« 2011 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011/12/18(日) みちのくプロレス「大釜活性化イベントOOGAMANIA18年内最終戦」@滝沢村大釜幼稚園体育館

出足は遅かったけれど最終的には満員に。
今日はパン屋さん出てないのかな?と思ったら遅れて登場、即行列。郡司君まで普通におつかいで並んでいました。遅れてきたお陰で?まだ暖かいできたてのパンが食べれました。
本日も野橋ブースあり、道場プロレスで投げ売られてそれでも売れ残ったと思われるぬいぐるみはアンケート回答者への景品になっていました。
一昨日の道場プロレスから販売されているOOGAMANIA17のDVDにはナマ写真が封入されています。私のは野橋真実と景虎(表記に注目)の写真でした。
試合開始時間までスクリーンで流れていた情報ですが、12月25日の「鉄人ガンライザー」にオオガマックスが登場するそうです。よくわからない人はコチラを参照のこと。私もよくわかりませんので。

EXマッチ5分
郡司歩(0-0)大柳錦也

本日のレフェリーはマイトさん。いつものマスクでした。
前半は昨日の沼ちゃんみたいグラウンドで何もさせない展開。リングサイドでは着物姿の沼ちゃんが椅子に腰掛けて郡司へアドバイスを送り続けていました。
後半になると、リストの取り合い、チョップの打ち合いへ。大柳は「もっと打ってこい!」と檄を飛ばし、郡司もそれに応えるように打ち込みます。またグラウンドに持っていかれ、絞め上げられる郡司、残り10秒で大柳が無理矢理弓矢固めをかけたところでゴング。郡司は大柳と握手を交わすと悔しそうに「あー!」と声をあげました。
郡司退場、リングに残った大柳がマイクを握ります。
「昨日の道場プロレスで予告したとおり、重大発表があります。来年1月14日の矢巾大会で郡司歩がデビューします」おおおおおおお!大柳先輩に呼び込まれて郡司が再登場。
「入門から二年以上、みちのくで一番デビューまでに時間がかかったのが彼だと思います」「先に大地がデビューしてもクサらずによく頑張った」「矢巾からはレフェリーのTHE郡司ではなく、プロレスラーの郡司歩としてリングに立ちます」と、大柳先輩が激励の言葉を交えて紹介。
郡司は「まだ対戦相手は決まっていませんが、頑張ります」と挨拶。四方によろしくお願いします!と礼をして、大歓声と拍手喝采の中、退場していきました。
いやー!ついに!ホントについについにだよ!同じ練習生時代を見ていた大地のときはこんな感慨なかった気がする。というか、正直、発表されたときのこととか覚えてないわ。大地にとっても同期のライバルができることになって本当によかったと思う。いろんなタイプの先輩とのシングルはそれはそれで素晴らしい経験だけど、切磋琢磨する相手がいなかったのは不幸だったと思う。大地は2010年6月デビューだからキャリアの差は1年半か。EXマッチなんか見ると当然実力差は歴然だけど…。とにもかくにも楽しみです!そして本当に嬉しい!よかった!
結果的にこれが最後のEXマッチとなりました!

続いて沼ちゃん登場。本日の歌は「海の魂」。
「郡司のデビューが決定しましたが、私のメジャーデビューも決定しました」と、キングレコードから発売されるサスケプロデュースのコンピレーションアルバム「みちのく魂」を宣伝。
「本日も色々と売店が出ています。右からみちのくプロレス、マウンテンキング、ひとつとばして(野橋ブース)、パン屋ひろよしさん、まだ残ってます?えっ、もうそれしかないの?お早めにお買い求めください」
と、沼ちゃんが話しているといつの間にか隣にマイトさんが。ホントにいつの間にかで私も沼ちゃんと一緒にビックリしてましいました。「マウンテンキングからお知らせがあります」で、マイトさんが新商品ソース?ロース?カツ丼の宣伝をしたんだけど、その喋り方は何のキャラなんだと思ってたら沼ちゃんからも「マイトさん今日滑舌悪くない?何て言ってたかわかった?」お客さんからのわからなーいという声に、沼ちゃんが言いなおしていました。二度手間。
「帰りにカルビーさんよりす~ハー!!というお菓子のサンプルの配布があります」に沸く会場。
なんのくだりか忘れたけど、沼ちゃんが「10月14日に」と言ったら、「1月14日」という指摘が入って「俺今なんて言った?」にお客さんから一斉に「10月」とツッコミが入ったのがおかしかったです。
「本日はもうひとり歌のゲストがいます」すっかりおなじみレギュラー状態の太田代将孝さん。沼ちゃんが「アニキー!」と言うと太田代さんは「待たせたな」お客さんマジでポカーンに「ええっみんな知らないの?!通じるのこの世代だけ?!」Google先生に訊いてくるので少々お待ちください。コント赤信号だそうです。
太田代さんからもみちのく魂に何曲か書いていますよと宣伝。更に自身のアルバムを宣伝。
歌うはモチロンオオガマックスのテーマ。大釜界隈でロケしたPVがスクリーンに映され、それに合わせて太田代さんが熱唱。このPVはかなりのデキです。どんなPVかは会場またはOOGAMANIA17のDVDでのお楽しみということで。
スポンサー様の読み上げを行い、沼ちゃん一旦退場。

あらためて選手入場。今日は戦わない方のオオガマックスがいなかったのでオオガマックスの参戦があるかと思いましたが、大釜組+大柳のおなじみのメンバーのみでした。そうか、オオガマックスは横浜文体なんでもありません。
挨拶は大地。卍丸との対戦への意気込みを語りました。
サインボール投げではキャンディの投げ入れもありました。私もキャンディをひとつだけゲットできました。
当たりボールをゲットしたチビッコとリング上での記念撮影をして選手退場。そういえば拳王もいつの間にやら当然のように記念撮影に参加するようになりましたね。素で忘れたっぽかったり拒否したっぽかったりな時期もあったなあ。

1.30分1本勝負
○拳王、気仙沼二郎(15:14飛龍原爆固め)日向寺塁、野橋太郎×

本日の野橋は入場用マスクに一斗缶とフル装備で登場。一斗缶の中から客席にキャンディを投げつける野橋。その後ろで綱引き用のぶっとい綱を肩に担いでブン回しながら塁が登場。野橋を追い越し際、ロープが野橋の頭を直撃。だ、だいじょうぶ?けっこーな勢いでブン回してたけど、近くのお客さんは無事だったのかしら?
じゃんけんで先発を決める九龍。負けた野橋が先発。正規軍は拳王が先発。スピーディーな攻防を繰り広げる二人。野橋のリープフロッグは極上ですなあ。
沼ちゃんと塁に変わりショルダー合戦。何と沼ちゃんが打ち勝つ!野橋にはアームホイップ三連発で沼ちゃん絶好調!野橋との腹パン合戦ではなぜか会場が笑いに包まれました。私も笑いました。
場外乱闘では、塁が持参した綱が大活躍。沼ちゃんの首に巻いて両端から引っ張るとか、見た目もエグイし、これで死なないのが不思議。更に綱の両端を持って沼ちゃんをなぎ倒すと、息をそろえて「ウィーッ!」あ、ハンセンだったんだ。
選手がリングに戻ると、綱は速やかに回収されました。
リング上は拳王ひとりに九龍。いつもの二人まとめてハイキックが一人目でよけられた!はじめて見た!避けられた拳王はすぐに次の策へ、野橋塁の順にコーナーに激突させて塁野橋の順番でジャンピングダブルニーをお見舞い。リング中央で膝をついた野橋には低空ドロップで追撃。
今度は塁がスピアで拳王を倒して野橋が強烈な低空ドロップをお見舞い。塁はコーナーに昇って「ウィー!」とアピールしてからダイビングエルボー!拳王が受けたー!コーナーからのダイビング攻撃受けるなんてめっずらしー!更にブレーンバスターで拳王受けまくり。
しかし形勢逆転、拳王が野橋を捕まえてファルコンアロー、沼ちゃんが逆トペで塁を排除、その間にドラゴンスープレックスでピン。
塁は花道に差し出された少年の手を蹴り飛ばす荒れっぷりで退場。すごい勢いで蹴られてたけど大丈夫かなー?ヒヤヒヤしたけど、蹴られた当人が笑っていたのが救い。将来有望だ!
ベルト落としてからふっ切れたんだろうか?塁がどんどんおかしくなってゆく。そんな塁、嫌いじゃないです。

2.時間無制限1本勝負
○卍丸(13:01片エビ固め)佐々木大地×※卍落とし

卍丸から入場。続いて大地、リングインするなり卍丸に突進して奇襲成功。しかし卍丸がすぐに反撃に転じる。大地をコーナーに振って弾丸のようなタックル、蹴りもすごい。
序盤こそ大声を上げて気合を振り絞り、エルボーを打ち込み、必死に食らいつくが、レッグドロップにチョーパンと、卍丸の容赦ない攻めに動きが止まってしまう。
あまりのやられっぷりにお客さんの声援もだんだんと少なくなり、静まり返る会場。
そのうち起き上がることも出来なくなり、ダウンカウントを取られてしまう。立ち上がろうとするも中々立ち上がれず、カウント7あたりで卍丸が大地の頭を掴んで無理矢理立たせる。
卍丸はパイルドライバーで終わらせにかかるが、大地返した!すると今度は首四の字に捉える。ロープを探してもがく大地、ロープブレイクに大歓声!
心の折れない大地についに卍丸の必殺技卍落としが炸裂!これは返すことができず、試合終了。
ぐったりとする大地。卍丸もリングを降りない。卍丸が大地の元に寄ると、なんと右手を差し出した!上体を起こした大地は一瞬の間を置いて、両手で握り返して頭を垂れました。お客さんからはどちらの行動にも驚愕の声があがりました。大地が握り返すとは思わなかったし、それに試合以外で自分からリアクションを起こす卍丸なんて、初めて見た気がします。よっぽどだったんだろうなあ。すごくドキドキしました。その後の卍丸は無言で退場。らしくていいね。

ようやく立ち上がった大地はマイクを握ります。
「昨日はあんなに大きなことを言ったのに勝てませんでした。でも、沼二郎さん大柳さん拳王さん、ここにいない先輩方にも勝って、先輩方もここにいる皆さんのこともみんな見返してやります!」うおおおお!大地!その意気だ!
そして唐突な「みなさんがひとりでもいるかぎり…」に、横で聞いていた沼ちゃんもあわてて「永遠に不滅だー!」でシメました。

最後はリングに集まって恒例の記念撮影。す~ハー!!のサンプルと矢巾の割引券を貰って帰りました。

今回のOOGAMANIAは道場プロレスからの延長線でいつものようなお祭り感は薄かったけれど、ちゃんとストーリーが感じられてよかったです。
郡司君の道場プロレスでのEXマッチの末にOOGAMANIAでデビュー決定の大発表と、大地の道場プロレスでの試練のシングルマッチはOOGAMANIAで最後の相手卍丸と六番勝負で完結と。
郡司君は努力が実を結び、大地は努力しても報われなかった。結果だけ見れば報われなかったけど、絶対に糧にはなったよ!漫画のようにうまくいかないというのもいいじゃないですか。
私自身、今年最後の観戦となる大会が未来を感じさせる大会でよかったです!ますます来年が楽しみになりました!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.12.18(Sun) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード