« 2019 . 04 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

夏のお姉さん

足袋はなお「とけだせ!みぞれちゃん」(少年ジャンプ+)

スンバラシイ漫画に出会った!
少年ジャンプ+で公開中の5話までを二日で3回読んでまだ読みたいからこりゃ手元に置いとくべきだと思ってソッコーでポチッた!
凶暴(?)なみぞれちゃんが自分を拾ってくれたひまりちゃんにだけなついてんのたまらなあ~い。めっちゃ世話になってるこはるさんに全然なつかないのも面白い。ひまりちゃん一筋だけどひまりちゃんに近付くものはすべて敵!というわけではない。でもひまりちゃんの自分以外(スイカなど)に対する「好き」が見えるとあからさまに気が気でなくなっちゃうのがいじらし~。
ひまりちゃんもみぞれちゃんにいじわるなんかしないし、ピュアッピュアのピュアで心が洗われる~!とはいえひまりちゃんは決して大人の考えるような「よいこ」ではないんだよね。いたずらして叱られるし、ラジオ体操帰りに寄り道するし、お祭りでムダづかいしちゃうし。やくもちゃんが訪ねてきたときの気まずい空気がまた…もう自分がどうだったかなんて思い出せないけど、「あのくらいの年頃の子はみんな友達」なんてのは大人の勝手な思い込みだよなあとハッとしたわ。
だいたいにしてみぞれちゃんの首がどうにかなってしまうオチなんだけど、そうなるとわかっていても毎回大笑いしてしまう。ほのぼのスプラッター(?)ギャグ漫画として秀逸な一方で、この作者の描く子どもが最強にかわいい…!ていうかもうゆりかごから墓場一歩手前まで全員かわいい!膝小僧のえくぼとかよくわかってらっしゃる!イチオシは第4話後ろから2ページ目3コマ目のひまりちゃん!みぞれちゃんに喜んでもらえたことを喜んでいるというひまりちゃんの感情もひっくるめると涙すら出てくる。
メインキャラは女性オンリーで結構キワドイアングルもあるのに、媚びを感じないのが不思議。溶けると幼齢化するみぞれちゃんが食べ過ぎたらどうなるの?のエピソード、美しく成長したみぞれちゃんが見れるのかと思いきや…どんなに心温まる展開になっても最後はキッチリ落とす!ギャグが最優先!最高!
作風と絵柄のどっちも好みなんて作品にはなかなか出会えないけど、なんなら作風さえ好みなら絵柄なんてそのうち慣れるけど、やっぱりどっちも好みなのは嬉しい!1巻では顔見世程度だったキャラも活躍し始めたし、2巻の発売日も決まったし、たーのーしーみー。
同じ系統の作品だと「悪魔のメムメムちゃん」を思い出すけど、あれはメムメムちゃんがそのかわいさとあわれさを補って余りあるほどのクズだし、サキュバスという設定上どうしてもお色気要素強くなってしまうしで、あまり大きな声では好きと言えないのよねん。や、好きだけど。でもみぞれちゃんなら声を大にして好きだと言える!好き!!!!!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.04.10(Wed) 23:50

ピーチ姫

アメトーーク!のろくでなしBLUES芸人の回面白かったです。
私のヤンキーマンガ好きの原点で影響受けてボクシングやブルーハーツも好きになったし、ジャンプ全盛期の頃に本誌で読んでたり単行本もちょこちょこ集めてたりしてたけどジャンプを読まなくなったりなんだりで結局最後まで読んでないのよね。葛西はキャラクターとしては知ってるけど、川島やらサリーやらにいたっては誰それ状態…。連載当時に久し振りに本誌で見たら千秋が明菜ちゃんカットのままルーズソックス履いてるのにビックリしたのをよく覚えている。ひなのという名前ひっくるめて当時の最先端みたいなオシャレ女子と同じ画面に収まってるのも不思議だった。
そんでその千秋ですよ。当時はなんとも思ってたなかったけど、私は「愛という名の後方支援」系のヒロインが大好きなので真逆を行く千秋はいま読み返したらきっと嫌いなタイプのヒロインだろうなーとは思ってたんですけどね。まさか作者本人にまで嫌われてたとは…。芸人たちがよってたかって嫌いって言ってるのは笑って見てられたけど、作者にまで愛されないなんて不憫じゃあありませんか。いつか読み直して本当に嫌いかどうか確認したいと思ってたけど、これ見ちゃったらもうまともに読めないだろうな。
ちなみに私的三大ヤンキー漫画(ろくブル・今日俺・特拓)の中でのベストヒロインはぶっちぎりで今日俺の理子ちゃんです。…そもそも特拓のヒロインって誰?昌さん?拓ちゃん?

追記。
とりあえず手元にある「ろくでなしぶるーちゅ」を読み返した限りではべつに千秋嫌いじゃないなあ。かわいいし優しいし。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.02.25(Mon) 20:49

なんでもできる!なんでもなれる!

「トクサツガガガ」をより楽しむために見始めた「HUGっと!プリキュア」が最終回を迎えました。
大人の目から見ますと非常に道徳的で、とくにジェンダーレスな観点はターゲット層の子供だけでなくプリキュアを卒業した年齢の子供たちにこそ見てほしい作品だなあとずっと思っていたのですが、最終回ではなかなかの混乱っぷりを見せてくれました。
ハリーたちが生きていたディストピアな世界はもっとずっとずっと先の未来だと思ってたんだけど、20年後くらいの話だったの?!
2030年時点で平野ノラは成人女性だったってのにも驚き。ブルゾンちえみwithBとチャラ男は子供だったのでそんなに歳離れてたのかと。
プリキュアメンバーはそれぞれ夢を叶えるんだけど、はなが社長になっていたのは唐突すぎない?そんな片鱗なかったじゃん?大女優の娘で子役タレント・活躍しているフィギュアスケーター・天才ギター少女・アンドロイドとスゴツヨメンバーの中でひとり何者でもないけれど何事にも一生懸命なはなはそれが魅力でむしろそれが個性なのに、「なりたい自分」が「母」だけでは足りなかったのだろうか?
「少女が突然現れた赤ちゃんを育てる」という設定に「ママは小学四年生」的な話なんだろうなとは薄々思ってたけど、実際そうだったんだよね?父親誰よ?ほまれ…じゃなかった、クライアス社の社長?13歳の少女に恋人の面影を見て執着してるおっさんキモイって思ってたけど、恋人本人だったってんなら納得だわ。いやでもそうだとすると、社長が闇堕ちしてしまうほどのことがはなの身に降りかかるってことだよな…。そんな未来嫌ー!
しっかし出産シーンは親友に立ち会われて親友に我が子を取り上げられるというシチュエーションの地獄っぷりに感動どころじゃなかったわ…。
衝撃の連続の中でも一番の衝撃はルールーが4歳児(推定)の姿で登場したことですよ!ホラ、私ルールーは4歳児だと思って見てたから!でも見た目はティーンなのに中身は4歳児ってのと、コンビで見た目と中身の年齢が逆転してるってのにグッと来てたから、心身ともに4歳児になってしまっては…。4歳児かわいいけどさ。4歳児に向かって「私はあなたの親友です」と言う成人女性もそれはそれでいいんだけどさ!
ところで、次作のヒロインが早くも登場するのは恒例なんですかね?「次作もヨロシクね!」という意図はわかるんだけど、そんな最中に来られても。CMだけじゃダメ?ってそんなこと考えるのはおおきいおともだちだけか。

さて、無事完走したわけですが。次作どうしよう。何作か続けて見た方がいいのはわかってるんだけど、イマイチ気乗りじゃないんだよなー。とりあえず毎週予約はしておこう。キュウレンジャー臭がするのも気になるし。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.01.30(Wed) 22:00

無味無臭

あけましておめでとうございます。
今年も無事に過ぎますように。
本当に何もなくていいから!!!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.01.07(Mon) 23:38

2018年の音楽と私

数年ぶりに書く。

ここ数年でいったら一番聴いているのは間違いなくレキシで、今年は新作のリリースもあり、念願の本公演にも参加!やっぱり活動に触れる程度はそのまんま好きの熱量に反映されるわ。もうすっかりファンです。

それでいうとクリトリック・リスも。ライブ体験を重要視するあまり積極的に音源や映像に触れたくない、チケット代以外1円も落とさないダメなファンだけど、それでもファンだと名乗れているのは向こうからライブをしに来てくれるから。だから野音はこちらから向かうのです。

しかし氣志團といいレキシといい、なんでこう、セルソフト化不可能なライブをやるのだ…。

ラジオで流れた「ごめんなさい」をきっかけに突如BARBEE BOYSブーム到来。Aamazon musicでアルバムが聴けるのもあって一時期ずっと聴いてた。美男美女による痴話喧嘩というコンセプトが面白い。「泣いたままで listen to me」がお気に入り。とっくの昔に解散したバンドかと思いきや、ちょこちょこ動いてるみたいだし、ライブ体験の可能性もゼロではない?!

DA PUMPの「U.S.A」の大ヒットも嬉しかったな~。4人時代のアルバムは全部持ってるくらいには好きなので。テレビ出演にも大忙しで、「U.S.A」のついでとはいえ往年の名曲の数々のパフォーマンスが見れたのも最高だった。長く生きてるとこんな楽しいこともあるんだな~。(ファンじゃないからこそお気楽に楽しめてるともいえる)

スタレビとか純烈とか、興味のある現場に思い切って行ってみたのがとても楽しかったので、これは今後も続けていきたい。すでに米米CLUBのチケットが手元にあるしね!

音楽との接し方が変わってきたのか、とくにここ数年で同じ現場に何度も行くよりもいろんな現場に行ってみたいという気持ちが強くなった。(と言いつつも、来年は久々に岡村ちゃんのコンサートに行く。近場に来るなら話は別!)
プロレス熱も落ち着いたからそこらへんの時間もうまく使っていければ。でも「生活のすべて」となってしまうほどの現場にはもう出会いたくない。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2018.12.30(Sun) 23:08
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード