« 2011 . 03 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

cure

プリキュアの映画を見に行ってきました。この行為自体が面白かったのでちょっと感想を。

私の前提は
・最初と直近三作については、キャラクターは見たことあるけど名前とかはほとんどわからない。
・アニメ自体は一度も見たことない。
です。

・ストーリーは単純明快通り越して内容が無いよう。
・映画の作画ってこんなもんなんだ?
・ぬいぐるみみたいなキャラクター達が無数に溢れかえるシーンは怖気がした。
・ぬいぐるみみたいなキャラクター達は揃いも揃って甲高い声で幼児語を喋るのでよく聞き取れない。
・ぬいぐるみみたいなキャラクター達の見分けがつかなかい。関西弁喋る胴長のかわうそみたいなのだけわかった。
・プリキュア達にはキャッチフレーズ(プロレスでいうところの「"燃える闘魂"アントニオ猪木」「"ブレーキの壊れたダンプカー"スタン・ハンセン」みたいなやつ)が付いているんだけど、「はじけるレモンの香り」と「熟れたてフレッシュ」がツボにハマってまいった。
・ハートチャッチだけ絵柄が浮きまくってた。
・ハートチャッチだけ主題歌がかわいかった。他の作品はかっこいい感じ。
・体だけ光ってるシーンが生首飛んでるみたいでこわかった。
・プリキュアにも男の子がいるんだーと思ったら男装麗人だった。
・キュアブラックのコスチュームばズバ抜けてかっこいいと思う!
・観客参加型のつくりに感心。ありゃチビッコ喜ぶね。
・プリキュアが21人もいるってのにびっくり!でもシリーズ自体はもっといっぱいあると思ってた。結局キャラクターすら知らなかったのって二つ目だけ?でもこれも微妙に知ってるっていうか最初のバージョンアップみたいなのだと思ってた。別人だったとは知らなんだ。

とまあこんな感じでした。
チビッコはともかく、完全にファン向けの作品ですね。好きなキャラクターが画面に出てくるだけで嬉しい人なら楽しめるんだと思います。まあーチビッコとその親とファンしか行かないか。

しかし子ども向けの映画って特典がすごいんですね。
まず前売りで親子券を買うとミニバックが付きます。それも二個。って親の分要らないだろ!
更に入場特典として、ペンライト(?)・カード・紙製サンバイザーが貰えます。これは1セットだけでした。
よく考えてるなあ。

色々と勉強になりました。
映画 | CM(1) | TB(-) 2011.03.27(Sun) 21:01
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード