« 2011 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2011/08/16(火)みちのくプロレス「夏休み道場プロレス」@滝沢村大釜幼稚園体育館

ミニツアー挟んで7日目。会場の前に選挙っぽい瀧澤専務の看板が。んん?本日のかき氷屋さんは太郎じゃなくて瀧澤専務がやってました。売店には本日より参戦のヘラクレス千賀もブースを出して、紅白プロレスやらDDTブランドやらのDVDを売ってました。

試合開始時刻、「栄光は君に輝く」にのって入場行進しながら沼ちゃん登場。「今日は舟っこ流し(お祭り)があるので客入り心配してたんですけど入ってよかったです」「能代の結果は楽しみにしている人もいるでしょうから言わない方がいいですね?」例によって今後の日程など。なにか新しいお知らせがあったけど忘れました。矢巾の日に何だったか。それと放送中のドラマ「ブルドクター」で沼ちゃんの弟さんが助監督をやっているんだそうです。本日の終了後の企画は「正規軍サイン会ナイト」。私この「サイン会」が「サイカイ」にしか聞こえなくて、再会?最下位?と頭の中がハテナだらけでした。サイン会だったのね。で、「俺の海」。今日は1曲だけ。
対戦カード発表。第一試合エキシビジョンマッチ郡司対沼ちゃん、第二試合大地対千賀、メイン精霊拳王組対野橋塁組。

1.EXマッチ5分
郡司歩(0-0)気仙沼二郎

試合前に必ず郡司君のプロフィール紹介があります。郡司君のスポーツ歴は、野球・ハンドボールなどで、ハンドボールでは国体にも出場したんだそうです。
試合は4分までずーっとグラウンド。沼ちゃんがフロントチョークやらヘッドロックやらをひたすら狙い続けて、郡司君はそれから逃げたり捕まったり外したり逆に捕らえ返したり…。残り1分を合図にようやくスタンドの攻防に。チョップ合戦、郡司君のドロップキック、沼ちゃんは郡司君に頭突き!最後、また寝技にいってギブ?と思ったところで時間切れ。ううーん。リングを降りた郡司君に「郡司、がんばってね」と沼ちゃん。
「それじゃあジャンケンたいかーい。郡司、梯子は出してってほしかったな。梯子無いけどオオガマックス」オオガマックス、本日の賞品を持って登場。本日の賞品は、男盛先生Tシャツ!そしていつものIATスーパーボールでした。

2.20分1本勝負
○ヘラクレス千賀(7:36体固め)佐々木大地×※フライングボディシザース

大地君、ニューコスチューム?!下はいつもので上半身裸に青いベストのようなものを羽織って登場!対する千賀、今日の入場曲が本当のヤツなのかな?…違うかも。SOSはショートタイツよりスカートタイプの方が好きだなあ。首輪はすぐに取っちゃうのね。試合の途中で外すと本気スイッチオンみたいで好きなんだけど。
大地君、新コスチュームかと思ったら上脱いでただけで、リングコール終ってから上着てました。なーんだ。大地君胸板厚いから上半身裸の方がかっこいいのに。リングコールといえば、郡司君に声援が集まるのはお馴染みになりつつありますね。
過去にもあったカードですが、私は初めて見ます。コワイ先輩モードの千賀が見れるかと思ったのですが、そうでもなかったです。そりゃあコーナーに逆さ吊りにしてスライディング顔面キックとか、予告なしDDTとか、エッグイ技も出してきましたけど。むしろちょっと大地相手に大げさかと思うくらいの千賀の受けっぷりの良さが目立ちましたね。大地が押してると思わせるシーンもあったし、まだ強引だなあと思うことのある丸め込みもカウンターの丸め込みで自然でした。その後、丸め込み連発に行かないでジャーマン、そしてミサイルキックと展開していったのも良かったです。
こういうのって相手にもよるのかなあ?よるんだろうなあ。と気付かされましたね。大地の試合は大地が先輩相手にどこまでやれるかだけでなく、先輩達が大地相手にどうやれるか、というのも見所なのかも知れません。
と、大地を光らせて、トラースキックで反撃、最後のあの技はなんでしょう?正面から大地の胴に飛び乗ってそのままマットにに叩き付けてフォール。厳鬼の胴版?見たことないフィニッシュでした。千賀いいなあ。

3.15分1本勝負
○日向寺塁、野橋太郎(10:19逆エビ固め)拳王、精霊×

精霊、入場するなり客席で膝を抱えて座り込む。一応リングインしてポーズ決めるも、すぐにとぼとぼと赤コーナーに向かい、膝を抱えてまた座り込む。そして拳王の入場でリングに向き直る。最初精霊を無視していた拳王も、九龍入場待ちでは精霊と顔を寄せてなにやら話してました。
九龍は野橋、塁の順で入場して、リングコール終ってゴングを待たずに九龍が奇襲というか正規軍をリング下へ。しかし場外には出ずに、すぐにリングインしてフツーに1対1でスタート。野橋と精霊のスピード感溢れる攻防…はありませんでした。
この組み合わせだと精霊が捕まってしまいますね。セコンドの千賀が盛り上げずとも精霊への声援がよく飛んでいました。捕まるとはいえ、野橋と塁にふたりががりでキャッチされても首投げで切り返したり、やられっぱなしではない感じ。雪崩式フランケンもキッチリお見舞い!串刺しのスピアよけたら塁がコーナーの脇すっぽ抜けてったのにはヒヤヒヤしましたよ。
ときどき拳王の印象が薄い試合があるけど、今回がそうだったかな。精霊の印象ばかり残ってます。タッグだと出番多い分、捕まる選手の印象が濃くなるしね。あーでもどういう流れか忘れたけど、めちゃくちゃな?ファルコンアロー?が、良くも悪くも印象に残ってます。拳王の技が崩れるって珍しいので。
そういえば今日はそれほど反則っぽい反則はしてないなあとか思ってたら野橋が精霊の足を引っ張りやがりました!そんな反則にもめげずに、精霊がいい感じで塁を押していて、フランケンシュタイナーを仕掛けに塁の首に足を引っ掛けたもんだからこれはもしかしたらもしかする?と思ったら、塁が首にかかった足をガッチリ掴んでそのまま腰を落として逆エビ固め!こう来たかああああ!精霊は耐え切れずにタップ!勝敗は予想通りだったけど、この決め方は予想外!相手が精霊だからこそのフィニッシュでした!
マイクは勝者の塁。「本日はお越しいただきありがとうございました」と深々とおじぎ。「なんて言うわけねーだろバカ!」「言わなくてもどうせ明日も来るんだろ。ここらへんなんかいっつも見る顔じゃねえか」うーん…。こういう客をバカにしくさったマイクは好かないなあ。わざわざマイクを通して言うことかね?ジュリーかよ。今こうして書いてても結構むかついてる。客をバカにするのは陰でコソコソやってください。正規軍のサイン会企画も「サインなんかもらっても何の意味も無い」とバッサリ。と、不愉快な内容の上シメもなにもなく退場。なんだかなあ。

試合終了後の「正規軍サイン会企画」は正規軍全選手がサイン会に立ちました。といっても拳王はサインしないので、お見送りに立ちました。そういえば大地君もサイン会に立ってましたよ。「一勝するまでサインはできない」という説はウソだったの?!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.08.16(Tue) 23:40
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード