue) 23:29

カベジェラマッチ希望

6月の後楽園大会で東北Jrのベルトを賭けて拳王対ハヤトの一騎打ちが決定!
って、唐突な感じがするんですが。
新木場大会の観戦記漁っても状況が掴みきれないんだけど、なんでこうなったの?ハヤトの挑発に拳王が乗ったってこと?
まあこれまでも東北Jrの次期挑戦者決定はほぼ挑戦者からの申告制で唐突に決まるから別に深く考えなくてもいいか。

6月の後楽園大会でやるだろうなとは思っていたけれど、いざ決まってみるとなんか嫌だなあ。
なにが嫌って二人の立ち位置がね。だって今の拳王なら絶対にラフ攻撃に走るでしょ、勝ったところで拳王の株は上がらないし、ハヤトが負けたところでハヤトの株は下がんないもの。なんだかなあ。

ちょっと汚い話をすると…

続きを読む
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.04.16(Mon) 23:17

2012/04/15(日)みちのくプロレス「大釜活性化イベントOOGAMANIA19」@滝沢村大釜幼稚園体育館

昨日までの寒さが嘘のようなお天気でちょっと暑いくらい。この天気じゃあきっとkenの参戦は無いなと思ったり。
試合終了後の野橋からの重大発表とは?!

開場待ちをしていると立派なテレビカメラが。お客さんにインタビューを取ったり、開場時にもカメラを回したりと、何かの取材のようです。

あいかわらず出足の遅いお客さんも試合開始間際には満員に。
珍しく数分遅れで試合開始。夜桜お七で沼ちゃん登場。「この曲出るタイミングがわからない」たしかに変なタイミングで入場してきました。「この曲を作詞した人は俺の海を作詞した人です」に客席から驚きの声があがると「これしょっちゅう言ってるのに全然浸透しない」
「今日はカメラが入っていますが、秋田朝日放送が秋田県羽後町出身の郡司に密着取材をしています。5月の横手大会にもカメラが入ります。放送日等詳細がわかったらホームページにも情報を載せます」前述の立派なテレビカメラはそういうことでした。
「秋田出身のプロレスラーって少ないんですよね。ディック東郷さん、それと昔、悪冠一色(あーがんいーそー)にいた菅原拓也。彼をプロレス業界に紹介したのは私です」ヒールのがっちゃんも沼二郎大先生には頭が上がらないんですよね。
「毎週水曜日いわてウェブテレビで番組をやってるんですけど、見てる人…(全く挙がらない手)そんなもんですか、見てください」
日程告知で「後楽園大会のカードが一部決定しました」そういえば昨日は新木場大会だった。珍しく結果をチェックしてこなかったのです。
「売店…カレーは売り切れ?!パン屋ひろよしさんは…もうそれだけ?!パンが到着した途端うちのスタッフが真っ先に買いに走りましたからね。先に客に買わせろって」
ひととおり告知も終わり「発売はまだ決まっていません。せめて手拍子を。一緒に口ずさんでくれると嬉しいです」と控えめなアピールで新曲「しゃぼん玉」

沼ちゃん一旦退場、あらためて選手入場。本日は若くなくて大きい方のオオガマックスが登場!
挨拶は欠場中の大地から。あらためて欠場の経緯の説明と、そして復帰戦決定の報告が!「復帰は6月の後楽園大会ですので、ここにいる皆さんに戦う姿をお見せできるのは6月23日のOOGAMANIAになります」と、はからずも?次回OOGAMANIAの報告まで!おめでとう!欠場四ヶ月…長かったね!
恒例のサインボール投げ、久々に当りボール申告者が続出しました。

1.○卍丸(9:12エビ固め)郡司歩×※パイルドライバー

OOGAMANIAでは郡司デビュー後初試合ですね。対するは春の道場プロレスですっかりお馴染みの卍丸!大歓声で迎えられました。
まずはロックアップして力比べ。郡司は初っ端から大きな声を出していきます。
卍丸は郡司を持ち上げると無理矢理グラウンドに。郡司が押さえ込もうとしても卍丸はするりと抜けてしまう。
スタンドでは何度もエルボー打たせる卍丸。そしてビンタ一発で張り倒される郡司。
卍丸は郡司をヘッドロックでギリギリ絞り上げる。郡司は脇腹に肘を打ち込んでなんとか脱出し、卍丸をロープに振ってドロップキックをヒット!続けざまにミサイルキック!更に卍丸を持ち上げようと腰に手をかけるも、逆に持ち上げられてしまいそのままブレーバスター。
卍丸は郡司を逆エビに捕えどっしりと腰を落とす。郡司ロープを求めて必死にもがく。あとちょっとと言うところで中央に戻されてしまう。卍丸も必死。諦めない郡司は粘りに粘ってロープエスケープに成功!本当によく粘った!
フラフラの郡司を捕えると卍丸はパイルドライバーの体勢に。郡司、ここでもかけられまいともがく。しかし結局落とされてしまい、返せずに3カウント。
卍丸はすぐにリングを降りて退場。悔しそうに叫ぶ郡司。一礼すると、フラフラの足取りで退場していきました。
いやよく粘ったし声も出てたよ!がんばれ郡司!

2.○野橋太郎、拳王、日向寺塁(16:38※逆打ち)気仙沼二郎、剣舞、オオガマックス×

6人タッグのアナウンスに期待のどよめき、そして剣舞登場に大歓声!剣舞も嬉しそう。続いて沼ちゃん、そしてオオガマックスが登場。
阿修羅は拳王のテーマで三人揃って登場。竹刀持参の塁はこわい!リングインしてコーナーに立って雄叫びをあげる野橋。ハリキッテルなあ!
拳王のコールで阿修羅が奇襲。初っ端からの場外乱闘には発展せず。
拳王と対峙したオオガマックス。「みんなのパワーを分けてくれ!オオガー…マックス!」お客さんも一緒に腕を交差させてマックス!パワーをもらったオオガマックスは交差した腕を拳王の胸板にぶち当てる。ビクともしない拳王。「まだまだ、みんなのパワーを分けてくれ!」再度パワーをもらって攻撃。依然としてビクともしない拳王。もはや呆れ顔。三回目ともなると「あの…みんなのパワーを…」と気弱に。結局、拳王からハイキックをお見舞いされてダウン。
思い返すと、以前はオオガマックスをなんと呼べばいいかわからないからか声援が集まらなかったけれど、今では「マックス」が定着したのかフツーに声援があがるようになりましたね。
沼ちゃんと日向寺に代わるとショルダー&チョップ合戦。打つのをやめてひたすら塁に打たせる沼ちゃん。最後はショルダーで倒されて
しまったけれど、受けきった沼ちゃんはカッコイイ!
試合は場外へ。
拳王はプラチェーンでオオガマックスにチョークしたりとヒールモード全開で大暴れ。バラモンよろしくカラーコーンでのア○ル攻撃まで飛び出す。拳王がやると手加減ナシでシャレになんなくて笑えないからやめてあげてー。剣舞かわいそう。
ここのところ大釜での暴れっぷりがハンパない塁はブルーシートひっぺがすとお客さんの荷物ごと正規軍を一網打尽。す巻きにされた剣舞に腰掛けて休憩する拳王。頃合を見てマイトさんが片付けると「なに片付けてんだよ!」とまたひっぺがす。せっかく片付けたのに!
やっと選手がリングに戻り、お客さんも各々元の場所へ。不思議なもんで、ブルーシート含めてそれなりに元どおりになるのです。
リングでは沼ちゃんが阿修羅にいたぶられている。多勢に無勢の攻撃にお客さん大ブーイング。
沼ちゃんは沼ちゃんボンバーを炸裂させると、自力でコーナーに戻りオオガマックスにタッチ。
エルボースマッシュの連打に「あれ、どこかで見たことあるぞ?」卍固めに「そのまんまじゃん!」の声が。
剣舞とオオガマックスの619の共演はオオガマックスが失敗してしまう。でもオオガマックスならば「らしい」のよね。冴えないヒーロー。
流れを戻せるかと思ったものの、剣舞が拳王に捕まってしまい、拳王のアシストを受けて野橋の低空ドロップキックが剣舞の顔面にヒット!拳王のダブルフットスタンプはオオガマックスが阻止。ざまあみろ!
阿修羅をリング下に落とすと、沼ちゃん逆トペ、剣舞トペコン、オオガマックスプランチャで正規軍が一斉に舞う!
塁、どさくさにまぎれてお客さんの缶ジュースを勝手に開けて飲んで水分補給。
こんなごちゃごちゃの中で野橋がオオガマックスに逆打ち!あれっ、終っちゃった。
オオガマックスの介抱にリングインした及川君が拳王に投げ落とされたあ~。更に拳王はオオガマックスのマスクに手をかける暴挙に!なんとか未然に防いだものの、ろくな手当ても受けれないままセコンドの肩を借りて退場。

さて阿修羅だけになったリング。もちろんマイクを握るのは野橋。
「俺にはやっておかなければならないことがある」と、VTRで発表されたのは…
野橋太郎デビュー10周年記念大会をOOGAMANIA番外編として開催!
みちのくプロレスからも多数参戦!
そして野橋の相手はななんと新日本プロレスより獣神サンダーライガー!うおおおおおおお!名前が出る前のテーマ曲のイントロの時点で大歓声があがりました!まさかサスケの宇宙大戦争のパートナーみたいなことに…という不安はライガー選手のコメントで消えました。「10周年おめでとうございます!それはそれとして、勝負は勝負」「あんなカンカンなんか使わせないでやる!」
まさか無料大会?!入場できなかったらどうしよう!と思ったら、全席指定有料大会の発表に客席からはちょっとガッカリな空気を感じましたが、私は逆にホッとしました。有料にはホッとしたけど全席指定はちょっとガッカリ。いつもの会場の雰囲気で見たかったな。
さてVTRも終わり会場は興奮の渦に。野橋は「一斗缶をカンカンだなんていい間違えてやがる」とどうでもいい揚げ足取り。そんな野橋の横で拳王は無表情で仁王立ち、塁にいたっては寝っころがってテレビを見るお父さん状態。
「大釜の英雄この野橋太郎がいるかぎり、みちのくプロレスそしてOOGAMANIAは永遠に不滅だー!」客席からは、大・野橋コールが発生。野橋はシラケムードの拳王と日向寺をなんとか説得してあらためて三人で勝ち名乗り。コーナーでのアピールにもしぶしぶ付き合う二人。役目を終えると拳王はひとりさっさと壁際から退場。日向寺は花道をベリベリとひっぺがしながら退場。野橋の通る花道がなくなったー。まったく阿修羅のみなさんは仲が悪いですね!

OOGAMANIA番外編のチケットは本日より発売ということで、野橋も売店に立ってファンサービス?特別参戦の剣舞とオオガマックスも売店に立ちました。会場入り口では、各選手が、カルビーポテトチップスのり塩パンチの試食品を配りながらお見送り。
そういえば記念撮影が無かったね?!初めてじゃない?

いやーーー。やっぱり野橋は大釜の英雄だわ。自分で言うなって感じだけど。あの大・野橋コールの会場の一体感は最高だった。
重大発表が良い発表でよかった!そしてまさかの獣神サンダーライガー。ライガー選手はフットワークが軽いですね。
ちなみに私が予想していた重大発表は「OOGAMANIAのプロデューサーを降りる」でした。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.04.15(Sun) 23:57

板チョコ

かっこいいカラダ公式ブログ:次号表紙

おおおおおやはり「かっこいいカラダ」であったか!
予想以上に細くなってたけどバキバキですね。
私、レジに出すのが恥ずかしい本以外は本屋で買うようにしてるんですが(DVDみたいに値引きもないし)、この表紙を見てamazonで買おうかなと思ってしまいました。
「トレーニング記事が目当てですよたまたまサスケが表紙だっただけですよ」という顔の練習をしておこう。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.04.12(Thu) 22:04

カガ様と同じ

「アグリー・ベティ」の1巻を見ましたよ。
ひょんなことからファッション雑誌の新米編集長のアシスタントになったチビでメガネで歯列矯正中でオシャレに無頓着な文系女子が奮闘する海外ドラマです。
すごく面白いけど…HEARTがHURT…。私には刺激が強すぎる。

優秀でがんばり屋なベティが外見第一の世界で虐げられるのが見ててツライ!理解者もいるしスカッ!として終わるけど、それにしたってさあー。
社長子息の新米編集長も大事な書類を置き去りにする間抜けだし仕事ほったらかして情事に興じる大馬鹿者だし、だけど女性には分け隔てなく優しくてモテるのもすんごくわかるのが余計にイラつく!!!!実はコンプレックス持ちの素直なイイヤツだし!
んでもーーー画面に出てくるだけで不快指数MAXの同僚女!本当にルックス以外にいいところが見当たらない。ベティをばかにするのも意地悪するのもムカツクけど、男の前だと常にしなつくってまとわりつくような視線飛ばしてるのがもーーーーーー気持ち悪い。気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い。
おんなじような役回りでも編集長の座を狙ってるベテラン女性編集者と金魚のフンはわりと好きなんですが。

続きも気になるけど、多分これからベティはどんどんのしあがっていくんだろうけど…!

ところでベティ、ホントにチビッコなんだけど、どんだけちっちゃいの?と思ったら…155cm。
そ、そうか、155cmはアメリカ(notベティの中の人)だとあんなにチビッコなんだ…。でもボインボインよね。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.04.11(Wed) 22:29

足跡つけて

青森でキャプテンズとうきぐも一緒にやったんだーへー

> うきぐも(5人編成)

…え?

ベースの野宮さん戻ってきたんかい!!!!
マジデーマジデーマジデーうれしいー。

いやもううきぐもの活動も不定期だし、もしかしたらたまたま特別編成が続いただけかもしれないし。
今後五人編成のうきぐもを見るチャンスはあるんだろうか。あればいいなあ。
弾き語りもいいけれど、私はバンド編成が好きなんだー!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.04.10(Tue) 23:13

ど真ん中

ザ・キャプテンズ。

当日までライブがあることをすっかり忘れてて更に直前までヒザシの脱退を知らなかったという…。

二年前のいしがき以来、ライブハウスでのとなるともう何年振りだろう?
いやー。なんにも変わってませんでした。傷様もブランクを感じさせないハッスルっぷり。なにも変わっていないことに安心しました!
脱退の報告があっても最後までつまらないギャグを飛ばし続けたヒザシはプロだ!

キャプテンズはなにも変わってなかったけど、振り付けやコールがビミョーに変わってた。赤道直下とか、前の方がいいと思うんだけど。メンバー紹介のヨースケへのコールのタイミングも「そうそうここからここから」ってわっかんねえよ!なにがだよ?!郷に入っては郷に従えと言いますが…。
それとお客さんがすごくおとなしかったような…理路整然と並んで見ていたお客さんたちは振り付けバッチリだしヒザシの脱退報告も無反応だったから多分ファンだと思うんだけどねえ。もっと黄色い声出していこうぜ!や、私はトシには勝てないといいますか…ヨボヨボ

今回はなにも変わっていなくても今後はヒザシの脱退で確実に変わるでしょう。とくにヒザシはパフォーマンス面での重要人物だから抜けた穴は思った以上に大きそう。


…余談。
ヒザシのプロレスラブポーズにボソッと「武藤?」と反応した傷彦を見て薔薇王子も男の子だなあ~とひとりニヤリ。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2012.04.09(Mon) 22:36

ハゲてるんじゃない。剃ってるんだ。

先日のサムライTVのゲストは中嶋勝彦選手とのGHCジュニアヘビー級タイトルマッチを控えた我らがフジタ"Jr"ハヤトだったようで。

ハヤトはなんでまゆげないんだ?イケメン濃度薄めるため?と思ったら

>ハヤトに眉毛がないのは卍丸の真似
twitter:345@m

ワルい先輩に憧れる後輩みたいでかわいいじゃないかチクショウ

…野橋もまゆげないのに。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.04.06(Fri) 23:17

ア?ヤ?

最近見た映画

・マイティ・ソー
中世ファンタジーバトルモノだと思ったら中世と現代を行ったり来たりSFファンタジーバトルモノでした。
人ン家で兄弟げんかするなー!
主人公の方が敵役っぽくて敵役の方が主人公っぽい顔してる。
浅野忠信みたいな人が出てると思ったら本当に浅野忠信でしたよ。

・ファイアボール
なんで23分しかないのに長編コーナーにあるんだよ!
シュールで終らせずにちゃんと落としてるのはエライぞ!
お嬢様の棒読みはメイキングでちゃんとできる上での棒読みなんだなということがわかってよかったです。

・グリーン・ホーネット
一見デキル男風の金持ちバカ社長アメリカ人とスマートな天才エンジニアアジア人の組み合わせがツボにハマりまくり。悪役もどこかぬけてて憎みきれない。
ちょっとダサイコスチュームもグッド。すんげー面白かった!

・アンタッチャブル
史実モノだけどその史実をよく知らなかったので十二分に楽しめました。
主要メンバーがアメリカ人・おじいさん・イタリア人・メガネチビと個性的なのも(例によって)助かりました!
前に見たゴッドファーザーは同じイタリアンマフィアでも「よき友人」が過ぎてたけど、こっちのアル・カポネは嫌な奴だな~。

・塔の上のラプンツェル
ディスっておいて「冗談よあなたが大好きよ」などと言うニセ母が怖すぎる。
別にミュージカル映画嫌いじゃないんだけど「ミュージカル映画か…」と思っちゃうのはなんでだろ?(←嫌いなんじゃない?)
トイスーリー3より後に公開されたのに目がプラスチックっぽくて人形が動いてるみたいだなあ。
映画 | CM(0) | TB(-) 2012.04.02(Mon) 22:16
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード