« 2019 . 01 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

審判はフリーダ

最近見た映画。

・リメンバー・ミー
音楽のために家族を捨てた夫を恨んだ妻により音楽禁止となった家庭で育ったにもかかわらず音楽家に憧れる靴職人の息子がコンテストに出場しようとしたら母親に見つかってギターを叩き壊されたので偉大なる歌手のお墓からギターを拝借しようとしたら失敗した挙句死者の国に行く破目になった話。
メキシコが舞台なので日常描写にルチャリブレがあって嬉しい。字幕で見るとスペイン語交じりの英語が不思議。
死者の国はカラーリングがどぎつくて目がチカチカする~。聖獣なんかきっとピクサークオリティで毛並みもこだわってるんだろうけど、初期PSクオリティにしか見えない不思議。
顔も知らないとはいえ自分のひいひいおじいさんが人殺しの悪党ってどう受け止めればいいのかと思ったらまさかの大どんでん返し!サスペンスとしてもしっかり楽しめて、さすがピクサー!
楽しそうな死者の国の描写に「みんなに忘れ去られたら第二の死を迎える」という概念が余計に悲しく映った。
「リメンバー・ミー」を歌うシーンは、父が娘に、孫が祖母に、どちらも泣きました。
エピローグではおばあちゃんは亡くなってるんだけど、こんなに幸せな死もなかなかないよね。

・処刑教室
新任音楽教師が授業の邪魔をする不良グループを排除したらとんでもないことになった話。
胸が空く復讐モノを期待して観て期待したものとさほど遠くなかったんだけど、モヤモヤしたのは不良グループを不憫に感じてしまったから。少なくともリーダーはオーケストラに参加する意思を見せたわけで、教師が受け入れてたら未来は違っただろうに。泣き虫先生なんていなかったんだ。いずれそうなるだろうなと思っていたことが実際にそうなる報復合戦は見てらんなかった。
不良グループよりも音楽教師よりも気のふれた生物教師が怖すぎた。でもあんな残酷な光景を見せつけられたらそうなってしまうのも致し方なし。

・レッドカーペット
パク・チャヌク監督に憧れつつも、会社からの要請でポルノ映画を撮っているサラリーマン監督が、賃貸契約詐欺に巻き込まれて、スペインから帰国したばかりの元子役と同居する破目になる話。
登場人物がみんないい!主人公は好感が持てるし、ヒロインはかわいいし、映画会社のスタッフも楽しくて大好き!悪役もわかりやすい。
主人公にもファンがいたり、有名女優でなくポルノ女優にサインをねだるシーンとか、ポルノ映画に対する愛が感じられるのもいい。
コメディのセンスも好き。芸大卒の彼がおいしすぎる。パロディポルノのタイトルがいちいち面白いんだけど、日本語訳オリジナルなのかな?
「BLUE GIANT SUPREME」で手作りの音楽イベントのエピソードを読んだばかりだから、手作り感満載の映画祭のシーンにウルッときてしまった。
世界的な映画祭からも声がかかったというエピローグはちょっと蛇足に感じたけど、売れっ子になっても変わらないスタッフの様子に和んだ。ヒロインが女優をおだてるダシにされるほどビッグになったのにもグッときた!

・シャーロック・ホームズ(2009)
私立探偵が友人の医者の協力を得て、「事件はまだ終わっていない。あと三人死ぬ」と言い残して処刑された連続殺人鬼の遺体が墓から消えた事件に挑む話。
友達にブロマンスが好きだと話したらドラマ「SHERLOCK」を勧められたけど、ドラマはハードルが高いのでとりあえず映画版を。
名探偵ホームズシリーズがブロマンスとは盲点だった。ブロマンスというよりはバティものだとは思うけど、ホームズがワトソン君に兄の別荘での休養を勧めるくだりなんかたしかにソレだわ。
小学生の頃に児童書で「まだらのひも」を読んだだけだから、ホームズがこんなに変人だということも知らなかった。役者のせいで余計に変人に見える。
アクション要素がかなり高くて謎解きなんかアクションシーンの合間に挟まれる感じなのに見せ方がうまいのか、ちゃんと「そういうことだったのか!」と納得できた。腕っぷしが強い理由も。
事件そのものは解決してるけど、黒幕の謎を残したまま終わるなんて続けて次作も見るしかない!

・マルサの女2
裏で地上げ屋をしている宗教団体と闘う国税局査察部の話。
宮本信子が相変わらずかわいい。益岡徹もかわいい。ていうかみんな若ーい。きたろうすら若い。佐藤二朗が出てると思ったら桜金造だった。
弱い者は強い者に搾取され強い者もより強い者に搾取されるということがわかりやすく暴力で描かれているからか、前作より頭使わないで見れた。
信者が祈祷でトランス状態に陥ってるシーンめっちゃ笑った。ハードコアのライブのモッシュパートみたい。
地上げ屋・愛人・妻である教祖のまるで側室な関係が不思議だったんだけど、妻自身が子宝に恵まれないことを責任を感じていたのかな?信者のいないところでも熱心に祈祷してたし。
ラスボスは倒したけど真のラスボスには手出しすらできないという、前作以上にやるせない終わり方だった。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.01.18(Fri) 23:33

相殺

矢巾。

のはしと剣舞のタイトルマッチ。
剣舞にはがんばってほしいけどのはしにも負けてほしくないから余計に試合内容を見るしかなかったんだけど、この内容で剣舞が獲れるんならあの内容でどうしてkenが獲れなかったのかと…。フィニッシュに繋いだ技はそれなりに映えたけど、続く「ずいぶんと飛距離のあるミサイルキック」がまさかフィニッシュになるとは。しかも結果見たら決まり手「ダイビングフットスタンプ」って…失敗して別物になった技をそれだと言い張って挙句フィニッシュになるなんて納得できない。剣舞の念願の初戴冠だってのにこんなモヤモヤした気持ちになるなんてー。
それに追い打ちかけて塁ですよ!剣舞「勝ったぞー!」のひと言しか喋ってないのに乱入ってもう塁の間の悪さはもはや才能。怒りの矛先が塁に向いたおかげで剣舞に対する負の感情が少しは収まったかな。
で、次期挑戦者は塁に決定と。…こないだ見たばっかじゃん!矢巾でやったばっかじゃん!なんで連発するかなー。点にしないためってのもあるんだろうけど、線にするにしたって他にやりようなかったんかね。まあ、前回とは賭けるモノが違うってことで、同一会場での同一カードでもまるで別物だ!と思わされるような試合を見せてくれることを願う。バカのひとつ覚えのような流血マスク剥ぎなんてもう要らない。

南野復帰。
正直フェードアウトも覚悟してたから、たとえ特別参戦でも帰ってきてくれて嬉しい!南野本人も嬉しそうだった。久々に見た南野は顔つきも体つきも引き締まって、あれ、こんなにかっこよかったっけ?なんて思ってしまいましたわよ。今年はアメリカに活動の拠点を置くとのことで次に見れるのはずっと先になりそうだけど、今回の南野を見てみちプロへの本格復帰が更に楽しみになった!

やっぱり新春大会は鬼門だ…と思ったけど、よい意味でも悪い意味でも期待を裏切られたからトントンってことで。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2019.01.16(Wed) 23:14

「とか」は要らない

最近見た映画など。

・スノークラッシュ
アルペンチームを追い出されたスキーヤーが、友人のスノーボーダーからパートナーの代打を頼まれてエクストリームムービーの撮影に参加する話。
サメ映画みたいなジャケットだけど真っ当なスポーツ映画です。
いやもうあんなの崖じゃん。ところどころ山肌も露出してるし、常に小規模の雪崩に追いかけられてるし、無事に滑りきれる方が奇跡だって。
主人公と友人が仲違いした理由がちょっとわからなかった。主人公への評価に嫉妬したのだと思ってたけど、主人公と妹の恋仲を面白くなく思っていたことが原因のようにも描かれてたし。
撮影ができるのはスポンサーあってのことだから主人公たちの身勝手な行動は褒められたことじゃないけど、追悼滑走は素直に感動した。主人公に協力したガイドもプレイヤーを軽視するスポンサーに思うところがあったんだろうな。
友人への想いを選んだ結果現役復帰の道は閉ざされたけど、新しい道で元気にやっている主人公の姿が見れてよかった。

・レッスン
校内パーティーの入場を断られた生徒が腹いせに校長の車をボコボコにしているところを目撃した男性が、落ちこぼれ生徒が悪いことをしないようにと居残りの名目で放課後閉じ込められていることを知り、社交ダンスのプログラムを提案する話。
生徒が事件に巻き込まれて死ぬことが珍しくない日常が恐ろしい。家族が諦観しているのも切ない。
初手すら見えないところから始まるんたけど、百聞は一見にしかず、あんな情熱的なタンゴ見せられたら憧れちゃうよね。乗り気じゃなかった生徒たちが自ら工夫して楽しむようになるあたりに成長を感じる。
「社交ダンスは男性がリードする」というきまりに対する女生徒の疑問に真摯に答える主人公が素敵。「命令に従う」のではなく「提案を受け入れる」という回答にも納得した。社交ダンス教室の生徒の実力を目の当たりにしてクサる生徒たちに甘い言葉を投げかけずに「研鑽しているんだから当然だ」と諭したのもカッコいい。
なんやかんや言っても課外活動は非行抑止になるんだろうな。逃げ場にもなるし。どうせやるなら夢中になれることを!

・ベイビー・ドライバー
幼少期に両親を失った事故の影響で雑音に聞こえる周囲の音を消すために常にイヤホンで音楽を聴いているものすごく運転のうまい青年が、借金返済のために運転手として強盗チームに参加する話。
音楽とシンクロしたカーアクションと銃撃戦が最高。冒頭のコーヒーを買いに行くシーンの気持ちよさは「マッハ!」ばり。
主人公が名前のとおり赤ちゃんみたいな顔してる。お酒飲める年齢なのかと。こんなルックスで天才ドライバーって魅力的すぎる。チョイ役だけど記憶力抜群のボスの甥っ子(8)も良いキャラ。
借金完済してこれからどうすんべってあたりでちょっとだけ「ザ・ファブル」思い出した。超速ピザ配達とか。
主人公が犯罪に加担してるからには無事では済まないだろうし済んではいけないと思うけど、主人公の不幸な生い立ちと優しい人柄を知るとなんとかならないかとも思ってしまうわけで…終盤の内ゲバ展開からよくぞ幸せな結末に持ってった!ボス死んでないよね?と、続編を期待する気持ちをぐっと抑えて、あのまま平穏無事に暮らしてほしい。

・ナイスガイズ!
力ずくでトラブルを解決する示談屋がとある女性から依頼を受けてストーカーを黙らせに行ったら相手は私立探偵で、こっちはこっちで人探しの依頼を受けて調査をしていた…という話。
お気楽コメディかと思って見始めたら本格的な探偵もので、休み休み見てたら全くついていけなくなって結局ダイジェストで見直しちゃったよ。
アメリアが終盤でサックリ殺されたのにはマジでビビッた。結局、母親が娘を守ろうとしていたのは本当で、殺し屋の雇い主は自動車会社だったの?そんで「姪」はアメリアじゃなくてミスティだったの?見直してもまだついていけてない!
ストーリーは難しかったけど、私立探偵がポンコツすぎて何度も声に出して笑ってしまった。冷静沈着な示談屋との対比もおかしい。
父親はこんなんなのに娘はかなりデキル子。殺し屋にとどめを刺そうとする示談屋に「殺したらもう口きかない!」なんて言える純心さもいい。示談屋もしっかり絆されてるしね。
バディものとは思えないくらい噛み合ってないのに、今後も組んでやっていこうという提案を示談屋はよく受け入れたな!私立探偵になら多少無理させても死なないから?
私立探偵の役者見覚えがあるとは思ってたけど、まさか「ラ・ラ・ランド」の主役だったとは!

・犬神家の一族(2018/フジテレビ)
一年内に石坂浩二主演の映画版を見てたんだけど、いい具合に忘れてた。手形のトリックとか、「ヨキ」のなぞらえとか。
珠世の出生を説明していなかったのが不満。全財産を相続させる理由が「恩人の孫」と「自分の孫」じゃあ納得度が違いすぎる。
金田一さんってこんなにセリフ少なかったっけ?佐清ばかりひとりで喋ってて、金田一さんは走ってる姿しか印象にない。珠世もハルちゃんも存在感薄かった。
それとこのキャスティングだと犯人は松子一択だよねえ。役者の知名度で犯人が分かるなんてテレビドラマあるあるだろうけど。
ドラマの出来は置いといて、犯人がわかったうえで見るのも楽しいな。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.01.10(Thu) 00:02

かわいそうで不幸なエリック!

劇団四季「オペラ座の怪人」を見てきました。2016年以来約2年半振り2回目です。
2回目とはいえ2年半前のことなんて私の記憶力じゃあ粗方忘れてるんですけど(実際忘れてた)、今回は原作を読んで相関図を頭に入れた状態で観劇に臨んだので理解度はかなり高かったと思っています!予習してなかったら冒頭のオークションに参加してるのがラウルだなんてのも絶対スルーしてただろうし。
原作との違いを感じながら見るのも楽しかったです。原作を読んだときに真っ先に思ったのが「ペルシア人って誰?」だったわけですが、そもそもペルシア人なんて舞台版には出てこなくて、マダム・ジリィがラウルを地下へ案内したりファントムの出自を語ったりと多少の役割を請け負ってるんですね。客席案内係ではなくバレエ教師となったせいか、ファントムの手下となる理由付けが難しくなってて、なんでマダムが色々知ってるの?と思ってしまったりもするのですが。
原作では冒頭で語られるだけだった道具方の首吊り事件が作中で起きるのは恐怖を煽る効果抜群!バレリーナたちが踊っている背景にファントムのシルエットが映るのも怖かった~。そしてなんといってもファントムの素顔。ファントムが隠していたのは顔面だけでなくて頭もだったというのが痛々しくて本当にショッキングでした。
ラストの「さそりかバッタか」が「ファントムかラウルか」に変わっていたのは舞台で再現するとなるとものすごく大掛かりな装置になってしまうから仕方ないか。金の指輪のエピソードも無いなあと思ってたら終盤で申し訳程度に登場しましたね。
原作から削られている部分が多かったけど、付け加えられた部分でよかったのは、ファントムに成りすまして…のくだり、完全に忘れていたので本気でビビった。クリスティースの花嫁衣装を着たマネキン(?)がドン!と動く場面もそうだし、ミステリー色が強い原作に比べて、舞台版はホラー色が強いと感じました。

前回観たときに思った
>なんで最後ファントムはクリスティーヌにキスされて「もういい。行っていいよ」になったのかよくわかりませんでした。
これは原作を読んで理解できたんですよ。母親すらくれなかった口づけをクリスティーヌがくれたことにファントムはいたく感動して、彼女への愛が確かなものとなり、彼女に愛を押し付けて自分の側に置くことよりも、彼女が愛する人とともにいる彼女自身の幸せを願った結果の行動だったのだなと。それを理解したうえでこの場面に注目したところで舞台からは伝わらなかったのが正直な感想。すっごくうろたえているのはわかるんだけど、怒っているというか絶望しているというか、幸福感が見えない。超ハッピーソングのひとつでも入れてくれたらわかりやすいのですが。
原作を読んだからこその感想としては、舞台版だとクリスティーヌの心にはラウルしかなくてファントムへの想いが見えなかった。原作だととにかくエリック(=ファントム)のことを憐れんでいて、ラウルからの求愛にも数十ページに渡って「でもエリックが!」などとしていたのが強烈だったので余計に。
舞台から読み取れない心情は原作で補完する一方で、文字からイメージできない現象を再現してくれるのが舞台のいいトコロ。全くイメージできなかった「喉に蛙」が見事に再現されていました。ついでに「上着のポケットから2万フラン抜き取り」もやってほしかったな~。ファントムが弾いていた「勝ち誇るドン・ジュアン」と思われる曲もイメージどおりでした。

楽しみにしていたシャンデリア落下のシーンは前回のインパクトが強すぎたのかこんなもんだったっけ?と思ってしまいました。会場の関係だろうけど、前回は「二階席から見て目の前にあるシャンデリアが弧を描いて舞台に落下する」と見えたのが、今回は「舞台中央上部にあるシャンデリアがまっすぐ落下する」と見えたので。やっぱり専用劇場にはかなわないかあー。
シャンデリア落下のインパクトが強すぎたのか、逆にテーマ曲に合わせてシャンデリアが吊り上げられオペラ座が現れるオープニングが最高にアガることを忘れていて新鮮に興奮しっぱなしでした。

最後に、主なキャストについて。

オペラ座の怪人/佐野正幸
男性の歌声を「天使」と表現することにどうしても違和感があって、ロンドンオリジナルキャストの音源を聴いても腑に落ちなかったのですが、こうして生で聴いてみるとそう表現したくなる気持ちもわからなくもなくもない。
ファントムって初老のイメージなので、小娘と初老の恋愛なんてねーよと思ってたのが、このファントムを見てアリだなと思えるようになったのは私が2年半歳を取ったから?

クリスティーヌ・ダーエ/岩城あさみ
あれ?前回と同じ人?と思ったら違う人でした。たしかに目がちょっと大きいし頬もちょっとふっくらしてる。
すごく小柄で最初「ちびのジリィ」かと思ってしまいました。そんな小柄な体からは想像できないのびやかな美しい歌声はまさに天使!しゃべり声がかわいいのも可憐さを際立たせていました。

ラウル・シャニュイ子爵/鈴木涼太
こちらは前回と同じ人でした。若々しく爽やかでクリスティーヌとお似合い。そりゃファントムも嫉妬するわな。

メグ・ジリー/小川美緒
金髪でわかりやすくかわいいので群舞でも目立つ目立つ。
序盤のファントム騒動でクリスティーヌと差し向かいでぺたりと座り込んで手を取り合いおびえる姿がまるごとかわいくて二人ばっかり見てしまいました。ここの舞台写真販売してください。

マダム・ジリー/佐和由梨
オペラグラスで覗くと役柄相応だけど、若々しいというかヒロイン力のある歌声にかえって違和感を覚えてしまいました。いやしかしお美しい。
キャラクターデザインが「エリザベート」のゾフィーすぎて「顔は洗ったの」が頭に流れてきたのには参った。

カルロッタ・ジュディチェルリ/河村彩
ルックス含めてイメージ通りで最高でした。

ウバルド・ピアンジ/山口泰伸
ディズニーキャラクターの実写化みたいでこれまた最高でした。

ムッシュー・アンドレ/青羽剛
ムッシュー・フィルマン/平良交一
かわいらしいおじさまたちでニコイチで出てくるたびに頬が緩んでしまいました。

2回目の観劇、原作を読んだのでまた違う視点で見れるだろうと思っていたけれど、読んでおいて大正解でした。
遅読だから原作読むのめっちゃ大変だけど、次回も原作読み直そう。2回目の「原作読んでから見る」もまた新たな発見があるにちがいない!

余談。
観劇後に会場近くの「味の牛たん喜助」定禅寺店に行ったんですけど、店内に飾ってあるサインを見てたら、見覚えのあるサインが…ググったらビンゴ!北翔海莉さんのサインでした!店員さんにも確認したので間違いありません!「とても気さくな方でした」とおっしゃってました~。日付からするに退団翌年のレコ発イベントの際に立ち寄られたようです。新年早々みっちゃんのサインが拝めるなんてご利益ありそう!
宝塚・歌劇・演劇 | CM(0) | TB(-) 2019.01.08(Tue) 23:59

無味無臭

あけましておめでとうございます。
今年も無事に過ぎますように。
本当に何もなくていいから!!!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.01.07(Mon) 23:38
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード