« 2019 . 12 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

155,178

映画「ターミネーター:ニュー・フェイト」見てきました。
見に行く予定なかったんだけど、映画館で「デデンデンデデデン」で終わるエンドロールを体感したいなと思いまして。
直前にターミネーター2を見て予習はバッチリ!
のっけから前日譚でジョンがあっさりと殺されてしまったことに愕然。その後のサラにこんな地獄が待っていたなんて。
あらすじはターミネーター2とほとんど同じなんだけど、女性が女性を守るとなるだけでこんなにも味わいが違うのね~。黒髪ロング小麦肌のチビと金髪ショート色白ノッポの組み合わせって私の大好きな「ベッカムに恋して」を思い出してムフフとなってしまった。しかも「私は彼女に育てられた」って、出会ったときからすでにグレースの方が背高かったけどどんどん身長差が開いていくの想像すると萌える~~~。
私シュワちゃん出演してるって知らなくてカールおじさんの正体にフツーに驚いてしまった。任務を終えたターミネーターって放置されるんだ…自動的に爆発させとけよ。なんかいい話っぽくなってるけどサラにとっちゃたまったもんじゃないよね。
ダニーとサラの最後の会話、これで終わりじゃなくて始まりってことでしょ。ターミネーターと遭遇する脅威に晒され続けるなんて精神持つ気がしない。ターミネーターの出現を教えてくれる便利なカールおじさんはもういなくしまったし。でもダニーならきっと…!
しかしこれなら登場人物とっかえひっかえでいくらでも「ターミネーター」作れるな。そして私は毎度別れのシーンで泣く!
話の同じっぷりとは対照的にターミネーターは格段にパワーアップ!ガワと中身で分裂して動けるのがいい!肉弾戦が人間の動き超えてるのはVFXの進歩かしら。ドロドロの質感がおどろおどろしくなってるのにもCGの進歩を感じる。うまく人間に擬態していることもひっくるめて新型の方が怖いに決まってるんだけど、お笑い芸人のノッチに似てるからどうしても100%で怖がれないというね。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.11.28(Thu) 23:03

いいね!

最近観た映画。

・真夜中の処刑ゲーム
警察がストライキを起こして機能しなくなったある夜、ならず者がゲイバーを襲い殺人に発展、逃げ出した男を匿ったことで狙われる羽目になった家族の話。
「パージ」の元祖?殺し屋怖すぎるー!スタートレックのスポックに激似なくせして!ゲイバーの客を機械的に始末していくシーンほんっと怖かった。
原因の男のせいで二人も死んだけど、男が匿われなければならず者どもは味を占めてエスカレートしてたかもしれないし、ここで一掃しておいてよかったんだろうなと思うことにする。
ラストカットにゾゾゾ。満身創痍で頑張るのも職業病ってところか。ならず者どもの見た目がいかにもなソレではなくてむしろ虐げられる側のように見えて不思議だったんだけど、つまり全員警察官だったってこと?であれば殺し屋との接点も納得だわ。

・アンフレンデッド:ダークウェブ
聾唖者の彼女とのコミュニケーションを円滑にするためのツールを開発中の男が入手したばかりの中古PCをいじってたらFacebook経由で見知らぬ人からメッセージが届き…という話。
前作は吹替版をPCで見るべきだったと後悔したので今作はそのように。
パートナーを想い友達を想い家族を想うちょっと変わり者だけど気のいい仲間たちが次々に死んでいく…嫌な気分になるとわかってるのに何で見ちゃったんだろ~と思ったけど前作は登場人物が全員クズだったから嫌な気分にならなかったんだ!でもオチはオカルトな前作よりも今作の方が好き。殺し方も凝ってて面白い。遠方住みでも現地に赴くことなくPCの遠隔操作のみで殺すのには感心した。
主人公の生死を決める投票の圧倒的な結果が現実でもそこかしこで起きている「悪いことをしたんだから徹底的に叩いていい」という考えで気軽に行われるネットリンチを思わせてゲンナリ。

・鍵泥棒のメソッド
身なりの良い男が銭湯で転倒・失神した場面に居合わせた貧乏役者がロッカーの鍵を自分のものとすり替えてたいへんなことになる話。
先に韓国のリメイク版を見てたので違いを確認する程度の気持ちで見たんだけど、思ってた以上に違った。
リメイク版は始末屋を主役に据えて役者活動の描写に重きを置いていたけど、オリジナルでは三人とも主役で、とくにリメイク版だと始末屋の相手役でしかなかったヒロインが主人公のひとりとして描かれていたのがよかった。
貧乏役者のロマンスがオリジナルではほぼ描かれていないからサスペンス色を強く感じた。朴訥とした荒川良々の悪役が怖い。
リメイク版がとても気に入ったのでオリジナル版はどうかなと思ってたけど、オリジナル版も気に入りました。

・ハウス・シャーク
息子と二人暮らしの家にサメが出て住めなくなったので一度は売り飛ばそうと思ったがやはり燃やすべきだサメを生かしてはおけないと思い直してサメ退治に乗り出す話。
こないだ見た「クロール」は「ハウス・ワニ」なのかどうかの確認。全然違いました。
クソサメ映画のくせに110分は長すぎる!80分にまとめろ!クソサメ映画なのは間違いないけど、キャラ立ちしてるしいっちょまえに家族愛を描いてるしサービス過剰気味にいろいろ盛り込んでいて結構楽しい。クソサメ映画としかいいようのない作品と違って笑えるかはともかくいわゆる「おバカ映画」にはなってるかと。2017年作品と思えない釣り糸丸見えな特撮の工夫も泣ける。水中バトルちゃんと水中に見えたよ!
ところでワニである必要は全くないよね。宇宙人でよくない?

・ターミネーター2
人間とロボットが戦う未来でロボットにとっての脅威となる間のリーダーを少年のうちに抹殺すべくターミネーターが送り込まれたのと時を同じくして、少年を守るターミネーターが送り込まれる話。
新作の予習。1も2も昔見たけどあんまり覚えてないので。ものすごくわかりやすくてものすごく面白かった。まさに名作。1がとにかく怖かったのは覚えてるんだけど、2がこんなにいい意味で子ども向けだったのかと今更。別れのシーンで自分が泣くとは思わなかった。
当時スンゲー!と思って見ていたVFXは今見るとわりと小道具使ってるんだなーと。CGに頼らないアクションシーンは大迫力だし、ジオラマを燃やしたと思われる終末シーンもゾクゾクした。
往年のシュワちゃんがムキムキでかっこいいのは当然としてサラもムキムキでカッコよかったー。イケメンと名高いジョンは動いてしゃべってるのを見るとちゃんとかわいい少年だね。
映画 | CM(0) | TB(-) 2019.11.27(Wed) 21:57

とうふ、ごまいり、がんもどき

姫神寄席「春風亭一之輔 古今亭文菊 二人会」に行ってきました。
自慢だけど一之輔師匠を二ツ目時代に見ていた私は5年前の独演会にも当然行ったわけですが、半分くらいしか埋まってなかった客席が今回は満員!会場の姫神ホールで毎年開催される姫神寄席では桂歌丸や立川談春といったお茶の間にも知れた人気落語家も出演していて、一之輔師匠は自分のことを「大物を呼んだ翌年に予算調整のために呼ばれる」なんて言ってたけど、とんだご謙遜ですわ。最後列ど真ん中からの眺めは壮観でした。
今回は古今亭文菊師匠との二人会ということで「独演会や二人会といっておきながら一席しかやらないようなことはしない」としっかり二席ずつやってくれました。
文菊師匠、オネエ入っててキャラ強いのにひとたび落語に入るとまるで別人。一席目は心にしみる人情噺「甲府い」、二席目はおなじみ「時そば」、全く違うタイプの演目でいろんな人物を見事に演じ分けていました。少し高めな声もすごく聞きやすかったです。
一之輔師匠は「鈴ヶ森」に「あくび指南」と二席とも勢いのある演目でまさに爆笑の渦。ボヤキっぽい枕も面白いんですよね。文菊師匠いじりは仲が良いからこそ?!
私、落語聞いてるとウトウトしたり、集中力が切れて肝心のオチを聞き逃してしまったり、ちゃんと聞いたところで理解できなかったり…たまーーに行く寄席に楽しめるかしらと不安になったりもするのですが、一度も眠くならなかったしオチも理解できた!今回で自信を取り戻しました!もうちょっと気軽に行ってみようっと。
舞台 | CM(0) | TB(-) 2019.11.26(Tue) 00:35

無名の客でいたい

ライブハウスにまつわる積年の謎がありまして。
それはライブイベントで受付の際に訊かれる「どのバンドを見に来ましたか?」という質問の意図。
私ついに訊いてしまいました。
Q:答えたバンドに何か良いことがあるのですか?
A:一応そのバンドの売り上げになります
ブッキングの参考じゃなくてちゃんとチャージバックしてんのか!なら今度から地元バンド答えるわ。なんなら見たこともない(見るつもりもない)トップバッターの若手バンド答えるわ。本当はツアーバンド目当てだけどツアーバンドはノルマないだろうし。
チケットノルマについては理解してるからチケットはバンドから買うべきというのはわかってるんだけど、バンドからの営業をおそれて会場予約する私でもこれならバンドを応援できる!
…プロレスでもこのシステム導入すればいいのに。応援してる選手を答えるとその人にバックが入るの。そしたらみんな新人ばかり答えちゃうか。それにプロレスなら「スポンサー」という個人でも思う存分支援できるシステムがあるしね。
ところでプロレスでもインディー団体だと選手の手売りがあるけど、以前はあの選手にチケット頼んでたけど今はこの選手にチケットを頼んでるとか、推し変みたいで気まずくなったりしないのかなあ?クラブみたいに永久指名制じゃないだろうし。そこらへんは選手もドライなのかな。
未分類 | CM(2) | TB(-) 2019.11.22(Fri) 21:00

おなかたいせつに

超ーーーーーーーーーーーーお久し振りのUNITED。
最後に見たのは鉄アレイも出てたイベントだから…2007年?!12年振り?!まじで?!せめて8年振りくらいかと思ってた…。
湯浅に至ってはそれよりさらに前なんだよなあ…2004年に脱退してるからどんなに直近でも15年振りかーすげーなー中学校卒業しちゃうわー。
12年も経てばいろいろ丸くなってるだろうとそれなりに覚悟してたけどあんまり変わってなかった。湯浅は相変わらず歌舞伎役者みたいな顔してた。
でもベースの横山さんがね。大谷さん「久々に会ったバンドマンともお互い老けたねーって。楽屋でも病気の話ばかり。でも先輩バンドに負けないようにまだまだがんばりたい」という話の流れで「ひとり死んじゃったけど」なんてサラッと言うから切なくなっちゃったよ。
オリジナルメンバーがいないとはいえ一番古いメンバーでも30年選手、フロアもそんなに若くないのに、鼓膜破れそうな轟音に沸くフロアとそれを嬉しそうに眺めるメンバー、いい光景じゃないですか。
主催バンド曰く「ラウドシーンから若い子がどんどんいなくなっている」そうで、長年がんばってくれているバンドがいることをありがたく思う一方で、こんなライブ目の当りにしたら若い子は気が遠くなってしまうんじゃないかと思ったり。
いやでもホント干支周期でしか見れないとなるとこっちだって元気かもわからないのでもうちょっとコンスタントに見る機会に恵まれたいものです!
未分類 | CM(0) | TB(-) 2019.11.21(Thu) 21:00
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード