« 2020 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

七割方

8か月振りの矢巾大会!
イレギュラーな道場プロレスは別としてステップアップ大会を経てなのでそこまで感慨深くなったりはしなかったんですけれども。
それでもやっぱり本興行。復帰したkenに東京組のバラモン兄弟とラッセ、なんでかデュークレフェリーの姿を見たときに一番戻りつつあることに実感が湧いたり。
kenはお変わりなく…だったけどラッセはまた一段と肥えたなー。それであれだけ動けるんだからもう売りとして極めればいい!
新様式のバラモンが面白かった。入場時にお客さんがバラモンに自ら寄っていくなんてコロナ以前じゃ考えられない光景。
若手対ベテランのセミが最高だった。デビュー当時は後れを取っていた感のあった川村も華が出てきた。花見選手もちょっと見ない間に垢抜けた。本当によく声を出していてセコンドで控えてるときすら存在感が消えない。でもこの試合の主役は大瀬良!よく頑張ったよ~~~!
FREEDOMSのビオレント・ジャックを迎えてのメインはスピーディーな展開にみちのく・ザ・ベストといったコミカルなムーブも飛び出してああ私は今みちプロを見てる…!と嬉しくなりました。MUSASHIがこの面子に交じってまったく浮かない飛べる選手になるとは思わなかったなー。だがしかし塁のケブラーダを阻止したことは許さない。
小笠原にも入場曲がついたし!(なぜに情熱の花?)坊主じゃなくなったし!コスチュームも新調したらいいのに!小さいよ!
チケットの発売はなかったけれど11月大会も予定されているし、ステップアップ大会は今後も続くみたいだし、とりあえず私のプロレス欲は現状でも満たされるけれど、団体にとってはまだまだだよね。東京大会、ロングツアー、イベントプロレス…私も早くゴザシートに座りたい!!!(座れるまで言い続ける)
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.09.16(Wed) 22:28

Ring Staff

パンチさん自体には思い入れはあるけれど、リングアナというよりはリングアナもやるリング屋という認識が強くて(ってその通りか)、リングアナとしてはさして思い入れなかったんですよね。
そりゃ東京大会だと入江さんになるけどもはや入江さんも入江さんで思い入れがあって、後楽園大会の前説で二人で並ぶ姿が見れると嬉しいし。
で、こないだのワンステップアップ大会で久々に聞いたパンチさんのリングコール、ズシンと腹に響きました。久々の現場にパンチさんも気合入っていたのかもしれない。
正直パンチさんのリングコール楽しみ~とかもなくとくに意識してなかったので、パンチさんのリングコールに感動している自分に自分でビックリ。
この日はヤッペーマンズも登場したし(ついでみたいな言い方)、こうしてだんだんと「いつもの光景」に向かってカードが揃っていくのですね。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.09.01(Tue) 00:08

本日の主役

MUSASHIプロデュース大会。

どうしても連想してしまう佐々木大地プロデュース大会。そのテイストを期待してよいものか?MUSASHIは大地なのか?大地はMUSASHIなのか?事前情報は「試合形式などすべて当日発表」と何の参考にもならず、直前まで観戦を決めきれませんでした。
結論から言うと行ってよかったああああああ!!!もし行かずに後から内容を知ったら死ぬほど後悔してしばらく引きずって定期的に思い出しては気落ちするレベル。
のはしたろうランブルなんてよくもまあ想像もつかないような試合を組んでくれたよ!しかも歴代キャラじゃなくて全員股旅スタイルというカオスっぷり。そういえば大地は前にも歴代キャラでシングル三連戦というのはしにとって迷惑極まりない試合を組んだことがありましたな。
他の選手はやらされてる感満々なのに(実際やらされてるんだけど)本人は誰よりもはりきってやってるあたりも相変わらずで嬉しくなってしまいました。理不尽なイチャモンもね。後輩たちは付き合うしかないだろうけど、まさかまさか郡司まで付き合うとは。そしてコスチューム合わせてきてないのになにげに一番似てるというね。客席アピールの表情の作り方が激似でビックリ。一方MUSASHIは緑のロングタイツまで用意しての完コスで仕草も似せてるつもりなんだろうけどなんでかちっとも似ない。サムズアップポーズなんかさわやかすぎてそんなポーズしてたっけ?と思っちゃったわよ。でも本人ノリノリ。小笠原はのはしというよりホーガン。
試合は一応のはしムーブ縛りだったのかな?小笠原はモンゴリアンチョップ連発してのはしに「俺そんなのやらないよ!」とツッコミ喰らってたけど。小笠原がダイビングヘッドバッドにビビってたのはガチ。のはしムーブ以外にもバトルロイヤルのお約束ムーブもたくさん見れてなんだか懐かしい気持ちになってしまいました。○休みツアーが恋しい…。
のはしたろうの称号は優勝者ののはしたろうの手にというオチまで完璧、右を向いても左を向いてもレフェリーを見てものはしだらけ、のはしコールもタイトルマッチ以上にたくさんできて本当に幸せな時間でした!何も知らされずにこの状況に放り込まれたであろう本人も最終的には「攻めてもやられてものはしのはしと言ってもらえて気分が良かった」とご満悦。更にMUSASHIから歌(!)とケーキの誕生日プレゼントにゴキゲンでした。
MUSASHIはことあるごとに「のはしが大嫌い」とアピールしてるけど、こんなにのはし愛にあふれた素晴らしい大会をプロデュースしといてどの口が言う。MUSASHI本当にありがとう!
MUSASHIとしては初めてのプロデュース大会、今後は少しも迷わずに観戦を決めます!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.08.18(Tue) 00:25

はじめの一歩

ワンステップアップ大会。

設営もパッケージとしても通常大会同等ではないけれど、久々の大会らしい大会。やはりイレギュラーな道場プロレスとは景色が全然違う。リング四方にお客さんがいるという状況にグッときてしまう。制限しているとはいえ100人。選手もモチベーションが上がったことでしょう。
残念ながら川村にドクターストップがかかってしまい、次元の違う東郷さんではなく川村が入っていたら…なんて考えたりもしたけれど、東郷さんに引っ張られたところもあったのかな、実に刺激的な試合でした!川村の代わりに入った郡司が妙な存在感を発揮していたのが意外な収穫。道場プロレスだけでもストーリーが進んでいることが伺い知れたし、東郷さんのおかげでキャラクターの可能性も見えた(笑)。
第2試合はサスケがいい仕事して落語ばりにオチまでついてたし、小笠原の成長も目覚ましく、シングル初勝利もそう遠くないぞ!
メイン後のマイクを「絶好調ー!ラッセじゃないけど」から始めて「永遠に不滅だー!」で締めたことに塁の想い勝手に汲み取り、続くデーデデデデッデーデーからの手拍子に感慨深くなってしまいました。
コロナ禍前と遜色ないどころかレベルアップしてるんじゃないかと思うような選手たちの熱いファイトを少しも早く全国にお届けする日が来ること願ってやみません。
ただ…見切り発車できるようなことでもないし、今大会だって観戦にあたって「全国から集まる」ということにザワッとしたのも正直なところ。ま、まあガイドラインさえ守ってりゃね!客はガイドラインを守っている団体側の指示に従うのみよ。だから団体側はやりすぎなくらいでお願いします!!!

…あまり大きな声では言えないけど、ソーシャルディスタンスを守った観戦環境が最高すぎる…。
膝がぶつかる距離に居る知らない人の影に緊張することもないし、前の人の頭でリングが全然見えないなんてこともないし、写真撮りたいんだかなんだか知らんが自席を離れてウロチョロする客もいないし、いいこと尽くめ。
接触楽しみにしている人は気の毒だけど私はそういうのもないしなー。
ってみちプロに限っては全席指定ってだけでストレスだわ。ゴザシートに座りたい!!!!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.07.21(Tue) 00:43

尺蠖の屈めるは伸びんがため

道場プロレスに行ってきました。
電話予約も送迎もハードルが高くて道場プロレスはいいやあと思ってたのですが、どうしても見たいカードがあったので意を決して!!!
数か月振りの生観戦、プロレス観戦始めてからこんなに間が開くことはなかったのでさすがに感慨深いものがありました。
みちプロも道場プロレスの模様を配信してくれてありがたく視聴してるけど、やっぱり生観戦は何物にも代え難い!「熱気を浴びる」はその場にいなければできないもの。
生観戦ができずに歯がゆい思いをしているプロレスファンが多いこのタイミングで生観戦できるありがたさをかみしめました。
試合ももちろん素晴らしかったです。思うように大会を開催できないフラストレーションを爆発させるかのような熱のこもったファイトに観てる方も熱くなりました。
人数制限がある分チケットも高いけど、入場者プレゼントやドリンクとお菓子の無料提供などサービス頑張ってました。送迎やおふるまいがあるから通常大会よりだいぶアットホームな感じ。おふるまいの間、選手がトークショーよろしくおしゃべりで場をつないでくれたり、送迎車内でもガイドしてくれたり。選手のオフを思わせる姿に触れられて楽しかったです。
7月には公共施設でのステップアップ大会の開催が決定して嬉しい限り。いやホントにね!現場を伴う趣味を持つ人が死ぬほど欲している「来月のチケット」が手元にあるのがどんなに幸せなことか!!!「数か月後に予定されている延期公演でそのまま使えるチケット」とは現実味が違うんだよ!!!これで私も来月まで生きていけますありがとうございます。
道場プロレスは7月以降も続くようで、2、30人限定なんてチケット争奪戦になるんじゃないかと思ったけどそんな感じでもなさそうなのでみんな行けばいいと思います!
…本当は本当の道場でやる道場プロレスなんて年に一度のお楽しみ大会でいいんだけどね。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2020.06.25(Thu) 23:55
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード