« 2011 . 06 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

東北出身プロレスラー

9月4日(日)みちのくTOGETHER 情報
[6.19追加情報]今大会は東北出身選手が集結する、東日本大震災復興支援チャリティープロレス『みちのくTOGETHER』となります。

というわけで、週プロ選手名鑑2011年版片手に東北出身選手を調べてみました。(ヒマなの?…。)
ところどころギミックは無視してます。あしからず。

※追記アリ

■新日本プロレス
・本間朋晃/山形県東根市
・田口隆祐/宮城県岩沼市

■全日本プロレス
・船木誠勝/青森県弘前市

■みちのくプロレス
・ザ・グレート・サスケ/岩手県盛岡市
・気仙沼二郎/宮城県気仙沼市
・大柳錦也/青森県青森市
・佐々木大地/岩手県滝沢村

■IWAジャパン
・浅野起州/宮城県岩沼市

■大日本プロレス
・伊東竜二/岩手県滝沢村

■666
・忍/宮城県登米市

■DDT
・ディック東郷/秋田県大館市

■ユニオン
・石川修司/岩手県水沢市

■DRAGON GATE
・YAMATO/岩手県一関市
・岩佐拓/宮城県仙台市
・斎藤了/山形県山形市
・Gamma/福島県いわき市

■大阪プロレス
・政宗/宮城県仙台市生まれ青森県八戸市育ち

■NOAH
・齋藤彰俊/宮城県仙台市
・石森太二/宮城県多賀城市

■KAIENTAI DOJO
・TAKAみちのく/千葉県四街道市生まれ岩手県盛岡市育ち
・関根龍一/福島県須賀川市
・房総ボーイ雷斗/千葉県房総半島&岩手県紫波町

■リアルジャパン
・斎藤明文/福島県二本松市

■健介オフィス
・起田高志/青森県十和田市
・西川潤/岩手県盛岡市

■FREEDOMS
・佐々木貴/岩手県一関市

■男子フリー
・ケンドー・カシン/青森県南津軽郡常磐町
・菊地毅/宮城県仙台市
・エル・サムライ/岩手県花巻市
・泉田純至/宮城県栗原市
・HIROKI/岩手県盛岡市
・宮本和志/福島県双葉郡
・菅原拓也/秋田県大館市
・CHANGO/福島県
・豪/秋田県
・藤原喜明/岩手県北上市

■アイスリボン
・藤本つかさ/宮城県仙台市
・たま子/宮城県仙台市
・宮城もち/宮城県

■センダイガールズ
・DASH・チサコ/宮城県仙台市
・仙台幸子/宮城県仙台市

■ディアナ
・井上京子/山形県南陽市
・佐藤綾子/山形県東田川郡

■CMLL
・HIROKA/福島県郡山市

■女子フリー
・飯田美花/青森県東津軽郡
・大畠美咲/宮城県仙台市

こうして見るとルチャ系にえらい偏ってますね。
それと前々から思ってたんですけど、代表に岩手県の人が多い。
みちのく・K-DOJO・ユニオン・FREEDOMS…。

県別にまとめると。
人数の多い順で。

■宮城(15人)
・岩佐拓/宮城県仙台市(DRAGON GATE)
・齋藤彰俊/宮城県仙台市(NOAH)
・菊地毅/宮城県仙台市(男子フリー)
・藤本つかさ/宮城県仙台市(アイスリボン)
・たま子/宮城県仙台市(アイスリボン)
・DASH・チサコ/宮城県仙台市(センダイガールズ)
・仙台幸子/宮城県仙台市(センダイガールズ)
・大畠美咲/宮城県仙台市(女子フリー)
・田口隆祐/宮城県岩沼市(新日本プロレス)
・浅野起州/宮城県岩沼市(IWAジャパン)
・気仙沼二郎/宮城県気仙沼市(みちのくプロレス)
・忍/宮城県登米市(666)
・石森太二/宮城県多賀城市(NOAH)
・泉田純至/宮城県栗原市(男子フリー)
・宮城もち/宮城県(アイスリボン)

■岩手(12人)
・ザ・グレート・サスケ/岩手県盛岡市(みちのくプロレス)
・西川潤/岩手県盛岡市(健介オフィス)
・HIROKI/岩手県盛岡市(男子フリー)
・TAKAみちのく/千葉県四街道市生まれ岩手県盛岡市育ち(KAIENTAI DOJO)
・佐々木大地/岩手県滝沢村(みちのくプロレス)
・伊東竜二/岩手県滝沢村(大日本プロレス)
・YAMATO/岩手県一関市(DRAGON GATE)
・佐々木貴/岩手県一関市(FREEDOMS)
・房総ボーイ雷斗/千葉県房総半島&岩手県紫波町(KAIENTAI DOJO)
・エル・サムライ/岩手県花巻市(男子フリー)
・藤原喜明/岩手県北上市(男子フリー)
・石川修司/岩手県水沢市(ユニオン)

■青森(6人)
・大柳錦也/青森県青森市(みちのくプロレス)
・起田高志/青森県十和田市(健介オフィス)
・政宗/宮城県仙台市生まれ青森県八戸市育ち(大阪プロレス)
・船木誠勝/青森県弘前市(全日本プロレス)
・ケンドー・カシン/青森県南津軽郡常磐町(男子フリー)
・飯田美花/青森県東津軽郡(女子フリー)

■福島(6人)
・Gamma/福島県いわき市(DRAGON GATE)
・関根龍一/福島県須賀川市(KAIENTAI DOJO)
・斎藤明文/福島県二本松市(リアルジャパン)
・宮本和志/福島県双葉郡(男子フリー)
・HIROKA/福島県郡山市(CMLL)
・CHANGO/福島県(男子フリー)

■山形(4人)
・斎藤了/山形県山形市(DRAGON GATE)
・本間朋晃/山形県東根市(新日本プロレス)
・井上京子/山形県南陽市(ディアナ)
・佐藤綾子/山形県東田川郡(ディアナ)

■秋田(3人)
・ディック東郷/秋田県大館市(DDT)
・菅原拓也/秋田県大館市(男子フリー)
・豪/秋田県(男子フリー)

宮城県仙台市がやたらと多いのは市町村合併後の表記だからでしょう。

で、

【みちのくTOGETHER出場選手募集】9月4日(日)後楽園大会はみちのくTOGETHER!出場選手を募集します。自薦他薦問わず。条件は東北出身者または東北に縁のあるプロレスラーである事です。【出場募集アドレス】takam69@yahoo.co.jp #kdojo
twitter:@kdojooffice KAIENTAI DOJO

だそうで、ホントに「出身者」で限定しちゃうとそもそも主催者が外れるわけで…。
「縁のある」になるとだいぶ間口が広くなりますね。主にみちプロ絡みで元所属だとか元練習生だとか参戦してたとか…。
プロレス | CM(4) | TB(-) 2011.06.19(Sun) 22:42

2011/06/19(日) みちのくプロレス「2011ノスタルジックカーミーティングin岩手」@八幡平市岩手山焼走り国際交流村特設会場

昨日のことを教訓に、今日はちゃんと時間より早く着きましたよ!でも前の出し物が押してて結局5分程押しでスタート。
昨日よりかーなーりーお客さん多目。晴天だったしね。売店には清水選手がいらっしゃいました。
まずは沼ちゃん登場。反応の薄い中でゆるい感じで宣伝など。「これから私の歌謡ショーを行います。これを聴かないと試合が見れません。強制的に聴かされます」と自虐的にアピールして歌。久々の「海の魂」だ~と思ってたら、後半歌詞がすっとんでしまいました。「あれ、なんだっけ?…………よーいとこらさー!」沼ちゃんしっかりして!「本日最後の曲になりました」で「俺の海」を披露して、滞りつつ終了。

1.15分1本勝負
○ラッセ(9:52ジャーマンスープレックス)佐々木大地×

今日もTHE CRUSHの曲で入場。音源どっかやったの?花道などはなく、会場のはるか彼方から登場。
ラッセの入場曲って頭にねぶたの「ラッセーラー」っていう音が入ってるんですね。いつも流れてるけど聴こえなかっただけかな。
手四つで探りあい、ラッセがヘッドロック攻め、大地ドロップキック放つもすかされる、2回目はヒット、チョップ合戦、グラウンドでクラッチからロープブレーク、二段目コーナーからミサイルキック、ボディプレス、ブレーンバスター、丸め込み、逆さ押さえ込み、スープレックス、で、最後は先輩のあまり派手ではない必殺技で取られると。今回はナイスジャーマンでした。
いい加減流れを覚えてしまいました…。なんだか教科書どおりプロレスを見ている気分…。

2.20分1本勝負
○気仙沼二郎、拳王(15:38片エビ固め)日向寺塁、野橋太郎×※気仙沼落とし

リングインするやいなや火花バチバチの沼ちゃんと塁。
拳王のリングコール時に九龍の奇襲からスタート。いきなり正規軍がリング下に落とされたもんだから、場外乱闘早すぎ!と思ったら、そうではないらしく、なにやら正規軍と郡司レフェリーがモメてた。
塁と沼ちゃんのショルダー合戦はお前が走れもっと走れどんどん走れと大盛り上がり!ショルダー合戦は沼ちゃん絡みが一番面白いね。塁が打ち勝って両腕上げてアピール。塁の右胸真っ赤っ赤!色白だから余計に目立つ。
今回も野橋と拳王のスピーディーな攻防は素晴らしかった!なんかもう、拳王は寡黙キャラくらいでちょうどいいような。これで弁まで立っちゃったら非の打ちどころがなくなる。
さてさて場外に出た拳王と野橋、石材屋さんの特殊車両のところに行ったかと思うと、ふたりして車両の後ろに上がってしまいました!殴り合うわキャメルクラッチかけるわスリーパーかけるわ、パンチをよけてフレームを軸にくるっと一回転するわ、よくあんな猫の額みたいなところでプロレスができるなあと。
一方の野橋と沼ちゃんはというと、休憩コーナーのパラソルで攻撃する塁。古くてお高そうな車が両脇に並んでるからヒヤヒヤしましたよ。そして例のバイクパフォーマンス用と思われる石の上に登ると、例によってブレーンバスターの体勢に。どちらもあげられず、頭突きを食らわす沼ちゃん。うずくまる二人、結局グタグタな感じで、リング内では戻った野橋が拳王にロープを使った反則攻撃の最中。それをレフェリーが咎めると、野橋は「こっちよりあっちチェックしろよ!」と尤もな抗議。沼ちゃんはリングに戻ったのに、塁は石の上に座ったまま「がんばれー!」と野橋を応援し始める。そんな塁にお客さんから「サボるな!」の声が。すかさず「うるせー昨日もやって疲れてんだ!」と塁。ホントにしばしお客さんと化してました。
リングに戻った塁は野橋と一緒になって拳王を捕まえます。拳王の足をそれぞれ持つと、お客さんに「よーく見とけよ!」とアピールして股裂き!「いってえええ!」と股間を押さえて痛がる野橋。にくたらしーわね!昨日は塁ががんばってたけど、今回は野橋も一緒になって「しずかだなあ!」「もっと声出せねえのかよ!」とヒールらしくお客さんを煽ってました。
その後も低空ドロップキックや顔面踏み付けなどで拳王を痛めつける二人。めっずらしく拳王が捕まる展開に。拳王がタッチを求めるのも初めて見たような…。
沼ちゃんはロープ飛び越えてのギロチンドロップは外したものの、ヒップアタックは絶好調!「あの黒いパンツのひとはお尻が得意なんだね」という声が聞こえてきました。お尻が得意。
回復した拳王が再びリングに入ると、得意の蹴りをガンガンブチ込んで行きます。野橋をハイキック一蹴、塁にハイキックかわされてーのいつものムーブかと思いきや二回目かわしたー!と思ったらもう一回飛んできたー!当たったー!すっげー!三回目初めて見た!二回目かわした塁もすごいけど、三回目当てた拳王もすごい!さすが実践格闘技の人…実力を見た。すごい。びっくり。
再度沼ちゃんにかわるとキメにかかります。シャイニングウィザードをブチ当てて、野橋をコーナーに追い詰めると、気仙沼落としの
体勢に!リング下では拳王が塁を抑えます。そして野橋を落として3カウント!
見事正規軍の勝利!大人しく引き下がり退場する九龍。前哨戦でもあるからしてアピール合戦でもあるのかなと思ったんですけどね。
勝利者沼ちゃんは矢巾に向けて堂々のマイクアピール。「これで私が雨男でないことを証明できたと思います!」ちがうか。「アイツの腰から似合わないベルトをひっぺがしてやります!」
ところで拳王、ガチで急所に当たったらしく、ずっと腰をトントンやったり、股間を押さえたり、沼ちゃんのマイクアピール中もコーナーに腰をかけたりと大変そうでした。
最後はもちろん「不滅だー!」でシメ。
沼ちゃんは売店へサイン会へ、拳王は退場…と思いきや、道すがらチビッコの握手にいちいち応えていたらあっとゆー間にお客さんに取り囲まれていました。

いやー。面白かったです!雨の降らない野外プロレスは開放感があっていいですね!
ほぼ同じメンバー、ロケーションも全く同じだったので同じような感じになるのかなあと思ったら、やっぱり選手が入れ替われば大分違いますね。昨日より今日の方が役者が揃ってて面白かったです。場の盛り上げ方にはキャリアの差が出るんだなあーと思いました。
前回は一日しか行かなかったので今回もどうしようかなあと思ったのですが、二日とも行って良かったです。まあ、前回は頭数が足りなくて、ひとり二試合とかやってましたからね…。塁がヒールターンしてよかったことといえばこれだよなあ。試合数の少ないイベントプレスでも大釜組だけでちゃんと正規軍対九龍の試合ができるってこと。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2011.06.19(Sun) 21:38
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード