« 2009 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2009/8/30(土) みちのくプロレス「滝沢村大釜活性化イベントOOGAMANIA10」@滝沢村大釜幼稚園体育館

今回は少々細かく書いてみたいと思います。試合内容じゃなくて興行全体のことを。行く前にどんなもんなのか知りたくて検索かけてみたのですが、あまりわからなかったので。

野橋真実プロデュースによる無料興行。会場は本当に小さな体育館で、リング前方を広く客席として取っていて、両脇も一応座れるものの大人二人も縦に並んで座ったらいっぱいいっぱい。リング後方も座れる…らしい。
リングアナは幼稚園園長、レフェリーはマイトさん、野橋も試合に客入れ客出しにと大忙し。出店もあってちょっとしたお祭り気分。
物販は通常のグッズに加えて、OOGAMANIA限定のグッズやくじ、選手やスタッフの私物販売などもあり、通常の大会よりも充実していました。
塁の私物スタジャン1000円って、フツーにフリマで見かけても手に取っちゃいますね。BANANA千賀のあの短く切りすぎシャツも売ってました。
試合開始前はスクリーンで野橋結婚試合までのドキュメンタリーなどを上映。
開場直後で結構入ってるなーと思って、試合開始直前には「つめてください」のアナウンスがされるほどの大入り。やはり子どもの姿が目立ちました。

定刻に試合開始。沼ちゃんの歌(スクリーンにはカラオケ風の映像が)に続いて選手入場。対戦カードは当日発表ということで、張り出しもされていない。塁に続いて登場したのがなんと精霊!私はもう見れないかと思っていたので嬉しい?。挨拶はジェスチャーでしていました。その後、リングコーナーで膝を抱えてうずくまる精霊。更に大柳が!マイトさんも選手入場してきたので、あれ?試合するの?と思いましたが。最後にプロデューサーの野橋が入場。
サインボール投げではひとつだけあたりが入っていて、リング上で選手全員との集合写真が撮ってもらえるとのことで、その場ですぐに撮影が行われました。
選手退場後、対戦カード発表。
第一試合は20分一本勝負、オオガマックス・野橋真実 対 精霊・大柳錦也のタッグマッチ。
第二試合は30分一本勝負、日向寺塁 対 Xのシングルマッチ。Xに沸く。
最後にマイトさんからスポンサーの紹介。と。いつものアレ。

第一試合
20分一本勝負、オオガマックス・野橋真実 対 精霊・大柳錦也
大柳の入場のときに音響がトラブってしまって(入場曲のCD?が飛んで同じところを何度も繰り返してしまう)、復旧せずに大柳も出るに出られない。しかし会場からは手拍子が起こり、それに合わせて入場。自然発生した手拍子にはちょっと感動したのですが、トラブったまま入場曲も流れていて、大柳はなんとも複雑な表情でした。
ゴングとともに全員一斉にエプロンに下がる。試合しろとマイトさんに怒られ、「俺が」「俺が」「俺が」「俺が」マイトさん「じゃあ俺が」「どうぞどうぞ」とお約束の展開などでふざけあってるうちにあっという間に5分経過。
どう見ても無駄な返し合いや全員での欽ちゃんジャンプなど、一向に試合が進まない。そのうちマイトさんまでどさくさにまぎれて試合に参加したり、オオガマックスが沼ちゃんのインディアンデスロックを2回もやったり、もう滅茶苦茶。
でも袈裟切り・水平チョップ合戦やブレーンバスター等の大技も見せる。最後はオオガマックスが精霊をフォール。
こういう「お笑い系」とでもいうんですかね、初めて見ました。わかりやすくて笑えて、でもしっかりとプロレスしてて面白かったです。

〇オオガマックス、野橋真実(16:19体固め)精霊●、大柳錦也※オオガマックスバスター

第二試合
30分一本勝負、日向寺塁 対 X
塁が雄叫びとともに勢いよく入場。続けて流れてきた入場曲がなんとハードロックハレルヤ!一気に会場がざわつく。しかし「鉄人2009優勝者」で一転、歓声があがる。なななんとフジタJrハヤトが登場!(冷静に考えればバカ兄弟がシングルで出るなんてまず無いですね)
パイプ椅子を手に入場してもヒールだかなんだかわからない!
リング上で耳に手を当てて声援を煽ってもにくたらしくない!(フツーに「ハヤトー!」って声援飛んじゃうし)
手負いの塁はやはり終始劣勢。ハヤトも負傷箇所を容赦なく攻める。第一試合と打って変わってのシリアスなバチバチのスタイルに会場の空気もどんどん不穏に…。エグイ攻められ方しても声援があまり飛ばず、見かねたハヤトが「お前らもっと応援しろよ!」(んなどストレートな)と口を出してしまう始末。
髪を掴んで、場外乱闘して、パイプ椅子攻撃して、プラスチックチェーンで吊って(ないかも)…とここまでやってようやっとチラホラとハヤトにブーイングが。そんなハヤトの努力の甲斐あってか、塁にも声援が集まり出す。
散々攻められ、何度もエスケープしたものの、最後はハヤトが塁からギブアップを奪う。さすが鉄人2009覇者。みちプロは真面目だ。

●日向寺塁(15:55逆十字固め)フジタJrハヤト○

マイクでは鉄人優勝と九龍プロデュース興行の報告、そしてOOGAMANIAには九龍全員で乗り込んでやると。(それはそれで嬉しい)
今からフリーマーケットやるから買いに来いと言ってリングを降りてそのまま売り場に直行したら野橋がリングから「売るのちょっと待て」と。
「九龍全員で乗り込むって言ったよな?」ここで野橋の口から飛び出したのは嬉しいお知らせ。
2009/10/17(土)滝沢総合公園体育館にてチャリティー興行決定!フルメンバー参戦!みちのくふたり旅の決勝戦も決定!そして入場無料!!!!
すげえええええええ!ちなみに2500人で入場制限。広いです。
OOGAMANIAは年末までお休みとのこと。

試合終了後は選手と来場者による集合写真の記念撮影。後日販売するようです。

ちなみにハヤトのフリーマーケットはというと、買った人は丸い筒(意図せずして?バカ兄弟のSTONEDカラーなのは…)を持っていたので、お楽しみボックスかな?(ハヤト本人が何を入れようかなーって選んで詰めてる姿を想像すると微笑ましい)

行く前はどんなものかわからず、はたして楽しめるものかと不安だったのですが、すんごく楽しかったです!
子連れじゃないと行きづらいのかなとか、そんなことありません。一人でも全然平気です。逆に、もっと小さい子が来てるかと思ったんですけどね、年長で小さいくらいでしたね。小学生くらいが多いような印象でした。もちろん大人もたくさん来てましたよ。ご年配の方もね。
老若男女問わず、みんなで気軽にプロレスを楽しむ。趣旨どおり、地域活性化にしっかりと貢献しているすばらしい興行だと思いました。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.08.30(Sun) 23:59

鉄人2009

優勝はハヤト。
ラッセは九龍入りせず。(よかったよかった)
ハヤトの望みは九龍プロデュース興行の開催。
10月3日の新木場大会がそれに決定。
…ってそんなんでいいの?と思ったんですけど、そうか、無茶苦茶なカードが組まれるのか?!
無茶苦茶なカードったら、ヤッペ1号対2号とか?
正規軍同士のカードは通常興行でも組まれるから、九龍による6人タッグマッチくらいしか思い浮かばない。

バカ兄弟対決は軽々しく口に出せないなあ。たとえタッグマッチでも。
なんたってエルドラド最終興行のメインですからねえ。安売りして欲しくないというのもある。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.08.29(Sat) 23:59

join of us

国府達矢。
弾き語りなんてまず見ないよなあ。予想と違ってあまりにも「まとも」で拍子抜け。これは着席でゆっくり聴きたい。
12弦+6弦のダブルネックなんて初めて見たような…と思ったら浅草ジンタのシンヤさんと同じギターか?!
アルバムの宣伝文句に感心した。
「4畳半でも6畳でも13畳でも一瞬にして宇宙空間にする装置を開発しました」
今度はバンドスタイルで見てみたいです。

ドラびでお。
10年位前の私なら確実に腹抱えて笑ってたんだろうな…なんか、「これを笑える自分はクール」みたいな感じで…。
しかしのっけからの人力ドラムンで一気に引き込まれたのは確か。映像より本人を見ていたかった。
恥ずかしながら女子十二尺棒は映像に釘付けでした…下の説明文が面白くてねえ。
アンコールでやった反アメリカ的な曲がハードコアですごくかっこよくて、終わってからフレーズがしばらく頭から離れなかった。

半年に1回くらいしかライブやらないバンドがいて、しかも見るたびに編成だの曲だのが変わってて、
それでもドラムが好きで、そのバンドというかその人見たさにライブ行って、でいつの間にか見かけなくなっちゃったんですけどね。
今回のイベントの出演者にですね、多分、おそらく、十中八九、その人がいたのですよ!
確証は無いけれど、茫漠としたルックスの印象となによりプレイの印象からすると、高確率であの人だ。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2009.08.28(Fri) 23:59

10分遅れる人との待ち合わせの時間を13:10にしたら遅れないだろうか?

1バンド30分(セッティング時間込)でタイムテーブル切るって何考えてんだろう?
本当に30分で!ってことならそれはそれでいいけど、100%押すじゃん。

その昔、地元にはライブハウスがなくて、ライブイベントは主に公共施設で行われていたのですが、公共施設なので時間厳守!1分でも押すと課金!ってことなんだと思う、絶対にチケットに書いてある開演時間に始まった。
ゲストバンドに時間を割くために地元バンドは演奏時間を極力減らしてた。1曲目終わって「こんばんはー○○です。ラスト」でもう1曲やって全2曲で終わったのには笑ったし男気を感じた。
ライブハウスのダラダラ進行を見るにつけ、あの頃のことを思い出してちょっとは見習えーと思ってしまう。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.26(Wed) 21:43

仮面の少女

電気グルーヴ「20」のDVD見ました。

メニュー画面がこわいいいいいいいいいいいい!

「タランチュラ」そういえば宇川さんが電気のPVやるのってこれが初めて?タランチュラかわいいなあ。

「電気グルーヴ20周年のうた」はおなじみ天久。歌の世界を無理矢理漫画化!
冒頭の本棚に並んでる本のタイトル載せてるところないか探したけどなかったから載せてみる。

だっちゅーの(ハート)ゲッツくん
小部屋からダイオキシン
後輩宇宙人ウィッスくん
弾けないギターを弾くんだぜ
モノノノケダンス
恐縮です!ナシモトくん
うんこ革命だし男くん
ドカデカ
?(読めない)
中年パンク
おわり人間ドイドイ
よりぬきアミノさん
サーキットの女将
死んだらナンジャラホイ
こち蚊
バリ島!いたずらバアさん
抽象画のダンナ
樹海少年ZOO1
カフェ・ド・鬼
前髪タラちゃん
聖☆おじさん

一冊だけ実在の本が混じってる。

「ピエール瀧の体操42歳」瀧老けたなあ…。(しみじみ)このまま5X歳6X歳と作り続けていって欲しいものです。

「みんなの体操」はあれか。ブルーバックで踊って合成しろということか。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.25(Tue) 22:08

TETSUOのライブ…!
ああでもSPANAMが長らく活動していない現状ではとても見れそうにありません。
本音を言うと胸中穏やかじゃないのです。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.24(Mon) 21:57

2009/8/22(土) みちのくプロレス「鉄人」第9戦@八幡平市西根地区体育館

今回の会場はそのまんま、まちの体育館でした。暑いかなと思ってうちわなど用意していったのですが、この時期になるともうすでに肌寒いんですよね…。

前説ではパンチ田原リングアナによる、北上市出身のはずの剣舞の地名が読めない話(やはただいら)、練習生のぐんじあゆむ君との物販紹介などがありました。

今回から気仙沼二郎選手が現場復帰。試合出場は無いものの歌を披露。なんでも欠場中はCDが1枚も売れなかったようで…。更にパンチさんが3回くらい「沼二郎さんサインください!」と言われたとか。パンチさんいわく「私の方が高いパンチパーマをあてている」とのこと。

第一試合
◆ 〇大間まぐ狼(10:37片エビ固め)剣舞●※卍落とし
結果の芳しくない同士の対決。
剣舞は全敗とはいえ決して「弱いなあ」とかそういうイメージはなく、残念な結果ではあったものの、今回もかなりのファイトを見せていました。
試合後にまぐ狼から差し出された手を剣舞は叩きました。私には払い除けたように見えたのですが、はてさて。

第二試合
◆ 〇南野タケシ(9:56片エビ固め)ken45°●※ネンジー
鉄人シリーズの見所のひとつが九龍同士の対決。私が見れた九龍対決はこれだけ。
壮絶なビンタ合戦から場外乱闘、ヒール同士の試合ということでこわさも倍増。会場の外まで飛び出す始末。これまでコミカルな面を感じていたkenにも今回は全く感じられず。悪くない。
試合後はお互いを称え合っていました。

第三試合
◆ ラッセ、日向寺塁 対 ヤッペーマン1号、2号 対 佐藤秀、佐藤恵
  〇佐藤秀(17:35エビ固め)ラッセ●※ゾンビキング
バカ兄弟は例の九龍ラッセマスクを被って登場。(だからふたつあったのか!)リング上には「ラッセが三人」に。
3WAYマッチということで当然混戦。序盤で試合に入り込めず、取っ組み合う塁とヤッペのどっちかを前に「どうしよう」とオロオロする恵。珍しいものを見た。
これまた珍しく暫くリング上にいましたが、やはり場外乱闘へ。恵とラッセがペットボトルをぶつけ合い、恵が客席からコーラを調達するもなぜか恵がコーラまみれになっている。秀は何か赤くて長いもの(なんだあれ?)をジャイアントスイングのごとくぶん回して大騒ぎ。
塁はパイプ椅子攻撃を受け、ラッセもコーナートップからの見せ場をパイプ椅子攻撃で邪魔される。一緒に持ってきた竹刀はとくに使ってなかったけど、パイプ椅子は大活躍。そういえばヤッペも何やら長い竹ひごのようなものを持っていましたが。
ヤッペが動かなくなったパートナーに「1号ー!しっかりしろー!」とかやるんですが、それをラッセだか塁だかにもやってて、一瞬3WAYだかなんだかわからなくなりました。
ラッセ塁組が決めてくれることを期待してたんですけどねー。最後は秀がラッセにゾンビキング。
今回も佐藤兄弟がラッセを九龍に勧誘。この二人は弁が立つなあ。
「このマスク高かったんだぞ」「ふたつも作ったんだから無駄にするな」
そして「こっちはぬるま湯だぞー」ぬるま湯の方がいいのか。
「正規軍はルールでガチガチじゃねえか。こっちは自由だぞ」
もちろんラッセは「絶対に入らない」と高らかに宣言。
最終回答は新木場へ。

第四試合
◆ △フジタ“Jr”ハヤト(15:00時間切れ)野橋真実△
別に第一試合がどうこうってワケじゃないですけど、さすがトップ同士の戦い。
壮絶な締め上げ合戦は野橋の2カウントで時間切れのゴング。白熱した!
退場時の野橋の超くやしそうな姿が印象的でした。

第五試合
◆ ●ザ・グレート・サスケ(2:31変形キドクラッチ)大柳錦也〇
超スピード決着。なんだかボンヤリしてたら試合が終わってたという。正直、序盤のフォールは返すものだと思い込んでいたので…。
短かったけど大柳のロープを使った卍固めやサスケの逆トペなども出て濃い試合でした。いやーびっくりした。

県内(?)サーキットはこれにて終了。最終戦は新木場にて。
サスケとハヤトが勝ちでハヤトが優勝よりは、
野橋とハヤトが勝ちで同点決勝が面白い。
それかサスケが勝ち・ハヤト引き分けの同点決勝か。
もしくは、大柳が勝ち・サスケ対野橋が両者リングアウト・ハヤトが負けだと、
野橋・ハヤト・大柳での最終決戦になるのか!でもこれはないか。

最終戦の結果が楽しみです。

今回の試合で、私が抱えていた九龍に対するモヤモヤの回答をスコンともらえた気がした。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.08.22(Sat) 23:59

電人ザボーガーで画像検索するともう大分混じってますが

電気グルーヴ「20」

なんかもうUFOとかVOXXXとかあの世界ですよ。
「電気グルーヴ20周年」の脈絡の無さといったら!
最初歌詞カード見ないで聴いてたら「Hero ヒットマン」が「○○○○な」(ウルトラ自粛)にきこえてドッキリしてしまった。実際違ったんだけど。狙ってたかもしれないけど。
「タランチュラ」の奇譚クラブな世界が妙にエロい。
それと「エンジのソファー」はどんなプレイだよ。(怖い 怖い 怖い 怖い)ってホントに怖いよ!
「ピエール瀧の体操42歳」における「だからピエールさんの方がいいのにな」のリフレインからのドラマチックな展開に大爆笑。同じくドラマチックな展開でも「かっこいいジャンパー」は感動的なのに!
あんだけありがたがっていた「石野卓球が歌う」ということも当然になってきた。良いことである。

さっ、ボーナスディスクを大活用できるくらい聴きこむぞ!
(きょーび「instrumental」とか「Out Vocal」とかしないで「カラオケ」とするセンスがたまらん)
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.20(Thu) 22:26

正しいヒーローソングの条件

は、
・ヒーローの名前そのものが入っていること
・必殺技の名前が入っていること
だとかなんとか。

MANGAHEAD「AMON-デビルマン黙示録 SOUND EDITION」
今度ライブを見る機会があるので引っ張り出してきました。
サウンドトラックなのに1曲目のバラード調の歌に???
あとの曲はちゃんと「デビルマンのサウンドトラック」って感じでした。
これ予習になるんかいな?

私ってばかっちょいーデビルマンの絵描く人って寺田克也だと思ってた。
デビルマンは韮沢靖ですね。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.19(Wed) 21:59

カール

電気グルーヴ「662 BPM By DG」

ミニアルバムだったとは。知ってる曲ばっかりだ!初めて聴いたのはLEE(…)とD・E・Pか。
同じ曲でもアレンジが違うとこんなに時代を感じるものなのかと。Flash PapaとMENTHOLEですら思うんだもんなあ。
かといって聴かなくてもいいかというとそうではなく、歌詞がね!
電気ビリビリ。オリジナルと歌詞が違うことは知ってたし、死体かスカトロってところまでは予想しできてたけど、はっきりしてスッキリ。それでも一箇所消されてますね。「この土人」と予想。「死後二週間の腐りかけ」って言葉としては最低だけど響きとしては最高だ。
ウィアー。冒頭の歌詞「電気の?覚えろよ」ってところ、支離滅裂で意味ナシだと思っていたけどそうじゃなかった!花電車か。まるっきり違ってる瀧パートは聴き取れません。
んでN.O.じゃなくて無能の人。LESS THAN ZERO。ビタミン以降のバージョンの方が収まりがいいけど、
「しかたないなとわかっていながらもどこかいまいちわりきれないよ」より
「いきるすべだとわりきりながらもどこかいまいちやりきれないよ」の方がストレートで響くなあ。
すごく好きだ。若々しい歌唱力もめーちゃーくーちゃーいい!
いんや聴けてよかった!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.17(Mon) 21:33

2009/8/15(土) みちのくプロレス「鉄人」第5戦@花巻市なはんプラザ

再開してからの3連戦目。
会場は多目的ホールみたいなところでした。涼しい?。
やはりゴザシートの方がいいですね。

第一試合
◆ 〇大柳錦也(9:07エビ固め)大間まぐ狼●
まぐ狼がハードロックハレルヤで入場して続けて大柳がハレルヤで入場して、おお!と膝を打ってしまった。
この二人がやるとシリアスだなあ。中盤からのバックの取り合いがすごかった!
まぐ狼は立ってるだけでこわい。動くともっとこわい。別にラフファイトしてるわけでもないのに。他の九龍と違ってなんつうか…コミカルさとか愛嬌がなくて(ってまだそういう面を見れてないだけかもしれないけど)単純にこわい。

第二試合
◆ ●ラッセ(7:10片エビ固め)ken45°〇ブレイクザハンマー
kenは青いマスクを持って入場。
kenのコーナーでの反則攻撃(?)をレフェリーの佐渡さんがkenのトサカを掴んでほどいたのには笑った。客からは佐渡さんにブーイングが。
kenも言ってたけどラッセは絶不調だなあ。

第三試合
◆ 〇フジタ“Jr”ハヤト(10:02体固め)剣舞●ヘルム
これはアツかった!剣舞勝つんじゃないか?!と思うほどの健闘っぷりに超沸いた。
終了後、剣舞のコールドスプレーをハヤトが奪って自分にプシュー。剣舞の顔にもプシュー。やってることはヒドイけどハヤトお茶目だな。
休憩で一旦会場外に出たら剣舞がフラッフラでスタッフに抱えられていた。だ、大丈夫か…?

第四試合
◆ 〇ザ・グレート・サスケ(11:31片エビ固め)日向寺塁●ラムジャム
サスケがとんでもないことになっている。誰かサスケをとめろ!
塁は左手を痛めていたようで、サスケはそこを重点的に攻める攻める。
後から知ったけどなんと骨折していたようで!負けたとはいえ、それであのファイトはすごい!全然わかりませんでした。

第五試合
◆ 野橋真実、ヤッペーマン1号、●2号(14:55片エビ固め)佐藤秀、佐藤恵、南野タケシ〇デスバレーボム
キャスター付きの椅子に座って入場してゴロゴロゴローと会場を一周して椅子ごとリングインしてコール終了と同時にわーと突っ込んでった秀はバカだと思いました。
ヤッペもステンレスのカゴだのハンガーだの凶器を持って入場したのですが、ホワイトボードだの自販機の横に置いてある満杯のゴミ箱に比べるとかわいいもんです。もちろん1号の頭からブチまけて中身は客席に散乱ですよ。
そういえば、折角片したゴミ箱を秀(多分)がコーナーまで持ってって、セコンドにいた他の九龍となにやらごにょごにょ話すと、他の九龍が一旦引っ込んで間もなく手袋をはめて戻ってきた。てっきりセコンドから缶をぶつけるのかと思ったんですけどね。特に何もしなかったのであれはなんだったのかと。
この試合は場外乱闘がすごくてもうどこを見ればいいのやら。逃げるのも大変で、会場は涼しいはずなのにすっかり暑くなってしまいました。
恵がよく「こいつ動かねえぞ!」とか「死んじゃうぞどうすんだよおい?!」と言うのは、対戦相手への声援を引き出すテクニックなんですね。やさいしいなあ。
試合は南野が2号をフォールして決着したのに、リング内では九龍が正規軍を暴行。これがお客さん静まり返っちゃってブーイングもないもんだから、ただただ悲惨なだけでした…。そこへラッセが介入して九龍を蹴散らし、九龍には絶対に入らないことを宣言。これまだ続くんかなあー?絶対入るなよ!

しかし、客の反応が悪かったとはいえすごいグダグダな終わり方だった…。やはり最後はサスケ会長の「(前略)不滅だー!」でシメていただきたいものです。

サインボールはいつも期待していないのですが、わりと近くにころがってきたのが誰にも拾われなかったのでちゃっかり頂いてしまいました。ヤッペ2号のでした。

それと九龍が全員(佐藤兄弟はハナから頭数に入れません)サイン会に立ちました。「世にも珍しい大間まぐ狼のサイン会を行います」に思わず苦笑。皆さんいたってフツーに握手にも写真撮影にも応じていた模様。
販促とはいえプロレスのこういうファンサービスはいいですねえ。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.08.15(Sat) 23:59

私は如何にしてプ(ry そのに

「タダなら見たいけどお金出すのはちょっと…」ってのがあって、プロレスもそのうちのひとつでした。失礼な話である。
昨年、その機会がめぐってきたんです。近所の体育館にみちのくプロレスのチャリティー興行がやってくる!おおおこれは行きたい。都合がついたら行こう。
で当日。コロッと忘れてしまいました。何の用事もなかったのに!

そのことも忘れかけていた今春。
バイクで駅までの道をビビビと走っていて目に付いたのが西口プロレスとみちのくプロレスのコラボ興行のポスター。前に知人が「西口プロレスのDVD買わなきゃ!」と言っていたのを思い出して、行こうかどうしようか散々迷って結局前日にチケット買って行きました。
これがすんごく面白くて、そりゃ笑いに重点を置いてるから面白くて当然なんだけど、みちプロ選手のファイトっぷりにもすっかりやられてしまい、みちプロの興行にも絶対に行ってみよう!と心に決めたのです。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.08.13(Thu) 22:41

全く見かけないのとどっちがいいか

最近買ったCD

1.電気グルーヴ「662 BPM By DG」
2.ORBITAL「ORBITAL」
3.POP WILL EAT ITSELF「THE LOOKS OR THE LIFESTYLE?」

1.なまじ「あまり」見かけないので、どこでも少々高めの値段設定に躊躇していたのですが!投げ売られてたー!やったあああああ!これでアルバムコンプリート。
2.名前はモチロン知っていますとも。
3.電気が結成するにあたって「こういうバンドをやりたい」と思っていたのがこんなようなような名前だったような気が。

これも売った人同じだろ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.12(Wed) 21:25

2009/6/20

SONGS ARE OUR UNIVERSE AFTER

やっっっっっっっと公開!
8/5と6はいまかいまかと何度もチェックしてしまいましたよ!
待った甲斐があるってもんです。素ん晴らしいボリューム!

ぶっちゃけ、コメント募集とかそんなのいいよ早く公開してよと思ってたけど、
んでコメント読んで客って結局身内かよ!とか思ったけど、
私と同じような立場の人からのコメントもあって嬉しくなりました。
「全員の揃っていないSJMを観ても」と書いた人の誠実さにグッときた。

メンバーの写真では
しのぶちゃんのミニスカ姿をあらためて堪能し、
ステージを這い上がったところしか目撃できなかったつつのステージダイブを再確認し、
いちばん近くで見ていたKEIKOちゃんはそうそうこんな顔して、まあるい目でフロアをじっと見て歌ってたっけとあのときのことを思い出しました。
しっかしまあアップで見てもほんと老けないなー。10年前のだとか言われてもわかんないよ。

そしてオーディエンスの写真が面白い。
会場にいたときは気付かなかったけど、ホントに年齢層が高い。
ありえない方向に体曲がっちゃってる人とかいるんですけど。

こうなるとやはり当日の模様がパッケージされることを期待してしまうね!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.08(Sat) 01:55

アー写とかって

電気グルーヴの宣材写真が一挙公開中!
コチラ

だいたい見覚えのあるシチュエーションだけど見た事のないパターンもあって面白かったー!

1993の1枚目、顎鬚に青いキャップの卓球って1995あたりじゃない?シングルで虹出したあたりかPARKINGのあたりか。
2007の卓球って絶対寝てると思うんだよね!この写真見て「卓球ずいぶんとエラソーにふんぞりかえってるなー」と思ったら、何かの雑誌のインタビューで「寝てるウチに写真を撮られて…」みたいなことを言ってて、思い浮かんだのがこの写真だったという。あれ寝てたのかと。

当時あんなにかっこいいと思っていたのに今見るとそうでもないな…まりん。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.06(Thu) 22:58

私は如何にしてプ(ry そのいち

プロレス自体は10年位前にちょこっと見てました。nWoJAPANとかTEAM2000とか橋本vs小川とかそこらへん。といっても深夜放送を見てただけなので、新日と全日のちがいもよくわからなかったし、どの選手が好きとかもありませんでした。
その割には深夜番組で「コロッセオ」という格闘情報番組があって、これを見てたおかげでなんとなくインディー団体や女子プロのことも知ったり。毎週楽しみにしていたこの番組も終わってしまい、いつの間にかプロレスはもとより格闘技への興味がなくなり…。

元々格闘技自体は好きなんですよ。ボクシングもK-1も夢中で見てました。タイトル保持者とか主要選手とかちゃんとわかってるくらい。これまた10年位前の話ですけどね。

一切見なくなったこれといった理由はないんですが、今思うに当時一大ムーブメントを巻き起こしていた「総合格闘技」を面白いと思えなくて、それが他の格闘技にも波及したのかなと。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2009.08.05(Wed) 23:53

ODしただけだろうとはいえ

お塩大先生とかいって面白がってたクチですが。
こ、こわすぎる…。まじで笑えねえ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.04(Tue) 23:08

ファジコンのこと

ちょっと古いですが。
ドリカム×ファジコン「その先へ」進むシングル発表
ナタリー

FUZZY CONTROLはですね、あんまりこういう言葉は使いたくないんですが、真剣に売れて欲しいバンドなんですよ。
「若いのに実力派」なんておっさんらに評価されてるような場合じゃないんですよ。
中高生が聴いて憧れてバンドを始めるような、そんなお手本になるべきなんです!
あんなにポップでロックで巧いのになんで人気が出ないのか、このバンドのことを考えるたびにつくづく「運」だなあと思います。

今のドリカムの人気の程とか、客層とかわかんないですよ。でもこれでファジコンの名前を知った人は少なくないだろうし、ファジコンのライブを見に行こう!と思った人だっているにきまってる。

もう地方で数少ないお客さんを前に集客が悪いことを嘆いて謝って欲しくないんです。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2009.08.03(Mon) 22:35

2009/8/1(土) みちのくプロレス「鉄人」開幕戦@北上市さくらホール

はじめに。
追々書くつもりですが、私はプロレス観戦を始めてからまだ数ヶ月しか経ってません。今回で3回目です。専門的な知識はまったくなく、これから熱心に勉強するつもりもとくにありません。
というわけで、これはレポートでなくて、感想文です。

さくらホールの中ホールってあんなコンサートやるようなところでどうやってやるんだろう?と思ったら、ステージにリングを設置して、お客さんはフツーに座席から見るという、まるで観劇しているかのような気分でした。

下手側の通路と上手側の通路が花道になっていて、花道のある方になんて座ったことがないから今回は入場が間近で見れてラッキーでした。

今回一番楽しみにしていたのはヤッペーマンvs佐藤兄弟。今シリーズでは毎回見れるんですがね、佐藤兄弟のタッグ初観戦なので。
期待に違わず、ほんっとーに面白かった!入場から大笑い。あんなイレギュラーな会場でも客席乱入の場外乱闘はしっかりやるし、客もキッチリ煽る!
秀のステップキックもサンドイッチキックも生で見れて感激ー!思わず拍手!しかし、ここ数ヶ月の勉強で観戦マナーとして「ヒールにはブーイングを」ということを覚えたので、はりきって一生懸命ブーイング!声援はヤッペに!ヤッペの息の合った空中技にも見入りました。
結局は佐藤兄弟の勝利で、花道から退場するふたりにもブーブーやってたら、そのせいなのかたまたまなのか、恵が私のところで立ち止まって、ペットボトルの水をグビグビやったかと思うとおもいっきりふきかけてきやがった。ぎゃあああああああああああ!!!!!そしたら続けざまに秀まで水を口に含み、来るか?!と思ったらにやあと笑って口からだばだばーと秀の足元水びたし。
そういうことをやるのは知っていたし、実際に他の客がやられてるのを見たことはあるけど、まさか自分がやられるとは。

鉄人では、日向寺塁vs大柳錦也が面白かったです。客からのリクエスト(?)での体当たり合戦や技の返し合いなどなど。結局引き分けでしたが、時間いっぱい楽しめました。

ken45°もよかったです。もっとこわい感じかと思ったら、意外とコミカル。剣舞がkenのトサカを掴んで「掴んでる掴んでる!」とアピールしたり。

まぐ狼はかなり早い段階から「(これで)終わりだ」と普通のトーンの声で何度も言うのがなんだか妙におかしかったです。大声で言うでもなく。
試合後、敗者のラッセを九龍に勧誘しましたが、軽くあしらわれました。

南野と野橋は頭突き合戦が面白かったです。野橋の方が堅そう。

メインのサスケvsハヤトは、サスケのラフファイトにびっくり。サスケの方がヒールかと思うくらい。でも座席にハヤトの頭を打ち付けるときにちゃんと座席を倒してクッションのところに打ち付けたのは…。
引き分けという結果にサスケからは「次回白星を挙げれなかったら考えなければならない」という気になる発言が。「それはそのときになったら」だそうです。

「ヒールにはブーイングを」といっても、鉄人シリーズのような場合は一体どうすればいいのでしょう?
試合内容はいたってクリーン。いくらヒールとはいえ、正々堂々と戦っている選手にブーイングするのもなんか気が引けるし、かといって声援を送るのもどうなのか…と、結局応援もブーイングもできずに、静観状態になっている自分をいやだなあと思いました。
ken45°くらい、フツーに戦っても憎々しいとブーイングもできるんですがねえ。まぐ狼とか南野とか、とくにハヤトなんてむしろブーイング受けてるところを見たことがないような。どういう立ち位置なんだろう?

鉄人シリーズは、当初はとりあえず一箇所行ってみようと思ってたのですが、んでもって今回は当初の予定ではなくて、だからあと一箇所と思ってたのですが、すごく面白かったのでもう一箇所行こうか考え中。
プロレス観戦記 | CM(0) | TB(-) 2009.08.01(Sat) 23:59
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード