« 2009 . 10 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

久々に勢いで

>もうご存知の方も多いのですが“SPANAM”というバンドでベース弾くことになりました
★MK-ULTRA★

うおおおおおおおおおおおおおお!
ついに!ついに!大決定!(アサヤン風に)
で。どなた?と思ったら、マイナーリーグのベーシストのようですね。
4バンド掛け持ちかー。これじゃあ以前みたいなツアー活動は期待できないかなー。

>何処まで持つかな(汗)
いや、あの、そういう気持ちでは困るんですけど…。
ってあれ?もしかして正式加入じゃなくない?
でも活動がパーマネントになるんだからいいよ!

>この日のベーシストはオリジナルメンバーでもあるヤシさんがサポートでカムバック
おっと!これは!昔からのファンには嬉しいサプライズでは?!
私はヤシさん在籍時のライブは数回しか見たことがないなあ。でも数回見てるのか。2回だと思ってた。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.30(Fri) 08:39

夜興行だと思ってた

11月8日岩手県営体育館最新グッズ情報
みちのくプロレス公式

いや、あの、Tシャツとかタオルとかはいいからさ!
なんでそんなに九龍グッズばっか作ってDVDは売ってくれないのよ?!
でもノスタルジックツアーとかサスケ20周年とかのDVDは限定500枚で捌けてないんだよね?そんなもんなのかなあ。
500枚はともかくとして、100枚なんていったら、DVD目当てのお客さんが列をなして試合開始前にソッコーで売り切れるような絵しか浮かんでこないんだが。
公式掲示板にもとくに要望とか書き込まれてないし、みんなあんまり興味ないんだろうか。ひとり大騒ぎかちくしょう。

新作パンフレットがやっと出るよ!もうボロボロだよ!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.10.29(Thu) 22:44

供給に需要が追いつかない

SPACE STREAKINGS「初恋」
これは。当たり。こういうのはあまり聴いたことがない。
すごいガチャガチャしてる。リズムは打ち込みかな?編成もよくわからない。
NUKEY PIKESとかMELONMANとかBACK DROP BOMBとか聴いてても思うけど、うるさい曲にサックスは合う。
どういう人たちなんだろう?検索してもよくわかんない。メンバーにKARATE CONDORという人がいるけど空手コンドルとは無関係?

QUADROPHONIA「COSMIC JAM」
うわーん!はずれたー!ジュリアナでかかってそうなあんな感じの。がっくし。
これだからジャケ買いは…
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.28(Wed) 22:29

逆の方向で思い切ってる

九龍プロデュース大会がDVDとして発売決定
みちのくプロレス公式

えええええええええええ他の会場でも売ってよおおおおおおおおおおお
と言うのは簡単だけど、後楽園大会に来てくれた人だけの特典ってことだよね。
よし、後楽園大会が終わってから声高に叫ぼう。

…ど、どなたか買ってきてくださらんかのう…
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.10.27(Tue) 21:49

耳コピしたい(歌詞を)

MUSHAxKUSHA「一発やらせろ!」
買う買う言って九割買わないけど本当に買いましたよ。
曲数の割にはあっさり聴けました。
「ドウシタエェ」がそのまんまで逆になんでこのタイミングで再録したのかが謎。
梅ちゃん韻踏みまくってるなあー。梅ラップとか…舌回らなそう。
MxKってライブ見てる間はメタルだと思ってるのに、しばらくしてから曲を思い出すと、あれ?メタルだっけ?と思うんだけど、CD聴いたらあれ?メタルだっけ?と思いました。なんか…印象が全然違うんですよ。「録音技術が追いついていない」という常套句がありますがそうでなくて、「梅ちゃんがいないからだよ」という美談でもなくて。単純に音の作り方の問題なのかな?
あと梅ちゃんって本当にギター弾けないんですね。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.26(Mon) 21:52

マソソソ仮面

「ガチ☆ボーイ」見ました。
ハヤト(ホストみたいな頭…)がひとっっっっことも喋らなかった!
ハヤトって細いと思ってたんですけど、まったくもってそんなことないですね。
シーラカンズの喋る方もかなりいい体してましたけど、みっしり感がない。
ハヤトもきっちりとレスラー体型なんだなと思い直しました。
…とか思ってたんですけど。(これ書いたの大分前なので。)
この頃から比べると随分痩せたなーと更に思い直してしまいました。
野橋は名演技?。
SOSの二人がどこに出てるかわからなくて、検索しても出てこないので探しました。
多分ですけど、シーラカンズのビデオの中での対戦相手がそうかと。
一人目が千賀で二人目がオースギ。あの背中は素人じゃない。
ファンの人鑑定願いまーす。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.10.25(Sun) 20:47

買う買う詐欺

最近買ったCD

1.クールス「究極のベスト!」
2.DECAY「CRUSADE」
3.FYPandCHANIWA「LET'S ALL GO SIDEWALK SURFIN' WITH」
4.MUSHAxKUSHA「一発やらせろ!」

1.なんつータイトルと思ったら近年発売された企画モノの総称ですか。
2.アルバムがあと1枚出ているはずなのだが…
3.CHANIWAは完全に集めちゃってるなあ。そんなに聴かないのにね。
4.買う買う言って買わない私がホントに買いましたよ。これ店頭で予約するのいやだなあ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.23(Fri) 21:47

ファイナルデッドショッピングモール

ファイナルデッドサーキットのエンドロールの曲がめーちゃーくーちゃーかっこいい!
シリーズ通してのテーマ曲のロックバージョンらしいんだけど、ラストシーンからの入り方がとにかくかっこよくてウヒャー!って感じでした。DVD出たらあそこだけ何度も何度も見てしまいそう。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.21(Wed) 23:24

そういうのは通常のライブでやってくれ

LOUD PARK09のレポ見てると、OUTRAGEのセットリストを「マンネリ」と書いている人がチラホラいるけれど、私はフェスのセットリストは鉄板に限ると思っています。
フェスなんてファンよりファンじゃない人の方が圧倒的に多いに決まってるもの。ファンじゃない人が聴きたい曲なんて限られてるし、「マンネリ」とガッカリする人より「知ってる曲いっぱいやってくれた!」と喜ぶ人の方が絶対に多いんだから、そりゃあーファンじゃない人にサービスしてアピールすべきですよ。
「たくさんの人に今の自分達を知って欲しい」という気持ちもわかりますけどねえ。最新曲は1、2曲挟む程度でいいと思うんですけどねえ。
WRENCHくらい徹底されてると(というほど徹底されていない気もするけど)仕方がないの域ですが…。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.20(Tue) 21:53

前面対抗戦

仙台!東北タッグ選手権に宇宙大戦争!ロビンさん!
タッグベルト、これで南野まぐ狼が獲っちゃったら順風満帆すぎやしないかい?
とも思うけど、そもそも沼先生と大柳先輩はタッグ屋じゃないしなあ。
ここはひとつ勢いに乗って!
それと初めて見る名前の選手が…梶原慧選手?どんな選手だろう?

ラッセはいいとして、いい加減拳王の写真どうにかしてやってくださいまじで別人すぎるから。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.10.19(Mon) 21:21

2009/10/17(土)みちのくプロレス「タッグトーナメント・みちのくふたり旅2009」決勝@滝沢村総合体育館

決勝です!無料です!ということで、開場から30分程度でもう右側のゴザシートしか余裕がない状態。試合開始までにはゴザシートからあふれるくらいの大入りでした。
会場はだだっぴろい体育館。入り口側が正面。花道はその両脇。ステージが来賓席。2階席は解放せず。

試合前に歌手の太田代将孝さんのリングをステージにしたソロライブがありました。ご本人のプロレスラーと言われてもわからないような風貌に「えっ?この人が?」と思ってしまいましたが、たいへんな美声でございました。
ご本人がプロレスファンでみちプロとも交流があるらしく、なんでも湯浅和也選手の入場曲を手がけたとか。
大田代さん「湯浅選手どこに行ってしまったんでしょうね?」沼先生「ねー?」湯浅選手ってシー…ぐむむ
先日の九龍興行にもいらしていたようで「沼二郎さんが拳王にボコボコに蹴られた日」と言っていて失礼ながら笑ってしまいました。
沼二郎先生もステージにあがって大田代さんの伴奏をバックに「涙そうそう」を歌いました。1番沼先生、2番大田代さんでしたが、やはり餅は餅屋ですな?。

試合に先立って主催者と村長からの挨拶、協賛各社の紹介などなど、無料興行らしい手順を踏んで、やっと沼二郎さんの歌。「強制的に聴かされますので」
それから全選手入場、記念撮影、挨拶はサスケ、サインボール投げ。で、試合開始。

1.20分1本勝負
○吉川祐太(7分29秒、飛びつき腕十字固め)剣舞×
スタイルの全く違う二人のシングル。剣舞、あっさりやられてしまったという印象でした。うむむむ。でも声援たくさん飛んでましたね。
それに試合後は吉川選手の握手に応えハグで称えあっていましたから、なにか得るものがあったのだと思います。

2.20分1本勝負
○ken45゜(9分23秒、体固め)矢野啓太×※ブレイク・ザ・ハンマー
矢野選手はヒールだという情報を得てからとても楽しみにしていたカード。
試合開始直後から、矢野選手の視線はkenのトサカに…やっぱり掴んだ!「いだだだだだ」と言ってレフェリーに抗議するken。矢野選手、ワックスが付いたのか、放した掌をマットにこすりつけていました。
この試合は金的攻撃合戦につきますね。レフェリーの佐渡さんまで餌食に。
ヒールとしてはやはりkenの方がわかりやすい。指に噛み付いたり。
しかし九龍ファンはアツイですなあー。応援旗やのぼりまで掲げて、kenの煽りにもブーイングじゃなくて大声援ですもの。正規軍にもこういうアツイファンはいないものかしら。
結局矢野選手は今シリーズでは結果を残せませんでした。が、矢野選手、良いです。攻撃的で。

3.30分1本勝負
○大柳錦也&新崎人生(10分09秒、卍固め)ヤッペーマン1号&2号×
人生の入場はいつ見てもスバラシイ!脱ぎ終わるまでが入場だっつってんのにヤッペが奇襲しかけてきやがりました!ゆるせなーい!でも試合はヤッペを応援。だって人生と大柳先輩が負けるわけないもの。とまあ結果見え見えのこのカード、どうなるものかと思いましたが、すごく面白かったです。
ヤッペを二人まとめて持ち上げたりひっくり返したり、まるでモンスターのような人生。そんなモンスターにどうあがいても太刀打ちできないヤッペーマン。ヤッペが二人がかりで人生をブレーンバスターしたのにはおおおおお!と思ったけど、考えてみたら二人がかりでってすごくもなんともないよね。あれー?
ラスト、大柳が2号を仕留めにかかってるところで、1号をリングに入れさせまいと両手を広げてぬうと構える人生の姿は巨大な岩に見えました。

休憩時間の前にハヤトから欠場の挨拶。首のサポーターが痛々しい。
ハヤトの私服?姿初めて見た。やっぱ…ああいう感じなんだ。
休憩時間のサイン会には長蛇の列ができていました。

4.30分1本勝負
△<野橋真実&気仙沼二郎&ザ・グレート・サスケ>(14分02秒、両軍リングアウト)△<ラッセ&佐藤秀&佐藤恵>
この時期にこの組み合わせといったら期待していることはみな同じ。
無料ということで予備知識のないお客さんも多く佐藤汁の餌食になる人がたくさんいました。佐藤兄弟、よかったね!
ゴングが鳴ってからすぐにリングから降りる九龍。「場外でやろうぜ!」という誘いに乗らず、まずはリングでの攻防…ではあったけれど、あっという間に場外、そして会場外へ。当然のように後を追う選手とお客さん。
サスケと秀は4畳ほどの、小さなすべり台やプラスチックボールが置いてあるキッズルームでひと悶着。ドアの隙間からピンクのカラーボールが飛んでるのが見えました。
キッズルームから出て来ると秀はサスケを玄関前にある使用済みのビニール袋(会場は土足厳禁)を入れるゴミ箱に突っ込む。ゴミ箱を被ったまま起き上がるサスケ。サスケ+大きな入れ物はお家芸ですね。
野橋と恵は玄関前の中央階段の下でバトル。立ち入り禁止のポールを使ったチョークなど、備品を有効活用。
それから階段を昇って2階席へ。いつの間にかサスケと秀も2階席へ。もちろん落とし合いです。
会場内に戻ると、恵は九龍の応援旗を槍に見立てて野橋めがけて投げる。かわす野橋に「よけんじゃねーよ!」と怒る恵。
やっとリングに戻ったと思うのもつかの間、すぐに戦いはリング外に。
しかし今度は場外カウントが進んでいる。野橋に期待の声援が集まりましたが、今回は八戸のようにはいかず、結局20カウントで両者リングアウト。ええええー?!
両者興奮収まらず、とくにサスケと秀はゴングなんか聞こえてないのか、客席で延々と戦っている。またもや会場外に出て行ってしまう選手。なお追おうとするお客さんもいましたが、すでに次の選手が入り口で控えている状態で、今度は「収拾つかなくなるから」とレフェリー直々に止められ、結論はわからぬままに終了。
とりあえず、宇宙大戦争としては進展なし。どうなりますことやら。

5.時間無制限1本勝負?公式戦決勝戦?
大間まぐ狼&○南野タケシ(17分21秒、エビ固め)日向寺塁×&拳王※ジャーマンと喉輪の合体技
塁とまぐ狼が先鋒。塁押され気味。しかし塁もドロップキックで反撃。そして、なななんとリング下で控えている南野はじめセコンドの九龍にツバを吐きかけた。面食らう九龍の面々。あんな塁見たことない!
拳王もリングに上がって2対1、まぐ狼が徹底的にやられる。「せーの」でやる二人同時の低空ドロップもキレイに決まる。「反則だろうが」と抗議する南野。
塁が下がって拳王だけになるともう拳王の独壇場。相手が二人だろうとおかまいなしにボッコボコ。まぐ狼にハイキックをヒット、南野へのハイキックをかわされるとそのまま回し蹴りを入れるという流れのスムーズさといったら!コーナーからのフットスタンプもまぐ狼相手だと心配になるよ。ホントにこの拳王の強さと重さといったら…。近くに居た小学生くらいの男の子がため息混じりに「けんおうかっこいいぃ?」と言ってたけど、ホントにかっこいいよね!
しかし結局塁がつかまってしまい、南野がリング下の拳王を牽制。
リング上で拳を翳しあう南野とまぐ狼。そして例の合体技でフィニッシュ。

※よって優勝は、南野タケシ&大間まぐ狼組(九龍)

勝ちましたねー!嬉しい!相手が拳王と塁でも!
ただ…拳王だけばかみたいに強いってのどうにかなんないかなあ?と思うのも正直なところ。タッグ試合になると余計に目立つ。
結果だけ見ると嬉しいけれど、いい勝負だったかといわれると…。

優勝トロフィーと副賞の授与・記念撮影に続いてマイク。
南野「次はクソ柳と老いぼれ沼二郎のベルトだな」
まぐ狼「全面対抗戦も楽勝だな」
これに反応したのは拳王。
「楽勝だなんて言うけど、君らのリーダー、その首に巻いてるものはなんだ?」と挑発。
あわや乱闘となりかけたところをサスケが収める。
九龍は退場、正規軍はリング上で円陣を組み、結束を高めて終了。
正規軍も退場し、お客さんも帰り支度を…と思ったら
「おいおいおいおいちょっと待って!帰らないで!」とリング上にすっとんできたヤッペーマン。
「全面対抗戦に俺達の名前入ってなかったけどどういうこと?」
パンチさん「えーたった今、曙対ヤッペーマン1号2号が決まりました」
「ええええええ?!」と動揺するヤッペを尻目に「以上を持ちましてー」と全試合終了のアナウンスが流れて本当に終了。

盛岡大会、注目の曙の対戦相手はヤッペーマンかー。全面対抗シングル戦はファンとしては魅力的だけど、それに曙…で相手がヤッペーマン。大会場だけど大丈夫かなー?

撤収にかかる選手たちはいつも以上にお客さんに取り囲まれていましたねえ。矢野選手も人気でしたよ。

中央階段を上がったところで記者会見をやっていたので遠目に見学。(私も大概ミーハーだな)
他の選手の記者会見の間、階下に向かって手を振ったりピースしたりファンサービスに余念がないハヤト。手持ち無沙汰な佐藤兄弟。記者会見って結構長くやるんですね。
しばらくするとハヤトが降りてきた!ここでも握手・サイン・記念撮影に応えるハヤト。
そのうち沼二郎さんが「9時閉館でーす」と追い出しにかかって退散とあいなりました。

大会中に人生から発表がありましたが、盛岡大会の全面対抗シングル戦はつなひきで組み合わせを決めるとのこと。
楽しみなのはなんといっても佐藤兄弟!とくに恵のシングル戦なんて話にすら聞いたことありませんからね、ほんっっっとーに楽しみです!
どうか秀は拳王と当たりますように当たりますように当たりますように!!!!!!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.17(Sat) 23:59

もちろん初回盤で

電気グルーヴが新作シングル発売&VHS作品が一斉DVD化
ナタリー

待ってました!野球ディスコは持ってないし見たこともないから嬉しい???。
こういった過去作品の再発には私も例に漏れず「金儲け」とか「意味なし」とか思っちゃうんですけど、VHS作品のDVD化は望んでるファンも多いはず。
しかもオーディオコメンタリー付きとな!これは必聴でしょう。
ただノモビデオはDVD出てるからなあ。+αとはいえパスかなあ。
いっそBOXで出してくれればいいのに。したら買うよ。
あ、新曲も出るのか!こっちも楽しみだ!まりんのリミックスも楽しみだ!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.16(Fri) 21:37

あだ名にさん付けする人としない人の違いは何なのか

ABNORMALSの新作が出ますなあ。
8年振りってすごいけど、THE FLY WHEELで出してるしといっても6年振りか…。そりゃまた…。
しかし1年でハイペース・3年で普通・5年でやっと久々の!と思う自分もどうかしてる。

私がムロチンを認識したきっかけがよくわからない。
ABNORMALSのドラムのことをめちゃくちゃかっこいいなーと思っていて、でもメンバーの顔や名前なんて余程の興味なければ知ろうともしないので…。
ある日ABNORMALSのビデオを見ながら「あれ、これムロチンじゃない?!」と思った記憶があって。
WRENCH加入前には確実にABNORMALSのドラムはムロチンだという認識はあったから、WRENCHがきっかけだということは絶対無い。だって「掛け持ち嫌だなあ」とか思ってたもの。
となると、CULT IN-SANE…かなあ?でもCDの歌詞カードだかの写真でしか見たことないし、inheilもDESSERTも名前しか知らなかったし。COCOBATも数年前までムロチンがCOCOBATに在籍していたかどうかはっきりしてなかったし。
もしかしたら、WRENCHでムロチンの顔を覚えたのかもしれない。それでABNORMALSのビデオを見てあれー?と思ったとか。
…ということは私は21世紀までムロチンの顔と名前が一致してなかったのか?!

そういえば私も人を覚えるのが苦手でねえ…。
何回も見ているバンドのドラムの容貌がわからなかったりするし、連続ドラマで最後まで名前を覚えられないこともザラだし、洋画なんか絶望的で、外国人は全部同じ顔に見える・声優の声が同じに聞こえる・名前が耳慣れないの三拍子で
「あれっ、主人公のお父さんが黒幕だったの?」
「なにいってるの、この人は主人公の上司だよ」
ということなんてしょっちゅうです。

でもうろ覚えで描いてみようとか、だいたいあってるレベルで得意なんだよなあ。(自画自賛)
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.15(Thu) 21:48

この書き出し2回目。

同じ立場である客に対して悪口みたいなことは書かないようにしてるんですが(壁に耳あり障子に目あり)、むしろ読めばいいと思って書きます。
起き上がれなくてスタッフや選手に囲まれているハヤトにカメラを向けている人がチラホラ居て…。
私だって野次馬の一人だから言えた立場じゃないんだけど、趣味悪いなあと。
火事現場にカメラだのホームビデオだの持ってかけつける一般市民と変わんないなーと、思ったのです。
報道機関や記録係であればそれが仕事ですけど、そうじゃないじゃないですか。
試合の流れで撮れてしまったのというのならわかるのですが、なんでわざわざカメラを向けるのかなあと。
その理由や気持ちは色々想像できるけど書くのも気持ち悪いです。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.10.12(Mon) 23:59

2009/10/12(月)みちのくプロレス「タッグトーナメント・みちのくふたり旅2009」準決勝@秋田テルサ

みちのくふたり旅公式戦以外のカードがわかりません!

会場はショッピングモールの裏。小さめの体育館といったところでしょうか。ステージ前にリングがあって、正面と両脇が客席。花道は正面の両脇。前日の会場もそうだったけど、シートの一番前に座るとグランドの攻防が全く見えない。矢巾だとそんなことないと思うんだけど…。狭い会場では仕方ないのかな?

この日はNHK-FMで「今日は一日プロレス・格闘技テーマ曲三昧」という素晴らしい番組をやっていたのですが、試合開始前と休憩時間のBGMとして流れていました。バンチさん、粋なはからいです。びっくりしたのが休憩時間にまるで図ったかのようにウルティモドラゴンとみちのくプロレスのテーマ曲が流れたことですよ!

試合開始前、リングでは地元の格闘技クラブの提供試合が行われていました。
それとリング脇では赤い羽根共同募金に募金した人を対象としたニャジロウというキャラクターの着ぐるみとの記念撮影会も行われていて、試合開始前から賑やかでした。

恒例、沼ちゃんの歌謡ショーからスタート。1番終わり、スピーカーから流れてくる語り。沼ちゃんの口が動いていない。戸惑う沼ちゃん、笑う客、慌てるパンチさん。どうやら音源を間違えたようで、今日の沼ちゃんはPerfume方式でした。

準決勝に進出した選手入場に引き続き、赤い羽根共同募金からの感謝状贈呈。
南野選手、いつもビシッと後ろ向きで立つのですが、たすきはちゃんと背中に名前が来るようにかけるんですね。

1.20分1本勝負
○大柳錦也(9分24秒、変形キドクラッチ)吉川祐太×
大柳よりも吉川選手によく声援が飛んでいました。
地味ながらも激しい攻防。吉川選手の負けん気の強さはいいですね。退場時にも納得いかない!という感じでマットをバンバンと叩いていました。
余談ですが、近くで観戦していた親子が大柳先輩のことを「おじさん」と言っていて、そうか、33歳はおじさんか…と感慨にふけってしまいました。

2.20分1本勝負
○気仙沼二郎(9分11秒、沼絞め)矢野啓太×
毎回書いてる気がするけど、沼二郎さんかっこよすぎるどうにかしてください。
沼二郎さんガンガン攻めてましたね?。矢野選手の受けっぷりもよかったです!
珍しく気仙沼落としが決まりました。(あまり決まらない気がする)
試合後にリング上でのやりとりがありましたが、あまりいい感じではなかったようで…(またやろうという沼先生に矢野選手は応えなかったというようなやりとりを予想)
矢野選手は相当悔しかったようで、退場時にお客さんから差し出される手も断ってました。

3.20分1本勝負
○佐藤秀&佐藤恵(9分35秒、エビ固め)ヤッペーマン1号&2号×※ゾンビキング
鉄人で連日繰り広げられていたカードが久々に登場!たった2ヶ月前のことなのに遠い昔のことのような…。
いやもうこのカードの最高峰でしょう!前日のヤッペの大熱戦を見て「佐藤兄弟とのカードはにぎやかし」なんて思ってたけど、いやいやとんでもない!ヤッペ強い!もう全然かわいそうじゃないもの。マジでいい勝負でした。
秀「死ねー!」1号「お前が死ねー!」正義のヒーロー…。
場外乱闘も面白くて、なにをしたいのか、ふたりして壁をよじ登る2号と恵。恵の手を叩いて落とそうとする2号。正義のヒーロー…。
一方、壁をよじ登る1号に「なに登ってんだ?」というつれない秀。でも1号の壁からダイビング攻撃が決まりました。やーいやーい。
ヤッペーマンと戦うと恵の優しさが際立ちますね。
恵「オラオラ1号どうしたー」(コーナーポストで1号を足でグリグリ押しながら)
客「ワー」(パチパチパチ)
恵「なに拍手してんだよヤッペーマンがやられてんだぞ!」
この噛み合わなさが笑えます。
今日こそは!と思ったけど結局秀のゾンビキングでシメ。ああん。
退場時の水撒きではお客さんが本気で逃げちゃって、ターゲットが誰もいない。仕方なくお客さん持参のシートにべべべべーと水を吐く秀。恵はお客さんの靴の中に!いつかやると思った!でもスニーカーや革靴じゃなくてゴム製のクロックスを狙うあたりが優しい。
このカード最高!現実問題として、ヤッペーマンのギミックは近いうちに終わると思うので、最後には勝って欲しいですね!
やっぱタッグ屋同士の試合はいい!

4.20分1本勝負<公式戦準決勝>
○南野タケシ&大間まぐ狼(16分55秒、片エビ固め)野橋真実×&ザ・グレート・サスケ※ジャーマン&喉輪の合体技
前日とはうってかわって大真面目な野橋サスケ組。
なんでか、サスケと南野の組み合わせってドキドキする。なんでかはわからない。
南野が場外からブン投げた椅子がはね返って客席に落ちたのにはヒヤッとした。もっとうまく投げてね!
しかしバランスが悪かった。南野が一人で勝ったようなもんでした。というのも、まぐ狼が試合の中盤で指を痛めたようで、そこからなかなか試合に参加できず、結局前述したような印象になってしまいました。
でも最後は合体技で決めましたね。フィニッシュが合体技っていいなあ。はやく技名つけてくれ!
実は一番応援しているタッグなので決勝進出は素直に嬉しいです。

5.20分1本勝負<公式戦準決勝>
日向寺塁&○拳王(17分59秒、体固め)ラッセ×&フジタ"Jr"ハヤト※右ハイキック
すごい試合でした!もうハヤトの拳王に対する剥き出しの闘争心がすごい!
試合は塁を徹底的に狙って、拳王をリングに入れさせない。
ハヤトはとにかく拳王のことをよく見ていて、拳王が助け舟を出そうとするとするとすかさずエプロンから蹴り落とす。あまり続くもんだから、こっちまでやきもきしてしまいました。
しかし場外に落ちたハヤトを拳王が捕らえてここぞとばかりに反撃。ハヤトをドアに叩きつけると開いたドアからそのままどっかに行ってしまいました。ここでも宇宙戦争が…と思ったら間もなく帰ってきました。
リングインした拳王は一気にラッセを叩きます。
さて塁もやられてばかりではありません。リング上で拳王がラッセを追い詰めている間になななななんと!塁のラ・ケブラーダがハヤトに炸裂!塁がラ・ケブラーダ!塁がラ・ケブラーダ!(大事なことなので2回言いました)前に南野のトペを見たときにもびっくりしたけど南野はホラ、ルチャフェスタにも出るような人ですから。しかし塁はルックスからも日本人プロレスラー然としたものを感じていたので、塁の飛び技、しかもあんな派手な技を決めるとは本気で驚きました!
興奮してる間に拳王のキックがラッセにヒットして拳王塁組の勝ち。
試合後もしばらく場外で倒れていた塁とハヤト。そのうち塁が起き上がり、リング上で拳王と喜びを分かち合う。
拳王はマイクで「ハヤトくんも九龍も弱いな。みちのくふたり旅は絶対優勝します!」(多分。音響が悪くてよく聞こえなかった)とアピール。
が、しかし。ハヤトが起き上がれない。お客さんの意識もそっちに行っちゃって、せっかくのマイクアピールもうやむやに。
拳王塁組が退場して全試合終了のアナウンスがされても状況変わらず。そのうちスタッフや選手が集まりだし、ただならぬ事態に。長机を担架代わりに搬送されていきました。
(後日談ですが、野橋ブログではとくに触れられていなかったので大事ではなかったようですね。良かった。)

今回ばかりは塁にもっていかれた感はありますが、ハヤトがすごくよかった!ジャーマンとか、キック以外の大技も出たし。それになんといっても拳王に対する気持ちが…ああいうギラギラしたハヤトって見たことないんですけど。わからなかっただけ?
それと塁。塁ってどうしても「ハヤトのやられ役」というイメージがあって、それがすごく嫌で、どのくらい嫌かというと試合して欲しくないレベルで嫌で、ぶっちゃけ塁のラ・ケブラーダが決まったときには胸が空きましたよ!
いやーみちプロ所属の若手の良さを実感した試合でした。嬉しい!

よって10月17日滝沢村決勝戦は、拳王&日向寺塁vs南野タケシ&大間まぐ狼

これはどっちを応援するか迷うなー!拳王塁組は正規軍だしなんといってもふたりともみちプロ所属だから勝ってほしいけど、南野まぐ狼組にはここで優勝してタッグ屋としての株を上げてほしい!楽しみだー!

ところで。
2号。野橋ブログによるとなぜか一人で前入りしていたという2号。
試合で大奮闘の2号。メインでセコンドにつく2号。
2号。なにか思うところでもあるのか。2号。
全然関係ないけどSOS興行って滝沢大会の翌日じゃん?!全然関係ないけどね!
がんばるなあ。

追記:
ハヤト、首損傷のため滝沢大会を欠場。
あんらららららら…。来場はするようですが、程度が心配です。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.12(Mon) 23:59

2009/10/11(日)みちのくプロレス「タッグトーナメント・みちのくふたり旅2009」開幕戦@八食センター厨ホール

八食センターのいいところは食料調達に困らないところです!
開場待ちしてたら「3時からヤッターマンが出るんだってー」という子どもの声が…。出るのはニセモノだよ!

会場は、建物の2階の一室。これまでで一番小さいかも?大釜幼稚園の体育館より狭いかも。入り口側を客席として広く取って、左側に椅子を2列でここが正面。奥のアナウンス席の横にも何人か座れたようだけど、多くの人が入り口側に居ました。これから起こることを予想してあえて立ってる人もいたかもね!

今回からみちのくくじの4等にプロレス消しゴムが登場。キン消しのプロレスバージョンで1箱につき2体入りで2箱貰えます。で、サスケ・マスク桜庭・高田延彦・前田日明をゲット。…高田と前田いらない。
それと、会場の入り口で11月に八戸で開催される大阪プロレスの政宗選手の自主興行のチケットの販売がありました。この興行行きたいなあ。菊タロー選手出るんだよね。

定刻5分前に沼二郎先生の歌謡ショー。「僕と大柳だけ応援すればいいと思います」
続いて選手入場。最近髪も伸びて色気づいてきたという日向寺選手が選手宣誓。選手宣誓は立派に務めましたが、サインボールを忘れて取りに戻っていました。

1.<公式戦1回戦>20分1本勝負
○南野タケシ&大間まぐ狼(15分22秒、片エビ固め)ヤッペーマン1号&2号×※デスバレーボム
大抵、九龍でも入場曲に合わせて手拍子が起こるのに全く起こらなくてちょっとビックリ。
ヤッペがみちのくふたり旅って大丈夫かなあ?しかも相手は九龍の中でもとくにこわい南野まぐ狼組。どうせかわいそうな感じで負けちゃうんだろうなあ。と思っていたら大間違いでした!まさかまさかあんな大熱戦になるとは。お客さんの反応にもバッチリ出てました。
鉄人で連日連戦繰り広げていたバカ兄弟とのカードはにぎやかし程度にしか思っていなかったし、実際そんな感じだったし、それで面白かったからいいと思ってたんだけど、なんだかこの試合見てたら、今までのヤッペは全然本気じゃなかったんじゃないかとすら…。
2号なんか、あのちっちゃい体で南野とかまぐ狼とか持ち上げちゃうんだからすごいよなあ。
試合には負けたけど、「強い」ヤッペーマンを見ました。1試合目にして今回のベストマッチ!

2.<公式戦1回戦>20分1本勝負
○野橋真実&ザ・グレート・サスケ(18分04秒、リングアウト)佐藤秀&佐藤恵×※果てしなき場外戦の隙を見て、間一髪リングイン
「今回は場外一切無しな。リングの上で決着をつけよう」という秀に客から「ええ??」
試合開始してからも「クリーンにな。クリーンに」と言う秀。なんですか、それは「押すなよ!絶対押すなよ!」ですか?
本当に暫くはリング内で反則もなくクリーンな戦いがくり広げられていたのですが、やっぱり場外に出た!しかもそのまま会場から出て行ってしまうサスケ。それを追いかけるバカ兄弟。もちろん野橋もレフェリーのマイトさんもそしてお客さんもついて行きます。しばらくベランダでやりあった後、戻ってきたと思ったら階段を下りて外まで行ってしまった。お客さんは外までは追いかけられないので、2階から外の様子を伺います。チラッと見えたのは何故か車椅子に乗っている恵。
場外乱闘は駐車場まで及び、ベランダから見ている客に気付いた恵「何見てるんだよ!」見るなという方が無理!
やっと場内に戻ってきた四人。でもリングには戻らず場外乱闘は続く。またもや出て行こうとするサスケを「もういいだろう」「いい加減にしろ」と咎めるマイトさん。
今度はお客さんの靴でしばき合い。自らの靴を差し出すお客さんも。
いつの間にかマイトさんはリング上に戻っていて場外カウントが進んでいた。それに気付いた野橋と恵、ゼエゼエ言いながらやっとの思いでリングを目指す…と思いきや、17あたりで急に野橋がカクシャクとした動きでさっさとリングインしちゃって、バカ兄弟のリングアウト負け。
おいおいおいおい!という顔の恵に、なんのこと?という顔の野橋。おもしろすぎる?????。みちプロで一番コミカルなレスラーは野橋かも知れないね!
試合終了後、「せっかくのみちのく二人旅なのにおまえなんかと当たったからこんな結果になっちまったじゃねーか!」とサスケに怒りをぶつけるバカ兄弟。まあいいや、宇宙戦争がどうとか絶対やらないがどうとか死んでうじ虫がどうとか。
宇宙戦争、初めて見たけど、あんなにほのぼのとした和やかなものだとは。「あはは、やってるやってる」みたいなお客さんの反応も含めて。
ところで恵のあの、怒った子どもみたいな攻撃(胸元をボカボカ叩いて最後に片腕振り回してぶっ叩くやつ)って技名無いのかな?

3.<公式戦1回戦>20分1本勝負
日向寺塁&○拳王(17分58秒、体固め)矢野啓太×&吉川祐太※右ハイキック
初めて見る選手は楽しいなあ。それと相手が知らない選手だと知ってる選手を心置きなく応援できる。
バトラーツ組は二人とも若そう。みちのく組も若くて、若者らしい勢いのある激しい試合でした。
ただ、どちらにも言えるけど、あまりタッグの試合っぽくはなかったです。
それと、バチバチ系が3人もいるということでやはり雰囲気違いました。シュッシュ言ってます。ここでよけるの?返すの?と思うシーンが何度もありました。拳王は拳王で「もっとバチバチやろうぜ!」と挑発してたし。
バトラーツ組が意外とヒールっぽくて、ヒール系が3人も!バトラーツ組は「外敵」ということでそういう役に徹していたのかな?
今回気付いたことが。拳王は「バーカーモノォ!」って言いながら蹴る。

4.<公式戦1回戦>20分1本勝負
○ラッセ&フジタ"Jr"ハヤト(17分58秒、マバタキ)大柳錦也&気仙沼二郎×
考えてみたら本興行での青ラッセは初披露ですね。九龍興行のときは、とくにヒールだとか思わなかったんですけど、今回はきっちりヒールらしくなっていました。何をもってそう思うのか考えたところ、「発声」ではないかと。だから拳王もヒールっぽく見えるのかなと。
これまたいい試合でした!沼先生、いつにも増してかっこよかったです!
ただ、それどーーーーみても3カウント入ってるだろー!というシーンがありまして。実は第三試合でも同じことを思ったシーンがありまして。それは結果が同じだったからまあ。いいよ。別に。だったんですけど、この試合は結果が違ったので。なんだか素直に称えられませんでした。

終了後、売店ではラッセと…ラッセ?俺とラッセ!ラッセとラッセマスクを被ったハヤトのサイン会が行われていました。ちゃんとここで「俺とラッセ」の設定を生かすとはエライ!さすがにこの二人は大人気ですね?。

通常興行にもかかわらず全四試合ということで、満足できるかしら?と思ったのですが、ものすごい満足感でした!いつも以上かもしれない。どれも中身が濃かったからかな?実際に試合時間も長かったし。
一番期待していた南野まぐ狼対佐藤兄弟のカードはなくなりましたが、翌日の青森大会のカードも楽しみです!
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.11(Sun) 23:59

きっっっっっっ

たああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

SPANAM活動再開!!!!
公式

涙が出るほど嬉しい!出ないけど!内心、これは…ひょっとしたら…と思ってたもの!
本当によかった!
まずは西日本からのようだけど、伊藤さんが脱退したから見れるチャンスは減るかもしれないけど、とにもかくにも「活動している」という事実が嬉しい!
なんだか2年も3年も経ってるような気がするけどまだ1年も経ってないのか。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.10.07(Wed) 22:22

2009/10/4(日)DDT「CRUISER'S GAME-8TH」@新宿FACE

せっかくなのでなにかないかなと思ったらありました!しかしかも本興行ではないといえDDT!
というわけで行ってまいりました。

二日前にぴあでチケットを買おうとしたら販売終了。がーん。
当日のみの立ち見券も出るということでとりあえず会場へ。ビルのエレベーターに「新宿FACE(に止まるの)は10:30からです」の貼紙がしてあるというのに、いざボタンを押すと「その階には止まりません」どうなってんの?と思ってるとしばらくして係の者が登場。無事チケット買えました。

会場はライブハウスですね。しっかりドリンク代徴収されました。
売店はホールの外。ひとだかりができていて、なんだ?と思ったらおお、外国人レスラーだ!
ホール内は、南が正面。入場ゲートは南下手以外かな?立見席は南の後方。指定席の南6列目は鬼門。ここだけ前列との段差がない。6列目だけガラッと空いていた理由はこれでした。
さすがに音響が良い。

ほぼ定刻に試合開始。リングアナウンサーは野橋選手の唯一のお友達という味方冬樹さん。小指が立ってます。

全選手入場。
よく知っている選手はヤッ…じゃなくてSOSのみ。あとは名前と顔が一致している選手がチラホラ、名前だけ知ってる選手がチラホラ、初めて聞く名前の選手がチラホラ…。
大会プロデューサーのMIKAMI選手から挨拶があって試合開始。

▼1st.GAME 15分一本勝負
○ 安部行洋(勝ち点2→4) vs ササキアンドガッバーナ●(勝ち点4→4)
<7分50秒 安部☆自演乙☆クラッチ>
リーグ戦だそうで、そういえば壁に星取表がありました。
レフェリーは松井さん。見たことあるぞ!安部選手はアニメソングっぽい曲で入場。精霊で覚えたけど、あのコスチュームはエヴァンゲリオン初号機ですね。
ササキ選手に紙テープが飛ばなかったということはヒールでしょうか?
スピーディーな試合でした。安部選手が勝ったのですが、お客さんの反応を見るに、金星だったようです。

▼2nd.GAME 30分一本勝負
MAZADA&○植松寿絵 vs マサ高梨&チェリー●
<12分57秒 ドラゴンスープレックスホールド>
高梨選手知ってるぞ!男色ディーノの弟子だっけ?
チェリー選手のコスチューム、ロングパンタロンで一見そんなに露出度高いように見えないのですが、そのロングパンタロンのバックが…!!!
対するMAZADA選手には邪気眼・植松選手にはツノ(?)と、ふたりともとーってわかりやすいヒール然としたルックス。
女子プロレスラーを見るのも初めてなら男女混合タッグを見るのも初めてです。
これが予想以上にコミカルでした。本来ならばタッチロープを掴んでコーナーで待機しなければならないのに(初めて知った。ルチャ源流のみちプロには無いそうで)タッチロープごと勝手に移動したり解いたりまた結んだりと忙しい。チェリー選手にボコボコに蹴られてどんどんイイカオになっていくMAZADA選手には笑わされました。
コミカルなだけでなく、チェリー選手の髪を毟ったりと悪行もバッチリ。高梨選手は高梨選手で「ブサイクー!」と叫びながら植松選手を蹴ってましたが。ヒドイです。
悪い人が勝ちましたが、イヤな気分にはなりませんでした。おもしろかったー。

余談ですが、翌日のNHKのお昼の番組のご当地プロレス特集に出演していた植松選手のおだやか?な表情を見て、ますます好感度がアップしてしまいました。

▼3rd.GAME 30分一本勝負
KUDO&○美月凛音&ダイナスティ vs 怨霊&忍&THE101●
<13分05秒 バズソーキック>
怨霊だ怨霊!忍だ忍!666だ!メンズクラブだ!ピンクの殺害Tシャツかわいい。
美月選手が投げたバラは女性客経由で小さな女の子の手に渡りました。やさしいなあ。んでこの小さな女の子、怨霊選手を見てボソッと「こなおおすぎ」。まわりのお客さんクスクス。
KUDO選手と忍選手以外はイロモノなルックスだけど試合はしっかりしてました。とくに美月選手の空中殺法にビックリ!THE101はギミックの関係上アレでしたが。でも笑えた。ずるいなー。

▼4th.GAME 30分一本勝負
大石真翔&旭志織 vs ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀 vs 飯伏幸太&円華
<30分00秒 時間切れ引き分け>
さてSOSの出番です!しょっちゅう見てるのに初めてってなんかへんなかんじ!
もうひとつのお楽しみはDDTのエース・飯伏選手ですよ!
各タッグともコスチュームが揃ってて見た目にも楽しい。飯伏・円華組はこの日のために?揃えたようでOPG(俺たちプロレス軍団)コールが。
3WAYタッグは途中で混乱するところが面白いです。パートナーを間違えたり、味方のはずが一緒になって攻撃したり。
えらい和気藹々とした試合に大丈夫か?と思いましたが、終盤の展開はすごかったです!
千賀が中々タッチできなくてこのままやられてしまうのかと思いましたが、壮絶なカット合戦の末に時間切れ。
「3WAYじゃなくてちゃんと2対2でやろう」と誓い合ったのでした。
なんだかオースギと飯伏選手の出番がやけに少なかったような…。

SOSと某正義?のヒーローってコスチュームが違うだけでやってることは何ひとつ変わらないんですね。どうりで正義?のヒーローのはずなのに「死ねー!」なんて言うわけだ。
しかしこうもまともに渡り合ってるのを見ると…某タッグトーナメントに期待しちゃうじゃないですか!

▼MAIN-GAME 時間無制限一本勝負
○MIKAMI&木高イサミ vs サブゥー&NOSAWA論外●
<18分24秒 スク?ルボ?イ>
前にプロレス会場でBALZACのTシャツを着てる人を見て「?」と思ったのですが、東京愚連隊というヒールユニットのコスチュームなんですね。
外国人レスラー初めて見ました!やっぱ体の厚みが違いますなあー。
ラダーを見るとどうしても「自爆」の二文字が浮かんできます。
サブゥー・NOSAWA組は素晴らしいヒールっぷり!全員あまり知らない選手なのでどちらを応援するともなく見ていたのですが、いつの間にかMIKAMI選手を応援していましたからね!MIKAMI選手が勝ったときは本当に「良かった!」と思いました。
しかしまさかあんな凄まじい流血を見るとは…木高選手がデスマッチファイターだってのは知ってたけど…。

後から知ったのですが、因縁の対決だったようですね。観戦記漁っててちょっと感動してしまいました。
あらためて、本当に勝って良かった!

最後はプロデューサーのMIKAMI選手の挨拶でシメ。
「みなさんが一人でもいる限りプロレスは永久に不滅だー!」

終了後、入り口でオースギが紅白プロレスのチラシを配ってたので握手してもらいました。売店には大鷲透選手がいました。営業ですね。びっっっくりしたのがダンプ松本選手ですよ!や、ホラ、有名人じゃないですか!イナカモンには刺激が!冷静に考えたら夜が極悪同盟の興行だから居たんでしょうけど。やっぱり東京にはゆうめいじんが!

いやー面白かったです!ろくな予備知識もなく見たけど本当に楽しめました。自分はきちんとプロレスを見てるんだということも確認できました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.04(Sun) 23:59

アフター九龍興行

青ラッセ。
ラッセの九龍入り、すっっっごい嫌だったんですけど、いざ青ラッセを見ると、むしろ九龍入りしてよかったような気さえしています。すでに九龍でのポジションが明確だし、ああいうキャラなら全然アリだなと。
私も郷に入っては…ということでちょこちょこサイン会などに並んだりしているのですが、ラッセ選手、ありゃ人気出るわ。感じの好さがハンパない。飛びぬけてる。そりゃ勘違いもしますって。そんで今度はヒールでしょう?こりゃますます人気出るね。

南野タケシの破顔一笑。
まぐ狼に南野とのツーショットのポートレートにサインをお願いしたら、まぐ狼がそれを見て「えっ?」という顔をして、にやけつつも首をかしげながらサイン。その間に隣にやって来た南野がまぐ狼からポートレートを受け取ると、南野もそれを見て大笑い。しばらく二人でなにやらぼそぼそと言い合い(全然聞こえなかった)、南野も首をかしげながらサイン。や、ポートレートを返されたときにはパッとヒールの顔に戻ってたけど。
佐渡さんといい、南野のあんな顔初めて見た。でも南野って他興行だとベビーフェイスだったりするんだよね?どういう感じなんだろー?顔が顔だけに全く想像できない。
ポートレートにする写真はいちいち選手に確認しないということがわかりました。

まぐ狼のコール時。
女性からの声援が多かったのに驚いたけど、それ以上にブーイングが飛んだことに驚いた。ホント、まぐ狼に「だけ」飛んだもの。どういうこと?声援もブーイングもたまたまそういう集団がいたってだけかな。ヒールとしては声援よりもブーイングを歓迎すべきなのか…。

拳王対ハヤトのリターンマッチ。
これは時期尚早かと…ハヤトが拳王に勝つ絵が全く浮かんできません。
というか、今のみちプロで拳王に勝てそうな選手といったらそれこそサスケか人生か…って人生はヘビー級か。
しかしなあ。私はハヤトファンじゃないから拳王の言動も笑って見れるけど、ハヤトファンにしたらキレるよね。

みちのくふたり旅。
組み合わせがとっくの昔に決定してました。この組み合わせだと二回戦で秀恵対南野まぐ狼ありえなくもなくなくない?ていうか確立高くない?
それとバトラーツのランジェ…澤選手の欠場が決定。見たかったなあー。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.10.03(Sat) 23:59

2009/10/3(土)みちのくプロレス「九龍プロデュース大会」@新木場ファーストリング

どうしても九龍による6人タッグマッチが見たかったので。
九龍Tシャツ着用者へプレゼントされた記念日…じゃなくて記念品は九龍ステッカーでした。
倉庫みたいな会場はすごく雰囲気ありました。明るい会場でしか見たたことないので新鮮です。
北側に入場ゲートがあって、南側が正面。自由席は南側のひな壇。近さより見やすさ重視ならリングサイドより、前列との段差がしっかりある指定席の方が良いと思いました。それか自由席で並んで前の方を狙うか。もちろん座高に自信があるならばその限りではありません。
指定席には若干余裕はあったものの、自由席は詰めて座るようにアナウンスされるほどの入りよう。立ち見も出たようで、九龍の人気の高さが伺えます。

試合開始前はずっとジャパニーズレゲエが流れていました。ハヤトの趣味ですかね。どうせなら九龍全員でセレクトして欲しかったなあ。まぐ狼の趣味とかすごく気になるんだけど。

定刻に試合開始。選手入場は九龍のみ。
挨拶は黒ラッセ。「お前ら!今日はたくさんのご来場ありがとうございます!」お客さん大失笑。おまえはだめだとあらためてハヤトから挨拶。
退場する九龍、一緒に退場しようとするラッセに「マイク片付けとけよ」と命令するハヤト。ひとり取り残されてマイクを片付けるラッセ。ラッセの九龍での立ち位置が見えてきました。

1.「レスラーvsカニレスラー」
○ザ・グレート・サスケ(8:10卍固め)愚乱浪花●
タイトルどおりランディバージョンで登場。愚乱浪花は初めて見るレスラーです。かに道楽がモチーフなんですね。
すごーく地味であっさりとした試合でした。
浪花のカニ歩きエルボー?を膝を立てて反撃。サスケの卍固めに浪花がタップして終了。
愚乱浪花って佐藤兄弟とひとつしか違わないのにキャリアにすごい差があるんですね。

2.「黒い黒豹!ラッセ九龍入り祝福3WAYマッチ」
ラッセ対日向寺塁対剣舞
○ラッセ(11:06マバタキ)日向寺塁●、剣舞●※二人同時に丸め込む
剣舞・塁に続いてラッセ入場。その後をぞろぞろとついてくる色とりどりなラッセ。結局7人のラッセがリングインして一斉にラッセポーズを決める。「ラッセー」の声援にも全員が応える。「絶好調!」とノリノリ。
「ラッセだけがリングインしろ」というレフェリー命令に全員一旦エプロン下がるも、リングインしたラッセは顎鬚を指摘される。「ラッセだよ!」というその低音ボイスはどう見ても某中日ファンです。
続いてリングインしたラッセは頭が大きすぎてマスクが入りきれてません。(前見えてるの?)
ようやっと本物ラッセがリングイン。
試合はスピーディーで白熱した展開でした!中盤の塁が二人をばったばったとなぎ倒す様はすごい迫力!もしかして剣舞がラッセを?と思うシーンもありました。
当初は正規軍二人に九龍ひとりでラッセ不利に思えましたが、試合中にレフェリーの目を盗んで入れ替わったり(でもすぐバレる)、塁への7WAYキック(エグすぎる…)といったその他のラッセのみなさんによる強力なアシストもあり、剣舞を丸め込む塁を更に丸め込むという漁夫の利の形で見事ラッセが勝利。ラッセはこめかみを指しながら「ココを使え」とアピール。
いやー面白かった!まさに「俺とラッセ」な試合でした。

3.「九龍城式覇唖怒虎唖(がうろんぜんしきハードコアマッチ)」
○ヤッペーマン1号、2号(17:28ダブルジャックナイフ固め)野橋真実●、大柳錦也
ヤッペはスチールバケツにおもちゃだのなんだのを詰めて入場。
同じく野橋もスチールバケツに掃除用具だのなんだのを詰めて入場。
最後に大柳が左手に包丁・右手に釘バットを持って入場。ヤッペどころかパートナーの野橋までビビリまくり。もちろんレフェリー命令により没収です。
誘導棒のチャンバラからのスタートはほのぼのとしたものでしたが、ヤッペが水鉄砲を取り出したあたりからヤッペの様子がおかしい。水鉄砲を客席に発砲してひんしゅくを買う。
2号が卓球セットを持ち出して野橋の頭に全段命中させたり、モップにまたがって飛ぼうとするあたりはまだかわいげがあるけれど、1号が電動ドリルを持ち出すと大ブーイングが発生。ヘルメットの上からとはいえ、本当に攻撃するもんだからヒヤヒヤしました。
エニウェアルールということで、5分ほど場内に選手もレフェリーもいないという自体が発生。お客さんも殆どが場内に残ってしまいおいてけぼり。
やっと戻ってきて、さあ野橋の反撃だ!と思いきや、ヤッペが持ち出したのはなんと幸せそうな野橋と野橋嫁(美人)のウエディング写真を貼り付けたボード!それを盾にされては野橋は太刀打ちできません。「野橋がやらなければ俺がやる!」という大柳先輩をも阻止する始末。
精神的ダメージを相当受けた野橋はもうボロボロ。ヤッペはリング中央に並べたパイプ椅子の上にボードをセットしてその上に二人がかりで野橋を叩きつけた!大柳は2号にロープでコーナーに括りつけられてしまいカットに入れず、1号が野橋から3カウントを奪取!
ヤッペは叩き割ったボードの嫁さんの方だけ持って逃げるように退場。
あんなに悪いヤッペは初めて見た。今大会1番のヒールっぷりに初めてヤッペを応援する気が起きませんでした。8人目9人目の九龍はヤッペ、君たちだ!
そういえば、ヤッペからの技を受けた大柳先輩、タイミングよくピコピコハンマーの上に落ちて「ピコッ」と鳴ってしまったのですが、レフェリーの佐渡さんも気付いたようで笑いをこらえきれていませんでした。どんなシーンでも厳しい表情の佐渡さんのあんな顔初めて見ました。

休憩終了後はサスケのトークショー。バイト先での怖い話やオカマバーのママから聞いた某選手の秘密などなど。途中で佐渡さんからの巻きが入りササッとまとめて終了。移動しただけの椅子を練習生君に片付けられそうになるハプニングもあり、あまり期待してなかったけど面白かったです。
直後にバカ兄弟が登場。当然のように話は宇宙大戦争へ。絶対やらないというサスケに絶対にやるというバカ兄弟。ただしウルトラマンロビンだけは願い下げだと釘を打って退場。
まあ、ともかくやるそうですよっていうか後楽園のタイトルがすでに「宇宙大戦争 再・再・最終決戦!!」じゃないですか。何を言ってるんだサスケは。

4.「日本拳法vs糖尿病」
○拳王(8:28体固め)気仙沼二郎●※右ハイキック
沼先生は相変わらず動きが軽くて良い。とはいえ拳王選手、危なげなシーンが全くありません。技とかきっちり受けるんですよ。(ちゃんと受けれる位置に戻ったしね。)しかしコーナーからのボディプレスもヒップアタックもどれもこれもあまり効いてる様子がなく…。さすがに頭突きは効いていたようでしたが。それと何度か膝を抱えましたね。痛めてたのかな?
最後はハイキックが沼先生の即頭部にヒット。ダウンした沼先生をフォールして3カウントだったけどKOも同然。ゴングが鳴ってもしばらく倒れたままでした。
もうにくらしいほど強い!

5.「ドラゴンへの道?WAY OF THE DORAGN?」
○フジタJrハヤト、大間まぐ狼、南野タケシ(18:16片エビ固め)佐藤秀、佐藤恵、Ken45°●※ヘルム
先に秀恵ken組が入場。考えてみたらこの三人での試合は初観戦。ひっかぶる水の量が増えるんですね…。
続いてハヤト南野まぐ狼組が入場。
お互いに握手を交し合ったかと思ったらなだれ込むように乱闘で試合開始。
序盤は秀が捕まる。秀恵ken組はハヤトを集中攻撃。3WAYキックまで飛び出していましたからね。
恵の口撃は仲間だろうとおかまいなし。
「九龍のリーダーはこんなものかあー?!」あれ、どっかで聞いたような…。
「おまえらハヤトを応援しろ!」あれ、これも…。
「何が九龍興行だー!」ってのにはちょっと胸が痛みました。
場外では三方向に散らばってひな壇最上段まで上がっての激戦。レフェリーはラッセに止めるように促すがラッセには成す術なし。もちろんリングサイドの椅子はめちゃくちゃで、戻ったときには一人分ほど位置がずれていました。
秀恵ken組はバランスよく出場してたけど、ハヤト南野まぐ狼組はどうしてもハヤトが目立ってしまいますね。攻めるのも受けるのもハヤトが主。でも南野のトペ初めて見た!普段飛ばない選手が跳ぶとびっくりするなー。
終盤はハヤトの独壇場。しかし!恵はヘルムを掴むし、kenはKIDを持ち上げるし、一筋縄ではいきません。
結局、kenがヘルムを食らい、ハヤト南野まぐ狼組の勝利。
呆然としてしまった。秀恵ken組が負けるとは思ってなかったもんで…ていうか、ハヤトがいれば勝ちなの?ハヤト秀恵組ならやっぱり勝つの?
結果はともかくとして、なんといっても仲良しヒールユニットですから、ぬるい試合になったらいやだなあとか思ってたんですけど全くの杞憂でしたね!見れて良かった!

メインマッチ終了後は再び握手でお互いを称えあい、ハヤトがマイクを持つ。客への謝辞に続いてハヤトの口から飛び出したのはリターンマッチ要請。
「俺にはベルトに挑戦する権利がある。12月の後楽園大会で拳王のベルトに挑戦したい」
拳王は「ハヤトくん!」とこれを快諾。
また新崎人生コミッショナーも「私の遺伝子は君たちにしっかりと受け継がれている」と了承。
12月の後楽園大会でのリターンマッチが決定しました。
最後は九龍全員で仲良く観客に水撒きをして大団円。(どんな大団円だ)

全試合終了後の売店では秀恵以外の九龍によるサイン会が行われました。
青ラッセとしては初のサイン会ということで大人気。青ラッセになった途端、口が悪くなったり冷たくなったりするんじゃないかと心配された方もいると思いますが、おそらく「相変わらず」ですのでどうぞご安心を。

メイン見たさに行ったけど、第二試合も第三試合も相当面白かった!こういった特別興行、また見たいです!

そんいや売店の横で別団体の興行のチケットを売ってたけど、そこで売り子してたのって卍丸のライバルの清水基嗣選手だよね???
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.10.03(Sat) 23:59

タバコの煙?ドライアイス?

MUSHAxKUSHA。
キーボードの北澤さんとベースの足立さんのラストツアー。
ライブ中、二人の脱退については一切触れられなかったので、事情を知らない人には単なるレコ発ツアーであって、MxK側もそのつもりだったのかも知れない。
それでもなんだかすごかった。今まで見たMxKのライブの中で一番だった。もし私が事情を知らなくても同じように感じたと思う。
これが最後だなんて、心底もったいない。
梅ちゃんがメンバーの方を向いて「新作リリースおめでとうございます!」と言ったのには笑った。たしかにそうなので。
※梅ちゃんは平たく言うとダンサーなので音源制作には殆ど参加しておりません。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2009.10.02(Fri) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード