« 2018 . 02 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

タンシチュー

最近見た映画(など)

・埋もれる(WOWOW)
食肉の産地偽装を内部告発して退職に追いやられた主人公が地元に戻り勤務することになった市役所で様々な問題に直面する話。
社会派ドラマだと思って見てたらからまさかのホラーな展開にビビッタ。ていうかホラーな展開必要?老婆がゴミを溜め込んでた理由ってそれなの?!もっとこう…娘を失くした心の傷がーとかやりようがあるじゃん!内部告発絡みのエピソードはよかったのにゴミ屋敷絡みのホラー展開で台無し。
そもそも新生活スタート間も無く初恋相手と再会してお互い身軽で彼女の息子も懐いてくれてって展開が都合よすぎてもはやオカルト。彼女との縁が切れた途端に元妻との復縁フラグが立つのも素直によかったねと思えない。

・犬神家の一族(1976)
犬神製薬の社長が亡くなり腹違いの3人の娘・妾の子・育ての親の孫娘とそれぞれの家族が一堂に会したもとで開封された遺言をめぐって連続殺人事件が起こる話。
古谷一行か稲垣五郎のテレビシリーズで見たようなそうでないような…ともかく話は覚えていない!
これさあー、静馬より先に佐清が松子と再会してたら、珠世が恋仲の佐清をサクッと選んですべて丸く収まってたんだよね。静馬が付け入る隙もなく松子が変な気を起こすこともなく。ホンット無駄な犠牲…。
事件はおどろおどろしいけど、金田一耕介といい署長殿といい、まわりのキャラがコミカルで楽しい。旅館の女中のハルちゃんかわいい~。みんなで見送りに押し寄せるのも人の好さがうかがえる。

・トリハダ
ひとり暮らしの女性がベランダの窓の外側に付いている手形に気付いたことから始まる恐怖の物語。
「おばけがこわい」ではなく「人間がこわい」にこだわった本シリーズはホラーは好きだけどオカルトは得意じゃない私にうってつけ。この話の脇役はあの話の主人公というつくりがサウンドノベルの「街」みたいで面白い。
横田さんの話は悲しいなー。横田さんが美人だったらコインランドリーでの偶然の再会は恋の始まりを予感させる場面じゃん?たとえ偶然じゃなくてもホラーな話にはならないじゃん?でも結局シャンプーボトルで一気に横田さんが異常者になるので、せっかくならこのくだり抜きで怖がらせてほしいけどそれじゃあ横田さんがかわいそすぎるか。
で、横田さんと対になってるのが川村さんなんだね。断られても居留守を使っても三日にわたってシチューのおすそ分けにやってくる異常行動もさわやかイケメン相手だと気を許してしまうという。皮肉だわあ。
トリハダ五箇条はホラーあるあるの縛り事項ともいえるので、個人的に嫌いなキャハハ笑いの異常者も入れてほしい。

・フランケンジョーズ
戦時下、ナチスによる人造人間の開発は妨害に遭い終わりを迎えた。現代、男女3人組が訪れたリゾートではサメによる被害が続発していた。という話。
まさかの第二形態にはビックリしたよね。
なまじCGが手軽に使える時代になったからこそのクオリティの低さ。松明くらい本物使えよ!サメの襲撃シーンはしかけ絵本レベル。そして灯台爆破シーンはまちがいさがしレベル。
せめてものビキニギャルすら出てこねえ。男ふたりはだらしない体は惜しげもなく披露してくれるのにヒロイン(?)のガードの固さはなにごとだ。往年のポルノスターのサービスシーンなんて要らないよ!異種姦なんてマニアックすぎてついていけないよ!

・LOGAN
タクシーの運転手で生計を立てるミュータントの男のもとに女性が訪ねてきて娘ともどもを国境付近のとある場所に連れてってくれと頼まれる話。
しまったX-MENのシリーズだと知らずに見てしまった。X-MEN見てないよ!パケ写の女の子は守られるだけの存在かと思ったらバリバリ戦ってんじゃん。これもひとつのパケ詐欺。
困っているところを助けた一家との交流は嫌な予感しかなくて実際にそうなったけど、「あんたらに関わらなければ家族を失うこともなかったのに」はローガンも少女に対して同じような気持ちを抱えてるんだよね。
終盤で仲間たちと合流したあたりは「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を思い出して楽しかった。仲間たちの能力もこわいけど、ウルヴァリンと少女の突き刺す切り裂くの爪は実用的すぎて戦闘力がズバ抜けてる。相手もミュータントでタフとはいえ見てるだけで痛くてまいった。
シリーズの最終章っぽいけど話はなんとなくわかった。前作(ってどれかわからんけど)もそのうち見る。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.02.16(Fri) 23:33

約束の場所

海外修行を控えた佐々木大地が道場プロレスを卒業。
ラストマッチの相手はのはしたろう!
20分超の大熱戦、のはしが流血の事態に見舞われるほど壮絶な、素晴らしい試合でした。
のはし越えは叶わなかったけれど、のはしも流血を「とんでもない置き土産」として「続き」を約束。大地の卒業は主役ではなくなるという意味であって、海外修業から帰ってきたらのはしや沼ちゃんのように、新人を育てる立場として参加するものと受け取っております。だから続きはぜひとも道場プロレスで!
試合後の大地のマイクも素晴らしかった。「道場プロレスで学んだことを通常大会でなかなか生かすことができなくて」と語る大地の後ろでしきりに目をしばたたかせ堪えきれずタオルで拭うのはしの姿にじーん。「海外修行に出たからといって強くなれるとは限らない。メキシコに行ったらプロレスのことだけを考えてがんばります」という現実を見据えた力強い言葉には自分のなまけている心に思いっきり響きました。
と、のはしも涙を見せる感動的な大会だったわけですが、通常大会がまだ残ってるし私も見る予定があるし道場プロレスでいったってプロレス教室もあるし交流会もあるしともかく会場には顔を出すらしいからからそんなに淋しくないぞ!
そして余韻冷めやらぬままにのはし大地それぞれのtwitterで繰り広げられた思い出語りが最高すぎ。大地がのはしのことを「めちゃくちゃ大好きで大ファンだった」(過去形)なんておくびにも出さなかったじゃないか!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.02.15(Thu) 00:10

ジグザグ青春ロード

Amazonプライムビデオでスーパー戦隊シリーズが見れるのは知ってたけど「宇宙戦隊キュウレンジャー」が終わるまで手出しはしないと心に決めていました。
さてキュウレンジャーも終わったことですし。何から見よう。
・リアルタイム世代の作品(どれだ?!)
・タイムレンジャー(ミクスチャーバンドのメンバーにいそうな人がいるーと面白がって数回見た覚えが)
・ゴーカイジャー(声優の田村ゆかりんがマスコットキャラクター(?)の声をあてている)
・シンケンジャー(ググったらオススメに挙がっていた)
これらを候補に検討した結果「高速戦隊ターボレンジャー」にしました。プライムビデオにある中で一番古かったら…。(候補の意義とは)
8話まで見た感想としては、リアルタイム世代に見てた記憶なんてうっすらしかないけど、うっすらの記憶にドンピシャ。ストーリーの主軸なんて「世界征服を目論む悪の軍団と平和のために戦う」くらいのもので無きに等しいんだよね。ホント、コレに書いたのそのまんま。
CGに頼れない分、手の込んだ大道具小道具をちゃんと壊してて感心する。やっぱり本物の爆発は迫力あるなー!
素顔の戦士は全員高校生でクラスメイト。ほんでもってピンクがすごい美人。あれが紅一点じゃ人間関係ドロドロ間違いなしなのに、男どもが誰一人恋愛対象として見てないしピンク自身自覚がないのが不思議でならない。(それはこども番組だからだよ!)マスコットキャラクターの妖精もこれまたすごい美少女。まじで絵本から出てきたんじゃないかってくらい。眼福すぎる。
古い作品を見るときのお楽しみのひとつに「お宝映像発見!」があるわけですが。6話「ヌルルッ!暴魔ゾンビ」(なんだこのタイトル)に子役時代の黒田勇樹を発見してテンション上がってたところで、あれ、お姉ちゃんもどこかで…キヨコだ!AKIRAのキヨコだ!クレジット見直したら「伊藤福恵」ありました!気付いた私すごくない?!と思ったけど喋り方に特徴ありすぎるから気付くかと思ったけど「ターボレンジャー キヨコ」でググってもそれらしい記事がヒットしないということはみんな気付いてないということだ!!!やっぱり気付いた私すごい!それと博士もなーなーんか見覚えあるんだよなーでも俳優によくいる顔と言われればそうだしなーと思うともなく思ってたら湯船に浸かってるときに突如降ってきました!中学生日記の南先生だ!四半世紀近く一度たりとも思い出したことのなかった「南」という名前まで出てきたのには自分でもビックリだよ!お懐かしや~~~。
こんな感じで引き続き楽しんでます。プライムにある分だけ見るにしたって大変な量だけど、いずれは…!いやしかし気が遠くなる。遅咲きの特撮ファンはどうやって時間確保してんだろ?と思ったけど、私の場合映画見る時間そのまま充てれば2週間もあれば1シリーズ見終わるのか。そんなもんか。でも絶対そんなペースで見れるわけないからやっぱり気が遠くなる。
特撮 | CM(0) | TB(-) 2018.02.13(Tue) 23:45

カルボナーラ入りオムカレー

最近見た映画

・極道めし
チンピラが収監されたとある房で「美味しい思い出」を発表し合っておせちを争奪するゲームが開催される話。
原作は2巻くらいまで読んだ。ナポリタンスパゲッティの話が強烈に頭に残ってる。
前半は美味しそうな描写がテンポよく連発されててよかったけど、後半の主人公の話が長すぎてダレた。でも元カノが都合のいい女で終わらなかったのは良かった。…と思ってたらパンフレットに掲載されていたという食べられた手紙の内容がおもいっきり都合のいい女でガッカリだ!
元プロレス練習生が出てくるんだけど、橋本真也の生き写しで目を疑った。所属団体が大日じゃなくてゼロワンならカンペキだったのに~!

・コドモ警察
特殊ガスにより全員が子どもになってしまった特別捜査課が犯罪組織を追う話。
太陽にほえろ&西部警察ミーツ名探偵コナン。く…くだらない。福くんかわいい。で鑑賞中ずっと半笑い。
老け顔チビッコの福くんありきだろうけど、ブル・ナベさん・マイコあたりのそのままサイズアップすれば昭和の刑事ドラマに出られそうなクオリティも見逃せない。子ども特有の滑舌の悪さも味。
マリウス葉(38)の説明もないし、続編を見越しているというより途中から始まって途中で終わったので「?」と思ったら、テレビドラマの劇場版なのね。1話完結の連ドラで見たほうが面白そう。
佐藤二朗とムロツヨシの登場で福田雄一監督作品か!と気付いた私。

・告発の行方
レイプ現場ではやしたてた者もまた罪を償うべきか?という話。
服装や言動が強姦される理由にならないと頭でわかっていても、当日の一部始終を見て「挑発的な服装と言動」と思ってしまった。彼女の友達が示した不快感がすごくよくわかる。
弁護士の言うことに対して「なんじゃそりゃ」と思うのは映画観てる側は事実だとわかっているからであって、陪審員としてあの場にいたらグラッときちゃうのかなあ?
有罪になったのは単純に審議の結果として以上にこの映画が「問題提起」で終わらなくて本当によかった。

・バチカンで逢いましょう
ローマ法王に会うことを望む敬虔なカトリック信者のおばあちゃんが夫が亡くなり娘家族と暮らすことになったんだけど、老人ホームに入れられそうになるわ楽しみにしていたローマ旅行は中止になるわで頭に来てローマで暮らす孫娘を頼ってひとりで旅立つ話。
おばあちゃん元気だなあ~。詐欺から始まる恋物語はおかしいんだけどなんだか憧れちゃうなー。こういうの見ると来世に期待する前に老後に期待したくなる。
おばあちゃんの前ではいいコでいたい孫娘もかわいい。「どうして彼はベッドで寝てあなたはクローゼットで寝てるの?」のやりとりが面白い。
唐突に明かされるおばあちゃんがローマ法王と会うことを切望する理由にビックリした。そういえば冒頭でなんか言ってたね。
おばあちゃんの望みが叶うラストの展開は映画ならではで素敵~。デザートを作りながら女三代本音をぶつけ合うのもいい。
母親にも娘にも拒否されてひとり空港に向かうお母さんの姿に切なくなったけど、お父さんの登場ですべて救われた!みんなお幸せに!

・箱入り息子の恋
まじめに勤めてるけど実家暮らしで酒もたばこも人付き合いも一切やらない彼女いない歴=年齢の男がお見合い相手の盲目の女性と恋に落ちる話。
まったく憧れないおとぎ話。いくらでもキラキラにも美談にも仕上げられそうなものをそうしないのは好印象。ヒロインのお父さんの何様感と主人公のお母さんがヒロインを拒絶するくだりがキツい。
主人公カップルが吉牛で向かい合わせの席ですすり泣きながら牛丼を食べる場面と夜這いがバレた主人公が全裸でヒロインの父親にボコられる場面は笑っていいものか。笑ったけど。
主人公と自身を重ねる人たくさんいそうだけど、共感できないし好感も持てない私は共通点が出てくるたびに苦笑いですわ。
ところで奥手な非モテ設定に説得力があって主役を張れるくらいに人気のある俳優って星野源くらいしかいない気がする。
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.02.10(Sat) 20:28

括目した

あらためて。「宇宙戦隊キュウレンジャー」一年間視聴しました。
スーパー戦隊シリーズは対象年齢の時分に見てた記憶はある程度の私が大好きな漫画「トクサツガガガ」をより楽しむために見始めたわけですが。
いやもー本当ーに最初から最後まで話がよくわかんなかった!
ところどころ心に響くエピソードはあるんですよ。スティンガー兄弟の愛憎とナーガの感情にまつわるエピソードは尺も割いて大きく扱ったし。
でも主軸のドン・アルマゲとの戦いをめぐるストーリーにまったくついていけなかった…。ドン・アルマゲの「宇宙そのものになる」という目的もその理由も意味不明で、存在そのものが抽象的すぎて憎む対象にすらならず、感情の持ちようがなかった。自然、そんなドン・アルマゲと戦う理由も「宇宙を救う」という漠然としたものになってしまうから、「これからどうなるの~?」というハラハラ感がないまま、なんだかよくわからないけど宇宙が救われた!そうか!よかった!って感じで終わってしまった。最後の数回は終わりよければすべてよしになるかなと多少の期待はあったんだけどね。2年くらいかけてもっと丁寧に描いてくれたら私でも理解できたんだろうか?
話がよくわからなくても最後まで見れたのはキャラクターのおかげかな。12人もいるのにコイツはちょっとなあってのが一人もいない!みんな大好き!人間人外老若男女織り交ぜての守備範囲の広さも最高でーす。ただ、個性豊かな面々に囲まれたせいか、主人公であるはずのラッキーが埋もれた感も否めず。一番つかみどころのないキャラがラッキーだったなと。まあ、そこは「ひとりひとりがスーパースター」ってことで。
結局、この「よくわからなさ」は今作が特別なのか、スーパー対戦シリーズは「こういうもの」なのか、気になるので次作も見ます。でももう毎週感想は書かない。
なにはともあれ、毎週飽きずに見れたし、本来の目的である「トクサツガガガ」をより楽しむ材料にはなったので、見てよかったです!

最後に、テレビ放映以外で手を出したチェックリスト
×映画
×ビデオソフト
×Vシネ
×東映チャンネル
○WEB動画
×雑誌
×書籍
○Gロッソ
○ヒーローショー
×おもちゃ
○ガチャガチャ
○食玩
○食品
×CD
○カラオケ
○ファイナルライブツアー(予定)

…ジャンル変わっても現場主義のブレなさよ…
特撮 | CM(0) | TB(-) 2018.02.06(Tue) 23:03
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード