« 2021 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

牛乳石鹸

コロッケのコンサートに行ってきました!
ものまね番組なんか全然見ないしコロッケのファンでもないけどずーっと行ってみたかったんです。そんな念願のコロッケのコンサートがコロナで延期になってどれだけ待ちわびたことか!無事に開催されて本当によかった!

いやもうすごかったです。テレビでおなじみのネタも生で見ると圧がすごい。それを2時間ほぼノンストップ。EXILE TRIBEとかBIG BANGとかご年配の人はわからないような新ネタもバンバン飛び出す。
客層を選ぶネタを強引に掛け合わせてどっちかわかれば笑える状態に持っていくのが本当に面白くて、武田鉄也×香水はわかりやすく面白かったけど、森進一×エヴァンゲリオンはエヴァを知らない私ですらディテールの細かさに知ってる人は抱腹絶倒ということが簡単に想像できました。
河村隆一にSMAP中居、楽しみにしていたネタは数あれど、なんといっても五木ロボ。前にテレビ番組「芸人先生」でコロッケが五木ロボの進化について講義してたんですけど、私はこれに大変感動しまして。それをふまえて見るとまさに最新VFXで描かれたロボットが目の前にいるんですよ!笑うよりなにより動きのすごさに呆然。SEにないはずの油圧の音まで聞こえてきそう。人間ってあんな動きができるんだとただただ感心しきりでした。
コロッケは歌ネタの人じゃないと思うんですけど、歌がべらぼうにうまい。うますぎて尾崎豊はそんなにビブラートかかんないよってくらい。声量もハンパないし、まともにやるコーナーやまともに歌うコーナーでは聴き惚れてしまいました。福山雅治とかフランク永井とかの低音ボイスなんかもうとろけそう~~~。声帯模写も素晴らしい。一番すごいと思ったのが平井堅大きな古時計の「ぉお」だけでもう平井堅だとわかる。でもそうそうまともに聴かせてくれないのがコロッケなんだよね!
自分のネタに自分で笑っちゃってんのもおかしくて、アドリブが暴走して見せ場に間に合わないのもご愛敬。MCの類は多分全てがネタバレになるだろうから書かないけど、自分で話した内容にお客さん置き去りでツボっちゃってたのが面白かったです。
コンサートならではの企画としては三味線と尺八の一流プレーヤーとのコラボ。お客さんには一流の演奏をしっかり堪能させて、その後の細川たかしのネタに絡ませる演出がお見事。プロが本気でふざけるのって最高。バックダンサーの皆さんもしっかり「お仕事」されていました。カポエイラ取り入れたダンスめっちゃかっこよかった。米津玄師のアレは聴くたびに思い出しそう。
オーラスの北島三郎では巨大バルーンも登場してド派手な演出に大満足!選曲が「まつり」じゃなくて「千本桜」なところにも進化を感じました。

前説でのお願いにもあったようにこのご時世大爆笑というわけにはいかないとはいえ、堪えるにも限界が!!!
笑うのと同じくらい感心することも多くて、現にあまりのソックリさに第一声で客席がざわめいたり、ワンフレーズ終わりに拍手が起きたりといったことが何度もあり、この素晴らしい芸の数々をコロッケ一代で終わらせてよいものか、伝統芸能のように受け継がれ未来永劫保存されるべきではないかと真剣に考えてしまいました。いやまあそもそもコロッケのものまね自体が進化を続けているんだから保存なんて無理な話なんですが。40年の歩みで紹介された数々の受賞歴に大納得でした。
次に行くときは思う存分声出して笑っていい世の中になっていますように!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2021.03.17(Wed) 21:44

指ハート

OUTRAGE。

延期になった3月の振替公演。
舞台界隈では当日になって中止なんてザラだし、プロレスでは試合開始時刻2分前に中止になったケースもあったので、ヒヤヒヤだったけど無事に開催されました!延期になったおかけで新作もバッチリ聴き込めたし!

感染防止対策のため座席指定だったわけですが、フラットだからどんなもんかと思ったけど予想外に見晴らし良くて嬉しかった。丹下さんもちゃんと見えたし!丹下さんといえば…ミーハーですみません、アンコールで橋本さんがドラムを叩いて丹下さんがボーカルをとるという激レアシーンがあって丹下さんが前に出てきたんだけど、まあー美しい体してらっしゃる。全然キレてないのに大胸筋は程よく盛り上がっていてたるみもない。うっかり見惚れてしまいましたわよ。
橋本さんは「こういう状況にももう慣れた」と言ってたしゴニョゴニョな「独り言」もあったからやってる側はテンション上がんないだろうけど座席指定めっちゃ楽~。例の三曲をあんなに落ち着いた状況で聴けることなんてそうそうないよ。いやどうせヘドバンしててステージ見てないけど!ライブ中もそうだけど待ちの時間に椅子に座れるのがありがたい。いかに荷物を減らすか薄着で行くかに苦心しなくてもいいし。とくにこの季節はね!

新作リリースに合わせたツアーということで新作中心に各アルパムの代表曲+αという感じ。3人時代の曲はもうやらないということはいいかげんわかった。新作で一番聴きたかった「Blood And Scars」が聴けたので満足です。マイブームの「06 Hysteric Creatures」が聴けなかったのは心残りです。「Science Spirit Hits」とかライブだからこそ魅力に気付く曲があるのもいいですね。
タメにタメての「YOU SUCK」は何度見ても心臓が止まりそうになる。2回目のアンコール曲だけわかんなかった。OUTRAGEらしからぬ曲というか。ミラーボール回しちゃったり。橋本さんのメッセージもよかった。

ステージの凶悪さとMCのゆるさのギャップもOUTRAGEの魅力。事細かに書くとミーハーなのもいい加減しろって感じなので書かないけど、おじさんたちのかわいい姿堪能させていただきました!
橋本さんがRISEの時に思い出し笑いしてた動画ってこれのことか。

いつもと違う状況に不安が大きかったけど楽しかったー!ライブ行くようになってから年間1本たりとも行かないということがなかったのでOUTRAGEのライブがあって本当に良かった!冬を迎えたこのタイミングはギリギリセーフだったかもしれない。開催してくれてありがとう!

と、キレイに終わりたいところですが、本人たちとは関係ないところでの不満がありましてね。ステージ前張り付きの撮影スタッフはどうにかならんかったのかと。彼のせいで本来なら見えるはずの丹下さんが半分以上見えなかったのだよ!せめて同じ位置に留まらないようにするとか、腰をかがめるとか、客のことを考えてほしかった。プロレスのカメラマンを見習って!
私は舞台は劇場のものだと思ってるんです。だから宝塚の映像ソフトの差し替えや割愛も残念だけど納得はしている。映像ソフト化を見越して妥協するのは本末転倒。ライブだってライブハウスのもの!邪魔される謂れはない!
それから感染防止対策。事前告知はすごくしっかりしてると感心してたのに、蓋を開けてみると手落ちだらけ。来場者情報シートの返信メールの提示は求められなかったし、入場時の消毒はスタッフがスプレーしてくれたのはよかったけど少量過ぎて不安になった。退場時は消毒しなくていいのもどうかと思うし、規制退場も結局出入り口付近で屯ってたら意味ないじゃん。あと「声援や会話はお控えください」なんてどうせ守らないし守らす気もないなら書かなくていいのに。
ただでさえ気にしいなのに今後はこういう感情とも折り合いをつけていかなきゃならないのかー我ながらめんどくさい性格だなあ。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2020.12.15(Tue) 22:39

おなかたいせつに

超ーーーーーーーーーーーーお久し振りのUNITED。
最後に見たのは鉄アレイも出てたイベントだから…2007年?!12年振り?!まじで?!せめて8年振りくらいかと思ってた…。
湯浅に至ってはそれよりさらに前なんだよなあ…2004年に脱退してるからどんなに直近でも15年振りかーすげーなー中学校卒業しちゃうわー。
12年も経てばいろいろ丸くなってるだろうとそれなりに覚悟してたけどあんまり変わってなかった。湯浅は相変わらず歌舞伎役者みたいな顔してた。
でもベースの横山さんがね。大谷さん「久々に会ったバンドマンともお互い老けたねーって。楽屋でも病気の話ばかり。でも先輩バンドに負けないようにまだまだがんばりたい」という話の流れで「ひとり死んじゃったけど」なんてサラッと言うから切なくなっちゃったよ。
オリジナルメンバーがいないとはいえ一番古いメンバーでも30年選手、フロアもそんなに若くないのに、鼓膜破れそうな轟音に沸くフロアとそれを嬉しそうに眺めるメンバー、いい光景じゃないですか。
主催バンド曰く「ラウドシーンから若い子がどんどんいなくなっている」そうで、長年がんばってくれているバンドがいることをありがたく思う一方で、こんなライブ目の当りにしたら若い子は気が遠くなってしまうんじゃないかと思ったり。
いやでもホント干支周期でしか見れないとなるとこっちだって元気かもわからないのでもうちょっとコンスタントに見る機会に恵まれたいものです!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2019.11.21(Thu) 21:00

支配者

CRAZY KEN BAND。

音源チェックしてるわけじゃないけどライブに行ってみたい。そんなCKBがやってくるではありませんか!しかもみちのくプロレス観戦でいつも行ってる矢巾に!
PrimeMusicで聴けるだけでもかなりの量、当日までの期間も短かったけどできる範囲で予習して行ってまいりました。

横浜本牧埠頭コンテナターミナルをイメージした舞台セットがかっこいい。音源から受ける印象よりもだいぶ落ち着いたステージ。客席の年齢層も高く、着席で楽しんでいる人もチラホラ。手拍子をあおられるくらいで振付などといった楽しみ方の指南もなく、一見客にはかえって居心地いいかも。

「湧いてくるんだからしょうがない」とハイペースで20曲入りのアルバムをリリースする多作なCKB「できるだけ悔いが残らないように」と客席からリクエストを募るあたりキャリアの長さを感じさせます。このリクエストコーナーはおなじみのようで?スケッチブックでアピールする人も。「けむり」(※曲名)とだけ書かれたうちわを作ってきた人は剣さんにいじられてました。たしかにアイドルのコンサートにおけるうちわの用途はファンサービスのリクエストだもんなあ。正しい使い方。季節柄「タオル」はセットリストに組まれてるとニラんでたのに組まれてなかったからリクエストすればよかったー!

メンバーは剣さん以外構成すら存じ上げなかったのですが、11人の大所帯にビックリ!どこを見てもイケオジの中でやはり目を引くのは紅一点・コーラスのAyeshaさん!小麦色の肌が印象的なエキゾチック美人で「美女の尻をおいかけ回す」という寸劇の説得力といったら!「KARAOKE International」での昭和歌謡な歌い方のハマり具合も最高。文字通りステージに華を添えていました。
メンバーがピックアップされる場面も多く、のっさんのギターソロが始まると着席でゆっくり見ていたお客さんが身を乗り出したり、サックスにスポットライトが当たるとメンバーと一部のお客さんが手のひらを前に突き出して「まぶしい」のポーズをしたり。どの曲だったかでフリコピ完璧なお客さんがいてメンバーがそのお客さんを手本に踊っていたのには笑いました。しかも途中でついていけなくなるっていうね。そういえばツイストする曲で最前列のお客さんが剣さんからステッカーをプレゼントされてたけど、素敵なツイストでも披露してたのかな?

MCは基本的に剣さんが担当で話の流れでメンバーに振る感じ。剣さんとスモーキー・テツニさんの掛け合いは漫才みたい。いきなり二人で歌いだしたJackson5の「ABC、ABC、ABCったらABC」気に入りました。たまたま近くにいるからかなんなのかやたらと新宮虎児さんに相槌を求めるのもおかしかったです。

どんなコンサートにもローカルルールがあると思ってるんですけど、CKBは客席からメンバーへのプレゼントの直接手渡しがOKなんですね。次々とプレゼントが手渡されていく光景に唖然。一番驚いたのが割り箸に挟んだ壱萬円札!大衆演劇みたい!粋だわ~憧れちゃう。

CRAZY KEN BANDとしては初めての岩手公演のようで(剣さん単体だと安比のイベントで何度か来てるみたい)、スタッフ・メンバーの親戚・メンバーの別ユニットのメンバー(遠い)と、岩手との接点をひねり出してくれたのには泣けました。
ぶっちゃけ集客は厳しかったけど、それでも「また来たい。もっと大きな会場でやれるようにがんばる」と言ってくれたメンバーには感謝しかありません!個人的に心残りなこともあったので、私もリベンジしたい!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2019.09.11(Wed) 22:22

七夕イブ

田村ゆかり。

ゆかりんのコンサートを最上階の最前列で見るという夢が叶いました。
眼下に広がるピンクの光の海はこの世のものとは思えないくらい美しかった。
曲に合わせてふわりと浮き上がりゆっくりと沈む、王国民が降るペンライトの統率された動きはもはや舞台装置。
歌と踊りでピンクの光を操るゆかりんに神々しさすら感じました。

4年振りのゆかりんはますますパワーアップ!近作以外からも初めて聴く曲もあり、定番曲なんてないんだなと、キャリアの長さとともに過去だけに頼らないバリバリの現役であることを再認識。
2016年に彼女を取り巻く環境が変わったときにもう精力的なステージ活動はしないんじゃないかと思った。だからこうしてまたゆかりんが笑顔でステージに立つ姿を観れたことが本当に嬉しい。彼女は間違いなく板の上の人です。

ゆかりんの地方公演に対する思いが聞けたのもよかった。地方公演とはいえ地方まで見に来てくれるファンが頼りだが、近場でないと見れない人もいると。「こう言うと地元民以外はどうでもいいのかとか思われるし、極端なんだよー」という言葉に気遣いと気苦労を感じつつ、遠征民・地元民にかかわらず想ってくれているゆかりんの気持ち、しっかり受け取りました!

しかし「にえ」にはびっくりした…。仕込みかと思ったらガチの王国民だったのね。2,000人の王国民を前に大好きなゆかりんにあんなことされたら生きて帰れる自信がない。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2019.07.11(Thu) 23:52
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード