« 2012 . 03 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

華☆激

2011 51st ACC CM FESTIVAL入賞作品発表会に行ってきましたよ。
だいぶ昔から行ったり行かなかったり…で、いっつも平日なので今回も見れたのはテレビCM部門だけ。
パンフレットが過去最高に薄かったです!

今年は良かったですねー!
グランプリの九州新幹線全線開業は文句なしでしょう。
盛大なイベントだけじゃなくてたまたま通りかかった散歩中の親子みたいなのもちゃんと映ってるのもグッド!

ライオンは歯のも写真のもどっちも好き。写真のなんか二段オチで泣かされた!一段オチなら泣かなかったのに!

このご時世か落ち着いたCMが多かったと思います。
ひとりよがりやりウケ狙いのCMも相変わらずだけど…。

連続ドラマ仕立てのCMの多さも気になるところ。面白いのは面白いけどひとりよがり極みだと思う。
ソフトバンクのホワイト家族なんて順序立てて見てはじめておじいちゃんが何者かがわかったよ。もうなんのCMかわかんなくなってるじゃん。
suumoも1本目は面白いのに2本目以降設定が生かせなくてつまんなくなってるし。

やっぱり東京ガスオロナインみたいに1本できちんと完結しているのが一番!お母さんありがとう!

ところで上映中に地震が発生しまして、そのときに上映してたのがよりにもよって
フンドーキン醤油シリーズの最後、巨人の星編
オチが台無しじゃ!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.03.29(Thu) 22:55

歯磨かないのに

youtubeでEmily Osmentの動画漁ってたら動画の前に入る広告に瀧さんと…え、卓球????!!!!

電気グルーヴ渋谷に光臨!本人出演ロッテガムCMアピール
ナタリー

電気グルーヴがテレビCMに!曲だけじゃなくて本人出演ですよ!

電気グルーヴ“攻め”のシングル「SHAMEFUL」試聴開始
ナタリー

しかも新作も出るじゃあないですか!ヤッター!
アー写がフォトショまるだしできもちわるい!

さっそく公式サイトでCMをチェック!
お口の恋人 ロッテ|ガム|ZEUS



死ぬほど重いからやっぱyoutubeでチェック!
youtube

ぎこちなくガムを噛む卓球の顔面ドアップがなんとシュールな…。
メイキングを見るとすごい技術が使われてるみたいなんだけど、それがちっとも生かされていません。編集が悪い!

ほっぺたに電極つけてガム噛むだけでオーディエンス大興奮!って
瀧がケンタウロスの着ぐるみ着て両腕大きく上下させるだけでオーディエンス大興奮!
となにも変わりませんね。さては制作サイドはそれをわかってやってるな?!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.03.28(Wed) 22:50

MIHO

ドリカム吉田美和とファジコンJUONが入籍
ナタリー

えええええええええええええええええええええええ????!!!!
って本当に叫んでしまいましたよ…。

前にドリカムファンの友人とファジコンとドリカムのコラボについて話したときに友人は「ドリカムも若手を育てる立場に興味があるのかも」みたいなことを言っていてなるほどーとか思ってたのに…そうですかそういう関係だったんですかみたいな…。
実際のことは置いといて、自分の彼女を歌手デビューさせる人気ミュージシャンに感じるような嫌悪感が湧いてしまいました…。
PSY・Sみたいなクールな関係はかっこいいと思うけど、そうはならないのが現実。

ナタリーの写真、JUONめっちゃ老けたなあと思ったらドリカムのベースの人だった。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.03.27(Tue) 23:25

2012/03/25(日)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第6回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

六連戦最終日。直前の吹雪にもかかわらずお客さんいっぱい。本日はチビッコプロレス教室はナシ。

お時間になってI fought the lawで沼ちゃん登場?と思いきや、売店から大地がリングイン。今日の前説は大地です。「今は松葉杖も取れていますが、手術直後はすごく痛くて本当に歩けるようになるのかと思いました」と怪我の経過を報告。あとは告知と、六日間全部来た人?などお決まりのトーク。「今日の振る舞いは僕の作ったおでんです。でも量が少ないのでお子さん優先で…でも多くの人に食べてもらいたいので、ちゃんと…(言葉が出てこない)ちゃんと…盛ります。でもお子さん優先で…」このまま無限ループに突入しそうな…。「沼二郎さんのようにうまくまとめられませんが、今日も楽しんでいってください」で、大地退場。あれ?ジャンケン大会は?

1.10分1本勝負
△野橋太郎(10:00時間切れ引き分け)大柳錦也△

青コーナーから大柳登場。対するは赤コーナーから野橋。大柳は沼二郎の仇が討てるか?!
ロックアップの力比べから5分くらいずーっと両手繋ぎっぱなし。ロジカルなプロレスとでもいいましょうか、知恵の輪のように次々に攻防が入れ替わる、そんなプロレス。見ているこっちがこんがらかりそう。
大柳の卍固めや野橋の低空ドロップキックなど、大技を挟みつつも、終盤の丸め込み押さえ込みの応酬といい、説明できません。
結局時間切れで決着せず。すごい戦いでした。
本人らも思うところがあったのでしょう、試合後も両者リングを降りず暫く無言、大柳が手を差し出すも、野橋はいや握手はしないという風に手を振って拒否してリングを後にしました。大柳も満足気な表情で退場していきました。
この試合、郡司レフェリーが「野橋行け行け!」と何度も何度も言うのが野橋を応援しているように思えてちょっとだけおかしかったです。

さあ第二試合だ!と思ったら大地がリングに登場「いやー熱い戦いでしたねー」どこの司会者だ。「後半戦の前にジャンケンたいかーい!」第一試合で郡司がレフェリーやってたから郡司試合無いのかと思ったらそういうことね。
本日の商品は、豪華にTシャツ二種。
「みちのくプロレスにはファンクラブが二つありました。これはすぐになくなってしまったグッズショップが主催していた方のファンクラブのTシャツです」
「デルフィン、府川由美、下田美馬の大阪ルーンズ(?)のTシャツ」
それぞれ勝者の手に渡った後、「本日はもうひとつ商品があります!」と、OOGAMANIAが持ってきた紫色のバッグには大地セレクションの賞品が。
「いらないと思いますが、ラッセ選手のマスク型ポーチ」
「これもいらないと思いますが、サスケさんのクリスタルキーホルダー」
「これもいりませんね、僕とサスケさんの缶バッチ。僕の方にはさっきサインを入れました」
「これはどうなんでしょうね、サスケさんのポートレート」
と、全てにケチを付けながら紹介。自分でセレクトしたんでしょうに!セットで1名様にプレゼントされました。

2.10分1本勝負
○日向寺塁(9:38エビ固め)郡司歩×※スピアーから

本日の郡司の対戦相手は塁!とても楽しみにしていたカードです。塁は郡司相手にどんな試合を見せてくれるのか?!
レフェリーは大柳先輩。シャツの裾が出ていますよ!
塁はコーナーによりかかったままリングコールされてめんどくさそうにてを挙げるやる気の無さ。
ゴングを待たずに郡司がコーナーの塁めがけて突進!ようやく塁にも火が付いて打ち合いに。塁のセコンドのはずの野橋もひっきりなしに郡司に激を飛ばします。
しかし郡司の攻撃の物足り無さに「おまえこの一週間何やってきたんだよ!」と怒りを露にし、立てない郡司にストンピングの嵐。
早々に試合を終わらせにかかったか、塁は連続フォールに。その度に返しては少しずつロープに近付いてロープをキャッチ、エスケープ成功。
息を吹き返した郡司は塁にドロップキックを連発。塁も少しずつ効いてきたか、動きが若干鈍くなる。
郡司は塁を持ち上げようとするが逆に持ち上げされてしまいボディススラム。
しかしブレーンバスターを成功させると、休まずコーナートップに上がり、塁が立ち上がるタイミングに合わせてミサイルキックを発射!塁がふっ飛んだ!フォールにかかるが返されてしまう。
反撃に出た塁は垂直落下式ブレーンバスター、そしてフェースロック。郡司はなんとかロープエスケープ。
これで終わりだと逆エビの体勢に捕らえようとする塁、郡司は取られる前にロープをキャッチしてブレイクに持ち込んだ!
すると塁はコーナー際に行き、ストンピングしながら郡司が起き上がるのを待つと強烈なスピアで郡司に激突!フォールされた郡司は返せず、3カウントを聞いてしまいました。いくら郡司が相手でも3カウントの取れるスピア。本当に強烈でした。
この試合を見て思ったのは、塁はまだまだ度量が狭いなと。野橋にはかなわんなと。拳王はずっともっと狭そうだけど…。
試合終了後、座ったままレフェリーの大柳に何か言う塁。そしてセコンドの野橋と一緒に退場していきました。何を言っていたのかな?
マイクを持つ大柳、郡司に「なにか得るものはあったか?」と問いかけ「デビューして間もないのに六日間よくがんばった」とお褒めの言葉。郡司は立ち上がるのも精一杯だろうに、客席三方に一礼をしてひと足先に一人で退場。大柳先輩が音頭を取って不滅だー!で六連戦をシメました。

本日も入口では大柳先輩がカルビー「期間限定・四季のいちおし素材・桜えび」の試食品を手渡してお見送り。なんかもう試食どころじゃなく貰っちゃってスミマセーン。

まだ4月に三大会残っているのにやってる側もひと区切りな感じの大会でした。実際に「最終日」と言っていたし。
でもまだ春の道場プロレスは続くのです!終ってないのです!だから総括もしません!決してめんどくさいからでは!
来月にはきっと練習を積んでたくましくなった郡司が見れることでしょう!
それではまた来月~。

あ、でも来月も参戦するかわかんないから、これ書いとこ。
まあ妄想なんですけどね。
初日から四日間参戦した卍丸が「コイツ(郡司)は俺が面倒見る」って郡司がハヤト軍(仮)に入ることになったら面白いなあ~とかって…。新人ってそういう抗争からは外されてるじゃないですか。蚊帳の外じゃないですか。戦力にならないから無視されても仕方ないとは思うんですけど。問答無用で正規軍じゃなくてもいいんじゃないかなとも思うのです。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.25(Sun) 22:59

2012/03/24(土)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第5回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

六連戦五日目。土曜日の夜とあってか、ビニールシートからはみ出るくらいの客入り。
本日もマイト先生と大地先生によるチビッコプロレス教室を開催。なにげに毎日ちょっとずつメニューが違うのです。今日はコーナートップに立ってみようということで、怖くて立てない子もいれば勝どきをあげる子も。

お時間になりまして石野真子の曲に乗って沼二郎先生の登場。右手には沼ちゃんパペットが!かわいい!腹話術らしきことをやってみる沼ちゃん「いっこく堂はすごいね」という結論になりました。沼ちゃんパペット見てしみじみ「よくできてるね。このパンチパーマなんかいかにも私という感じで…よし、絶対にパンチはやめないぞ!」とひとり決意をあらたにしていました。
よっぽど告知することが無いのか、入場曲にかけてレコチョク調べ春の曲ランキングを紹介。1位の曲をお客さん誰も知らないという事態に。かくいう私も存じ上げません。全く盛り上がらないので次の話題へ。
「道場プロレスに来ているお客さんの中でいつもと違うなと思っている人はいるかな?」「郡司九番勝負というのもそうなんだけど、他のレスラーもそれぞれ実験的なことをやってみるという側面もあるんです」それはこれまでの道場プロレスからも感じてました。特に塁と沼ちゃんは普通の大会ではやらないようなことをしているなと。「ちなみに今日は1試合です」お客さんからは「ええっ」という声があがりましたが、いいとも的なそれではなく、期待がこもったものです。
本日もしゃぼん玉を披露。もう書くのも忘れたくらいしゃぼん玉バージョン沼ちゃんも見慣れました。
ジャンケン大会もモチロンあります。今日はハリキッテ立ち上がってくれる人がいなくて沼ちゃんちょっぴり淋しそう。「昨日の少年には意地悪なことを言ってしまった」と反省。商品はみちのくプロレスファンクラブTシャツ。なんと旗揚げ間もなくのものだそうで「よく状態良いままとってあったね」と沼ちゃん感心。「俺このときまだメキシコから帰ってきたばっかりで、20年後まだみちのくがあるとかないとかなんて考えてもみませんでした。俺来月で40なのに(拍手)まさか道場プロレスで毎日試合やるなんて…大地!お前が戦え!」と急にボヤキモードに。
Tシャツは壮絶なあいこ合戦の末、勝利者の手に渡りました。

1.30分1本勝負
○日向寺塁、拳王、野橋太郎(21:07逆エビ固め)気仙沼二郎、大柳錦也、郡司歩×

まずは青コーナーから郡司が登場。続いて大柳が同じく青コーナー。そして沼ちゃんも青コーナー。ということは6人タッグです。
対するは赤コーナー、野橋がrisingで登場、続いてspitfireで塁。risingは阿修羅のテーマじゃなくて野橋個人の入場曲みたいですね。最後は拳王で阿修羅三人揃い踏み。
リングコールで阿修羅が奇襲。先発は郡司と塁に。いきなりのショルダータックル合戦。何度も何度も走らせる塁。かなり激しい口調ながら「体重のせろ!」のアドバイス、聞き逃しませんでしたよ!しかし最後は「そんなんじゃきかねーんだよ!」反撃一発で郡司ダウン。
次は野橋が相手になり「顔張ってこい!」と強烈なビンタ合戦。郡司の口の中切れてる!
控えの沼ちゃんと大柳は「自分でやれ!」と激を飛ばすのみ。
郡司をロープに押しやると控えの拳王がエプロンから郡司の顔を踏みつけ、コーナーでも控えから手を出す。なんか…ヒールらしいことをやらなければ!と思って余計なことをしてるようで…ヒール初心者なら誰でも通る道なんだろうな。
そして拳王、全く手加減なし。郡司の動きがどんどん鈍くなり、フォール返すも全日なら取られてるぞ状態に。
見かねた沼ちゃん、無理矢理郡司とタッチ…というか無理矢理自コーナーにひきずってというか…で、リングへ。相手は野橋でようやく安心して見れる攻防に。郡司はリング下でうずくまっている。
沼ちゃん、野橋をリング下に落として逆トペ敢行、場外乱闘に。郡司も塁につかまり硬い床にボディスラムで叩きつけられもんどりうつ。
塁は郡司をリングに引きずりこむと、フォール、気力だけで返す郡司、それを何度も何度も…。
今の郡司に対してやりすぎなんじゃないかと思うような厳しい攻撃の数々。郡司だってプロレスラーなんだから郡司を信じろと思いつつも、ハラハラ通り越してヒヤヒヤして冷静に見ていられませんでした。郡司コールが起こる中でも自分だけ取り残された感じ。
でも、あれだけボロボロにされても、沼ちゃんとクローズラインを決め、トレイン攻撃にも参加し、野橋にブレーンバスターをかける郡司を見て、郡司は大丈夫だと、余計な心配だと思い直しました。
先輩達に囲まれて奮闘する郡司、しかし、野橋にガッチリと卍固めをかける大柳をカットさせまいと拳王をガードするもガードしきれず、こういう場面にも実力差が出ます。
後半もサイドバスターだのフットスタンプだの垂直落下式ブレーンバスターだの強烈な攻撃を次々受ける郡司。
混乱のリング上、塁に逆エビ固めに捕らえられてしまい、ついにタップしてしまいました。

なんかもう最終日のような試合でした。
野橋先生の教育マッチというよりも拳王先輩と塁先輩のしごきマッチの色が強かったけれど…。
いつ飛んでしまうか本当に心配でした。郡司はよく試合をやりきった!
阿修羅が攻撃により教育する一方で、大柳先輩は郡司がしっかりタッチするまでリングに入らなかったのを見て、こういう部分でも教育しているんだなと思いました。

リング下に下ろされた郡司は「うなずくだけでいいから聞け」と、沼ちゃんから激励を受け、大地の肩を借りて一足先に退場。
沼ちゃんは「俺20年やってるけどまだまだだ」「大柳さんの足を引っ張ってしまった」と大柳先輩に土下座。大柳先輩も土下座。
「郡司明日出れればいいんだけど…そのときはもっと大きな声援を送ってやってください!」お客さん拍手で応えます。
「今日は及川の作った甘酒の振る舞いがありますのでそれで勘弁してください」
一旦シメようということで、沼ちゃんが音頭を取って「不滅だー!」でシメ。

いよいよ明日は六連戦最終日!郡司は元気な姿を見せてくれるよね?!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.24(Sat) 23:59

2012/03/23(金)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第4回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

六連戦四日目。
会場に入ったらマイトさんが下足を入れるピニール袋の口を開けてお出迎え。
本日もマイト先生と大地先生によるチビッコプロレス教室がありました。

時間になって沼ちゃん登場。今日の曲はキョンキョンです。
春の道場プロレスはあんまり告知することがないみたいなんですよね。
しゃぼん玉について沼ちゃんからのお願いが。「しゃぼん玉のサビの手拍子は裏打ちです。ハーモニカのところまでは普通に手拍子してサビからは裏打ちでお願いします」だそうです。あそこいっつもモタモタするよね。言われたとおり裏打ちでできていたかは不明です。
歌の後はじゃんけん大会。沼ちゃんの「じゃんけんたいかーい!」と同時にハリキッテ起立した少年が沼ちゃんのツボにヒット。「これで最初に負けたらおもしろいねえ~」意地悪だなあ。
本日の商品は二日目に続いて西田ヒデキの「爆弾小僧」Tシャツ。ダイナマイトキッドじゃないのね?
先ほどのハリキリ少年は沼ちゃんの予言どおりの残念な結果となってしまいました…。

1.15分1本勝負
○拳王、日向寺塁(9:51ヒールホールド)大柳錦也、気仙沼二郎×

やったー拳王と塁のタッグだー。阿修羅になってから4人タッグで見るのは初めてです。相手は沼ちゃんと大柳先輩。元東北タッグ王者ですよ!
拳王と大柳が先発。グラウンドでの攻防、大柳が押さえ込み二連発。
沼ちゃんと塁に代わると一転激しい攻防に。塁、沼ちゃんにアームホイップ、ショルダータックル、ラリアットと次々にブチ当てる。素晴らしい技の流れ。
大柳にタッチして、エルボースマッシュ連発。
拳王は沼ちゃんの顔をトップロープにこすりつける。
塁、沼ちゃんをコーナーに振るとチョップ連打。「ホウ!」はやめたの?
拳王と塁を場外に落とすと、沼ちゃんはプランチャ、大柳は脳天にエルボーを投下。
リングに戻り、大柳と沼ちゃんでが拳王にツープラトーン。
と、突然場内に「失恋モッシュ」が。えええええええええええ?
拳王、沼ちゃんにダイビングフットスタンプ、アンクルホールドに捕らえ、沼ちゃんタップしないと見ると、腕ひしぎならぬ脚ひしぎでガッチリ!沼ちゃんついにタップ。タップしてもほどかない拳王、マイトさに無理矢理はがされる。
勝ち名乗りを受け、各々退場。この二人っていうか、阿修羅は全っ然馴れ合わないのね。
沼ちゃんはリング下で応急処置、ブーツを脱いで大柳の肩を借りて退場していきました。
突然流れた失恋モッシュに気持ちがすっかり萎えてしまいました…。
久々の拳王と塁のタッグも魅力感じず…。こんなんだったけっ?

2.10分1本勝負
○卍丸(9:23レフェリーストップ)郡司歩×※STF

初日と同カードが早くも登場。
グラウンド、卍丸は郡司を掌で転がしてる感じ。
スタンドで郡司に打たせる卍丸、何度打たせてもビクともせず、逆にビンタ一発で倒れる郡司。
立ち上がれない郡司にどんどん蹴りをブチ込む卍丸。卍丸は蹴りもキツイ。
郡司は卍丸がロープから跳ね返ってきたところにドロップキックやろうとしてタイミングが合わなかったのかひるんでしまった。そこに卍丸が前蹴りとチョーパン!
ヘッドロックに捕らえられた郡司、卍丸どんどん絞る、耐え切って必死のエスケープ。
郡司が立ち上がると、卍丸はブレーンバスターで叩き付けてボストンクラブ!タップしない郡司、一旦ほどいてSTF!それでもタップしない!残り1分切ってる!このまま時間切れ引き分けか?!と思ったところで郡司が全く動いていないことに気付き、レフェリーのマイトさんゴング要請。レフェリーストップだああああすげええええええ!郡司負けたけど心は折れなかったよ!
郡司の介抱に大地がリングイン。全く動けない郡司。それを見守る卍丸。ようやく状態を起こした郡司、それと大地になにやら話しかける卍丸。立ち上がると、郡司の頭にぽんっと手を置き、隣の大地の頭にもぽんっと手を置くと、リングを降りていきました。ああ一体どんな会話があったんだろう?!

入れ替わりで大柳が登場。「自分で立て!」という大柳先輩に励まされてなんとか立ち上がる郡司。
リング下にいた沼ちゃん「負けた俺が言うのもなんだけど、郡司、おまえにとってこれがチャンスだってわかってるか?今日出てない奴がいるんだから。怪我のないようにしっかりやり遂げろ」と激励。
郡司は立ち上がるのも精一杯だろうに、マイクを持ち「決められた試合をただこなすだけでなく、自分なりになにかを掴みます」と抱負を述べました。
「じゃあ、まだ道場マッチで一度もやってないアレをやりますか」と大柳先輩。しかも郡司に振るし!郡司は気力を振り絞って「みなさんがひとりでもいる限り、みちのくプロレスそして道場マッチは永遠に不滅だー!」デーデレレデッデッデー。

試合後は郡司特製みそちゃんこの振る舞いがありました。振る舞い中、沼ちゃんはマイクを持ってうろうろ。チビッコ相手に「タダでプロレス見てちゃんこ食べておいしかったねーはいいんだけど、大きくなってもプロレス見に来てね」とボヤく。未来への投資だ!

本日もカルビー「期間限定・四季のいちおし素材・桜えび」の試食品をいただきました。いつもすみませんねえ。へっへ。

六連戦残り二日、土日だからお客さんも増えるかな?!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.23(Fri) 23:59

2012/03/22(木)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第3回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

六連戦三日目。二日目のカードを見て歯軋り。ギギギ。
会場に入ったらチビッコプロレス教室が始まるところでした。マイトさんと大地が先生で、結構な人数のチビッコが参加していました。

時間になって沼ちゃんが「春一番」に乗って登場。
今日の沼ちゃん普通のジーンズ履いてる。Tシャツも黄色いけどデザインが違う。
リングインするなり携帯カメラで客席をパシャ。「来週のウェブTVで流します」
春の道場プロレスの入場曲は「春」シリーズで行くそうです。1日目は「春の小川」じゃなくて「春よ来い」でした。「元気ですかー!」と猪木じゃなくて春一番のモノマネをやるが全くウケず…。
「このTシャツは津波の被害にあった高田松原のTシャツです。NEVER GIVE UPって私にピッタリですね」
なんだか打っても響かないお客さん。
「しゃぼん玉」を披露した後、リングを降りながら「反応無いと思うけど、このジーンズは愚乱・浪花のです」さすがに反応がありました。

今回は対戦カードの発表って無いんですね。

※結果詳細は公式発表待ち

1.10分1本勝負
○卍丸()大柳錦也×※卍落とし

舎人一家のテーマで卍丸が登場!前半戦はずっと参戦するのかな?対するは大柳先輩。レフェリーはマイトさんです。
リングコールに手を挙げる卍丸を見て、こんなことあったかしら?と。
ふたりとも声を出すタイプじゃないから、ものすごく静かな立ち上がり。グランドでバックを取り合い、卍丸が大柳のフロントネックに捕らえる。
スタンドになると大柳はエルボースマッシュ、卍丸は前蹴りの応酬の末、大柳が卍丸に延髄蹴り。このときの大柳のエルボースマッシュがいつもよりも勢い付いて見えました。
卍丸を卍固めに捕らえた大柳、卍丸は大柳の脇腹に肘を何度も打ち付けて脱出。
卍丸の反撃、大柳をコーナーへ振って追随して体当たりするもよけられてコーナーに激突。そこから大柳がコーナー卍固め。反則4カウントで解除。
リング中央、卍丸大柳に垂直落下式ブレーンバスター、更に大柳の両腕を背後に取って思いっきり極める。大柳ピンチ!なんとか脱出、
今度は大柳が二度目の卍固め、しかし抜けられてしまう。「決めるぞー!」と予告してゴッチ式試みるも失敗、逆に卍丸が大柳に卍落とし!大柳返せず、3カウント。
試合後のふたりの様子に注目。言葉や目線を交わすことはなく卍丸からリングを降りました。ハヤト軍(仮)は正規軍とはまた別なんだなと。ただ、さっさと…という感じではなかったです。
いやはや素晴らしい試合でした。まず卍丸のシングルマッチを見ること自体が少ないんだけど、九龍1DAYトーナメントとか、プロレスというよりもガチのケンカっぽい戦い方をするイメージが強いから、こういう戦い方もできるんだなと。テクニシャンを相手にしてテクニカルな引き出しをこころおきなく開けたような。そればっかりじゃなく当りの強い打撃戦もあって存分に堪能しました。kenが「大柳と戦うのは楽しい」と毎度毎度ブログに書く気持ちが卍丸にもわかったんじゃなかろか?

2.15分1本勝負
○野橋太郎、拳王(変形ラクダ固め)気仙沼二郎、郡司歩×

俺の海で郡司と沼ちゃんが登場。続いて失恋モッシュで野橋と拳王が登場。
リングインする拳王野橋組を睨みつける郡司の目が鋭い!
先発は郡司、そして拳王が出ると客席からは「おおー!」の声が。
ガッチリとロックアップ。控えの野橋は拳王に「油断するな」とアドバイス。いとも簡単にロープに押しやられてしまう郡司。拳王は溜めに溜めてクリーンブレイク。
リストの取り合いは取り合いというよりも、そのまま千切れてしまうんじゃないかと思うくらい一方的に腕を捻られる郡司。拳王はそのまま自コーナーへ戻り郡司の手首を野橋に渡してからタッチ。野橋は引き続きこれでもかというほど郡司の腕をぐるんぐるんと回しまくる。
なんとか沼ちゃんにタッチ。郡司もセコンドで声を出していきます!沼ちゃんボンバー炸裂!沼ちゃんと野橋でショルダー合戦。「お前が走れこのボケカス!"#$%&'()=~|」
再び郡司がリングに入ると、野橋と郡司でチョップ合戦。全く効かないぞと、かなり激しい口調で激を飛ばしながら自分の胸を打たせる野橋。郡司のチョップもこれまでの全く音も聞こえないような弱弱しいものとちがって、野橋からの反撃を散々受けてからも、しっかりとした音を響かせていました。郡司をロープに押し付けて、拳王も外側から郡司を押さえ付けるヒールらしい一面も。色白な郡司の胸は真っ赤っ赤。そして色黒な野橋の胸も真っ赤っ赤!
野橋とタッチして拳王がリングに。郡司は拳王へのドロップキックが成功、お返しにジャンピングダブルニーを食らってしまう。
沼ちゃんと郡司で拳王にクローズライン、連携を見せる。
沼ちゃん拳王にギロチンドロップ、銀鱗、コーナーに持ち上げて気仙落としは失敗。沼ちゃんと拳王って身長差はそんなにないけど、体格差がすごいのね…。
拳王、沼ちゃんをアンクルホールドで捕らえる。郡司、カットに入るも一回蹴ったくらいでは拳王動じず、しかしあきらめずに何度も蹴りようやく外させる。
拳王、沼ちゃんを場外に落として客席後方に追いやる。その間に野橋は郡司に超強烈な低空ドロップキックをお見舞い。そしてキャメルクラッチに捕らえる。拳王は沼ちゃんをガッチリガード。郡司、エスケープしようにも顔が正面を向いていない!野橋めっちゃ捻ってる!沼ちゃんリングサイドまで戻るが間に合わず、郡司タップ。
起き上がれない郡司にかけよる沼ちゃん。
拳王と野橋は勝ち名乗り受け、二三言葉を交わすと勝どきあげず、それぞれリングを降りて退場。退場する二人には拍手が送られました。
マイクを持った沼ちゃん、いきなり郡司に「ごめん」と。
「郡司、ちょっとずつだけど昨日より確実に成長してると思う」大柳も頷き、お客さんからも賛同の拍手が。
「今日は俺も悪かったサポートしきれなかったホントにごめん」言葉どころか感情すらもまとまらない様子の沼ちゃん。ビンゴ大会は大柳に任せて、ビンゴ大会が始まっている後ろで郡司になにやら話しかける沼ちゃん、泣いてました。そして郡司に肩を貸して退場。
沼ちゃんの涙がわかる試合でした。すごく胸の苦しくなる試合でした。もう野橋の愛が大きすぎて!そしてなによりも郡司のがんばり。前に道場プロレスで見た野橋対大地のシングルマッチを思い出しました。別にそういうのを期待してるわけじゃないんですけど、野橋対郡司のシングルマッチを見るのが楽しみになりました。
お客さんの郡司への声援、そして試合後の野橋と拳王への拍手、お客さんの反応は素直ですね。

さて時間軸をちょっと戻して、ビンゴ大会。ビンゴ大会のある日はジャンケン大会はありません。前はジャンケン大会もあったような?
本日の商品は、バッヂコンプリートセット(!)、道場プロレス参戦選手サイン入りエコバッグ、ケッパレTシャツの豪華三点。書いた順に貰われていきました。(私が欲しいと思った順に書きました)

本日も野橋ブースチェック。たしか1日目は無かったような、九龍に赤×の一斗缶が売ってました。お値段は壷とか水みたいな…。野橋パックもまだありましたよ。
入り口では大柳先輩がカルビー「期間限定・四季のいちおし素材・桜えび」の試食品を手渡してお見送りに立ちました。

いやー今日は来てよかった!本当に良かった!いや、来なきゃ良かったなんて思ったことないけど。それにしたってどちらも素晴らしい試合で大!満!足!でした!
ちょっと気になることがあったけど大満足のまま終わらせたいから書かないでおこう!

そーいえば塁はセコンドにも来てませんでした。珍しい。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.22(Thu) 23:43

スッキリ!

野橋と塁の阿修羅バージョンの入場曲わかった。ていうか思い出した。
吉田兄弟の「rising」だ。
有名な曲じゃん!
散々六三四の曲だって書きまくってて間違えてるし!恥ずかしい!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.03.22(Thu) 21:25

メジロ

終わってから気付いたんですけど、矢巾前に公式サイトで公開されていた新ポスター画像、よく見たらkenがハヤト軍(仮)側にいますね。矢巾前に気付かなくてよかった!

さて春の大会のカードが発表されました。

さすがにちょこちょこ正規軍とのカードも組まれてるけど、GWツアー矢巾前の三連戦のメインが全部同じカードで阿修羅対ハヤト軍(仮)が終わってしまいそうな勢いだなあ。いずれにせよ6月の後楽園でタイトルマッチかな。

阿修羅対ハヤト軍(仮)以外での注目カードはGWツアー最終戦矢巾大会の第三試合

3、ザ・グレート・サスケ、新崎人生、ウルティモ・ドラゴン 対 気仙沼二郎、ヤッペーマン1号、2号

人生が校長に寝返ったー!沼ちゃんはヤッペーマンズを味方に改造計画を阻止できるか?!注目の一番です!

カードとは別に気になるのが…
OOGAMANIA19の

※全試合終了後野橋太郎より重大発表あり。

なんだろう…ブログをlivedoorからamebloに変えるとか?

初夏にかけて気になるトピックスが目白押しです!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.03.21(Wed) 22:08

2012/03/20(火)みちのくプロレス「春の道場プロレス・第1回」@滝沢村大釜幼稚園体育館

またまたやってまいりました春の道場プロレス!本日から日曜日まで6連戦という滅茶苦茶な日程!
本日は初日&祝日ということもあってまずまずの入り。
売店ではポスターで大フューチャーされているというのに全日程欠場の大地が「通常500円のエコバッグを本日300えn200円で販売いたします!」と何度も300円を200円と間違えながら宣伝していました。
野橋ブースを覗いてみますと、九龍バージョンの入場用オーバーマスクと阿修羅バージョンの使用済一斗缶、注目は野橋スペシャルパック!内容はこんな感じ。
・九龍バージョン使用済一斗缶
・野橋Tシャツ(新品)
・みちプロTシャツ二種
・トートバッグ
中身は見てのお楽しみ。
これで4000円ですから、かなりおトクじゃあないですか?!
そしてもひとつビックリ情報。ひっそりと売店後方の壁にチラシが貼ってあっただけでリング上での告知はなかったのですが、ななんと拳王が日本拳法教室を開くとのこと。拳王直々に指導するようです。

試合開始時刻、沼ちゃん登場「この曲(なんだったっけ?春の小川だったっけ?)出にくい」と。
本日も変なジーンズに黄色いTシャツをズボンイン。いちいち書くのめんどくさいから今後はしゃぼん玉バージョンと書こう。
「春の道場プロレス実行委員長の大柳錦也選手から挨拶を」ということで大柳選手が登場。入園式を控えて飾り付けられた体育館、リング後方に貼ってある「にゅうえんおめでとうごいます」の横断幕を前にしたおカタい挨拶は園長先生のお話のようでした。
「今日は練習生の及川ユウタくんが作ったコーンポタージュの振る舞いがあります」お客さんからの感謝の拍手にちょっとだけはにかむ及川くん。
今後の道場プロレスのイベント(ビンゴ・ビンゴ・おでん・甘酒だったかな)などを告知して、歌へ。
「先日の矢巾八戸はマイクスタンドがなくてサビで手拍子ができなかった」と。途中、歌詞が飛んでしまった沼ちゃん。「この曲歌いやすいのに初めて間違えた」
お次はジャンケン大会。OOGAMAX登場「ジャンケン大会は毎日やります」本日の商品は、西田ヒデキの「幻」Tシャツ。「これ言っていいよね?レスリングドリーマーズのはやて選手です」その後よく聞こえなかったんだけど「二代目こまちの…」とかなんとか言ったんだけど、沼ちゃんが思うようなお客さんの反応がなかったので「この話やめます」と。もうひとつ「北海道限定鮭味プリッツ」。誰かのお土産ですか。

対戦カード発表無かったような?

1.10分1本勝負
○野橋太郎(9:42変形ラクダ固め)気仙沼二郎×

野橋はフルコスチュームで登場。八戸の野橋の入場曲は阿修羅の曲じゃないって思ってたけど今日は阿修羅の曲だったから阿修羅の曲だったみたい。セコンドには竹刀持参の塁も登場。
続いて沼ちゃん。そういえば沼ちゃんの入場曲は俺の海のままなのね。やっぱり沼ちゃんには俺の海が似合うなあ。沼ちゃんのセコンドには欠場中の大地が付きます。
レフェリーは大柳、レフェリーシャツがとってもよく似合っています!
レフェリーチェックを受け入れる野橋にクリーンファイトが期待できます。
ロックアップ、野橋がロープに押しやってクリーンブレイク。
沼ちゃん、野橋にアームホイップ連発。セコンドの塁もしきりに「あのパンチパーマ結構動けるじゃねーか」と感心。
腹パンチ合戦は野橋と沼ちゃんがやっても面白いなあ。
野橋は沼ちゃんをコーナーまで押しやるとコーナーで攻撃。レフェリーに咎められてブレイク。
と、ここで野橋の動きが止まってしまい、試合の流れも途切れてしまう。ど、どうした?
沼二郎はチャンスと見たか、フライングニールキックにヒップアタック、ギロチンドロップにシャイニングウィザードと、野橋をコーナートップに持ち上げると気仙沼落とし!しかし抜けられてしまう。
沼ちゃん、ロープにぐっと寄りかかってラリアット放つ、野橋は前蹴りで阻止、カウンターで「沼ちゃんボンバー!」野橋を倒すと休むことなくロープへ走る、しかしリング下から塁が竹刀で沼ちゃんの背中を叩く!あーあ。台無しだ。塁はリングに背中を向けて知らんぷり。
塁の介入を受けて野橋はダイビングヘッドをブチ当て、キャメルクラッチに捕らえる。沼ちゃん一度はロープエスケープしたものの、中央に戻されて再度ガッチリ。沼ちゃん耐え切れずタップ。
勝ち名乗りを受けて塁とともに退場する野橋、沼ちゃんはリング下で塁の竹刀攻撃が見えてなかったのかと大柳レフェリーに抗議。しかし結果は覆らず、くやしそうに退場。
セコンドに付く塁はほんっとに憎らしい!

2.10分1本勝負
○卍丸(7:54片エビ固め)郡司歩×※パイルドライバー

郡司の入場に続いて流れたのは道場プロレスでは聴き慣れない曲…卍丸だああああ!お客さんからも大歓声!郡司の身が心配です!
試合開始。グラウンドの静かな展開。郡司が腕を極めようとする様子も。
スタンドになると、卍丸が「どうした打って来い」と、それに応えて郡司もエルボーを放つが卍丸は全く効いている風もなく、逆にビンタ一発で張り倒されてしまう。卍丸がリング上で声を出すなんて珍しいなあ。
何度倒されてもくじけない郡司、ドロップキック放ち当たったのに倒れない。休まず次の二発目を当てると倒れた!更に続けてボディスラムをかけようと試みるも逆にボディスラムで叩きつけられてしまう。
卍丸は郡司をボストンクラブに捕らえて思いっきり腰を落とす。郡司必死のロープエスケープ。
すると卍丸は郡司を逆さまにして垂直に抱えるとななんとパイルドラバー!郡司相手にこれが出てくるとは!
勝ち名乗りを受けてもリングを降りず、倒れた郡司を見守る卍丸。郡司が起き上がると、郡司に話しかける卍丸。結構長く話してました。その後、とくに握手を交わすこともなく、リングを下りた卍丸は売店へ向かいました。

入れ替わりで大柳がリングへ。
「この道場プロレスでなにかをつかめ」と郡司を激励。そ、それは郡司に言わせるべきでしょう!
「俺もレフェリーとしてのなにかをつかむ」と自らの抱負も語りました。
「寒い中ご来場ありがとうございました」でシメてみちのくプロレスのテーマが流れると、大柳ちょっとだけ「あ、しまった」という顔をしたような。

売店では卍丸がサイン会、入口付近では大地郡司練習生君がコーンポタージュの振る舞い、入口では沼ちゃんと大柳がカルビー「期間限定・四季のいちおし素材・桜えび」の試食品を手渡してお見送り。道場プロレスは試合後も選手と(強制的に)ふれあえていいですね。

春の道場プロレスは早くも郡司試練の○番勝負になりそうな予感がします!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.20(Tue) 23:59

2012/03/18(日)みちのくプロレス「阿修羅創世記~陸奥に咲くやこの華2012」@八戸八食センター

八食センターでのみちのくふたり旅以外の本興行は初?みちのくふたり旅ですら考えるところがあったので嫌な予感はしていたのですが…。
毎回座席のつくりが変わるこの会場、奥の方がいつもより広めに取られていました。会場直後はまだブルーシートも椅子も空きがあったんですけどね。パンチさんが登場する頃には座る場所を見つけられない人もチラホラ…。
「早くからたくさんのご来場ありがとうございます!八戸市民体育館に戻るのももうすぐですね!私はおいしいものを食べれるからここでいいんですけどね」それこの前も言ってたから早く戻ってよ!
「夏なんかは外の駐車場でやってもいいですね。昔はやってたんですよね?そのとき来た人はさすがにいないかな?あ、いる!私はいませんでした」
「地震を呼ぶ男・大柳選手が出場ということで今朝地震がありました」
「八戸全線復旧おめでとうございます」
「スポンサーの紹介を、沼ちゃんの定宿…今日は少ないですね」
「今日は盛岡で新日本プロレスがあるようですが、この後行く人いますか?間に合うの?じゃあ今日はたっぷりやります!嘘です。
新日も楽しんでください。業界全体が活性化するといいですね」どこぞのポスターを「どうでもいいですー」とはらりと落とした人と同じ人とは思えない…。
「下の売店ではウルティモ・ドラゴン選手とハヤト選手がサイン会をやっています」

30分からはおなじみの地元格闘技クラブのデモンストレーションがありました。
失敬して下に行くと、校長とハヤトの他に舎人一家もサイン会に立っていました。

さて戻った頃には元の場所に戻るのが難しいほどの大混雑!なんとか戻れましたが、試合開始前でこれ、まだまだ入ってくるかと思うと…。

地元格闘技クラブのデモンストレーションが終わり、前日の矢巾に引き続き、齋藤惣一朗先生とサスケ(UFO研究家Tシャツ着用)が登場。今日は遅刻しなかったようですね。
「サスケさん痩せましたね」と齋藤惣一朗先生。私も思いました。しぼんだよね?
「実はある雑誌の撮影がありまして。しかも表紙なんです」あーだから忍者コスチュームだったのかあー。「まだ誌名はいえません」カ○コいいカラダかな?
「一人三冊買うといいですね、見る用保存用念のため用」と齋藤惣一郎先生。サスケは「念のため用」に感心して「ウマイ!」と褒めていました。
「これから歌うキボウノチカラはカラオケにも入っています」「アーティスト名が長くて入りきらないんですよ。齋藤惣一郎featuringザ・グレ」
音響のせいか、マイクトラブルもなく、昨日よりは良かったです。

続いて沼ちゃんも前日矢巾と同じ変なジーンズにTシャツをインして登場。「しゃぼん玉」を披露しました。沼ちゃんは特別上手いわけじゃないけど歌声が素直なのですんなり聴けて良いですね。

さてここまでに座席整理を重ねた結果、まじで身動き取れないほどギュウギュウになりました。

沼ちゃんはそのまま残って選手入場。おお、kenがいなくなったのよね…。
本日の挨拶もサスケ。サスケが挨拶しているときに人生が一点を睨みつけてたんだけど…何事?
被災者への黙祷は客席混雑により着席のまま行いました。
サスケの挨拶後、八戸後援会と施設のみなさんからそれぞれ義援金の受け渡しがありました。

選手退場、対戦カード発表。き…昨日とあんまり変わんないじゃーん。ちょっとガッカリ。

1.15分1本勝負
〇房総ボーイ雷斗(6:21ラクダ固め)郡司歩×

昨日とはうってかわって郡司のチョップの音がとても良かったです!力が入ってるね!
リープフロッグで飛び越し、ドロップキックも当て、ボディスラムに続けてブレーンバスターもバッチリ!
押してると感じたり、もしやと思わせるような場面はまだまだなかったけれど、昨日今日で確実に成長が見られました。
なんとなく、昨日よりも二人の手が合っているようにも思いました。
試合内容は良かったのに、終わり方が…キャメルクラッチかけられた郡司、一度ロープエスケープに成功したのにレフェリーがちゃんと見てなかったのか、しっかりブレイクさせないままで雷斗選手が中央に戻しちゃったから、なーんかすっきりしない決着になってしまいました。
郡司は今日も雷斗選手の手を叩き返していました。悔しいのはわかるが礼節も大事だぞ。
雷斗選手の卑怯なヒーローっぷりを楽しみにしてたんですけどねー。まあ、郡司の糧になったからよしとしよう!

2.30分1本勝負
〇ザ・グレート・サスケ、ウルティモドラゴン(10:10片エビ固め)新崎人生、気仙沼二郎×※サスケスペシャルver.10.2セグウェイ(モノマネ禁止)

八食初登場の校長に大歓声!こんな狭い会場で校長が見れるなんてー。
今日も沼ちゃんは校長とだけ握手をしません。
沼ちゃんが出ると見ると先発をかって出る校長。でもわりとすぐにサスケにタッチ。
沼ちゃん、自コーナーまでサスケを連れ出すと、レフェリーの目を盗んで人生と一緒に攻撃。沼ちゃんも人生にタッチ。
あの話を聞いたからというわけじゃないけど、サスケと並んだ人生の体が妙にでかく見えました。人生の念仏パワーボムをウラカンラナで切り返すサスケや人生に卍固めをかけるサスケを見て人生とサスケのシングルが見たいなあと思ったり。
再び沼ちゃんに変わると、沼ちゃんとサスケの腹パンチ合戦に。「全然効いてないぞ!」と強がるサスケ。二人はいたって真剣なのに場内は笑いに包まれます。不思議です。
腹パンチは全然効かないサスケも沼ちゃんの頭突きとなると頭を掴まれただけで奇声を上げてしまいます。頭突きをくらってフラフラのサスケ、奇声で気合いを入れたお返しの頭突きは沼ちゃんに負けず劣らずすごい音。これだけすごい音させたらサスケ自身のダメージもいつも以上でしょう!結局頭突き合戦は次の沼ちゃんのターンで終了。サスケの負け。
ダウンしたサスケはここからもっとひどい目に遭います。レフェリーが校長に気を取られている間に、人生がリングインして沼ちゃんと一緒にサスケに股裂き。奇声をあげて悶絶するサスケ。しかも一度ならず二度も!人生と沼ちゃんはなかなかコンビネーションよく、しかも結構エグイ。
ひとまず使い物にならなくなったサスケに代わって校長が登場、その間に復活したサスケが再びリングへ。人生に何度もジャンピング脳天エルボーを打ちつけ、場外に落とすと逆トペ敢行。
沼ちゃんはサスケにヒップアタック、人生に「一緒にー!」と声をかけると人生も一緒にヒップアタック!
人生、サスケにダイビングショルダータックル。人生はコーナーに立つだけで歓声が起こりますね!
さて先発同様に対峙した因縁の二人。沼ちゃんギロチンドロップかわされてピンチ!すかさず校長が一撃必殺アサイDDT!なんと沼ちゃん返した!しかし間髪入れずサスケがコーナーからセグウェイ!
必殺技を立て続けに食らった沼ちゃんは返せるわけもなく、3カウントを聞いてしまいました…。
試合が終わり、沼ちゃんは言わずもがな、なんだか校長もテンションが低い。
「沼ちゃん。あの話、考えてくれた?」
「絶対にやめない!」
「昨日の今日で結論出せとはいわないからさ、次回矢巾までに考えといてよ」あの、結論出てますが。
八戸にだって何の話かわからない人もいただろうに、ろくに説明もなくあっさりと引っ込んでしまいました。人生にまで取り残された沼ちゃん。
「僕は絶対にパンチパーマをやめません!パンチパーマを含めて僕なんです!」とあらためて宣言。「そうだ、この子と一緒に写真を撮ろう!これが僕なんです!」と、花道付近にいたチビッコとパチリ。
「絶対にやめないぞー!」と叫んで退場していきました。

3.30分1本勝負
〇ヤッペーマン1号、2号(9:48エビ固め)大柳錦也、剣舞×※白い竜巻の術

入場してコーナーに昇った2号、目の前は壁なのに、無いはずの二階席にまたはいないはずの遠くの観客にアピール。2号は受けっぷりがいいと思ってたけど頭を打ちすぎた影響がこんなところに…。
先発は大柳と1号。1号が自らコール煽ると、自然と大柳にもコールが集まります。さすが津軽の英雄!でもコーナーに控えている2号にまでコールが飛んだのはなぜ?
タイプの違う二人、自分のペースに持っていったのは1号。しかし大柳は翻弄されることなく1号のスピードにしっかりと対応!意外な一面を見ました!
2号がリングインして連携に持っていこうとするといち早くふたりの腕を掴み、ふたりまとめて腕固め!1号がローブエスケープに成功して解除。
今度こそ!でヤッペーマンズはフェイスパスターにブレーンバスターといい連携を見せます。
一方の大柳と剣舞、大柳がロープ際でロメロスペシャルをかけた2号の上に剣舞がダイビングフットスタンプを投下。エグイ!
大柳が1号にコーナーで卍固めをかけると、対角のロープでは剣舞が2号にタランチュラ!
昨日はイマイチ目立たなかった剣舞も019にスイングDDTと得意技を連発。
1号も大柳もなにげに延髄蹴りが得意。
ひとりパワーで勝る大柳は2号にゴッチ式!頭から落とされた2号、ななんと返した!すぐに1号がリングに飛び込んでくると大柳を丸め込むも大柳もこれを返す。
剣舞を捕らえた1号、剣舞をコーナー間際に寝かせると、アピールしてコーナートップへ。1号がひとりでコーナーに昇るのなんて見たことないもんですから、いやがおうにも期待は高まります。そして後ろ向きに立つと、カンクーーントルネーーーーード!!!!場内からは大きな感嘆が!見事ヒット!剣舞から3カウントを奪いました!
どんなもんだいと言わんばかりに指をくるくるさせる1号。2号と一緒に売店でのサイン会に直行しました。
いやーーーー!びっっっっくりしました!まさかカンクーントルネードが出てくるとは!インパクト大!1号がやったからこそ余計に!大興奮でした!
昨日のカードに一人入れ替わるだけでもこんなに色の違う試合になるものかと!大柳先輩がよいスパイスになっていたと思います!

休憩時間でしたが、出たら戻ってこれないような気がしたのでじっとしてました。

休憩明けを前に「特別ゲストです。皆さんおなじみの…」という紹介で中年女性がリングに登場。「せっかく楽しみにしていたのに今さっき到着しました」と。…どちら様?

4.30分1本勝負
〇ラッセ(10:10マバタキ)野橋太郎×

先ほどの女性の謎はラッセへの花束贈呈で解明されました。議員先生だそうです(例の美しすぎる議員ではありません)。
続けて野橋が入場。入場曲が変わってました。ラッセの曲から切り替わってないのかと思ったから多分六三四の曲。でも阿修羅の曲ではない。
野橋の奇襲でスタート。入場用ガウン着たまま戦う姿もかっこいいなあ。もつれ合って野橋が場外に落ちると、ラッセがトペスイシーダを発射!
先制攻撃に成功したラッセ、しかしリングに戻ると野橋のラフ攻撃に苦しめられます。野橋の低空ドロップは強烈!
トペ・レベルサで流れを変えたラッセ、ジャガラギまで持っていくも野橋がこれを阻止、逆にダイビングヘッドバッドをブチ当てられてしまう。
なりふりかまわず野橋はラッセの急所を蹴り上げコーナーに振ったか振られたか、気付いたら野橋がマバタキで取られていました。ホントに速すぎて何が起こったのかわからん!
野橋もポカーン。レフェリーに抗議するも激しい口調にすらならない。野橋がラッセに何か言って笑いが起きてたけど聞こえなかった。残念。野橋はぶつぶつ文句を言いつつ退場。
ラッセはベビーターンしてから負け知らずじゃん!絶好調だなあ!
ところで野橋、昨日はあまり意識してなかったけど、こんなに体分厚かったっけ?あんなに分厚いのに腹六個に割れてるし!野橋はハヤトとは逆の意味で説得力が無い。仕事に徹するのもほどほどにね!

5.時間無制限1本勝負
〇フジタ"Jr"ハヤト、ken45°、南野タケシ、卍丸(18:09片エビ固め)拳王、日向寺塁、バラモンシュウ、バラモンケイ×※ヘルム

ハヤト軍(仮)は早速新加入のkenを入れての総力戦!対する阿修羅は若い二人とバラモン兄弟を選抜!
本日のハヤト軍(仮)の入場曲はkenが仙台限定で使用するSTINK GASPERSの曲。
続いて阿修羅、失恋モッシュを聴きながら、この狭い会場でバラモンかー嫌だなあーとか思ってたけど、水撒きは控え目だったようでホッ。
南野、自分のサングラスをデュークレフェリーに「かけといて」と預ける。預けられたデュークレフェリーは一度かけてすぐ外しました。
ハヤト軍(仮)阿修羅の順でリングコール、終了と同時にハヤト軍(仮)が奇襲。
場外乱闘まじでなんにも見えません打撃音と声しか聞こえません。「シャッターチャンスだー」どこにいるんだー。
そのうち塁と卍丸がリングに戻り、ようやく私も観戦スタート。でもリングそっちのけシュウがお客さんのスリッパで南野をボッコボコに殴りつけてるのも気になる!しかも笑えない感じで。
リング上では卍丸が阿修羅に捕まっていました。コーナーで散々にいたぶられる卍丸、救出に行ったハヤトも捕まってしまい、これまた散々な目に。シュウにはサミングされ、コーナーに座った塁にはバラモンよろしく2リットルペットボトルの水を顔面にドボトボと浴びせられ…。ケイはなぜかいたぶられる卍丸やハヤトの動きにシンクロ。完全におちょくってます。
ハヤト軍(仮)の他のメンバーはハヤトを助けるどころかエプロンにすら立っていない。一体どうなっているんだと思っていたらようやくkenが救出に!今までどこに居たんだ?!kenは拳王に急所蹴りからのラリアット!出たー!ken!そっちで来たか!
kenと一緒に南野も大暴れ!南野の強烈なラリアットを食らったバラモンのどっちかはロープを支点にぐるりと回って場外に落下。更に南野のシャイニングウィザードがバラモンのどっちかに炸裂!南野、キレてます!
卍丸もリングに復帰、南野とクローズライン、当然拳王はこれを蹴り割り、ハイキック連打。
南野を捕まえた塁「終わらせてやるよー!」とコーナーに上ると、覚悟を決めたように一瞬間を置き、ものすごい高さからエルボーを投下!すばらしいいいいいい!塁のダイビングエルボーは絶品だけど今まで見たダイビングエルボーの中で一番素晴らしかった!
拳王とハヤトにかわるとハイキック合戦開始。ハヤトを挑発する拳王、発声方法が変わりましたね。腹の底から声出してる感じ。拳王が大声で青コーナーを指差し「レフェリー!」とレフェリーの目を背けて急所攻撃、更にハヤトにコーナーに振ってジャンピングダブルニー!
例によって卍丸のバックを取った拳王、バケツを手にしたバラモンも登場し、昨日の二の舞かと思いきや、謎の粉が拳王に誤爆!
たじろぐケイをコーナーに振ると舎人一家がトレイン攻撃、ハヤトがPKで追撃、そしてケイを中央に引きずり、ハヤトのヘルムが炸裂!ハヤトがヘルムで取るの久々に見たなあ。
今日の試合は卍丸よりも南野がブチ切れてましたね。

勝利したハヤトは「チャンピオンさんよ、俺から獲った俺のベルト、そろそろ俺に返してくれてもいいんじゃねーか?」と拳王を挑発。拳王、なんと無言で退場しやがったー!はああああああああ?????!!!!!
にわかに不穏な空気が流れる会場、この空気を変えたのはバラモン兄弟。
「たった1回勝ったくらいで調子にのってんじゃねえ!おまえら覚えてろよ!」捨て台詞を吐いて退場するバラモン達に会場の空気は一気に緩みました。バラモン、ナイスフォロー!
「いいかおまえら、みちのくプロレスは俺の団体だ。今ここにいる人の中には俺らのことを嫌いな人もいると思う。でもそんなことはどうでもいい、とにかく、全員、だまって俺についてこい!今日はたくさんのご来場ありがとうございました!」会場大喝采!
ハヤトはあらためて四方に合唱して一礼。kenは青コーナーで勝どきをあげ、ハヤトも一緒にあらためて二人で勝どきをあげました。
今度こそ勝利をあげた上でのハッピーエンドでした!

試合後の売店でのサイン会はものの見事にマスクマンだらけで往年のプロレスファンも「お、みちのくプロレスの興行があったんだな」とわかったことでしょう。

いやーもーーー拳王にはガッカリした!
今年に入ってからの本興行なりなんなりで苦手な喋りもがんばる心づもりでいるのかと感心してたのに、ガッカリさせんなよホントにもーーーーー!
バラモンの「たった1回勝ったくらいで調子にのってんじゃねえ!」を拳王が言えれば!それが言えないのが拳王だ!
しかもその後のハヤトのマイクがもうね、かゆいところに手が届くような、嫌いな人までニヤリとさせられてしまうような、ともすれば嫌いな人からの支持まで集めてしまうような、もう最高。最高のマイク。
こういうところでの力の差を見せ付けられた一幕でした。

さてkenが加入したハヤト軍(仮)、早速勝利をあげて復調の兆しが見えてきました!
2010年の宇宙大戦争後、すっかり影が薄くなってしまったkenにとってもメインストーリーに絡むハヤト軍(仮)への加入はきっとプラスになるでしょう!大柳先輩とのタッグが見れなくなるのは残念だけど…。でもkenと大柳先輩は組むよりも戦った方が面白いからね、これはこれでいいか。
kenのファイトスタイルは今回の試合を見る限りではラフファイトもあり、対阿修羅におけるール対決の構図はまだ崩れてないなと思いました。

そして気になるお客さんの反応。八戸も矢巾と同じですね。ハヤト軍(仮)に声援が集まることも無ければ阿修羅にブーイングが集まることも無いと。まあー九龍も散々やってたことだからねー。相手が正規軍だったらまた違ったんだろうけど。
九龍時代からベビー的声援を受けていたkenの加入でまたお客さんの反応も変わるかな。
つくづく、ヒール対決を見るのはなかなか難しいです。

最後に。会場に対する不満は以前も書いたから(コレね)または書かないけど、もう無理でしょ。「お客さんいっぱい入って嬉しいー」の段階じゃないよ。あきらかに入れすぎ。とくに今回は車椅子のお客さんも多かったのにあれはないでしょう。問題無いんじゃなくて問題無かっただけ。あれじゃあ有事にどうにもならないよ。もっと少ない人数で札止めにする気が無いなら真剣に次の会場を探さないと。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.18(Sun) 23:59

2012/03/17(土)みちのくプロレス「阿修羅創世記」@矢巾町民総合体育館

昼頃から降り出した雨に「そういえばkenが岩手入りしてるんだよな」と思いをはせつつ、夜には雨も上がり、入場待ちの列はいつもより長く伸びておりました。ズバリ阿修羅効果でしょう!

館内BGMはなぜかピンクレディー。なぜだ。
なぜだといえば、エントランスの幕がいつものみちのくプロレス旧ロゴじゃない!あぜ道の写真に変わってる!なぜだ?!
開場してすぐにサイン会でもないのに何の行列?と思ったらガチャガチャの列でした。すごい人気ですね。ロゴ系はちょっと欲しいけど顔系はいらない。
サイン会にはハヤト軍(仮)が登場。もちろん校長も校長ブースにいますよ!

パンチさん登場、やおら「矢巾体育館はバスケットゴールを新調したそうですが、あれいくらすると思います?なんと四千万円。調子の悪いマイクは替えてくれないのにバスケットゴールの予算は下りるんですね」この値段を知ってしまうと場外乱闘で体育館の備品にあまり触らない方が…。
「舎人一家が今年でデビュー10周年自主興行を開催します。会場は(もったいぶって)東京です」
「新商品はありません。ありませんよね?あ、阿修羅・原選手のTシャツが出ました。私も阿修羅・原選手が大好きなので嬉しいです」
スポンサーの紹介を終えてもひっこまないパンチさん。
「ここでザ・グレート・サスケ選手と齋藤惣一朗先生の歌があるのですが、齋藤惣一朗先生がまだ到着していません。齋藤惣一朗先生は遅刻魔です。到着するまでお待ちください」と、間もなく齋藤惣一朗先生が到着。
ひと足先にサスケがリングに登場。紹介したい方がいると、復興支援CD「みちのく魂」に参加した内藤やすおさんが自腹でチケット買って東京から応援にかけつけてくれたそうで、客席からリングに呼ばれて自身の宣伝など。
齋藤惣一朗先生の準備も整い、矢巾では初、カラオケで「キボウノチカラ~Tomorrow~」が披露されました。この曲ってすごく手拍子がしずらいのね…。途中、先ほどのパンチさんの話を証明するがごとく、マイクトラブルが発生してしまいました。

続いて沼ちゃんが登場。変わったデザインのジーンズに黄色いTシャツをイン。「CDの発売は未定です」と、すっかりおなじみ「しゃぼん玉」を披露。しかし今回はギターの高橋さん登場せず、こちらもカラオケでした。

歌い終わると、沼ちゃんから大地の欠場と手術成功の報告がありました。リング下にいた大地を「上がれる?」とリングに呼び、大地直々に挨拶。ニーブレスにびっこ引いて痛々しい。しかし大地は「怪我をしっかり治して体も鍛えなおして1試合でも早く復帰できるようにリハビリをがんばります」と力強く挨拶しました。

選手入場、特別参戦の雷斗選手も登場。赤コーナー側の一番前に立った校長はわざと後ろに下がってkenを押し潰して遊んでました。
挨拶はサスケ。震災から1年経ったことに触れ、あらためて会場一同起立で黙祷。
人生だけリングに残って選手退場。引き続き人生よりお知らせ。
「本来であれば昨年行われる予定だったふく面ワールドリーグを今年開催するはこびとなりました」
1回戦が後楽園、2回戦が仙台、準決勝と決勝が県営の3日間ぶっ通し。
気になったのが「出場選手は交渉中または予選リーグ中です」ナルホドこういう設定なんだ。

人生退場、対戦カード発表。

1.15分1本勝負
〇房総ボーイ雷斗(9:02ラクダ固め)郡司歩×

郡司に続いて雷斗が入場してお客さんとタッチしながらリングサイド一周。
雷斗選手といえばコミカルな試合で卑怯なことやってる姿しか見たことがなかったので、グラウンドでバックの取り合い、リストの取り合い、と、基本に忠実な展開に驚き。ヘッドロックやフェースロックで郡司の頭部を集中的に攻めます。
5分経過を合図に「打ってこい」と郡司に打たせる雷斗選手。雷斗選手の受けっぷりをもってしても郡司からは力強さが感じられません。
一度はヒットしたドロップキックも、二度目は焦ったのか、ロープに振った雷斗選手が返ってこないタイミングで放ってしまい自爆。雷斗選手からはスープレックスを食らい、雷斗選手にブレーンバスターをお見舞いする大技の攻防も。
終わらせにかかった雷斗選手は郡司をキャメルクラッチで捕らえます。郡司は必死にもがくもロープに届かず、一旦開放すると中央まで引きずり再度キャメルクラッチ、郡司あえなくタップ。
立ち上がれない郡司への拍手を煽る雷斗選手。ようやく立ち上がった郡司は差し出された雷斗選手の手叩き返した!負けん気が強い!雷斗選手も笑顔でした。
いやはや雷斗選手がこんな試合をできるなんて知りませんでした。さすがK-DOJOの選手ですね。
郡司は立て続けに他団体の先輩選手と当たれて幸せ者だなあ。

2.30分1本勝負
〇ウルティモ・ドラゴン、ザ・グレート・サスケ(11:03片エビ固め)新崎人生、気仙沼二郎×※アサイDDT

人生のテーマで人生沼二郎組から入場。三度笠の下の人生の表情が見える位置だったので、いつも以上にじっくりと見入ってしまいました。
続いて校長が入場。セパラドス&キラキラメキシコカラーでリンピオ復活!やっぱり校長はこうじゃなくちゃ!さよなら悪ティモ!でもリングサイド一周やんなくてチョットガッカリ。
最後はザ・グレートサスケ。校長とのハーフオーバーマスクになんと忍者コスチューム!なぜにこのタイミングで?!私の記憶によると忍者コスは2009年の鉄人リーグ以来です。(外部参戦では何度かあったようですが)
試合前にそれぞれ握手を交わすメンバー、しかし沼ちゃんは校長の握手だけを拒否。
校長と人生でじっくりスタート。サスケに替わり、コーナーに押し込められたサスケ、沼ちゃんはトップロープの上からしっかりタッチしたのになぜか「タッチした?」とレフェリーに確認するサスケ。ちゃんとタッチしたよ!
沼ちゃんのサスケへの腹パンチをきっかけに腹パンチ合戦開始。サスケの腹をサンドバッグよろしくジャブを打ちまくる沼ちゃん。なんでこんなに面白いんだろう。
腹パンチ合戦を終わらせるのはもちろん沼ちゃんの頭突き。いつも以上にものすごい音をさせてサスケフラフラ。サスケもヨネ原人ばりの奇声をあげて気合を入れて頭突き返すもたいした音じゃないのに余計にフラフラに。一方の沼ちゃんはビクともしません。沼ちゃんダメ押しの頭突きでサスケは今にも倒れそうに。
そこに人生がコーナーから脳天唐竹割り、対角コーナーに飛び乗るとダイビングショルダー。サスケを中央に引きずり念仏パワーボムの体勢に。持ち上げ切ったところをウラカンラナで切り返した!人生がサスケにコブラツイストをかけるとサスケは人生に卍固めで返す、一進一退の攻防に。
サスケがコーナーに立つとにわかに期待が高まります。アピール無しでコーナーに立ったときは十中八九違いますからね!ラムジャムじゃなくて首投げです。
期待のラ・ケブラーダの共演はモチロン足を引っ張られて顔面強打。
リング内は沼ちゃんと校長の因縁の対決に。沼ちゃん、校長にレッグドロップ、ヒップアタックに銀鱗とフルコースで絶好調!しかしとどめの気仙沼落としを抜けられてしまい、一撃必殺アサイDDTであっさりピン。

勝どきをあげてマイクを要求した校長。
「沼ちゃん。考えてきてくれたか?俺と一緒にイタリアンを目指そう」人生、頬が緩んでます。
「矢巾のお客さんには何のことかわからない人も多いだろうから」と、あらためて校長プロデュース沼ちゃん改造計画を説明。
「曲はいいんだけどさあ。あのジーンズは一体どこで買ったんだ?」
人生、ニコニコしながらジェスチャー付きで「Tシャツズボンの中に入れてるしね」。完全に自分のキャラ忘れてます。素です。
それに気付いた校長に「人生、お前が説明しろよ」とツッコまれてイヤイヤと頭を振る人生。
「人生、お前のキャラはよくわかっている。お前は笑ってはいけないんだ」そのとおり!
笑いを堪えて難しい顔をしている人生はときどき見ますけど、試合中にもかかわらず、こんなに素でニコニコしてる人生は初めて見ましたよ。初めて人生をかわいいと思ってしまいました。
「その頭どこでやってるの?今でもパンチパーマやってくれるお店ってあるの?パンチさんもパンチパーマだけど」
「そのすごいソリコミはなんで入ってるの?」とツッコミの止まらない校長。
「形がかっこいいでしょう?」という沼ちゃんの返答に静まり返る会場。なんなんだこの空気は?!
「ともかくお客さんの意見も聞こう。パンチのままがいい人、挙手」誰も手を上げないお客さん。恥ずかしがってるのかなと思ったら「改造計画に賛成の人」に次々上がる手。
沼ちゃん大困惑。
「僕がロングなんて変でしょう?」と尤もなことを言うも「ロングにはしないよ」と校長。
この話し合いの間、いつの真にか校長サスケ側にいる人生に気付いて「なんてそっちにいるんですか!」と沼ちゃん。
「次回矢巾までに考えてきてよ」と沼ちゃんを残して退場する三人。
沼ちゃんは「パンチパーマは僕の一部なんです。新曲はああでも僕は演歌なんです!」と力説。「僕は絶対にパンチをやめません!」と高らかに宣言。
それでもやっぱりお客さんからは賛同得られず、退場際、お客さんに何か言われたのか、悪態をついて退場していきました。
試合中はあんなに声援を集めていた沼ちゃんなのに髪形への支持は集まらないようです。さてどうなりますことやら?!

3.30分1本勝負
〇ラッセ、剣舞(11:32マバタキ)ヤッペーマン1号×&2号

ラッセと剣舞の入場曲は似てるのでどっちで入場してきたか忘れました。
幕が変わったのに気付いたヤッペーマンズはしばらく眺めていました。早くリングインしろ!
ヤッペーマンズのリングコール時の前転に合わせて剣舞ラッセがドロップキックで奇襲。
目にも止まらぬ華やかな空中戦でスタート。おお、なんとみちプロらしい!
2号を踏み台にして1号がキックしたりと、いつも以上の連携で会場を沸かすヤッペーマンズ。
途中、ラッセが捕まるも、トペ・レベルサ(よし覚えた)で脱出。
リング下に落ちた2号とラッセ、2号はラッセを捕まえるとその場でスープレックスって、なんでそんな目立たないところでエグイことやってるんですか。
エグイといえば剣舞のフットスタンプは拳王とは違う感じでエグイ!
ラッセのアシストを受けてヤッペーマンズふたりまとめて019。
ヤッペーマンズを場外に落とすと、剣舞はトペコン、ラッセはトペスイシーダで追撃!
誰と誰か忘れたけど、ミサイルキックをドロップキックで迎撃したのがすごかったです。
1号を捕まえたラッセはジャガラギで終わらせにかかります。しかし1号はこれをかわしてラッセ自爆。
逆にラッセを押さえ込みにかかるも剣舞がカット、そして1号がーロープから返ってきたところを一体どうやってその体勢に持っていったのか、マバタキで3カウント!初めて意識して見たような気がするんですけど、ホントに速い!
勝利したラッセと剣舞はガッチリと抱擁して勝利の喜びを分かち合いました。
スピード空中ファイターが揃ったこの試合は期待通りでした!いつもみたいに2号がコールを全然煽らなかったのも、そんなヒマすらなかったという感じ。
このカードが見れただけでもラッセベビーターンありがとう!もしヒールが混ざってたら余計な反則が入っちゃうだろうからね。

4.30分1本勝負
○日向寺塁、野橋太郎(9:44逆エビ固め)ken45°、大柳錦也×

大柳の曲で大柳ken組から入場。対する野橋塁組は阿修羅として矢巾初登場!新コスチュームの反応は上々。そこかしこから「かっこいい」の声が。
kenのリングコールで阿修羅が奇襲。
初っ端から大柳が押さえ込み連発で沸かせます。
kenを捕まえた阿修羅は反則三昧。野橋が目潰し、顔面をロープに押し付け、カウント4でも反則やめず、レフェリーが引き剥がしにかかっても頑として放さない。更に塁がエプロン下からkenの髪を思いっきり引っ張り、kenの首はトップロープでギロチン状態に。「あんな髪型してるのが悪ィんだ!」と塁。
なかなか脱出できないken、ようやく脱出して大柳にタッチすると、エルボースマッシュの連打、野橋を捕まえてコーナーで卍固め、更にふたり同時の腕固めで鉄板の大盛り上がり。
しかし阿修羅も大柳ひとりやられるわけにはいかない、野橋が渾身のダイビングヘッドバッドを投下、塁はストンピングで大柳が立ち上がるのを待つと、強烈なスピア!
大柳ken組も負けじと、大柳が野橋に延髄蹴り、続けざまにkenがラリアットをブチ込むと、大柳が塁に卍固め、kenが野橋フェースロックで競演。
いち早く卍固めを抜けた塁は一斗缶持ち出し、大柳めがけてふりかぶるもkenが阻止。
リング上大混乱。その隙に塁が大柳を逆エビの体勢に、大柳必死でもがくもついに捕らえられてしまう。
一方、野橋が一斗缶の奪取に成功すると、kenは一斗缶の餌食に。
カットに入る者もいなくなり、大柳タップ。
野橋と塁が非常に良い仕事をしてくれました。kenと大柳組の応援にも熱が入りました。
それでも野橋を応援する少年の声は消えないのです。

5.時間無制限1本勝負
〇拳王、バラモンシュウ、バラモンケイ(12:26飛龍原爆固め)フジタ"Jr"ハヤト、南野タケシ、卍丸×

ハヤトの曲でハヤト軍(仮)入場。ハヤトはやりすぎタオル持参。
続いて拳王の曲で阿修羅が入場。やっぱり阿修羅の入場曲決めようよー失恋モッシュは変だよー。
バラモンが客席で水撒きしてる間に、いつの間にやら場外乱闘で試合が始まってました。
拳王はハヤトと、バラモンは舎人一家と、それぞれ客席を縦横無尽に大暴れ。
ケイは南野を捕まえるとポールでチョーク、更にエプロンを巻き付けて視界を奪って攻撃。
セコンドには試合を終えたばかりの野橋と塁の姿も。塁はあのコスチュームで沼ちゃんよろしくTシャツをズボンにインいるので変です。変すぎます。
ようやくリングに戻り始めた面々。
お客さんも各々元の場所に…と思ったんだけど、たまたま用意周到なお客さんが集まったのか、荷物ごときれいさっぱりなくなってて、戻るにも目印がなくて大変困りました。それでもそれなりの場所に戻るんですから日本人ってすごいですね。
リング上でのシュウは卍丸相手に意外にもまともな攻防を展開。そう思ったのもつかの間、シュウがハヤトを相手にトリッキーな動きを見せて丸め込み?と思いきや急所攻撃。客からは変な感心を集めていました。
あっという間に試合は崩れ、南野、卍丸、ハヤトとひとりずつ捕まえてはコーナーでいたぶる阿修羅。リング下のセコンドも平気で手を出すから、3人で5人どころか1人で5人を相手にするような状態に。
拳王は対角コーナーにハヤトの姿を確認するなり突進してエルボーを打ち込み場外に落とすとまたもや場外乱闘に。セコンド陣の手も借りてリング下からパイプ椅子を山盛り取り出しハヤトをサンドするとパイプ椅子で思いっきりぶった叩く!エグすぎ。
拳王とハヤトの場外乱闘とは別にリング内でも試合は進行、シュウが卍丸にステップキック。ケイとのキックのコンビネーションもバッチリ。
押され気味のハヤト軍(仮)、南野が掌底を放ちケイをライガーボムで叩きつけ、パワーで盛り返します。
拳王、ハヤトをコーナーに振ってジャンピングダブルニー、かわされるも即体勢立て直す。
待ってましたの拳王とハヤトによるハイキック合戦。溜めの無いハイスピードな蹴り合いに会場大盛り上がり。しかし拳王がこれみよがしにアピールしてからの急所蹴りで台無しに。
舎人一家、ケイにトレイン攻撃、卍丸の弾丸タックルはいつ見ても素晴らしい!
ハヤト、拳王に投げっぱなしスープレックス、コーナーに振ってPK。
卍丸がケイにノド輪、ダメ押しで南野と一緒にノド輪。
両軍入り乱れめまぐるしい入れ替わりになにがなにやら。
卍丸のバックを取った拳王、ここで投げられたら終り、卍丸堪える!
するとバラモンがコーナーに置いてあった「使用後はこちらへ」とラベルの貼ってある赤いバケツを手にリングへ、卍丸の顔面めがけて謎の粉をブチ撒けた!視界を奪われた卍丸、あえなくドラスプでピン。

試合後も荒れるリング上、とばっちりを食らう練習生君。
バラモンに羽交い絞めにされたハヤトはなおも拳王からパイプ椅子攻撃を食らう。
そこにギター片手にkenが花道から登場、それに気付かない拳王、kenはエプロンに駆け上がると拳王の脳天めがけてギターを振り下ろしたー!リングインしたkenは大破したギターを振り回して大暴れ。さすがの阿修羅も悪態をつきつつ撤退。
マイクを手に取ったkenは「俺はハヤト軍に入ってあいつらと戦う!」と表明。思わぬ助っ人に場内大歓声!
ハヤトは手放しで歓迎、kenとガッチリ握手。舎人一家にも手を差し出すken、しかし舎人一家は態度を保留。
ハヤトがkenを歓迎するアピールしている間も根気良く舎人一家に手を差し出し付けるken。
ハヤトのマイクが終ると、まず卍丸が握手で応え、最終的には南野も握手で応え、kenのハヤト軍(仮)の加入が決定しました!足立区連合がああああ。まあいいや。
歓声を受けて揚々としているkenの横で、ふと、リングに落ちていたボロボロのギターを拾い上げて絶句するハヤト…。
試合には負けたハヤト軍(仮)でしたが、新たな戦力の登場でハッピーエンド!

いやもうこのときのkenのさわやかさといったら!これでまたハヤト軍(仮)のベビー化が一段と…。
でもkenがどういうファイトスタイルで来るか。もしバリバリのラフファイトできたら…ああそうなったらそれはそれで面白い。
ken如何でハヤト軍(仮)の立ち位置もかわってきそう。

今回は舎人一家があまりキレた感じじゃなくて、ヒール対決っぽさは薄かったかなあ。
かといってハヤト軍(仮)がよりいっそうベビー化したかというとそうでもない。
仙台のときみたいに、阿修羅に大ブーイングも起こらなければ、ハヤトへの大コールも起こらなかった。
これが土地柄か。

試合終了後、売店を覗いたら、雷斗選手が、コッソリ(?)カメラを向けていたお客さんに気付いて、いいよいいよ撮って撮って!とポーズを決めていたのを見て、いい人だなあと思いました。

翌日の八戸の対戦カードが当日発表となっていたので、何か動きがあるだろうとは思っていましたが、やっぱりありましたね!
kenのハヤト軍(仮)加入がどう影響するか?!
明日に続く!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2012.03.17(Sat) 23:59

興味があるのは内容だけ

中嶋君とハヤトのGHCジュニアが決まったけどダイヤモンドリングの北沢タウンホールかー。
「GHCジュニアの防衛戦は他団体でやることに意味がある」(要約)とコメントしてたから、「他団体(中嶋君が所属しているダイヤモンドリング以外)」だと思ってたから、え、それってみちのくってこと?!って思ってテンション上がってたのにー!
…ていうか…前日にダイヤモンドリングの仙台大会があるじゃあないですか。そこでやるわけにはいかんかったのだろうか。中嶋対ハヤトだなんてみちプロファンが大挙して押し寄せるぞ。言い過ぎか。でも実際、このカードに惹かれて行く人は少なくないと思う。

まあ私のことを言えばその日はPerfumeのコンサートですからね!昼興行ならグッドタイミングだったのにいいいい!
もしホントに中嶋対ハヤトが決まったら見れなくて悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて(ryだからいいんですけどね!
すでに参戦するであろうダイヤモンドリングでの舎人一家が見れなくて悔しいし!

…。

あまりこういう考えは表に出すべきではないとは思うけど…。
私は少なくとも現時点では中嶋対ハヤトでGHCジュニアのタイトルマッチをやったとしてもベルトの行方には興味はない。
いってしまえば勝敗自体に興味がない。
試合も見ずに文字情報だけでどうこう言うのもなんですが。
11月のデビュー戦以来のシングルでは試合後の中嶋君のコメントから手ごたえが感じられなかったから。
ハヤトもハヤトで「自分は弱い。イチから出直す」というコメントをしてたし。
前評判からの期待が高かっただけに余計にガックリきた。
ハヤトが中嶋君にGHCジュニア挑戦をアピールして、その後石森選手との防衛戦が決定したときは中嶋君が「ハヤトとベルトを賭けて戦うのはまだその時期ではない」と判断してスルーしたのだと思ってた。
だから中嶋君からハヤトの名前が出てきたのには心底驚き。スルーしたわけじゃなかったんだなと。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.03.13(Tue) 22:38

あれから一年

「私には歌うことしかできないからせめて歌で」とエンタテイメントで勇気や元気を与えようとする人の話や、「絆」という言葉を見聞きするたびに、それよりがれき処理受け入れてくれよと思うようになってしまいました。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.03.12(Mon) 22:36

テレビのニュースで…というニュースを見た。

戸梶圭太の「誘拐の誤差」を読みました。すげー久々に本読んだ気が…。
タイトルと裏表紙の作品紹介からは到底予想もできないような内容でした。なにひとつ嘘は書いてないんだけど!なんか納得できない!あれだ、映画「アウトレイジ」を見たときの気持ちと似てる。
ちょっと感心したのが、殺された子のユーレイ視点ってのが画期的!超便利!
登場人物はクズながらもそれぞれ魅力的なのに登場人物が多いゆえ出番が一回こっきりの人が多くてちょっともったいない。メタル好きの監察医とか。
ラストについてネタバレ感想以下反転↓

レビュー見ると「須田は報いを受けなかった」と書いてる人もいたけど、捕まるよりも悲惨な報いを受けたと思う。
両親のことといい、顔のことといい、取り返しのつかない感がハンパないもの。
後者なんか須田と同じく後先考えない人間の手によるものってのがまさしく因果応報。
読書 | CM(0) | TB(-) 2012.03.07(Wed) 22:07

2000円席

「ワールドプロレスリング3D 第4弾 1.4東京ドーム2012」を見に行ってきましたよ。
公開期間短いから大抵気付いたときには終ってるんですけど、今回やっと終る前に気付いて見に行けました。

3Dということですが、そんなに3Dスゲー!というのは無かったです。
とくに試合中は、手前のコーナーの奥のコーナーで奥行きを感じるくらいで。トペコンが迫ってくる!みたいなのを期待してたんですけど。
コメント時の真壁選手の帽子のツバとか会見時のマイクとか同じく会見時の高山選手の放り出した脚とか、そういうどうでもいい場面での飛び出し具合の方がすごかったです。
あまりめまぐるしいアクションには3Dは合わないみたいですね。

大画面でのプロレスを見ることにもそれほど感動はありませんでした。それと黙って見なきゃいけないというのが意外と結構なストレス。

映像よりも音の方に驚かされました。映画館だから当然、何を今更って感じですけど、後ろから「棚橋ー!」とか聞こえるモンですから、興奮した映画館のお客さんが思わず声を上げたのかと思ったくらい。東京ドームのすごく静かな一画にいるような気分にはなれました。

とりあえずこういうものなんだということがわかったので、次はいいかな。今後私が新日ファンになるか、好きな選手が出るかでもなければ。

ちょっと3Dメガネについて。
初回、3Dメガネを買わされるんですけど、100円の3Dメガネと、メガネに挟んで使う300円のクリップオン式3Dメガネがありまして、事前リサーチによりクリップオン式の具合が良いということでクリップオン式にしてみたんですけど、これが本当に具合が良い。3D映画はxpand方式でしか見たことがないのではっきりと比較はできませんが、重いとか何とかの違和感が全く無い。メガネの人は200円ぽっちケチらずにクリップオン式にした方がいいです。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.03.04(Sun) 22:16

フィエスタ

アクセルはいまだ復旧せず、Zeppも閉鎖決定、パンチさんも「いい会場があったら紹介してください」と。
これはみちのくプロレスにとって仙台興行開催の危機!

というわけでいい会場が無いか調べてみました。

Rensaを知ったときに、JUNK BOXより大きいならプロレスでも使えるんじゃない?と思ったんだけど、観衆300人とかならともかく、その倍以上集めるみちプロにとっては全然足りないんだよね。

まずアクセルのデータ
598㎡
全日262,500円

公式

これと近いレンタルホールはというと…
びったりな会場があるじゃないですか!

仙台サンフェスタ
584㎡
全日231,000円

公式

しかし仙台駅から車で15分またはバスで15分というのはどうか。
田舎者にとっては電車から更にバスを乗り継いでというのは全然平気だが。
って昔みちプロで使ってたんじゃん。
使わなくなった理由が使用禁止になったからじゃなければまたここ使えばいいのに。

体育館ならいっぱいありそうなのに、プロレスで借りるのは難しいのかなあ?

それよりも八戸にもっと手頃な会場は無いのか。八食はもう手狭だよ!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2012.03.02(Fri) 22:23

ボトルストラップは何本もあっても困る

みちのくプロレスのスケジュールで知りました。
Zepp仙台の閉鎖が決定したそうで。
もうずーーーっと前から閉鎖する言われててそれで閉鎖せずにここまできてたから、先日の矢巾大会でもパンチさんが閉鎖する云々言ってたのも、ああまあそのうちね、という感じで完全に右から左でした。

Zepp仙台はあまり思い出がないなあ。
氣志團、岡村靖幸、BACK DROP BOMB、あと氣志團。
え、たったの4回?
それとこないだの仙女とみちプロか。
トイレとかきれいなのに壊すのもったいなーいとか思ってたからそんなもんか。

でも結局また同じようなハコモノができるんじゃないかなあ。需要もあるだろうし。
仙台にキャパ1000オーバーのライブハウスって無いからね。
仙台Rensaの700だとちょっと足りないし。それでもしばらくはRensaだろうな。
青森ぱるる・盛岡Club Changeに続いて仙台Rensaだけ不自然にチケットが完売する状況に陥るのか!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2012.03.01(Thu) 23:00
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード