« 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

あげポヨウェーイ

見てルンバ「宇宙戦隊キュウレンジャー」

第31話雑感
・ミクロ化して鼻から脳に侵入ってゾワゾワする~~~!
・頭ん中であんなに暴れられてたらものすごい頭痛に襲われそうで嫌だなあ
・ミクロツヨインダベーってほとんど強くなさそう
・アキャンバーってなんでフラミンゴの杖持ってんだろ?不思議の国のアリスのハートの女王要素とくに見当たらないのに
・白とシルバーも見間違えるわー
・まさかもうレッド登場しないなんてことないよね?
・ミクロツヨインダベーが巨大化すると人間サイズって面白い
・バランスとナーガの合体技名が「ハッピースプラッシュ」、やっぱ二人はこういうノーテンキなのが似合うよ!
・やーっと怒りのナーガ終わった。ちょっとウルッと来てしまった。いい終わり方でよかった。
・バランスの泣き顔ウケル(泣)
・バランスホントにイイコ!大好き!
・今度は女ナーガに命を狙われるのかと思ったらあっさり帰ってった
・ナーガはこれから感情を学んで行くことになるんだろうけど、ぎこちないナーガはそれはそれでかわいいのでのんびりお願いしまーす

今更公式の変身講座に気付いたんですけど。
全体的に悪ノリで楽しいんだけど、それにしたって第4話はなにごとだ。
やっぱ公式はスパラプじゃん!両想いじゃん!そういえばスパーダってハミィはちゃん付けなのにラプターは呼び捨てなのね。…イカンイカン、ラプターばりにいろいろと妄想してしまう。

第2話の金銀回もモチロン大好き!1:39で部屋に入ってきたラッキーのアホ面が最高にツボ。
特撮 | CM(0) | TB(-) 2017.09.25(Mon) 23:33

野外コンサートの雨対策

台風接近で雨確定、荒天中止も覚悟したレキシの野外コンサート。
私はいかに冷えと飢えじゃなくて雨を乗り切るかを考えました。
そして当日の装備がコチラ!

・レインスーツ上下
・ジャージ上下
・ロンT
・肌着
・レギンス
・靴下
・長靴
・帽子(キャップ)
・手袋

これが大成功!1秒たりとも寒いとも暑いとも思わなかったのです!
あの雨の中では一度外に出てしまったら暑いからやっぱり脱ごうなんてこともできないので、ジャージ上も着るかは賭けだったけど、会場行く前にトイレ並んでるとき暑かったからと脱いでしまわなくてよかったー!
合羽と長靴は雨対策の必需品だけど、見落としがちなのが帽子。顔面への雨粒直撃をツバが防いでくれるのです。顔が濡れるってものすごいストレスですからね。さらにこれの上からフード被れば髪がびしょ濡れなんてこともなく、終演後もさわやかに!
この時期まず出番のない手袋もあってよかったと思う。手袋自体はズブ濡れになるから浸みて手も濡れるけど、袖口からの水の侵入を防いだし、保温効果もあったかなと。
終演後、駐車場への道すがら「体が冷えて頭が痛い」という人や濡れた合羽も脱げず駅までのシャトルバスに乗り込む人たちを横目に、濡れたモノをビニール袋に突っ込んで長靴を短靴に履き替えてもとどおり。持ってった着替え一式の出番なし!
もちろんこの日の気候や指定席という状況にたまたまハマっただけでこれでどんな野外イベントでも大丈夫!とはいかないけど、今後も応用できるでしょう。
とにかく目論見大当たりでひじょーに気分がよかったです。

最後に、雨の野外イベントにおける最大のテーマ、レインウエアはなにがいいかって話。
私も今回の野外コンサートにあたって調べました。まあ書いてることはどこも大体同じですよ。
「コンピニカッパは役立たず。ポンチョはおしゃれでカバンごと着れるけど頼りない、ゴアテックス最強」
でもさあー、ゴアテックス最強たって年に一度出番あるかないかなモノに数万円ってなかなか出せないじゃないですか。登山界のユニクロことモンベルだってまともに揃えれば1万円超えるし。
ただ、1万円は出せなくても5,000円なら出せるって人は少なくないと思うんですよね。
そこでワークマンですよ!上見ればキリないけど5,000円でお釣りが来る商品でも確実にお値段以上。
とくにオススメできるポイントは機能性もさることながら「デザインもそこそこ」ってトコロ。いくら安くても全身銀色はヤダーって人も「これならば、まあ」と思えるデザインかと。男女兼用はSサイズからあるし、機能は劣るけれど女性向けにデザインされた女性用もあるしね。
ヘタにホームセンターやスポーツ用品店で探すよりワークマンがいいよ絶対。
というわけで私は入手のしやすさやコスパやらを総合して「ワークマン最強」説を推します。なんなら全身ワークマンで揃うぞ!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2017.09.22(Fri) 22:48

びょうびょうびょう

レキシ。

世界遺産劇場@平泉、雨の中行ってまいりました!2年振り2回目のレキシです!
到着した15時頃にはまだ降ってなかったんですけどね、毛越寺参拝中にパラつきはじめ、開場の頃には本降りに。
そんな雨をものともせず、チケット完売の会場は満員!台風接近で開催自体が危ぶまれたもんなあー。客以上に主催側が気が気じゃ無かったろうに、コンビニカッパにシューズカバーまで用意していただいて…親切心がグッと来ます。

前回の三内丸山遺跡は大袈裟じゃなくなんにも見えなかったけど、今回は表情がわかるくらいの距離で、地形に邪魔されることもなく、まあ、視線上に背の高い人がいたからそういう意味ではよく見えた!とは言えないけど、ステージ衣装があんなに立派な袴だということも、わりとキメキメで動くということも、キーボード弾くときはヘドバンするということも、池ちゃんってライブだとこんな感じなんだあ~と、初めて見たかのごとく新鮮でした。
新鮮といえば池ちゃんの生ラップですよ。池ちゃんもラップするんだ!と今更。だって三内丸山遺跡では足軽先生と旗本ひろしがゲストだったからさあー。(自虐風自慢)年貢のラップが途中から歌舞伎じゃないな、狂言調になったのめちゃくちゃ笑った。CDではゲストが歌ってるパートを池ちゃんが歌うのもライブならでは。最後の将軍の池ちゃん歌唱が最高に良かった!松たか子の穏やかなボーカルもいいけど、池ちゃんの熱っぽいボーカルがすっごくセクシー!ゾクゾクした。

天候関係なく、元々の公演時間が1時間45分のコンパクトサイズだったので駆け足感はあったけど、ツアーで培ったという経験(個別にやるより尺を取るメドレーなど)が功を奏したのか、濃度は変わらず。途中から別の曲になるのの新ネタ(?)も見れたし。レキシを超えてゆけー。星野は超えられないっ。
レキシのライブにはバンドへの無茶振りという楽しみがあって、これ、誰が一番楽しんでるかって池ちゃん本人だよね。翌日に同会場でコンサートを行う石川さゆりの「天城越え」を例によっていきなり歌い始めたんだけど、「あまぎぃ~♪カーッ!ってあるの?」カーッ!「あるんだ!」と大喜び。
涙のリクエストではサビに合わせて頭上で手をクルクル回す客席を見て「同世代が多い!最初からやろう!スローで入るところから!俺フミヤでみんな高杢さん!(サックスの彼に)尚之いるからここだけF-BLOOD!」ホントに池ちゃんが一番楽しそうだよ!間奏のサックスソロで尚之がセンターに出てきたのにはうっかり感動してしまった。
会場周辺に民家がある立地ならではのご近所いじりも面白かった。オーディエンスだけならず「近隣のみなさーん!」と呼びかけたり、「だんだん大きくなる年貢コール」を振っておいて「こわいからやめて!一揆だと思われる!」野外ライブなんてただでさえ近所迷惑なのに、聞こえてくるのが劇団四季だのケビン・コスナーだの、意味わかんないよね。
書き出したらキリがないほどいろいろ面白かったけど、「雨降ってるから終わったら引っ込まずにこのままアンコールに突入します」の宣言通り、曲が終わって所在なさげに立ち尽くすメンバーに向けて拍手から手拍子になりアンコールの声がまとまるよりも早く「アンコールありがとう!」これが一番面白かった。

アンコールで何やろう?みたいな流れになったときに、平泉にちなんだ曲が「LOVE弁慶」しかなくて、これは本編でやったから「じゃあ新曲を…」に歓声が上がると「新曲なんてそんな簡単に出来ません。レキシの曲作るのすごい大変なんだから」この池ちゃんの言葉にはハッとした。レキシは「日常感じたこと」をそのままストレートに表現すりゃいいってなモンじゃない、こういう場所でやるからって「この日のために曲を作ってきました」なんてことにはなんないよね。「LOVE弁慶」があってよかった平泉!この曲大好き!

池ちゃんいわく「昨日の歌舞伎も明日の演歌も雨の中でやらせるわけにはいかないから雨は俺が引き受けた」雨の野外って演者客ともにテンションおかしくなって異様な盛り上がりを見せるものと思っていたのですが(フェスなんかわりとそんな傾向にあるし)、客層もあってか、少なくとも客席はテンション下がってたなと。「あと2曲」のお決まりの「えー?!」に対する池ちゃんの「半分くらいはやく帰りたいって思ってるだろ!」が図星な空気だった。池ちゃんも三内丸山遺跡のはしゃぎっぷりからすると、あれ、こんな感じなんだ?って。そりゃ、濡れ鼠なお客さん目の前にしたら気の毒にもなるか。か、それか、単に遺跡好きでガチで遺跡ライブにはしゃいでたか。寺院跡じゃアガりませんかねえ?

「アフロは雨を吸いやすい」と、演者にとっても客にとっても雨の中大変なコンサートとなりましたが、雨対策完璧で臨んだ私には楽しい思い出にしかなりませんでした。あー楽しかった!
今回は雨だったし、三内丸山遺跡では雨こそ降らなかったものの曇天模様だったし、きっといつかは星空の下できらきら武士!
ライブ・コンサート | CM(0) | TB(-) 2017.09.21(Thu) 23:35

お前の土下座にどれほどの価値が?

最近見た映画

・キャビン
大学生男女5人が休暇を利用して湖畔を臨む別荘を訪れたのは、とある組織の計画により仕向けられたものだった!という話。
へえ~ホラー映画ってこういうふうに作られてるんだ~。「お客様の要望」の客って誰?あ、私か。「日本は失敗ゼロ」だなんて自尊心くすぐられるわあ。
古今東西の魑魅魍魎が解き放たれる場面なんかもう一時停止コマ送りで何度でも見るでしょ!もどきオールスターでヘルレイザーがやたらクローズアップされてたのはなぜ?
組織の仕事を疑問視していた青年があっさり殺られちゃったのにはアレー?と思ったけど、全滅したからまあいっか。
今後、広義のホラー映画を見るときにキャビン基準で成功か失敗か判定する楽しみができた。こんな映画、大好きに決まってる!

・ヘンゼル&グレーテル
ご存知ヘンゼルとグレーテルがその後、魔女ハンターになった話。
ヘンゼルもグレーテルもちゃんと強そう!とくにグレーテルがかっこよすぎてたまに吉田沙保里選手に見えた。(似てるよね?)無双じゃないのもかえって燃える!
お兄ちゃん、自分は美女とよろしくやってるのに妹が男の名前を口に出した途端「エドワード…って誰だ?!」となるの笑った。
ラスボスがお母さんでトロールがお父さんね、と思いながら見てたら全然違った。両親が子どもたちを森に「捨てた」のではなく「隠した」のは新しい解釈。だから冒頭で夫婦のやり取りを細かく描かなかったのね。
一緒に戦った白い魔女が死んだのは悲しかったけど、勧善懲悪のストーリーに肉弾戦もガンアクション(ガトリングガン!)もバッチリで気持ちの良い映画でございました。続編をよこせ!グレ×エドをもっと見せろ!(…やっぱりエドワードも呪いが解けると王子様になるのかしら?)

・スペル
老婆への融資を断った銀行員が恨まれて呪いをかけられる話。
主人公がだんだんかわいく見えなくなっていくのはどういう仕組みだ。
オカルトなんだけど、車内でのアグレッシヴババアとのバトルが一番こわかった。そして生前の老婆が一番気持ち悪かった…。
老婆は気の毒だし、昇進のために嘘をついた主人公も悪かったけど、老婆がそうなったのはプライドを捨てきれなかった結果だから、逆恨みもいいトコロで主人公かわいそう。もっとかわいそうなのは目の前で彼女があんなことになっちゃったいい人すぎる彼氏。もうあそこまで苦労したんだから主人公勝利エンドでよかったのに!

・リミット
イラクで仕事中に襲撃・拉致されて棺桶ごと埋められたトラックの運転手が携帯電話でなんとかしようとする話。
あーもーーー見なきゃよかった。話の通じない電話先の相手、口先ばかりのお役人、会社の対応の酷さに怒り心頭なところに追い打ちをかけるあのオチ。最悪以外の言葉が出てこない。唐突な「I'm sorry」に「?」と思ったけど、「残念だよ」じゃなくて「申し訳ない」だったのか。
家族のために必死で働いていた普通の男がなんでこんな目に遭わなきゃいけないの…神も仏もないよ!
しかしアメリカ…「担当」がいるってことは、このテの事件は珍しくないってことなんだよね。その現実が恐ろしい。

・タワーリング・インフェルノ
できたてホヤホヤ超高層ビルが火事になる話。
経費削減という名目の手抜き工事で大惨事。数億円浮かせたところで火事になってしまえば数億円どころじゃない大損害、それよりなにより人の命だってどうなるかわかったもんじゃない。
身勝手な人が死ぬのは当然として、協力的な人は全員助かるなんてことはなく、想定通り助かる人もいれば助からない人もいる、という結果が悲しい。社長が助かってしまうのもね、そういう現実もあるだろうね。ただ、おばあちゃんを死なせたのだけはどーーーーしても納得できない。むしろおじいちゃんの方に死亡フラグ立ってたのに。もうおばあちゃんのパートは終わったと思ってたから、完全に油断してた。それから火事に気付かなかったカップル、死に方が悲惨すぎて、本筋に関係ないし、あのエピソード入れてくれなくてよかったのに。
このテの映画だと人間同士の争いに走りそうなものをそういうのが無い分、純粋に火災の恐怖を味わえた。
映画 | CM(0) | TB(-) 2017.09.20(Wed) 23:51

最高級玉

見てるベシ「宇宙戦隊キュウレンジャー」

第30話雑感
・ハッ!宍戸開ってラッキーのお父さんでは?!と思ったら急に二人の顔が似てるように思えてきた
・父子じゃなくて子孫ね。そうだよね、年の差で言ったらものすごいもんね
・「オライオン」は牡ライオンとORIONをかけてるのか
・サイコーキュータマ、ヴィヴィアン・ウエストウッドみたい
・ラッキー白似合わねー
・ラッキーのキャラの掴みどころのなさはなんなんだ。まわりはあんなに個性的なのに、肝心のレッドがいまだにどういうキャラなのかよくわからない
・フクショーグンが三体一気に退場した
・ドン・アルマゲももう退場?!
・宍戸開よさらば
・ラッキーの追悼モードから過去に戻るぞへの切り替えの早さ
・司令官とチャンプの出番少なくなりそうでやだなー
・ナーガのこと忘れてたよ!来週で決着してよーもーやだよーナーガがバランスに辛く当たってるの見たくないよー
・結局、ドン・アルマゲは退場してなかったのね?
特撮 | CM(0) | TB(-) 2017.09.19(Tue) 22:52
copyright © 未聴CDはゼロにはならない all rights reserved.

プロフィール

nisui

  • Author:nisui

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード