« 2017 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

推しが生きてることがファンサだから

私は移り変わりはあれどいわゆる「現場」のある趣味を長らく続けています。
根が貧乏性だし甲斐性もないので「行ける範囲で」「無理はしない」というスタンスはずっと変わりません。
そんなんですからかつては熱心に追いかけているようなファンに対して、たかがファンの分際で特別な存在になりたがっているなどと、多少の僻み込みで苛立ちを覚えたこともありました。
ときは流れインターネット社会となり、様々な現場の様子を覗うにつれて、ファンは平等じゃない、想う気持ちだけじゃ相手の腹は膨れない、金出してナンボ、在宅ファンよりも現場こなしてるファンの方がエライ、グッズを買うファンはもっとエライ、有料イベントに参加するファンはもっともっとエライ、という考えに辿り着いたのです。
辿り着いたところで自分がそうなりたいか、そうなれるかは別の話。

平尾アウリ「推しが武道館行ってくれたら死ぬ」という漫画を読みました。
主人公は岡山で活動する女性アイドルグループのメンバーを熱烈に応援する女性ファン。公演チケットの発売日には整理番号1番を求めてプレイガイドに張り付き、1枚5秒の握手券がもらえるCDを公演のたびに何枚も買い、数量限定特典の物販のために炎天下十何時間も並ぶ。
この漫画のすごいところは、とくに女性が主人公のオタク活動漫画にありがちな「仕事とオタク活動両立して恋もおしゃれも楽しんで私生活も充実してます!」ってのじゃなくて、ドルオタ活動に支障が出るからと定職に就かず、バイトで得た決した多くない収入のほとんどを注いでるってところ。私服は高校時代のジャージのみ、元々持っていた服も全部売って資金に変えたという徹底ぶり。
ドルオタ活動以外の生活が見えないというか、そもそもない。ないものは見えない。同じオタク活動モノでも「トクサツガガガ」が笑って読めるのはオタク活動が「生活の一部」だから。「生活のすべて」のこれは笑って読めない。仲村さんは窮屈な思いをしつつもコミュニティ外の世界と関わってる。えりぴよはコミュニティの世界にこもってのびのびとしている。「生活の一部」な仲村さんには共感できるけど、「生活のすべて」なえりぴよには共感できない、というか、次元が違いすぎて私の理解を得ている。えりぴよが親が金持ち設定なら嫉妬もできるけど、貧乏じゃあ嫉妬もできないよ!少女漫画絵にうっかり騙されるけどほとんどウジマくんだよ!
現実世界でも尊敬されているトップオタの正体なんてこんなもんなんだろうな、実はタワレコの社長でしたなんてのは一握りなんだろうな。ああなんでこんなにリアルなんだろう。リアルに想像できてゾッとする。もはやホラー。
ドルオタの描かれ方とは対照的にアイドルの楽屋話は紗がかかったようにふわっとしてるのがまた…。嫉妬も憎悪もない、尊敬と思いやりしかないアイドルグループなんておとぎ話だよ。そんな負の面を描かないのは作者がガチのアイドルファンだからこそなんだろうな。
そもそも女性アイドルと女性ファンが実は両想いという設定が最強におとぎ話なんだけど。

いやー。世の中色んな世界があるもんだ。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2017.06.30(Fri) 00:17

夢を売る仕事

中国には鳥のフンが頭に当たったら宝くじを買えという言い伝えがあるそうで。

今度のドリームジャンボの図柄が思い出の宝塚星組公演「ロマンス!!」のフィナーレの写真だそうで、さらにミニの方はこれまた思い出の宝塚星組公演「THE ENTERTAINER!」のロケットの写真だそうで。
コレ

私は宝くじを買う習慣がないので、単純にモノとして宝くじの券が欲しいので、1枚買えばいいんですけどね、当たり券は回収されるから、もし当たってしまったら手元に券が残らないわけで、なら2枚買えばいいんですけどね、末等の当選番号がヒト桁ということを考えると、もし2枚とも当たってしまったら手元に券が残らないわけで、じゃあ3枚買えばいいんですけどね、もし前後賞で当たってしまったら手元に券が残らないわけで…さすがに4枚とも当たることはないかな、と、連番で4枚買うか、バラで3枚買うか、頭を悩ませております。ついこないだ鳥のフンが頭に当たったから意気揚々とグリーンジャンボで連番10枚買って末等しか当たらなくて言い伝えなんてウソじゃん!もう二度と買うもんか!って思ったばかりなのにね!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2017.04.25(Tue) 21:41

新棒が出るまでの辛抱

Fire TV Stickの新型を買いましたのよ。

年会費3,900円払ってAmazonのプライム会員になれば対象ビデオ見放題!
えっ、あんな映画やこんな映画も見れるの?!実質タダじゃん!
しかも専用の端末を使えばテレビで見れるの?!セールだと3,000円くらいで買えちゃうの?!
すごくない?!
ということを知ったのは昨年のことでした。
貧乏性の私はすぐに手を出さずにセールになるのを待ちました。
そのうち米国で新型がリリースされました。
日本での発売は未定。
それでも私は待ちました。
待ち続けること数か月、ついに発売決定!

いやあ待った甲斐があったってモンです!
まじであんな映画やこんな映画も見れる。私がここ一年でDVD借りて見た映画もかなりラインナップされてる。(ちょっと悔しい)
「ファイナルデッドサーキット」の大好きなオープニング映像だけちょろっと見ようなんてことが気軽にできるわけですよ!
とはいえ、なにもかもが対象ビデオではないので、「旧作100円」に慣らされてる身としましては「レンタル代300円(SD)~400円(HD)」とどう折り合いをつけるかが問題。100円セールがあるのがまた決心を鈍らせる。
映画だけじゃなくてかつてテレビで放送されていたドラマやらアニメやらが見れるのは知ってたけど、「美少女仮面ポワトリン」があるじゃないですかー!シュシュトリアンも!ぱいぱいもいぱねまも!トトメスと大龍宮城はないのか!戦隊ヒーローシリーズはターゲット世代に見たきりだけど変身ヒロインシリーズはターゲット世代じゃなくなっても延々と見てた…。戦隊ヒーローシリーズもゴレンジャーからずらりと並んでるけど、キュウレンジャーを新鮮な気持ちで見るために見ません。
「探偵!ナイトスクープ」が見放題なのもうれしい~。
こんなすんばらしいサービスがあるなんて!レンタルビデオ屋商売あがったりだよ!
wi-fi接続ということでちゃんと映るか心配だったけど、私が使ってる無線LANルータなんてハードオフのジャンク箱から300円で買った古い型なのに、何の問題もなし!ヌルッヌル。まったくノンストレスで見れてます。熱暴走問題に備えてヒートシンクも買ったけど使わなくてよさそう。
音声認識リモコンも超便利!「スタンダードで充分」なんて嘘だね!認識ミスも面白い。
youtubeも見れるけどこれはPCで見た方がラクかな。あと無料で楽しめるのはAbemaTVか。テレビ見る習慣ないからあまり見ることもなさそうだけど音楽番組見れるのはいいなあ。なぜかヒップホップ番組が充実してるのも。

いや、もう、ホント、ものすごいものを手に入れてしまった…という気持ち。
まじでこれさえあれば一歩も外に出なくても充実した休日を過ごせてしまいそうなので、自制しないとね。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2017.04.10(Mon) 22:16

低温火傷

あけましておめでとうございます。
なんだかいろいろと情熱を失っていますが今年もぼちぼちやっていきます。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2017.01.05(Thu) 23:21

番手差萌えとか成績差萌えとかはないの?

宝塚ファンがtwitterでジェンヌへの愛や萌えやら燃えを叫んでるのを見るのが好きなんですけど、同期萌えだの学年差萌えだのの中で衝撃的だったのが、
不仲萌え。
字面だけ見ると本当にワケわかんないんだけど、あれ、なんか身に覚えあるぞ?
…拳王とハヤトだ!私が拳王とハヤトに感じてた萌えはこれだったんだ!
ていうか、プロレスファンなら誰でも身に覚えがあるのでは?
サスケデルフィンとか藤波西村とかさ、ガチで仲悪いレスラーの話って盛り上がるじゃん。
ニアミスしたという話を聞いたときに感じるゾクゾク、長年の確執を乗り越えてタッグを組んだときよりも試合後のバックステージで「俺はまだ許してない!今度道で会ったら叩っ切る!」というコメントを聞いたときに覚える興奮、これこそ不仲萌えの正体だ!
そもそもプロレスそのものが仲の悪さを面白がるようなモノだから、プロレスファンはもれなく不仲萌え属性を備えていると断言しよう!
不仲萌えの人はプロレス見るといいよ!パラダイスだよ!
…と思ったけど、ユートピアとディストピアじゃあ不仲のありがたみが違うか。

この不仲萌えってのも奥が深そうだなあ。口げんかばかりしてるのと目すら合わせないのとじゃ全然違うしね。
それに対象によってもだな。私はレスラーは対立してほしいけどジェンヌは仲良くしててほしい。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2016.12.23(Fri) 01:08
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード