« 2009 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009/10/4(日)DDT「CRUISER'S GAME-8TH」@新宿FACE

せっかくなのでなにかないかなと思ったらありました!しかしかも本興行ではないといえDDT!
というわけで行ってまいりました。

二日前にぴあでチケットを買おうとしたら販売終了。がーん。
当日のみの立ち見券も出るということでとりあえず会場へ。ビルのエレベーターに「新宿FACE(に止まるの)は10:30からです」の貼紙がしてあるというのに、いざボタンを押すと「その階には止まりません」どうなってんの?と思ってるとしばらくして係の者が登場。無事チケット買えました。

会場はライブハウスですね。しっかりドリンク代徴収されました。
売店はホールの外。ひとだかりができていて、なんだ?と思ったらおお、外国人レスラーだ!
ホール内は、南が正面。入場ゲートは南下手以外かな?立見席は南の後方。指定席の南6列目は鬼門。ここだけ前列との段差がない。6列目だけガラッと空いていた理由はこれでした。
さすがに音響が良い。

ほぼ定刻に試合開始。リングアナウンサーは野橋選手の唯一のお友達という味方冬樹さん。小指が立ってます。

全選手入場。
よく知っている選手はヤッ…じゃなくてSOSのみ。あとは名前と顔が一致している選手がチラホラ、名前だけ知ってる選手がチラホラ、初めて聞く名前の選手がチラホラ…。
大会プロデューサーのMIKAMI選手から挨拶があって試合開始。

▼1st.GAME 15分一本勝負
○ 安部行洋(勝ち点2→4) vs ササキアンドガッバーナ●(勝ち点4→4)
<7分50秒 安部☆自演乙☆クラッチ>
リーグ戦だそうで、そういえば壁に星取表がありました。
レフェリーは松井さん。見たことあるぞ!安部選手はアニメソングっぽい曲で入場。精霊で覚えたけど、あのコスチュームはエヴァンゲリオン初号機ですね。
ササキ選手に紙テープが飛ばなかったということはヒールでしょうか?
スピーディーな試合でした。安部選手が勝ったのですが、お客さんの反応を見るに、金星だったようです。

▼2nd.GAME 30分一本勝負
MAZADA&○植松寿絵 vs マサ高梨&チェリー●
<12分57秒 ドラゴンスープレックスホールド>
高梨選手知ってるぞ!男色ディーノの弟子だっけ?
チェリー選手のコスチューム、ロングパンタロンで一見そんなに露出度高いように見えないのですが、そのロングパンタロンのバックが…!!!
対するMAZADA選手には邪気眼・植松選手にはツノ(?)と、ふたりともとーってわかりやすいヒール然としたルックス。
女子プロレスラーを見るのも初めてなら男女混合タッグを見るのも初めてです。
これが予想以上にコミカルでした。本来ならばタッチロープを掴んでコーナーで待機しなければならないのに(初めて知った。ルチャ源流のみちプロには無いそうで)タッチロープごと勝手に移動したり解いたりまた結んだりと忙しい。チェリー選手にボコボコに蹴られてどんどんイイカオになっていくMAZADA選手には笑わされました。
コミカルなだけでなく、チェリー選手の髪を毟ったりと悪行もバッチリ。高梨選手は高梨選手で「ブサイクー!」と叫びながら植松選手を蹴ってましたが。ヒドイです。
悪い人が勝ちましたが、イヤな気分にはなりませんでした。おもしろかったー。

余談ですが、翌日のNHKのお昼の番組のご当地プロレス特集に出演していた植松選手のおだやか?な表情を見て、ますます好感度がアップしてしまいました。

▼3rd.GAME 30分一本勝負
KUDO&○美月凛音&ダイナスティ vs 怨霊&忍&THE101●
<13分05秒 バズソーキック>
怨霊だ怨霊!忍だ忍!666だ!メンズクラブだ!ピンクの殺害Tシャツかわいい。
美月選手が投げたバラは女性客経由で小さな女の子の手に渡りました。やさしいなあ。んでこの小さな女の子、怨霊選手を見てボソッと「こなおおすぎ」。まわりのお客さんクスクス。
KUDO選手と忍選手以外はイロモノなルックスだけど試合はしっかりしてました。とくに美月選手の空中殺法にビックリ!THE101はギミックの関係上アレでしたが。でも笑えた。ずるいなー。

▼4th.GAME 30分一本勝負
大石真翔&旭志織 vs ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀 vs 飯伏幸太&円華
<30分00秒 時間切れ引き分け>
さてSOSの出番です!しょっちゅう見てるのに初めてってなんかへんなかんじ!
もうひとつのお楽しみはDDTのエース・飯伏選手ですよ!
各タッグともコスチュームが揃ってて見た目にも楽しい。飯伏・円華組はこの日のために?揃えたようでOPG(俺たちプロレス軍団)コールが。
3WAYタッグは途中で混乱するところが面白いです。パートナーを間違えたり、味方のはずが一緒になって攻撃したり。
えらい和気藹々とした試合に大丈夫か?と思いましたが、終盤の展開はすごかったです!
千賀が中々タッチできなくてこのままやられてしまうのかと思いましたが、壮絶なカット合戦の末に時間切れ。
「3WAYじゃなくてちゃんと2対2でやろう」と誓い合ったのでした。
なんだかオースギと飯伏選手の出番がやけに少なかったような…。

SOSと某正義?のヒーローってコスチュームが違うだけでやってることは何ひとつ変わらないんですね。どうりで正義?のヒーローのはずなのに「死ねー!」なんて言うわけだ。
しかしこうもまともに渡り合ってるのを見ると…某タッグトーナメントに期待しちゃうじゃないですか!

▼MAIN-GAME 時間無制限一本勝負
○MIKAMI&木高イサミ vs サブゥー&NOSAWA論外●
<18分24秒 スク?ルボ?イ>
前にプロレス会場でBALZACのTシャツを着てる人を見て「?」と思ったのですが、東京愚連隊というヒールユニットのコスチュームなんですね。
外国人レスラー初めて見ました!やっぱ体の厚みが違いますなあー。
ラダーを見るとどうしても「自爆」の二文字が浮かんできます。
サブゥー・NOSAWA組は素晴らしいヒールっぷり!全員あまり知らない選手なのでどちらを応援するともなく見ていたのですが、いつの間にかMIKAMI選手を応援していましたからね!MIKAMI選手が勝ったときは本当に「良かった!」と思いました。
しかしまさかあんな凄まじい流血を見るとは…木高選手がデスマッチファイターだってのは知ってたけど…。

後から知ったのですが、因縁の対決だったようですね。観戦記漁っててちょっと感動してしまいました。
あらためて、本当に勝って良かった!

最後はプロデューサーのMIKAMI選手の挨拶でシメ。
「みなさんが一人でもいる限りプロレスは永久に不滅だー!」

終了後、入り口でオースギが紅白プロレスのチラシを配ってたので握手してもらいました。売店には大鷲透選手がいました。営業ですね。びっっっくりしたのがダンプ松本選手ですよ!や、ホラ、有名人じゃないですか!イナカモンには刺激が!冷静に考えたら夜が極悪同盟の興行だから居たんでしょうけど。やっぱり東京にはゆうめいじんが!

いやー面白かったです!ろくな予備知識もなく見たけど本当に楽しめました。自分はきちんとプロレスを見てるんだということも確認できました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.04(Sun) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード