« 2010 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

音楽編

いしがきミュージックフェスティバル、みちのくプロレス以外にもちょこちょこ見ました。

花団。
これを楽しみにしていたというのにどういうわけかすでに始まっていた。ぎゃふん。
ある曲でレゲエ用語でいうところのヘリコプターを要求したもののタオルを持っている人が少ないということで軍手が支給されました。軍手の親指持ってみんなでヘリコプター。
弁髪ベースがボーカルをとる歌謡曲調のハゲをテーマにした歌で途中から小太りメガネボーカルがラップをかぶせてきて大爆笑。
傷心ベースをなぐさめるハンサムギター。傷心ベースの「俺の歌でサークルモッシュやってほしかった」という願いを叶えるべく、二人で尾崎豊の「十五の夜」をアカペラで熱唱。あ、ハンサムギター白無地Tシャツ&ジーンズって尾崎豊ルックか。それに合わせてサークルモッシュを試みる優しいお客さん。サビのシンガロングでみんなの心がひとつに…!そのまま二番に突入したところでボーカルの「カバー曲で一番盛り上がるな!」という悲しいツッコミで中断。
最後はオリジナル曲で盛り上がってフィナーレ。
いやー!去年も最高に面白かったけど今年も最高に面白かった!
このステージは客席との段差がないっていうかむしろ客席の方に段差があったりするんですけど、ボーカルが殆どステージにいないこのバンドにはピッタリのステージですね。

松本哲也。
休憩がてらに入った教育会館ステージでたまたまやってたので。
松本氏のラジオ番組を聴く機会がちょこちょこあるので、半分くらい知ってる曲だった。
このステージは座席があって(いわゆるホールってやつです)お客さんも着席して聴いている人がほとんどなんですが、最後の方でわりとノリのいい曲をやったんですけどね、ステージと客席の間をノリノリで右往左往するおじいちゃんが出現。松本氏も気をよくしたのか、おじいちゃんのそばに寄って笑顔で煽ったり。と、ここまではほのぼのな光景だったのですが。
調子にのったおじいちゃん、なんとステージに上がってしまった!ステージの端で踊っているくらいでメンバーにちょっかい出すようなことはしなかったけれど、間もなくスタッフ登場(遅いよ!)、ステージから降ろされました。その後もステージ袖でメガネを光らせるスタッフの姿が。
後日、松本氏のラジオ番組でこの件に触れて「みんなから「松本さんのおじいさんですか?」ときかれたけど違います。知らない人です」と。

ザ・キャプテンズ。
ひっさしぶりに見た。一時期は熱心に見てたんだけど、最近はとんとだったので。
ヒザシの頭がとんでもないことになってた。傷様は相変わらずだった。
つくづくキャプテンズはイベントというか、一見さんに強いなあと思う。ひかれようとも印象には残るでしょう。
フツーのおにいちゃんとかもけっこーノリノリで振りとかやってくれてた。
風の噂によると、傷彦の調子がよくなかったようで???定番セットかと思ったらテッドがボーカルとる曲やったり、その流れでテッドにビール一気飲みさせたりそんなことやってるヒマあったら曲やれよと思ったり、その上サーフロック(?)の大名曲「Misirlou」のカバーをやったりと、今思えば「?」と思うことが多かったのも納得。

あんな降り方じゃなかったら他にも色々と見てまわりたかったんですけどね。雨に負けて見たいのだけ見て帰りました。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2010.09.11(Sat) 23:59

2010/09/11(土)みちのくプロレス「いしがきミュージックフェスティバル」@盛岡市中ノ橋南側中津川河川敷特設

雨ニモ負ケズ行ってきましたよ!
とんでもねー雨だったのでもしかして…とも思いましたが、会場へ向かう橋からリングが見えてひと安心。
予定時刻の5分前くらいに中津川河川敷へ。途中で清水義泰選手らしき人を見かけました!初めて見たかも?。(わかってますからツッコミは心の中で!)
またリングにシートは被ったままでしたが、お客さんがポロポロ集まってきたあたりでシートをひっぺがして準備開始。一応キャンバスやロープを拭いてはみるものの、拭いてる側からズブ濡れに。
準備が出来たというか色々諦めたあたりで橋の上に向かって沼先生が「みんな見に来ーい!」
本日のリングアナは園長先生かな?「お足元の悪い中お集まりいただき誠にありがとうございます!本日集まっていただいた皆さんが本当のファンです!」や、まあ、そういいたくなるのもわかるくらいの悪天候でしたから…。
沼先生のトーク&歌から始まるかな?と思ったら、いきなり試合でした。

1.10分1本勝負
○日向寺塁(6:49片エビ片固め)佐々木大地×※ダイビングエルボー

情報が錯綜してましたが、結局このカードに落ち着いたようです。
今日は入場曲ありでした。こないだのとは違う気がする。PRIDEでおなじみRATM「GUERRILLA RADIO」のイントロにリズムが似てるけどそれではない。
河川敷のはるかむこうから大地が走ってきます。続いて塁の入場。サードロープの下をくぐってのスライディングでリングイン。雨のせいでものっすごくよく滑るからそのままリングアウトするかと思いました。
塁が珍しく肩にサポーター付けてまして、何度か肩を気にするように動かしていたので痛めたのかも知れません。
それにしてもやりづらそー。とにかく滑るから、とくに打撃系など、力の加減が難しい様子。
さすがにこの組み合わせも何度目かなので…もう書くことが…。いつものごとく大地がこてんばんにやられて終了。塁も勝って会場から「あぁ…」といったため息が漏れるようになったんだね!

2.20分1本勝負
○拳王(10:09片エビ固め)気仙沼二郎×※ファルコンアロー

沼ちゃんから入場。リングインして橋に向かって雄叫びを上げ「誰も居ない」とひとりボケツッコミ。
続いて拳王が河川敷のはるかむこうから悠々と入場。
水も滴るいい男。と同時にやっぱり拳王の頭髪の将来が気にかかるのでした…。ホラ、密度がね。まだ若いのに!
この二人のシングルは九龍興行じゃなくてOOGAMANIA13以来ですね。
いやはや中々盛り上がりました。沼二郎コールが発生しました。
拳王のジャンピングダブルニーのときの歓声というか悲鳴がすごい。コーナーにセットするのも出たし。ホント、この技は拳王がやるからこそのインパクトある!
矢巾のときにも思ったけど、拳王はどんどん技が増えてきてますね。すごいなあ。
もちろんってなんですがもちろん拳王の勝ちです。もちろんです。

リングを降りた拳王、トラックのコンテナ兼アナウンス席の前に行ってマイク。前半ボソボソ喋ってて何言ってるかわかんなかった。
「俺達の試合はこれで終わりですが、いしがきミュージックフェスティバルはまだまだ続きますので、この後もミュージシャン達のアツイステージを楽しんでいってください」おお、よくライブハウスで聞くような。
「そんなミュージシャン達の中でも一番アツイミュージシャンがここにいます…沼二郎さん!」と、さっき散々ボコボコにした沼二郎さんを呼び込む拳王。沼二郎さん、まだリングの上でグロッキーですが。
沼先生、ヨロヨロと立ち上がり、トラックの前へ。「どうぞ!歌ってください!」と沼先生にマイクを託し、悠々と河川敷の彼方へと消えていく拳王…。そういえば口の利き方がなっていないという設定はどこに行った。
まずお客さんにお礼の言葉が。そして「この後15時半からを予定していましたが、ご覧頂いたとおり15時からの試合もやりましたので、私たちはこれで撤収します」と説明。しかたないよね!むしろよくやってくれたと思うわ。
そして試合直後だというのに、音源のトラブルも乗り越えて沼先生は立派に歌いきりました!ブラボー!最後は口が回らずやりなおしつつも「不滅だー!」でシメました。

いやー。雨の中の試合なんてテンション上がるじゃん?!なんて思ってましたけどねえ?。降り方がすごすぎてねえ?。それといつものように試合ができると思ったら大間違いだということがわかりました。それでもあれだけのファイトを見せてくれたんですから、やっぱプロレスラーってすごい。
「たくさんのご来場」とはいえないけれど、よくあれだけ集まったと思います。きっと15時半の回だけでいいやと思った人もいたでしょうね。ご愁傷様でした。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.09.11(Sat) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード