« 2018 . 07 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

民事介入暴力

最近見た映画

・ブルークラッシュ
3年前の事故のトラウマが消えないハワイ在住の女性サーファーが仕事先のホテルにバカンスで訪れていたNFL選手といい仲になって練習に身が入らなくなる話。
期待されていても女とギャンブルでダメになるという話は聞くけれど、それって男だけじゃないんだなあ。痴話喧嘩での「何が望みだ?」に対する答えが「最低限の生活ができる幸せ」だったのは切なかった。
仲良し三人組の信頼関係は良かったけど、ひとりがコーチ的な立場なのはピンと来なかった。「あなたの夢を私に押し付けないで」と言われるには若すぎるというか。彼女が主人公に期待するようになったバックグラウンドも見えなかったし。
チビッコサーファーがたくさん登場するエンドロールが楽しい。私でもサーフィンできるんじゃないかと勘違いできる。
これ見た翌日にテレビでこの映画に関する話題が取り上げられてて、あやうくネタバレ食らうところだった。

・ミンボーの女
ロビーで騒いだりイチャモンをつけたりするヤクザへの対応に困り果てたホテルが弁護士雇って撃退しようと奮闘する話。
対応係に任命された経理部のおじさんと新人ベルボーイが弁護士の背中を見てどんどん成長していくのが気持ちいい!
序盤のヤクザの思惑通り泥沼にはまっていく様子に宮本信子はやく助けに来て!とハラハラしてたんだけど、弁護士におんぶにだっこじゃなくて最後には自分たちだけで解決したのには本当に感動した!支配人が痛い目に遭って意識を変えたのもよかった。
全然スカッとできない某番組に見習ってほしい。本人の努力なしにスカッとできるか!

・サベージ・キラー
ひとりきままなドライブに出かけた先で事件を目撃して拉致され犯され刺され埋められた女が勝手に復活の儀式されてアパッチの酋長に乗り移られて復讐する話。
サスペンスかと思ったらゾンビ映画だった。
主人公がかわいそうすぎて復讐果たせてよかったねなんて微塵も思えなかった。復讐だって彼女の意志なんて少しもなかったかもしれないし、だとしたらただただ利用されただけで救いがない。
主人公が聾唖である必要性が感じられなかったんだけど(結構しゃべれてるし結構聞こえてるし)、彼氏が彼女を火葬するシーンの手話での「愛してる」にはウルッときてしまった。

・生きてこそ
南米の大学ラグビーチーム乗った飛行機が遠征先のチリに向かう途中でアンデス山脈に不時着した話。
冒頭で語られた事故の後に人から向けられたという言葉がキツイ。
彼らが生き残ったのはラグビーチームだったからという理由も絶対にある。屈強であることもそうだし、なによりチームとしての信頼関係があったから。多少の衝突はあってもアントニオをリーダーとして認めていたし、本人も過酷な状況でしっかりとリーダーらしく振る舞っていた。雪崩がなければもっと生き残っていたはず。
赤の他人同士だったらいったいどうなっていたことか。「人肉を食べたから」ではなく彼らだからこそ生還できたんだと思う。そういう意味では「私なら生き残れなかった」だわ。

・ドリーム
NASAの計算室で働く3人の黒人女性が実力を発揮して能力に見合った仕事と待遇を勝ち取っていく話。
トイレが白人とそれ以外とで分かれているのとかもうギャグとしか思えないんだけど、本当にあった歴史なんだよね。アメリカ様がバカに思えてくる。
黙々と仕事に打ち込んでいたキャサリンが自分ではどうにもできないことを咎められて爆発した姿はスカッとするよりも心が痛んだ。「偏見はないのよ」に対する「わかってる。あなたがそう思い込んでいることは」も同じく。
キャサリンがメインでメアリーの物語はこれからという感じだったので、メアリーをメインにした続編も見たいなあ。ドロシーと仲間たちの話もスピンオフでお願いしたい。
「ライトスタッフ」のアナザーストーリーでもあるので、併せて見ておくといいかも。

fire tv stickが故障してしまったのですよ…プライムデーまで我慢我慢。今度はケチらないで2年保証付けるぞ!
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.07.08(Sun) 00:24

なーななーなななななななー

ななっくホールサヨナラ大会。

ななっくマンが面白すぎた。
ななっくホールサヨナラ大会ということはななっくマン引退試合でもあるわけで、初代なら感慨深くもなろうが2代目どころか3代目。つまり実質デビュー戦兼引退試合。
3代目はデビュー戦とは思えないイキのいいファイトを展開。
試合後はサスケの提案を受けて引退セレモニーが執り行われることに。
パンチさんの代打のリングアナも「今日初めて会った選手の10カウントを叩くことになるなんて」と。
ななっくマンは号泣しながら最後のあいさつ。
「とっても短い間でしたが、応援ありがとうございました…なっく」
「これからもみちのくプロレスをよろしくお願いします…なっく」
引退セレモニーは予想してたけど、まさか3代目で見ることになるとは思わなかったよ!せめて2代目だろ!
ななっくホールはフロア改装に伴う閉鎖だそうで、この会場にはプロレス以外にも思い出があるのでプロレス抜きにしてもさみしかったりするのですが、改装後にもプロレスができるスペースがあるといいな!
ななっくマンの復帰戦、楽しみにしてま~す。

…下世話ですが、メインの勝利者賞プレゼンターのななっく社員の女性が高身長(175cmくらい?)のあっさり顔美人で宝塚好きの私はときめいてしまいました。
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.07.04(Wed) 23:31

四半世紀

新崎人生25周年記念大会。

のはしが!ついに!!東北Jr戴冠!!!
のはしにもらい泣きする人生にもらい泣きしてしまった。いままでプロレス見てウルッときたことは数あれど落涙したのは初めてかも。まあそれも笑いすぎて涙が出たのかなんなのかわかんないんだけど。認定証を読み進められない人生がいきなりのはしのハゲ頭をひっぱたいたのめっちゃ笑った。
セミがすごい試合だったからさあ!これ超えるのゆるくないぞと冷や汗モノで、実際、大会終了後に「女子プロの方がよかった」という声を耳にしてウワーンとなりつつも否定できない自分がいたりしたんですが、近年まれにみるハッピーエンドだったよ。
のはしは人気のなさをキャラにしているところもあるけれど、全然そんなことないじゃんねえ?のはしコールを受けてエントランスに消える直前の「やったぞ!」というふうに両腕を挙げた後姿が忘れられない。
のはしの戴冠と剣舞の復帰でまたみちプロ全体の雰囲気も明るくなることでしょう!SSもBBも悪くはないんだけどいかんせん暗いんだよ。拳剛ひとりで気張っててもどうにもならないんだよ。やっぱり明るい気分で会場を後にしたいもの。頼むよのはし~~~!

仙女のタイトルマッチは素晴らしかった!
試合内容もさることながら、大型新人対雑草という関係性をほんのり知ってるだけでもより試合が魅力的に映る。
橋本千紘選手の立ち位置は拳王を思い出す。学生スポーツでの輝かしい実績を引っ提げて期待の大型新人としてデビューしキャリアに見合わぬ実力でしっかり実績も残しているという。
かたやDASHチサコ選手はキャリア10年を超えていまだシングル無冠。そんなのチサコ選手応援するしかないじゃん!試合が決したときの会場の落胆ぶりといったら…。
でも試合後の橋本選手のあんな顔見たら素直におめでとうだよ!すごい選手がいるもんだ。

そして本日の主役、新崎人生。大物が相手だとかの記念試合的なカードではなかったけれど、これがまた最高に面白かった!
普段の大会ではベテラン枠に組まれてるから人生のすごさを実感するのはやっぱり最前線で戦ってる対若手の試合なんだよね。
金剛陀羅尼に高野落としとここ一番でしか見れない大技に大興奮!でもハイライトはなんといってもサスケスペシャル!!!週プロのインタビューでサスケが「私はもうサスケスペシャルとかできないからみんなどんどん使ってほしい。でもセグウェイはダメ」と言ってたのは伏線だったのかな。
人生がしっかりと試合の主役になっていて大満足。レジェンド相手の接待試合じゃあこんに人生を堪能することもできなかったでしょう。今回ばかりは若手の存在感が薄かったことに何も言わない。むしろ人生濃度高まってよかった。

世界一面白い第1試合は今回も世界一面白かったし、イニシエーションのサスケ「どこから来ましたか?」チビッコ「おうちからきました」には思いっきり和まされたし、因縁浅からぬ東郷さんとはやてにドキドキしたし、仙女の6人タッグは魅力的な選手ばかりで刺激的だったし!(ハイジ選手にクラクラ~)
ただひとつ、雷斗さんはともかく、郡司は居場所はそこなのかと。よりによって格上相手の初勝利…。第1試合ではなく「見ても見なくてもいい」ダークマッチに組まれた意味は見過ごせない。これをよしとしないで郡司が発奮してくれればいいんだけどなあ。
と、のっけからのそんなモヤモヤも吹き飛ばすくらい本当に素晴らしい大会でした!いわゆる仙台時間でダークマッチが始まっても目立つ空席にソワソワしたけど、気づいたときにはミッチリで1800人の大入り!こんな光景を見せてくれた人生に感謝。30周年記念大会ももちろん行くともー!
プロレス | CM(0) | TB(-) 2018.06.27(Wed) 00:50

Amourそれは…

NHK大河ドラマの「西郷どん」は5話で挫折したけど、「HUGっと!プリキュア」は楽しく見ています。
スーパー戦隊シリーズと同じく「トクサツガガガ」をより楽しむためという理由で見始めたんですけどね。
私のプリキュア初体験(でもないんだけど)となる今回のシリーズ、
構成の坪田文さんは宝塚ファン(しかもOGでは北翔海莉さんがお好きみたい:ソースその1その2)
キャラクターデザインの川村敏江さんは岩手県出身
そしてこのたびプリキュアに仲間入りしたキュアアムールことルールーの声優が田村ゆかりさん!!!
という、なんだか縁を感じてしまう要素がもりだくさんなのです。
とくに嬉しいのがゆかりん。私は歌手としてのゆかりんにしか触れたことがなく、こういう機会でもなければ声優としてのゆかりんに触れることはなかったと思う。
ゆかりんのことを話すと必ず訊かれる「誰の声やってるの?」に対する答えにもいつも窮してたけど(「リリカルなのは」と答えたところで私ですら「?」ですわ)、これからは「プリキュア!」と即答できる!「へー!」と思ってもらえる!歌う場面が多い役なのも嬉しい~~~。
関係性萌え属性の私にとってえみるちゃんとニコイチなのもとってもおいしい。二人同時の変身バンクなんかもう最高すぎてリピートしまくり。メイクアップのシーンとかさあ!こんな優しい表情を見せるようになるなんて登場時に誰が予想したか!えみるがルールーに抱きつくシーンなんかもうスローで見たよね!ルールーの変身バンクはミステリアスな雰囲気なんだろうなと予想してたから、こんなに楽しくて幸せな変身バンクになるなんて、まじで涙出た。
お話も毎回毎回道徳の教材にすればいいのにと思うくらいいいお話ばかり。「「○○なら××でなきゃおかしい」はおかしい」=「人の趣味や嗜好を否定するな」というメッセージをチビッコに発信するコンテンツがあるのは本当に素晴らしいことだと思う!おおきいおともだちもどれほど勇気づけられたことか!
いやまさかこんな熱量でプリキュアを見るようになるとは…。きっとえみルーのせい。twitterをえみルーで検索するとパラダイスだぜー。

ところで私、ネタバレ拒否過激派なんですが、新プリキュアのネタバレ食らいまして。しかもシルエットでもなんでもないモロ出しじゃないですか、0.3秒目に入れば中の人が誰かなんて丸わかりじゃないですか!ギィーーーー!!!となりつつも、再来週!来週!ついに今週!来るぞ来るぞ…来たー!と、そうなるとわかって見るのもなかなか楽しいものですね。
未分類 | CM(0) | TB(-) 2018.06.21(Thu) 21:33

サメ映画ランキング(随時更新)

1.ディープ・ブルー
2.オープン・ウォーター
3.パニック・マーケット
4.フライング・ジョーズ
5.シャーク・ナイト
6.シャークアタック
7.ゾンビシャーク
8.フランケン・ジョーズ
9.デビル・シャーク
10.ジュラシック・シャーク
映画 | CM(0) | TB(-) 2018.06.06(Wed) 01:17
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード