« 2018 . 11 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

仏基一元

町あかり。

東北3daysの2日目のお寺ライブに参加してきました~。
きらびやかな内陣がそんまんまステージというものすごいロケーション。
オープニングアクトの地元バンドの最後の曲が「ナンタラカンタラっていう人」で、本人が出演するイベントでしかも新曲を先にやっちゃうってどうなのよ?!と思ってたら曲の途中でご本人登場!そうとなると話は別、思いがけず生バンドであかりちゃんの歌が聴けてラッキー!バンド側の申し出だそうで、きっとあかりちゃん本人にもファンにも思いがけないサプライズでした。
そのままなだれこむように「もぐらたたきのような人」からあかりちゃんのライブがスタート。心とピコピコハンマーの準備ができてません!
1年半振りのあかりちゃんのステージ、相変わらずのすてきな歌声とすてきな笑顔にメロメロ~。この日のお衣裳はツレいわく「ティンカーベル」ソレダ!あかりちゃんまじ妖精~。大きな花のイヤリングが左右で色違いなのもポイント。なにより一部畳敷きなので赤い靴下姿が拝めたのがもう…。
なかなかライブを見る機会がないのを言い訳に在宅活動もすっかりサボってしまっているので、もはやもぐらたたきとコテンパンくらいしかわかる曲はないだろうと思ってたけど、1年半前のライブで一度聞いたきりの「1000000kcalの年末」「最高のセットリスト」バツチリ覚えてました。さすが「一度聴けば覚える」通り越して「一番聴けば二番が歌える」キャッチーさ。会いたくて震えたことがない私も「わくわくインフルエンザ」には共感できる。
はじめての土地でのライブということであらためての自己紹介もあり、ものすごいロケーションでのライブにあかりちゃんも興奮気味?「東京でもライブやらせてくれるお寺ないかな?」お寺ライブはちょこちょこ聞くけどなあ。こないだもタモリ倶楽部でお坊さんバンドの特集やってたし。「クリスマスをレンジでチン!」をお寺で聴くという不思議な経験ができました。
ザ・ベストテンのコーナー、こういうのをやっちゃうのがあかりちゃんの魅力。本人が誰よりも楽しそうっていうね。「話を振っておきながら答えを遮る黒柳徹子」のネタもしっかり盛り込んでて笑っちゃいました。
あかりちゃんのライブに行くたびに思うんだけど、あかりちゃんのファンってほんっと大人しいよね。ベストテンのコーナーとかさ、初めて見たお客さんがポカーンなのは仕方ないとして、何度も見ているであろうファンの人も無反応なんだもん。いや、きっとステージから見ればみなさん笑顔なんでしょう!これはあかりちゃんの話じゃないけど、一見客にとって現場特有のノリが恐怖の対象になったりする一方でファンのみなさんから「お約束」を学ぶこともあるので、もうちょっとお手本になってくれたらいいのになーなんて…。あかりちゃんはピコピコハンマーとごく一部の曲での振付くらいしかないよね。ある意味自由ってことか。ラストがもぐらたたき2回目でアンコールがもぐらたたき3回目ってのが自由極まれり。ピコピコハンマー大活躍で持ってきた甲斐があったよ!リクエストがあがってだけど欲を言えば私も正調ナンタラカンタラ聴きたかったなー。

本当に素晴らしいロケーションでの素晴らしいライブに大満足!帰り道スキップしたくなるくらいウキウキでした。
あかりちゃん本人も言ってたけど、縁のない土地であかりちゃんのライブが見れるなんて、呼んでくれた主催者には感謝してもしきれません!もちろん、来てくれたあかりちゃんにも!また来てくださいなんて言えないけれど、希望くらいは言ってもいいよね、「縁はないけどときどき行く土地」になってくれたらいいな!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.10.09(Tue) 23:32

正道

純烈。

コレが前フリみたいになっちゃってますけど!公式サイトのスケジュールのぞいてみたら近々近場で公演があるじゃあないですか。隣の芝生は全部青い。行くしかないってことで行ってきました。
「おしゃれ歌謡コンサート」というすてきなタイトルのイベントには純烈の他、川上大輔と花園直道が出演。チラシの画像からしても純烈がメインで他の2組は前座的な役割かと思いきや、純烈45分、川上大輔30分、花園直道45分の純然たるイベント形式でした。フィナーレで出演者全員が登場するのはライブイベントにはなくておトクな感じ。
おトクといえばロビーでサイリウムが1本100円という儲ける気ゼロどころか消費税分ボランティアかよと思うような値段で売ってました。

純烈はトップバッターで登場。みなさん高身長なので会場後方からでもよく見える。衣装のジャケットは宝塚基準だと三番手かな。(総スパンで襟だけスパンなしだと三番手、襟が縁取りスパンだと二番手、襟も総スパンだとトップ)
LiLiCoとの結婚が話題になった小田井さんしか知らないので他のメンバーにも注目するぞと意気込んだのに、ただでさえLiLiCoの旦那なのにひときわデカイ体でモーションもデカイから結局小田井さんばかり見ていたような。「プロポーズ」はサビの手振りには思わずベイベー兼キッシーズの血が騒いでしまいました。
「ひとりを除いてかつて地球を守っていた」ということで変身シーンを交えた自己紹介も面白かったです。背の低い順からなのも「あれ誰だったっけ?」の答え合わせがしやすくて助かる。人の顔覚えるの苦手だから、とくにイマドキのイケメンなんてみんな同じ顔に見えるから友井さん・白川さん・後上さんの顔の区別がつかなくてね…。友井さんは「背が低い人」(つったって178cmもあるのよ!)で覚えられたけど、白川さん・後上さんは後にPV何本か見てなんとか覚えた始末。優男っぽいイケメンが後上さんで色悪っぽいイケメンが白川さん。これで覚えました。
みなさんトークも上手で感心したけど、中でも小田井さん、自己紹介前はまったく口を開かなかったので無口な人なのかなと思いきや絵に描いたような関西弁バリバリの面白トークでした。
私知らなかったんですけどね、純烈の公演では必ず客席降りがあるそうで、3曲丸々使って1000席弱の会場をくまなく回ったわけですが、たまたま目の前通路の席を取ってたので身を乗り出したりと積極的にならずとも握手ができてとってもラッキーでした。こんなに間近でイケメンが拝めるなんてありがたや。汗だくの小田井さん、お客さんから差し出されたハンカチで汗をフキフキ、両ワキと股間も拭うしぐさを見せて笑いを取ってました。
思いがけずメンバーとふれあえて嬉しかったけど、曲をもっとちゃんとじっくり聴きたかったなあと思ったのも正直なところ。どうしてもソワソワしちゃうからね。
メインボーカルの白川さんの他、小田井さんと酒井さんにもソロがあって、小田井さんはクセあるけどめっちゃうまい。歌い上げる姿に拍手が起きてました。酒井さんは素直にめっちゃうまい。正直なんで酒井さんがメインボーカルじゃないの?ってくらい。や、白井さんの落ち着きのある優しい歌い方はコーラスグループのメインボーカルとしてはふさわしいと思うけどね。適材適所ってことか。
45分のステージ、全っ然物足りなかったです。ワンマンか完全にメイン扱いのイベントに行くかせめてツーマンにでもいくかしないと満足できそうにありません。今後もスケジュールは要チェックですな。
「スーパー銭湯アイドル」というコンセプトが面白くて興味を持ったから自分でもそう思ったのが意外なんだけど、本拠地(?)のスーパー銭湯でよりも豪華なセットと生バンドの大きなステージでこそ見てみたい。広い空間埋める力全然あるある。NHKホールでのワンマンが現実のものとなったら客席降りに10曲くらい使うことになりそう^^;
今年こそ紅白が見えているそうで?!年末の楽しみも増えました。

他の出演者のこともちょろっと。

二番手は川上大輔。てっきり演歌歌手かと思ってました。ひと言で表すならば、新型徳永英明。こういうイベントに呼ばれるってことはポジション的には歌謡曲の人なんだろうけど、私には本人が尊敬しているという徳永英明や平井堅、直太朗や秦基博あたりとの違いがわかりません。
いわゆる中性的なハイトーンボイスが特徴なわけですが、マイク無しでも会場後方に届くほど声量が素晴らしく、本人その気になればハードロックだっていけそう。この声なら襟裳岬もよさそうだなあー。
しっとり聴きたいバラードが多かったけど、「持ち歌の中で一番うるさい曲」という「恋のメラギラ」がかーなーりーかっこよかった。メラメラギラギラとは程遠い優しい声で情熱的に歌うギャップが醸し出す色気よ。振付講座も楽しかった。ウィッシュ!
いやホント、歌謡曲とポップスの境界線について考えてしまいました。もはや所属事務所如何?

トリは花園直道。日本舞踊を新しい切り口で見せるスタイルとでもいいましょうか、こういうの初めて見るので楽しみ方を模索した結果、宝塚のレビューのワンシーンだと思えばいいいいじゃん!ちょうど女性ダンサーも二人いるし!と。
マイケルジャクソンをフューチャーした場面はすごくかっこよかったけど、客席の多数を占める年配のお客さんがおいてけぼりになってないかちょっと心配。長いし。こういうのは海外ウケしそう。
踊りだけの人なのかな?と思ったら、歌と津軽三味線も披露、なかなか見応えのあるステージでした。

フィナーレでは出演者全員登場。横一列に並んでみると、みんな背高すぎ!川上大輔さんも高身長なのね。壮観でございました。

純烈以外の出演者も楽しめたので行ってよかったけど、結局気になる現場が増えただけだ!純烈もまた行かなきゃならないし!(使命)
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.09.26(Wed) 21:24

四番目の女

クリトリック・リス。

「シネマの光」が絶品だった。ピンスポでの静かな時間から「シネマ死ね」で一気に情報量増える展開に全身の毛穴開いた。前回もやったの覚えてるけどこんなにすごかったっけ?そこからの1989の流れも最高だった。でもやっぱり今回も泣けなかった。1989では泣けなかったけど(50歳くらいになったら泣けるかな?)、「お父ちゃんとの日々」で泣きそうになった。「父ちゃん起きてえな」なんであんな歌い方ができるんだろう。今思い出しても泣きそう。
「味噌汁」はなー!スギムさん自身のことを歌ってるんだろうけど、多くのバンドマンは共感しかないだろうなー!ただ、「サブステージの王様」にすらなれてない人がほとんどなわけで、むしろ羨ましく思うかもね。
「マリちゃんと熊のアーノルド」前に見たときはフロアに降りてきたスギムさんに目の前でやられて直視できなかったけど、今回はフロアに降りてこなかったからちゃんと見れたぞ!ついうっかりかわいいだなんて1ミリでも思ってしまった。でも尊敬する先輩に迫られた歌が実話ってスギムさん若いときはかわいかったのかしら?「ちゃうちゃう。ちゃいますー」のキャッチーさよ。頭から離れない。
終盤真面目な曲が続いて会場がそういう雰囲気になってしまったことをスギムさんは反省してたけど、私は今回みたいな流れ嫌いじゃない。まあ、正直なところスギムさんから「今日はもういいや」みたいな空気は感じたけど。
今回は動員と会場のキャパに乖離があったかなあー。面子そのまんまで会場だけでも違かったらなあ。と思ってしまいました。何回か見てればこういうライブに当たることもあるよねと。
次は野音かー。勢い余ってチケット取ったはいいが、依然として生でしか見たくないから音源にも映像にも触れてないんだけど、どうやってモチベーション高めていこう…。とりあえずスギムさんのtwitter日参するか。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.08.25(Sat) 00:53

雨は降らず風も吹かず

スターダストレビュー。

ライブハウスの5000円ははっきり高いと言えるけど、ホールの6900円は全然高いと思わない。それでも「行ってみたい」では二の足を踏んでしまうのが小市民の悲しい性。
スタレビも長らくコンサートのCMを耳にしながら「二の足を踏んでしまう」バンドのひとつでした。

そんなスタレビのライブについに行ってまいりました!
場所は宮沢賢治童話村特設ステージ。野外コンサートで天候にも恵まれなにより当日券が出る!「公演時間2時間」との告知もあり本公演よりもコンパクトなようでお値段も控えめ、私のような「行ってみたい」にはうってつけ。

まだ空の青いうちにスタート。
曲は「夢伝説」と「木蓮の涙」しかわからないだろうなと思ってだけど、「今夜だけきっと」「銀座ネオンパラダイス」などなど、聞いたことあるレベルだとなんやかんやで5曲くらいわかった。新曲の「世界はいつも夜明け前」も最近ラジオで聴いたの覚えてた。全国ツアーのCMで耳にしたり、根元さんのラジオが一時期聴ける時間帯だったこともあったりで、自分が思っていたより身近な存在だったのだなと認識。
冒頭の「Get Up My Soul」「Thank you」の流れでソウル・ファンク寄り?なんて思ったりもしたけど、バラエティに富みすぎてるだけだった。シティポップもしっとりバラードも昭和歌謡もなんでもござれ。血が騒ぐギターソロがあるのもいい。それなのに節操なしなんて思わずにちゃんと同じバンドの曲だと思えるのがすごい。
根元さんは決して美声ではないんだけど、歌唱力は抜群だし優しいハスキーボイスもクセになる。そして歌がうまいのは根元さんだけじゃないのね。メンバー全員によるアカペラにはビックリした。それも楽器隊がライブの余興でやるような感じじゃなくて本格的。「アカペラライブ」なるものが開催できるのにも納得ですよ。
スタレビに限った話じゃないけど、トシのせいかなんなのか、'80年代'90年代の音楽が響くようになってねえ。このタイミングでのスタレビの名曲の数々はこれでもかというほど響きまくりました。

スタレビのライブといえば根元さんのMC。
古くは「赤坂泰彦のミリオンナイツ」で話には聞いていたので、それなりに覚悟(?)はしてたけど、ほんっと面白い。何度も声出して笑った。よくもまああんな面白い話がポンポンと出てくるもんだ。ちゃんとオチがついてるのもすごい。卑屈にならない程度の自虐っぷりもツボ。さすが「3分黙ってるとじん麻疹が出る」というだけある。
鉄板トークなんだろうなとは思いながらも天然っぽい発言もチラホラ。テーマトークで宮沢賢治にあやかって「雨にも○○にも負けない」というお題で岡崎さんの「ゴキブリを素手で殺せる」という話の流れで唐突に林さんに向かって「スリッパで叩かれるのと手で握りつぶされるのどっちがいい?」林さん「俺がゴキブリなの?!」これ一番笑った。
うっかり職業蔑視的な発言をしてしまってあわてる姿にも笑ってしまいました。

会場のシチュエーションも最高でした!ステージ遠くてあまりよく見えなかったからときどき空なんかも眺めたりしてたんですけどね。夕暮れから星空へ、そして輝く半月にうっとり。会場後方にはライトアップされたオブジェなんかもあったのでステージからの光景もさぞ美しかったことでしょう。
駐車場に向かう道すがら、手つなぎのカップルを何組も見かけ、そりゃロマンチックな気分にもなるよねとひとり寂しく道を急ぐのでありました…。

いやー。行ってよかった!思っていたとおり、初めてには2時間のサイズ感もちょうどよかった。出店もあってちょっとしたお祭り気分にもワクワクしたし。客席の終始手拍子のノリは慣れないけど、そこは迷惑にならない程度に好きにさせてもらいましたってことで。
過去に行ったことあるのだとレキシがそうなのかな、こういった「お試しサイズでお祭り感のあるイベント」が今後私の「行ってみたい」にどれくらい恵まれるかわからないし恵まれる確率の方が低いだろうけど、ワンマンなんて贅沢は言わないから、全席指定のショーケース的な野外イベントが増えればいいのになあなどと勝手なことを思う野外フェスには行きたくない私。
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.08.20(Mon) 23:20

FUNK & ROSES

及川光博。

昨年のツアーはホールを確保できなくてライブハウスでの公演となりましたが、今年は無事に確保できたようで。ライブハウスもそれはそれで楽しめるけど、一回だけならやっぱりホールがいいな。

オープニング衣装が吸血鬼で血ィ吸い尽くして欲しいほど素敵だった。
「スリル」は数年前のライブハウス公演でも披露された曲だけど、「ベイベー」にかかってることに今更気付いたり。
ニューアルバムのタイトル曲は拳挙げてヘドバンできるほどに「こっち寄り」の曲でムフッ。
この曲ミスったそうで(そうなの?)、アンコールでまさかの2回目。「正しいアンコール」に感動したんだけど、燃料切れ起こしちゃってオーラスの「バラ色の人生」が100%のパフォーマンスじゃなかったのが本当に残念!せめて順番が逆だったらなあ。
映画撮影中のミッチー、ちょっと嫌なことがあったとかでめずらしくやさぐれモードでした。

基本、一ツアーにつき一公演しか行かない私ですが、今回は複数回見たいと強く思った。(わりとよくそう思ってる気がしないでもないけど)
というのも、CRAZY A GOGOで4人横一列で踊ったの場面がもう最高にかっこよくてだな!!!踊るのをやめて見入ってしまったのです。
今回に限った話でなくて、予習していくわけでもなし、その場で振りを覚えることに気を取られてたくさんのことを見逃してきたのではないかと!今までも。そしてこれからも。
振付を覚えて踊る一体感の魅力はわかってるけど、フラストレーション感じてる時点でそれって私のレッツ自己解放とは違うんじゃないかとうっすら思い始めたり…。
だから、これまでどおりに楽しむ1回と、地蔵でガン見する1回と、2回行けばとりあえず満足できる気がする!…できるかな?
複数公演行く人って何度も見たいから行くものだと思ってたけど、こんなふうに自分のスタンスの問題で複数回行く人もいるんだろうな。

最後に、へーって思った話。
会場のキャパシティに100人程足りない客入りに友達連れてきてと言うミッチーに対する「土曜日にして!」という声に端を発した意識調査。土曜日よりも日曜日よりも「いつでもいい」という人が一番多いという意外な結果に。かくいう私も「いつでもいい」に手を挙げたんですけどね。そりゃ翌日も休みの方が嬉しいけど、あくまで「嬉しい」程度で「がいい」って程でもないなと。訊かれてみてあらためて。東名阪でしかやりませんってなら「がいい」けど、どこに住んでたって日帰りできるくらいお近くまで来てくれるんだもの、こっちがどうにかするさ。この「いつでもいい」ってのは私みたいな「ミッチーの仰せのままに」という人だけじゃなくて「都合に曜日は関係ないからがどうでもいい」って人も絶対いるよね。そもそも行きたい人が全員行ける曜日なんてないもの!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2018.06.04(Mon) 00:29
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード