« 2010 . 01 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

まだ塀の中?

「テレビにおおさわよしゆきが出るよ」
「私が好きなのはおかむらやすゆきだよ」

なにこのデジャヴ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.29(Fri) 22:38

カラオケでWALLをひとりで歌う

ブックなんたらで立ち読みに励んでましたら、音楽雑誌の棚に親子がやってきまして、探していたバックナンバーがあったようで、大変喜んでいました。

娘「ねえねえ、BALZACってなに?」(BALZACのバンドスコアがあった)
母「BALZAC?あー雑誌で見たことあるけど…なんか暗そうだよね。イケてないってかんじ」

いやいやいや!BALZACは爽やかな曲ばっっかりですってば!
え?見た目の話?いや…まあ…うん…。

ビジュアル系が好きな人がビジュアル系を本当に聴いたことがない人に対する気持ちはこんな感じかしら?
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.28(Thu) 22:33

アングラ系とか白塗り系とか

ビジュアル系が好きな人がよく言う「ビジュアル系という偏見は抜きで聴いて欲しい」てのは、一体どういう意味で言ってるんだろう?
偏見も何も、ビジュアル系にはビジュアル系なりの「様式美」ってものがあるじゃないですか。見た目だけじゃなくて音楽そのものに。特徴的な歌い方(要は清春)だとか、退廃的な歌詞だとか、難しいことはわからないけれど曲のつくりかたにも絶対あるはず。
それをわかった上で「ビジュアル系ねえ…」と言っているのに、どうも「ビジュアル系を聴いたことがない」という前提で言ってるような、「食わず嫌い」と決め付けてるような気がしてならないのです。
「見た目はまるっきりビジュアル系なのにラップコアでもやってんのかな。グラインドだったりして」と期待して聴いてみても、「やっぱりビジュアル系じゃん」となるのが関の山。
別に「見た目だけで音楽は二の次なんでしょ?へたっぴいなんでしょ?」と思ってるわけじゃないんですよ。演奏力が高いとかそういうのは問題じゃないんです。
クラシックが嫌いだという人に「この指揮者が!この楽団が!」と言ったところで「だから?」というのと同じだと思うんですけどねえ。

その昔、ビジュアル系が好きな友人が「ビジュアル系は音楽のジャンルじゃない!」と言ってて、そのときはあははーそうかもねーと思ってたけど、今ならはっきりと否定しますね!ビジュアル系は音楽のジャンルだ!

ただ…カリガリ、グルグル映畫館、犬神サーカス団、陰陽座、一番有名なところでX JAPANとか、ここらへんを「ビジュアル系」としてるかどうかでまた変わってくるか。前者3つは確かに難しいかも。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.27(Wed) 22:39

プラダ×テトラポット○

小沢健二ライブ活動再開!13年ぶり全国ツアー決定
ナタリー

びびびびっくり!今頃気付いたのは、ときどき小沢健二のニュース出てるけど、大きなニュースとは思わずにいつもどおり読み飛ばしてたからです。
まさかまさか再び人前に出てくるとはね!
前にタモリ倶楽部に出演したオザケンファンのイケジュウ(=イケメン住職)もさぞお喜びだろう。
写真、古いやつかと思ったら、よくよく見たら老けてる!けど全然変わってないじゃないですか!実はオザケンが人前に出なくなったのは頭髪に問題が生じたからだとわりと本気で思ってたので、予想外のふさふさっぷりにオドロキです!
ライブでは往年のヒット曲は披露されるんだろうか。42歳だけど右!左!右!左!右!とかやりながらラブリー歌うんだろうか。
って我ながら小バカにした文章だな。これでも全盛期のオザケンに夢中になったクチなんですがね。アルバムだって「Eclectic」までは持ってますのよ。
コンサートだって平日じゃなかったら行きたかったわよ!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.25(Mon) 22:14

年末恒例最終決戦

みちのくプロレス「宇宙大戦争」のDVDを見ました。

アレのことで購入をためらっている方がいらっしゃるかとも思いますが、アレはアレではアレですがアレではちゃんとアレなので何の心配もせずに購入するといいとおもいます。

勃発のきっかけとなったサスケがGammaに自転車で轢かれた試合。
ここまで古いとさすがに選手のキャラの違いっぷりが目立ちます。
南野はともかく、まぐ狼も佐藤兄弟も飛んでたのかー!びっくりびっくり。
ストーンドの頃は佐藤兄弟の入場でちゃんとブーイング飛んでたのにもびっくり。
まぐ狼は…無口キャラで正解だな。
一番ツボにハマったのがザ・グレート・フジタミノルとの試合。
はじめから終わりまで全部ツボ。こういうの大好き。
獅龍との試合で、佐藤兄弟ハヤト組がかなりマヌケな攻撃を仕掛けていて(攻撃が失敗するたびに両手を胸に当ててホッとする獅龍カワユすぎ)、更にハヤトがちゃんと欽ちゃんジャンプしたのには感動した!
トビさんのCGは噂に聞く以上にやばいっすね。
ロビンさんのダブルラリアットのグダグダっぷりは何度見ても笑えます。
しかしサスケとバカ兄弟の本気さはハンパないですね。豆腐の角とかはまあ、おいといて、橋から落ちたり、自分の足に火を着けたり、一歩間違えば…ですよ。プロレスラーってすごい!

とまあ書いてたらキリが無いのですが。

私は今まで宇宙大戦争というのは果てしない場外乱闘のことだと思っていたのですが、それも間違ってはないと思うのですが、
主な構成要素は
・ラダー
・オブジェ
・桶ミコ
・友情
だということがわかりました。

さて、鈴木健.txtの解説(コチラ)に注目して見直しますか。
ところで、解説にある「謎の現場音」って、お客さんの声援じゃないんですか?
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.23(Sat) 23:59

ちびまる子ちゃんしか見てないのに

ちびまる子ちゃんのオープニングテーマが忘却の彼方振りにリニューアルされました!
といっても曲は「おどるポンポコリン」でアレンジが変わっただけなんですけどね。
で。出だしの音聴いて、え?石野卓球?と思ったら本当に石野卓球でした。
自分耳バカだと思ってたけど意外とわかるもんだなと自画自賛。
ちなみにコーラスはスチャダラのボーズとアニでした。うたはカエラちゃんね。
20周年の今年いっぱいだけだろうけど、毎週毎週日曜夜6時にあれが流れるのか。いいんだろうか。私は嬉しいけど。

余談ですが。私はちびまる子ちゃんが好きです。3期は大体見てます。
とくに永沢が好きなんですけどね、変にプライド高くて、C級男子のくせに自分ではそう思ってないところとか、別に藤木を親友だとは思ってないところとか、藤木が自分より優位に立ったりいい思いをすると猛烈に嫉妬するところとか。
先日の年賀状の話はそんな永沢の魅力大爆発で大満足でした。
しっかしアニメ見るのに作画に文句付け始めたら終わりだよなあ。すなわち自分終わってると思う今日この頃です。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.22(Fri) 21:51

たったったったたったらったった

フジファブリック。

「銀河」が心のベストテン第一位だったことがあります。
ははは。人力ユーロビートだ。面白い曲だなあと。
若いだろうに妙な渋みのある声や歌い方も好印象で。
次にリリースされた「虹」も好きです。
で、「銀河」「虹」の入ったアルバムも買ったんですけど。
1回しか聴いてないということはピンとこなかったんでしょう。

ほんとにね…。ボーカルが亡くなってバンドが終わってしまうってのはね…。
メンバーチェンジがなかったのなら尚更。

今日、ラジオで「銀河」が流れたので。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.21(Thu) 22:35

ken→忍・ラッセ・マンゴー

報告:KEN45°の自己満足Blog 読みたきゃ勝手に読め!!

だあああああああ
ken…こういうのって猛烈にツイテナイと思うまじで。DRAGON GATEに参戦する直前に長期欠場だなんて…。

実は、DRAGON GATE参戦の報を聞いて、kenは近いうちにみちプロにはレギュラー参戦しなくなるんじゃないかと思ってた(過去形にしていいものか)んですよ。タイミングもタイミングですし。
みちのくふたり旅に参戦しなかったり、イベントプロレスなんかにも参戦しなかったり、それとなく、他のフリー参戦の選手と比べても温度差があるなというのは感じていたので。鉄人だって沼ちゃんが欠場しなかったら参戦しなかったんでは?

本当にレギュラー参戦しなくなるとしたらすごく淋しいけれど、本人のプラスになるのなら、ステップアップにつながるのなら、それはそれ。
これでDRAGON GATEの参戦が白紙にならなければいいけど…。

はやく復帰して迷惑かけまくってくれ!

※以上、一昨日書きました。

先日のDRAGON GATEはセコンドで活躍したみたいですね。
とりあえず存在はアピールできたかな?よかったよかった。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.20(Wed) 22:05

私もDQNameは笑いますから

野橋九龍加入から一夜明けた仙台大会の観戦記など見ますと、
昨日の今日で野橋は心機一転、リングネームもコスチュームも変更してかなりのヒールっぷりを発揮している模様。
更に九龍がかなり「こわい」ことになっているようで。
会場に応援旗が掲げられ、拍手で迎え入れられ、リングコールで紙テープが飛び、親しみを込めた声援に、反則してもブーイングが飛ばない。
そんな九龍とファンの関係をよく言えば「フレンドリー」なんだろうけど、ぶっちゃけなめられてんじゃね?と思っていました。
私も九龍を「こわい」と思ったことは…うーん。無いとは言わないけど、やっぱ大体は笑って見てしまいますね。
拳王の出現でますますベビー化する九龍に本人らはそれでいいんだろうか?と疑問を感じていました。
それが私が九龍をよく思わない要因だったりするんですが…。

考えてみたらみちプロに参戦している闘龍門9期生が全員九龍に集まったわけで、そりゃ気心知れた同期となかよくやってる方が楽しいだろうよ。野橋もぬるま湯につかるのか…とか思ったけど、いざ蓋を開けてみたら野橋が「こわい」。その「こわい」野橋に他のメンバーが刺激されて「こわい」九龍になるのなら、それは万々歳だ。

しかし正規軍と九龍のパワーバランスがとれていないのは問題だよなあ。
あまり若いうちからヒールになるのはよくないと思ってはいるけれど、正規軍はいわゆる「まだ勝たせてもらえない」選手ばかりだもん。
逆に九龍は負けない選手ばかりだし。
正規軍で貴重な勝ち星をあげられる選手が九龍に行ってしまったのはきつい。

今年も拳王とハヤトのストーリーが軸になると思っていたけれど、いきなり思わぬ方向に進んだ。
対ハヤトより対野橋の方が拳王の感情は剥き出しになるのか。
野橋の九龍加入は全く予想していなかったから、これからの展開が楽しみで仕方がない。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.18(Mon) 21:51

見てないわけがない

はあ…

ねら丸出しなことは書かないようにしてるんですが。


          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \   九龍は今のところ塁と野橋に声をかけている。
    |      |r┬-|    |    塁が行くかもしれないし行かないかもしれない。
     \     `ー'´   /    野橋は地元密着型だからありえない。
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //  だっておwwwwwwwwwwwww
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


気が済んだ。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.17(Sun) 21:10

2010/01/16(土)みちのくプロレス「新春大会」@矢巾町民総合体育館

夜にもなりますといっそう冷え込むというのに、結構な人が開場待ちしてました。

今回は、宇宙大戦争のDVD、九龍興行のDVD、福袋、佐藤恵デザインの九龍Tシャツ、更に新作パンフレットと売店が充実していました。
試合前のサイン会は珍しくハヤトとラッセが立ちました。すごい行列だと思ったら。ラッセ、みちプロジャージ着てましたよ。

試合開始15分ほど前にパンチさんとマイトさんが登場。物販の宣伝など。マイトさんのM-12の優勝者予想は再度拳王との戦いが見たいという希望も込めてハヤト。パンチさんに「九龍を応援してるの?」と訊かれ「最高コミッショナーですから」とマイトさん。
続けて沼ちゃん登場。昨年は色々あったね?と。M-12は数年ぶりの出場だそうで、最後に出場したのはいつかをお客さんに訊いていました。今回は岩手以外からのお客さんも多いようで、なんとメヒコからのお客さんもいました!沼ちゃんのスペイン語力はといいますと…まっ、大分昔のことですから!
ステージにかかっている企業の垂れ幕、協賛大会でもないのに毎回かかってるのが気になっていましたが、一定枚数のチケットを買っていただいた企業だそうです。
珍しく試合開始時刻になっても喋っていました。
今年も新曲の予定はないそうで、今回も「俺の海」を熱唱。なんだかとてもうまく聴こえた!

選手入場。ハヤトの頭が気になるなあ?。まぐ狼の頭はまた微妙に変わっていました。印象は弁髪にする前の長髪モヒカンと同じ。
挨拶はサスケから。私は何でサスケの挨拶が全く頭に入ってこないんだろう。サインボール投げはすっかり恒例ですね。

1.20分1本勝負
○ヤッペーマン2号(11分30秒、ヤッペーロール)剣舞×

ヤッペーマンのシングルです!初です!もちろん入場もひとり。ひとりだけどキメポーズもバッチリ。
この二人は体格も近いし同じスピードファイターなので、どうなるのか全然予想できませんでした。
もっとガンガン行くかと思ったら、力比べに腕の捻り合いと、意外とオーソドックスな展開。
力では2号の方が上かなと感じましたが、剣舞はトペコンヒーロ・619とおなじみの技を繰り出して2号を追い詰めます。
めまぐるしい上に体勢が複雑すぎてどっちがかけてんのかかけられてんのかわからない丸め込み合戦を2号が制して2号の勝ち。
シングル戦の場数なら圧倒的に剣舞の方が多いのに、タッグ屋の2号に負けてしまうとは…。試合後も握手でお互いを称えあっていたけれど…剣舞は負けん気がありそうだから、くやしかっただろうに、払い除けるくらいして欲しかった。

2.20分1本勝負
新崎人生(4分55秒、無効試合)ヤッペーマン1号

ヤッペーマン1号 対 新崎人生
おや?入場曲が違う…と思ったら、アレンジ違いのヤッターマンのうたでした。1号は2号を伴って入場。2号、くたくた。キメポーズも二人でやって、そのままコーナーに居座る2号。
人生の入場もフルバージョン!
やっぱりレフェリーに注意され、セコンドに下がる2号。
1号、人生に力比べで挑むものの、全然話になりません。ドロップキック4連発でも倒れない人生。逆にコーナートップからのフライングボディアタックを決めて身軽さを見せ付ける人生。
喉輪落としに念仏パワーボムと次々にお見舞いされて、歯が立ちません。
で、やっぱりというかなんというか、2号が試合に介入したー。
マイクを要求する1号、「どう考えたっておかしいだろこのカード!この体格差!」まったくだ。
「第一試合に勝ったし俺もまだまだやれる!」と2号。
「ハンディキャップマッチだ!コミッショナー!」目の前にいる対戦相手兼コミッショナーはあっさりと申し出を了承してハンディキャップマッチで再開。

◆変更再試合
1vs2ハンディキャップ30分1本勝負
ヤッペーマン○1号&2号(3分9秒、今週のビックリドッキリクラッチ)新崎人生×

二人になれば実力も2倍!のはずなのに、トップロープからのプランチャを受け止めるのも、拝み渡りも、逆エビも、全部ふたりまとめてやってのける人生。
二人がかりでもだめかーと思ったら!おお!SOSムーブ!そして二人がかりで丸め込んだー!スリーカウントが入ってしまい、なななんとヤッペーマン1号2号の勝ち。自分で了承しておきながら納得のいかない人生。でも最後はヤッペたちの両手をかかげて退場。
なんかなんかだけどともかくよかったね!

3.30分1本勝負
○拳王(7分24秒、体固め)ken45゜×※右ハイキック

相変わらず猛烈にふてぶてしいken。そして相変わらず猛烈に強そうな拳王。
kenはなんかやらかすんじゃないかと思ったらやらかしてくれました。拳王の顔面に唾を吐きかけて先制攻撃を仕掛けた!なんと屈辱的な!
一旦離れて、「堂々とやろう」というふうに、両手を広げる拳王の動作のモノマネをしておどけてみせるken。これで拳王も怒ってしまったのか、kenを捕らえてヘッドロックでギリギリと絞るとkenの口からは聞いたこともないような悲鳴が。拳王の強烈な攻撃を受けつつも、なんとかお得意の場外に持って行き、しばし乱闘をくり広げ、リングに戻ると拳王に金的攻撃をお見舞い。これが効いたようで、うずくまって腰をたたく拳王。ようやく立ち上がると、もうやってられんとばかりにガンガン蹴りこんでいく拳王。kenは全く反撃できず。これまでのシングル戦同様、ハイキック一蹴で3カウント。
うううーん。今回みたいなファイトスタイルなら仕方ないか。対大柳戦や対バトラーツの矢野選手戦で見せたような試合を期待していたんだけど…。

休憩時間後に、人生から重大発表が!売店からTシャツ姿の人生がリングに。
どきどきして発表を待つ。
「じゃんっ」とパンチさんが広げたのは、新崎人生プロデュース?の徳島ラーメンのお店を3月に仙台に出店するというお知らせでした?。
普通モードで喋る人生さん初めて見ました。「教習所のある通りの…」とか。

続いてメインイベントM-12のルールを休憩時間に剣舞とともにサイン会をしていたヤッペーマン1号2号の実演を交えて説明。
・時間差で90秒ごとにひとりずつ選手が入場する。90秒経つと入場曲が流れます。九龍はみんな同じ曲だけど、そこらへんも楽しんでね。
・オーバーザトップロープルール。とにかく床に体が触れたらダメ。場外への技で落ちても失格。過去にサスケがラ・ケブラーダで失格になりました。
・最後のふたりになったら、オーバーザトップロープにくわえて、3カウント・ギブアップでの決着が認められる。
サブレフェリーにマイトさんが付きます。

4.時間無制限1本勝負
M-12次期東北Jrヘビー級王座挑戦者決定時間差バトルロイヤル
※オーバーザトップロープのみ
<退場順>1フジタ"Jr"ハヤト、2南野タケシ、3ザ・グレート・サスケ、4大間まぐ狼、5気仙沼二郎、6大柳錦也、7ラッセ、8藤田ミノル、9佐藤秀、佐藤恵(同時)
◆決勝
※オーバーザトップロープに通常ルールを追加
○野橋真実(26分48秒、片エビ固め)日向寺塁×
※一斗缶による凶器攻撃
※野橋九龍入り
優勝した野橋は3/13矢巾大会で王者・拳王に挑戦

塁とハヤトからスタート。ハヤトの目が厳しい?!体当たり合戦では負けない塁。しかしキックになるとハヤトです。
追い詰められる塁に早くもピンチが!次に入場してきたのは南野。協力して塁を落とそうとするハヤトと南野。90秒が長く感じられました。ここでハードロックハレルヤが流れたら塁はおわりだーと思ったら流れてきたのはガンズ!しかし中々入場してこないサスケ。客席からも「遅いよ!」の声が。リングインしたサスケは南野を叩いて塁はピンチから脱出。
サスケと南野、ハヤトと塁で続行、人数的には半々。さて次は、ハードロックハレルヤじゃない!と思ったらラッセだーがーん。しかしリングインするや、ハヤトと南野に攻撃されるラッセ。
この時点ではまだ失格者はいません。
次に流れてきたのは、知らない曲だ、藤田ミノル選手の入場!なんかすごく悪そう!でもリング上ではサスケとの連携プレーが光ります。
コーナートップに登ったサスケを藤田ミノルが肩車して、そのままロープサイドまで行って、誰を攻撃するでもなく、バランスを崩して、場外に落ちそうになったり。
…。
さあこっからついていけなくなってまいります!
ここらへんでついに脱落者が!なんと最初に脱落したのはハヤト!びっっっくり!てっきり最初はサスケだとばかり。
ハヤトと入れ替わりでまぐ狼がリングイン。卍丸のときみたいな鯉口シャツ着てますが。
続いて沼二郎先生。もうここまでくると正規軍と九龍のバランスも気になりません。沼ちゃんのヒップアタックは絶好調!
次に脱落したのは南野!先に九龍が二人落ちました。
残りの九龍は。佐藤…どっちだ?秀!秀入場。ちゃんと水ぶちまけてます。
この時点で脱落者は二人だけ。リング内は混乱を極めています。
と、サスケが場外に落ちたあーと思ったら、続くように次から次へと選手が場外へ。オーバーザトップロープルールだというのにリング上に誰も居なくなってしまった。
レフェリーも失格はとらずにしばしそこらじゅうで場外乱闘が繰り広げられます。人数が多くてまったく追えません。退場したハヤトと南野もここぞとばかりに攻撃を加えます。
ハードロックハレルヤということで、九龍の残りひとり、恵が入場。ポールとか色々持ってきたのに、リング上に誰もいなくて一瞬固まる恵。しかしすぐに状況を把握して、場外乱闘に参加。ポールも大活躍。
ところで、黄色い三角コーンをかぶってたのはどなた?
野橋入場時にも場外乱闘は続いていて、これまたゲートから猛ダッシュで滑るようにリングインしたというのに、リング上に誰もおらず、「え?え?」と見回す野橋。
そのうち各々リング上に戻って、やっと試合は元通りに。
意外と奮闘したサスケが退場。
忘れた頃に最後の挑戦者、大柳先輩が入場。体力も気力も満々!ガンガン丸め込む大柳先輩。カウントとらないよ。と他の選手に突っ込まれる大柳先輩。ならばと沼ちゃんにキャメルクラッチをしかけて沼ちゃんも思わず「ギブギブ!」だからギブアップもとらないって。ルールをわかっていない大柳先輩。
と、まぐ狼が退場してしまい、人数的に不利になった九龍。
対峙した正規軍と九龍。
恵が「塁!お前九龍に入れよ!こっち来いよ!」と言うと、塁は「行かないっつってんだろ!」と一蹴。おおお!初めて断りの言葉を口にした!
続けざまに野橋に振るとこれまた「何言ってんだかわかんねえよ」という秀の言うとおり言葉は不明瞭だけどきっぱりと拒否する野橋。
じゃあ、と藤田ミノルに振るとあっさり九龍側についてしまう藤田ミノル。
4対4になったところで試合は再開。ここのパートで、沼二郎、大柳、ラッセ、藤田ミノルが続々と退場。
ラスト四人。佐藤兄弟が揃って残るとは!佐藤兄弟の連携はやばいぞという予感的中、サンドイッチキックなども飛び出し、追い詰められる正規軍。
しかし野橋が兄弟をふたりまとめて場外に叩き落したー!
ラストは野橋対塁!野橋対塁!野橋対塁!
これは…M-12でついに先輩越えか?!という予想が現実になると思われたそのとき。
塁がリングサイドで誰かに足を引っ張られた。
…え?
間髪入れずリング内に青い一斗缶が投げ入れられた。投げ入れたのは恵。当然のようにキャッチする野橋。
そしてまったくためらうことなくそれを塁の脳天に叩きつけた!
そのまま丸め込んでスリーカウント。
あっけにとられるお客さん。
野橋のまわりに集まる九龍の面々。九龍に囲まれて野橋も笑顔。
秀がマイクを持つと「見ての通り、8人目の九龍は野橋だ」
驚きの声があがる会場。
秀からマイクを受け取った野橋は塁に向かって「言ったろう?簡単に人を信用しちゃいけないって」
「おい拳王!いるんだろ!」野橋の呼びかけに売店の方からリングに歩み寄る拳王。
「拳王、いや、大輔」
ロープに手をかけた拳王は今にも飛び込んでいきそう。
「練習をずっと見てやった俺だけがおまえの弱点を知っている。おまえの腰からベルトを剥すのはこの俺だ」
という野橋のマイクを聞きながら、塁が2号になんか言ってるなーとか思ってると、なにやら様子がおかしいことに気付く。
kenがコーナーに座り込んだ体勢でおもいっきりうつむき肩をプルプルと震わせている。まぐ狼も口をかたく結んで必死に視線を逸らしている。ラッセとハヤトなんか完全に頬が緩んでいる。一番ヒドイのは南野!まぐ狼に隠れて表情すら見えないものの、誰よりも肩が大きく動いている。佐藤兄弟は役者だな!
そのせいもあってか、野橋が口を開けば開くほど、会場に笑いが広がっていく。
正規軍の選手が裏切りヒール軍の九龍に寝返ったという、まごうことなきバッドエンドだというのに、どういうことだ!
かくいう私も久しぶりに呼吸困難になりそうなほど笑いました。
しかしただでさえ声の良い野橋、悪人モードだと更に声がよくなりますね!洋画吹き替え声優みたいですわーすてきーというのも笑いを誘う要因のような気が。
ヒールになっても「不滅だー!」でキッチリしめるんですね。そして8人になった九龍で記念撮影。

全試合終了後は、藤田ミノル選手がサイン会に!個人の物販も持ってきてないし、みんな何にサインしてもらうんだろう?と思って見てたら、パンフレットの裏表紙などにサインしてもらってました。なるほど。

いっやー。ミスター正規軍の野橋が九龍入りとは!ホントのホントに1%も思っていませんでしたよ!ていうか、OOGAMANIAどうすんのよ?!次回大会も決定しているというのに!
翌日の仙台大会で塁が裏切るのではないかと…思っていたんです。そもそも仙台大会どうなんの?!ハンディキャップマッチ?
若い日向寺が九龍に行くのは絶対絶対絶対嫌!だったんですけど、野橋の九龍入りは嫌というより、地域密着という立場を考えると、どうすんの?どうなるの?という気持ちの方が強いです。
いやーびっくりした。ほんとにびっくりした。プロレスってほんとにおもしろいわー。
しかしこうなると九龍は本当に9人になるんでしょうね。最後のひとりは誰なんだろう?

九龍入りで大分二の次になってしまいましたが。東北Jrの次期挑戦者が野橋というのは最良の結果だと思います。理由は野橋のマイクの通りですね。塁にも期待していたけれど、まだまだこれから成長するんですから、それからの方が。絶対に面白い。
ただなあ・・・。正規軍として挑戦して欲しかったなあ…。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.01.16(Sat) 23:59

ひと月きってる

みちのくふたり旅2009にも参戦したバトラーツの吉川祐太選手が引退します。

吉川祐太選手のブログ「僕はばちばち進行形」

プロレス観戦を始めてからまだ半年ですが、実際に試合を見た選手が引退するのは初めてです。
正直、ここで語れるほどの思い入れはないのですが、さびしいものですね。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.15(Fri) 23:12

bus?bath?bass?

GARLIC BOYSのドラムがメンバーチェンジしました。
セクサーさんは7年も在籍していたんですね。
ラリーさんが喋ってる後ろでニコニコしているのが印象的でした。

とくに定期的に全国ツアーをするようなバンドの活動が長くなるとメンバーチェンジは当たり前になってしまうけど、ひとりの在籍期間がこんなに長いのは珍しい気がする。

バイオグラフィーによると、
1993年までは流動的で、

前々任ドラムのコバヤンは
1989-2002で14年。

前任ベースのKYOさんは
1993-2006で14年。

前任ドラムのセクサーさんは
2003-2009で7年。

現ベースのペッシンは
2006-で5年目。

ペッシンは若いから当てはまらないかもしれないけど、
若い人を入れないのが長続きしてる理由なのかなあ。
あらかじめバンド活動が長年の生活サイクルに組み込まれている人というか。
やっぱ若いと3年もやれば将来のことを考え直したりすると思うし。

新しいドラムのSHINさんも写真を見るにあまり若くなさそう。
SHINさんにも長く在籍して欲しいなあ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.13(Wed) 22:27

球が止まって見える

あからさまな違法アップロード動画は取り上げたくないんですが…あんまりにもあんまりだったので。
(取り上げないからといって見てないかと思ったら大間違いだ!あたしゃそこまで人間できていませんよ)

えべっさんとくいしんぼう仮面のはやすぎてゆっくりに見える攻防。
http://www.youtube.com/watch?v=AbTquDWOTWU

実況付き
http://www.youtube.com/watch?v=Mp7plD5JeRM

面白すぎて何回も見てしまった。あぶなーい(棒読み)。
シャイニングウィザードってああやるんだ。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.12(Tue) 23:25

解散するんだからいいと思って

仙台のバンドといえばで真っ先に名前が思い浮かぶN.E.S.もついに解散かー。
10年くらい前に1度だけライブ見たなあ。そしてなぜか1枚だけCD持ってます。
あのライブは忘れられんよ。別に好きでもないのになんで忘れられないかといいますと!
下手側の一番前で見てたんですけどね。
ライブ中にベースの人が私の隣に居た女性(多分彼女)とイチャコラしてんだもんよ。
おっぱいさわって「やだーもー(はあと)」とかもう(以下自主規制
(ライブ中にステージとフロアでどうやってと思われましょうが本当の話なのだから仕方がない)
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.11(Mon) 22:22

矢巾?矢幅?

観戦記一覧を追加しました。各観戦記へのリンクを張りました。
サイドメニューのカテゴリーの「観戦記一覧」からどうぞ。

みちのくプロレス矢巾大会のカードが発表されました。
M-12の他3試合予定なのに人数足りないからおかしいと思ってたら!
ヤッペーマン1号2号のシングルマッチとは!
スピードファイター対決の剣舞対2号楽しみだなー。
1号は人生とか…が、がんばってね!
珍しいカードの中でも一番楽しみなのは実は拳王対kenだったりする。
kenはこれまでの拳王のシングルマッチみたいに5分以内じゃあ終わらないような気がする。
一筋縄では行かないような気がする。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.10(Sun) 22:58

そもそも中の人を知らなかった

アメトークのゴールデンプロレスなんたら見ました。
相変わらず勉強になる番組です。神無月さんの喋り方にオオウケしてる出演者がうらやましい。
でもところどころ懐かしいんだよね。蝶野対武藤とか辻アナとか。なのに神無月さんの(ry
いかに当時茫漠と見ていたかってことですよ。
つい最近ビデオで大昔の対サスケ戦を見たばかりなので大谷選手老けたなあーと思いました。
ホントに今はチビッコがプロレスに触れる機会というかきっかけがないんだよね。生で見るしか手段が無いってのはキツイよなあ。そりゃ生で見るのが一番だけど、いきなり生で見るしかないというのは、壁が高すぎる。

他のコーナーも少し見たのですが…。知り合いが一人もいない飲みの席に投げ込まれた気分になりました。面白エピソードを披露しているということはわかるんですが、いかんせん、その場にいる人のことを知らないので、面白いともつまらないとも思わないんですよ。ただひたすら「フーン」って完全に蚊帳の外。
そういえば私はある時期からのダウンタウンDXが大嫌いだったということを思い出した。
いわゆる「芸能人をひな壇に並べて内輪話で盛り上がっている様子を延々と垂れ流す」ってやつですな。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.09(Sat) 22:54

ネットプロレス大賞2009投票

ネットプロレス大賞2009

ネットプロレス大賞2009に投票します。
おでかけ情報?プロレス編?
コチラの投票結果の偏りっぷりに勇気づけられて投票することにしました。

全部みちのくプロレスです!

MVP:
1位=フジタ"Jr"ハヤト
2位=拳王
3位=ザ・グレート・サスケ

ベストマッチ:
1位=09月05日 みちのくプロレス@矢巾町民総合体育館・拳王対フジタ"Jr"ハヤト
2位=11月08日 みちのくプロレス@岩手県営体育館・日向寺塁対南野タケシ
3位=棄権

最優秀タッグチーム:
1位=ヤッペーマン1号2号
2位=佐藤兄弟
3位=南野タケシ、大間まぐ狼

新人賞:
1位=拳王
2位=日向寺塁

最優秀興行:
1位=11月23日 みちのくプロレス@湯沢市皆瀬体育館
2位=12月12日 みちのくプロレス@後楽園ホール
3位=10月03日 みちのくプロレス九龍プロデュース大会@新木場ファーストリング

最優秀団体:
棄権

最優秀マスメディア:
1位=アメトーーーーク「俺達のプロレスオールスター戦」
2位=東スポプロレス大賞2009
3位=kamipro Special 2009 SPRING

ブログ名:未聴CDはゼロにはならない
URL:http://yo09custum.blog8.fc2.com/
ハンドルネーム:nisui

投票は以上です。

MVP:
厳密には2008年末からだけど、戴冠→初防衛→リーグ優勝→王座転落とこの1年で栄光と挫折を味わったハヤトに1票。外部での活躍も嬉しい限り。
サスケと拳王の順位で迷ったけど、新世代に期待して拳王を2位にしました。独走状態のハヤトの前に圧倒的な強さでたちはだかる拳王の存在は面白い。
考えてみたら私はランディコスチュームじゃないサスケを3回しか見たことない。

ベストマッチ:
ここらへんについては、過去記事(コチラ)を参照願いたし。
3位は棄権します。あれは入れられない。

最優秀タッグチーム:
佐藤兄弟は他の人も投票してくれるだろうからあえて外して、
各地ですばらしいやられっぷりを披露してくれたヤッペに1票。
南野まぐ狼は戴冠したけどこれからに期待。

新人賞:
拳王以外に誰がいると。凱旋一戦目で戴冠のインパクトに勝るものなし。
ハヤトや拳王と違ってスカウト入団じゃない塁のがんばりは嬉しい。勝ち星も取れるようになってきたし、是非ベルト戦線に絡んでほしい。
マイトさんは該当するらしいけれど、レフェリーでしか見たことがないので。

最優秀興行:
無料でありながら本体興行の皆瀬大会。中々来ないお客さん、もちまき、ジャンケン大会、大人だらけのプロレス教室、ジャンケン大会、もちまき、社長タッグ、屋台村での屋外乱闘、熱々のおでん、トイレットペーパー…とにかくすごかったです。
後楽園は、なんといっても鉄腕!てーつーわん!てーつーわん!セミもメインも正規軍が勝ったのにバッドエンドムード漂う不思議な大会でした。
九龍プロデュース大会は、増殖ラッセとか、小悪党ヤッペとか、ユニット内タッグ戦とか、普通じゃ見られないカードばかりで面白かったです。

最優秀団体:
みちプロ一択なのでさすがに棄権します。

最優秀マスメディア:
1位と2位は○○さんと同じですってことで。
3位のkamipro。ライオネス飛鳥と谷津嘉章のインタビューは3回くらい読んだ。

以上!
プロレス | CM(0) | TB(0) 2010.01.08(Fri) 21:59

中身が見えると途端に買う気が失せる

昔CULT OF PERSONALITYの福袋を買ったことを思い出した!
ベーシックな赤い福袋で届いたのにはびっくりしたというか笑った。
中身は、福袋用の新作ビデオ・旧作ビデオ・Tシャツ・昔のデモテープ・新曲のデモCDだったかな。
これが運の悪いことに旧作ビデオもTシャツも持ってたんだよなあー。
しかもTシャツサイズ合わないし。しかもしかもデザインがイマイチすぎると思ってたのだったし。やっぱり売れ残ったのか。(どれかはヒミツ)
この福袋、AとBがあって内容が違うとのことだったので、違うのを選んだらTシャツもビデオも違ったんだろうか?

ああやっぱりいい思い出がない!

一番ハズレないのはミスドの福袋ですね。
グッズがどんなに気に入らなくてもドーナツ引換券で元が取れる。
そして私は今年も冒険をすることなく終わるのであった…。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.07(Thu) 21:54

袋の中身、プラスレス。

みちのくプロレスの福袋…ああすごく気になる。
「欲しい」と書かないのは福袋にいい思い出がないからだ!
みちプログッズなんかなんにも持ってないし、DVDも九龍興行しか持ってないし、ビデオも古いのを何本かしか持ってないし、くじやっても4等ばっかりだし…。でもポートレートはあっても困らないし。
だからDVDの1枚でも入ってればそれだけで元取れるんですけどね。
問題はTシャツだよなあ。運良くジャージとかコスチュームとか当たってもなあ。沼二郎先生や大柳先輩の黒パンとか当たったらどきどきしちゃうよなあ…。
なんだろう、こう、かさの小さそうなのを狙えばいいんだろうか。

プロレス福袋で検索したらなかなか笑える。新日本…。さすがメジャー団体。
大日本のはすごいっすねー。興行権て。日本全国どこでも最低限会場だけ用意すりゃいいって相当太っ腹だよ。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2010.01.06(Wed) 22:12

野鳥研究会

大晦日は紅白です。

思いがけずFUZZY CONTROLが見れました。
あのカメラワークじゃあ人気に火が付くこともなかろうよ…。

母はNHK歌謡コンサート大好きなくせに演歌勢が出るたびに
「なんで今年はヒット曲もないのにこの人が出れるの」と若者のようなことを言います。

例に漏れずflumpoolは私も知りません。

何で大江裕くんが出ないんだ。

白鵬が眠そうでした。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.05(Tue) 21:53

2010/1/3(日)みちのくプロレス「激アツバトル!新春みちのくプロレス?笑う門には福来たる?」@横手市秋田ふるさと村ドーム劇場

豪雪!吹雪!
会場のつくりからシアター形式になるかと思いましたが、ステージ前にスペースがあるので、そこにリングを置いてステージを客席にして四方から観戦するというこれまでにない形式。座る場所によって目線の高さがバラバラです。

試合開始前、練習生君たちがパンフレットやカレンダーを持って客席を売り歩いていました。がんばれー。
定刻10分程前にパンチさんが登場。「今年は秋田を中心に活動したいと思います。嘘です。スケジュール知りません」続けて沼ちゃんの歌。聴き初めです。
定刻、選手入場。花道はステージ。おお、ハヤトの髪型が変わってる。まぐ狼も微妙に変わってる。挨拶はサスケ。珍しく挨拶が始まっても九龍がリングにいました。サインボール投げ。試合開始。

1.20分1本勝負
〇日向寺塁(10:08逆エビ固め)剣舞×

終始塁ペースでした。剣舞はトペコンや619を出したものの当たりはイマイチ。
塁はダイビングエルボーくらいしか大技は出さなかったけれど、逆エビ固めをガッチリ決めてエスケープさせずにタップを奪いました。
しかしあらためて見ると体格差がすごい。
そんなパワーファイターが相手でもガンガンぶつかっていく剣舞の心意気が好きです。

2.20分1本勝負
〇大間まぐ狼(11:19体固め)精霊×※卍落とし

すっかりレアキャラな精霊。ジュワッと登場。精霊は喋らないのかと思ってたんですけど、そんなことはない…のかな?というのも、ごく序盤は喋ってなかったような気がしたんだけど、普通に「よっしゃ行くぞー」とか言ったので。
そんなことを意識していたからか、逆にまぐ狼が全く声を出さないことに気付きました。呼吸すら聞こえない。びっくり。むしろまぐ狼の方が精霊に向いてるんじゃ…。
試合はやる気満々で空回り気味の精霊をまぐ狼が冷め気味にかつ的確に迎撃していくといったところでしょうか。
まぐ狼って他の九龍の面々に隠れがちでイマイチ強いイメージが無かったんだけど、精霊とじゃ打撃の威力が全然違いますね。精霊の見事なやられっぷりはキャラなのかと思っていたけれど、あながちそうでもないような気がしました。
いやー。今回も見事でしたよ。かなりむちゃくちゃな逆エビ固めから必死にエスケープしたり、お客さんを煽るのに夢中になってコーナートップから蹴落とされたり。最後も卍落としをきっちり食らってピン。
最後の最後のスピーディーな攻防は良かったけれど、正直なところ、精霊とまぐ狼の温度差にこれはいわゆる「手の合わない試合」というやつなのだろうか?と思ってしまいました。どうにももどかしかったです。でも入場時退場時と自ら拍手を煽ったまぐ狼に精一杯のコミカルさを感じました。

パワーファイター対スピードファイターのシングルマッチが2試合続いたので、せっかく精霊が参戦したことですし、精霊対剣舞のスピードファイター対決にまぐ狼対塁のパワーファイター対決が見たかったです。

3.30分1本勝負
〇気仙沼二郎(25:52片エビ固め)ザグレートサスケ×※気仙沼落とし

なんと珍しいカード!
1回目の力比べは沼ちゃんの勝ち、2回目の力比べはサスケの勝ち。そして間接の取り合いへ。
両肘両膝にサポーターを付けているサスケは満身創痍の様相。沼ちゃん、容赦なく攻めます。
体当たり合戦では何故かサスケ社長に沼ちゃんが「走れ!」と命令している。
と、ベテランらしいじっくりゴツゴツな試合が見れると思ったんですけどね!
なんといっとてもサスケです!場外に落ちたら誰も止められません。
抽選会の景品の紙袋にリング下からぞうきんの入ったバケツや盛り塩(ばちあたり!)を取り出しては次々にリングに投げ入れます。
沼ちゃんもリングアウトするとそのまま客席の後方まで行って乱闘。
サスケは会場備品の車椅子を持ち出し、それでどうやって攻撃するかというと、なぜが自ら座って自力で移動。もちろん普通に歩く方が早いのでちっとも攻撃にならない。
その後もお客さんの上着でチョークしたり、空席に座って休んだりと奇行が目立ちます。やっと場外カウントが始まり(もちろん1から)、ようやく客席から立ち上がったサスケの背中には「SS席」の貼り紙が(笑)。
やっと両者リングインしてまともな展開に。ヒップアタックに頭突きと沼ちゃんペース。しかし気仙沼落としは決まらず、サスケはサスケでラムジャムをよけられる。ところがサスケがラ・ケブラーダを敢行!沼ちゃんピンチか?!と思いましたが、プロレスラブポーズからのシャイニングウィザード(銀鱗でなくて)を当て、2度目の気仙沼落としをバッチリ決めて3カウント。
沼ちゃんがサスケに勝ったあああああああ!これは、すごい結果なのでは?!いやびっくりです。
しかしこの内容で15分程度に収まってれば良かったんですけどね、20分以上もやりましたからね!さすがにゲンナリしてしまいました。ホントに決着しないかと思いましたよ。でも沼ちゃんがめちゃくちゃかっこよかったからいいです。

4.30分1本勝負
〇拳王、野橋真実(12:11体固め)フジタjrハヤト、ラッセ×※ハイキック

新世代対決。タッグマッチとはいえ拳王対ハヤトはタイトルマッチ後初なので期待も高まります。
9月と12月の間にも何度かタッグマッチでの拳王対ハヤトはありましたが。うーん。流れとしては大して変わってないかなあ。拳王はなかなかリングに入れず、拳王のパートナーが捕まって、場外で拳王とハヤトがバチバチ。
ラッセのパートナーに野橋がトペスイシーダを敢行してその間に拳王がラッセにハイキック一蹴という結末も前回のアルヴェ大会と同じではないか!
でもエプロンで控えているハヤトの行動にほほうと思った。
ラッセに追い詰められている野橋を助けようとロープに片足をかけて今にも飛び出しそうな拳王をちゃんと見ろとレフェリーに指摘して、レフェリーの目が拳王に向いている間にリングインして二人がかりで野橋を攻撃したり、野橋がロープワークしている最中にエプロンから背中にバシンと蹴りを入れたり。
しかし顔面掻き毟りを2回もしたのにブーイングが飛ばないのには思わずハヤトも「おまえら野橋を応援しろ!のーはーし!のーはーし!」と煽る始末。
珍しくヒールっぽいハヤトにムフフンと思ってたのに、試合後にリング上から客席に手を合わせて「すいませんでした」はないよ?。そういう行動が「九龍のベビー化」と言われてしまう所以か。拍手も拳王と野橋が退場したときより大きいし。
んで拳王。試合後に野橋と握手。野橋はきっちり両手で礼もしているのに拳王は片手。どっちが先輩かわかんねえよ!今年も拳王は相変わらずで安心しました!

休憩前にみちプログッズが当たる抽選会。入場時に渡された抽選券を手に発表を待ちます。
抽選&プレゼンターはパンチさん。
最初の5名にはみちプロカレンダーと巨人軍のクルーン選手じゃなくて九龍のタオルをプレゼント。残りの5名にはみちプロカレンダーと九龍のタオルって同じじゃんと思いきやこちらにはみちプロTシャツが付きます。
更に1名にメインイベントのバトルロイヤル勝利者との記念撮影をプレゼント!これはバトルロイヤル終了後に抽選ということで、休憩。

5.全選手参加新春バトルロイヤル
〇剣舞(8:17オーバーザトップロープ)精霊×
退場順番 サスケ 塁 拳王 ハヤト 沼二郎 野橋 まぐ狼 ラッセ

実は第5試合があるのを知らなかったのです…。トクした気分。
全選手入場。全員が入場する間、青コーナーでラッセにげしげしと蹴りを入れるハヤトとまぐ狼。仲いいなあ。
即ゴング。各々相手を見つけてバトル。なぜかまぐ狼とラッセの組み合わせになってしまい、まぐ狼「…」ラッセ「や、やめようよ」という雰囲気の二人。そしてやはりあぶれる剣舞。
まず最初に大きく動いたのはサスケ!精霊にエビ固めを決めてカウントが入ると全員でサスケをひっくり返して押さえつけて3カウント。サスケ退場。
その後、いつの間にか塁がステージ側に落ちていました。塁退場。
完全に二人の世界の拳王とハヤト。激しくやり合ってるうちにロープまで寄ったところをたかられて二人まるごと落とされる。拳王・ハヤト退場。
頭を脚で絞める数珠繋ぎのお決まりのムーブももちろん登場。沼先生、まぐ狼にかけるか野橋を返すか迷って野橋を返しました。
残り少なくなってきたところで剣舞と精霊は協力してまず沼先生を落とします。両手でハイタッチする姿がなんとも愛らしい。
更にまぐ狼と野橋をシンメトリーで同時に丸め込んでカウントを奪うと、ラッセ丸無視でエプロンでの激しい攻防がスタート!よくあんなせまいスペースでと感心します。完全に蚊帳の外のラッセ。しかしこれはチャンスとエプロンにいるふたりを同時に叩き落そうと試みるものの、そのままオーバーザトップロープで退場。
何事も無かったかのようにエプロンでの攻防は続行。制したのは剣舞でした。おお!皆瀬大会に引き続きじゃないですか!おめでとう!
勝利者剣舞の手によって抽選が行われ、当選者は勝利者の剣舞とだけでなく、正規軍全員との記念撮影になりました。

最後はサスケが再び挨拶をしてシメ。
新春大会無事終了?。
全試合終了後のサイン会は九龍の三人。
精霊はあの格好のまま撤収してました。剣舞は上だけは着替えるのでね。ちょっとびっくりしました。

第三試合までは、なんというか、何度も見てるとこういうこともあるんだなあと思っていたのですが、終わってみれば楽しい大会でした。チビッコの声援も多かったし!正規軍ファンのチビッコを見るとホッとします。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2010.01.03(Sun) 23:59

あけましておめでとうございます

今年もいい音楽たくさん聴けますように。
プロレスいっぱい観れますように。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2010.01.01(Fri) 22:25
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード