« 2010 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010/12/12(日)全日本プロレス「ファン感謝デー」@後楽園ホール

縁あって、昨年に引き続き今年も行ってまいりました。
今回初めて南側に座りました。北側と違って快適ですね!ドリンクホルダーまであるし。
試合開始前はスタッフ(?)がサイン入りパンフレット(バックナンバー)を売り歩いてました。
ゴングが打ち鳴らされて、オープニングVTRの後はいよいよ試合開始!と思ったら大和ヒロシ選手が登場してテンションの高い前説で会場を暖めます。全!日!本!イヤー!

試合詳細はスポナビに載っているので感想のみ。

1.シングルマッチ ?伝説のマスクマン復活? 15分1本勝負
○ヒート(10:37HEATクラッチ)BUSHI×

ヒートって元になったゲームの名前のとおり新日本の選手ですよね???
BUSHI選手はクリスマスな曲に乗ってサンタクロース姿で登場。特製BUSHIパッケージのチロルチョコを客席にバラ撒きながら入場しました。BUSHI選手は元からマスクがクリスマスカラーですね。
煽りVではヒートの正体とされる稔選手が「俺じゃないから関係ないし」とコメントしていたにもかかわらず、試合開始わりとすぐにレフェリーがうっかり「稔!」と言ってしまい、それに詰め寄るヒート選手がおかしかったです。
BUSHI選手、初めて見ましたが、ルチャドールなんですか?よく飛んでました!コーナーからのトルニージョみたいな技がかっこよかったです!
私はみちのくプロレスのファンなのでどうしても比較してしまいますが。やっぱみちプロ速いわ。
ヒート選手、稔じゃないと言うならば、もっと開き直っちゃってもよかったんじゃないかなと思いました。試合後も勝鬨をあげることもなくあっさりと退場してしまったり。どうにも終始イヤイヤ感が伝わってきて…。

2.シングルマッチ ?デート権争奪? 20分1本勝負
KAI(20:00時間切れ引き分け)真田聖也

煽りVではそれぞれのデートプランを披露。KAI選手は「自らのプロレスの原点である浅草を歩きながら思い出を語りたい」と渋くアピール。真田選手は「行ったことがないので六本木ヒルズに行きたいです。ていうか連れてってください」とかわいくアピール。
女性人気を二分するとだけあって、たしかに女性ファンからの声援が多かったような気がします。
真田選手はレフェリーから「もっと積極的に」と注意されているようなシーンもあり、ガンガン攻め込むKAI選手に軍配が上がるかと思いきや、なんと時間切れ引き分けに。
結局はふたりともデートできることになってハッピーエンド。抽選で選ばれたパートナーは…いや、世の中うまくできてるなと思いました。それぞれプランのカラーに合ってるといいますか。
KAI選手いわく、浅草でおいしいものといえばぬれせんべいらしいので、今度食べてみようと思います。
ところでKAI選手の入場曲は新しい方の蘇る金狼のテーマ曲なんですね。この曲好きなんのでおおっと思いました。

3.シングルマッチ ?サド・ハヤシ降臨ロープマッチ? 30分1本勝負
○カズ・ハヤシ(15:14逆さ押さえ込み)西村修×
※互いの左手首に長さ約4メートルのロープを固定した状態で試合を行う完全決着ルール

ロープマッチはカズが相手を徹底的に弄ぶものだと思いきや、西村選手もうまくロープを利用していました。
終盤は、西村選手はぐるぐる巻きにされても無我のポーズでするりと抜けたり、カズはロープにくくりつけたロープを一瞬でほどいたりとマジック大会のようでした。
しかしロープ1本でこんなに試合がめちゃくちゃになるんですね。グラウンドなんかやっちゃうとこんがらがってほどけなくなるんだもん。
西村式倒立の背中をロープでビシビシ叩く絵面が最高におかしかったです。

ここでデビューを控えた新人の紹介がありました。征矢匠くんは名前のとおりなんと征矢学選手の実弟!しかもデビュー戦の相手は征矢学選手!お兄さんは厳しい眼差しながらも手を差し伸べてがっちりと握手を交わしました。

休憩時間、売店ではBUSHI選手のサイン会が行われていたようです。
私、今回初めてファイターチキンを食べました。食べやすくておいしかったです。

4.F-1タッグ選手権試合 60分1本勝負
[挑戦者組]○長州小力、浜亮太(20:13小力ラリアット→体固め)[王者組]武藤敬司、神奈月×
※王者組が9度目の防衛に失敗、小力、浜組が第2代王者に

菊サン・ハンセンの登場でウィー!ベルト返還は何度見ても笑える。
カードだけ見たときは小力と浜選手??と思ったけど、いやーびっくりした。小力には悪いけど浜選手の方が似てる?。ていうか、浜選手があんなにできる子だとは知りませんでした。
芸人とのタッグなのでプロレスというよりネタ合戦でしたな。マツコじゃなかった浜選手が上の幽体離脱は小力よくやった!芸人は体張ってナンボ!武藤選手のヅラ姿に大笑い。一番おいしいとこ持ってったのは何気に和田京平レフェリーかも知れません。キレてるよ!
しかしまさかまさかベルトが移動するとは!武藤・神無月組のためのベルトだと思ってましたからねえ。ということは来年は浜・小力組の防衛戦ですか。

5.諏訪魔軍vs.船木誠勝軍 5対5全面対決! 61分3本勝負
○渕正信、諏訪魔、菊地毅、菊タロー、中之上靖文(※2-1で諏訪魔軍の勝利)船木誠勝、近藤修司、大和ヒロシ、征矢学、曙×
【1本目】
○船木誠勝(9:36裸絞め)菊タロー×
【2本目】
○諏訪魔(8:15ラストライド→体固め)大和ヒロシ×
【3本目】
○渕正信(5:23首固め)曙×
※チーム分けは当日抽選により決定。

組み合わせは当日決定ってのをはたしてどこまで信じて良いのかわかりませんが、ここまですごい組み分けになるなんて奇跡としか言いようがありません。最後に菊タローさんが当たったときの諏訪魔選手の落胆ぷりといったら。
インディ界に旋風を巻き起こしている菊池選手を初めて見ましたが…こりゃあーすごいインパクトですね。視界にチラッチラ入ってきて気になって仕方がありませんでしたよ。そんな菊池選手と意地を張り合った大和選手。気付いたら二人して頭から血ィ流してるもんだからなにごとかと。
菊タローさんは船木選手みたいな硬派なレスラーと対峙すると面白さもひとしおですね。タップするのが早すぎる。
終わってみればななんと諏訪魔軍の勝利。
「あきらめずにがんばれば勝てるということがわかりました!」ほんとだよ!多分会場中の誰一人諏訪魔軍が勝つなんて思ってもみなかったよ!
試合後は抽選でファンに諏訪魔軍全員のサイン入りギターがプレゼントされました。その場でサインをする際に菊タローさんがペンを握ると価値が下がるとばかりに会場中から「ああ?」という声が…みんなヒドイ。

最後は出場選手がリング上に会して武藤選手から挨拶。マイクに慣れていないという真田選手に振るとホントにまともに喋れない。あらためて武藤選手がシメました。

いや楽しかったです。前回はメインがわりと殺伐としていましたが、今回はメインも楽しい試合でした!
三度目の全日本もファン感謝デーだったらどうしよう。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.12.12(Sun) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード